1090 ページあります:

# ページ タグと要約
1 Web API API, DOM, JavaScript, Reference, ウェブ
JavaScript を用いてウェブのコードを書く時、数多くの素晴らしい API が利用できます。以下に、ウェブアプリやサイトを開発する際に利用することができる可能性があるすべてのインターフェイス (つまり、オブジェクト型) のリストを挙げます。
2 ANGLE_instanced_arrays API, Reference, WebGL, WebGL extension
ANGLE_instanced_arrays この拡張機能はWebGL APIの一部です。 同じ頂点データ、プリミティブカウント、およびタイプを共有する場合は、同じオブジェクトまたは同様のオブジェクトのグループを複数回描画できます。
3 AbortSignal API, AbortSignal, DOM, インターフェース, リファレンス, 実験的
AbortSignal インターフェイスは DOM 要求 (Fetch など) と通信し、必要に応じて AbortController オブジェクトを介して中止することを可能にするシグナルオブジェクトを表します。
4 AbstractWorker
Web Workers APIAbstractWorker インタフェースは WorkerSharedWorker に共通の属性やメソッドを定義しています。
5 AbstractWorker.onerror
AbstractWorkerAbstractWorker.onerror 属性は EventHandler の一種で、 Worker  から error イベントが送出された時に呼ばれます。
6 Alarm API
要約
7 AnalyserNode
AnalyserNodeインタフェースはリアルタイム時間領域/周波数領域分析情報を表現します。AudioNodeは、入力から出力の流れにおいてaudio streamそのものは変えず、データ加工や音声の可視化をすることができます。
8 Animation
ウェブアニメーション API における Animation インターフェースは単一のアニメーションプレーヤーを表し、アニメーションノードやソースに対する再生制御やタイムラインを提供します。
9 Animation()
ウェブアニメーション API の Animation() コンストラクタは新たに Animation オブジェクトのインスタンスを返します。
10 Apps API, Apps, Apps API
ブラウザ内で Open Web apps をインストール、管理する機能を提供します。現時点では window.navigator.mozApps として実装されています。
11 Apps.checkInstalled API, Apps, Apps API, Firefox OS, Method
指定されたアプリについての情報を取得します。これを使って、そのアプリがインストールされているかどうかを判別できます。
12 Apps.getInstalled API, Apps, Apps API, Firefox OS, Method
この生成元からインストールされたアプリの一覧を取得します。例えば、これを Mozilla Marketplace を呼び出した場合、Mozilla Marketplace によってインストールされたアプリの一覧を取得できます。
13 Apps.getSelf API, Apps, Apps API, Firefox OS, Method
現在のアプリに関する情報を返します。つまり、呼び出し元アプリとドメインが一致するインストール済みアプリの情報です。これを使ってアプリがインストールされているかどうかを判別できます。
14 Apps.install API, Apps, Apps API, Firefox OS, Method
アプリのインストールを実行します。インストールの過程で、アプリは検証され、ユーザはインストールを許可するかどうか訪ねられます。
15 Apps.installPackage API, Apps, Firefox OS, Method, NeedsContent
パッケージ型アプリ をインストールします。
16 Attr API, DOM
この型は、DOM 要素の属性をオブジェクトとして提供します。ほとんどの DOM メソッドは、この属性を文字列として直接取得するでしょう (例: Element.getAttribute())。しかし、特定の関数 (例: Element.getAttributeNode()) やイテレーションを表すものには Attr 型を付与します。
17 Attr.localName API, DOM, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMobileBrowserCompatibility, Property, Reference
Attr.localName読み取り専用プロパティは、要素の修飾名のローカル部分を返します。
18 Attr.namespaceURI API, DOM, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMobileBrowserCompatibility, Property, Reference
このスニペットでは、localName とその namespaceURI について属性を調べています。
namespaceURI がXUL名前空間を返し、localName が "browser" を返した場合、ノードは XUL <browser/> と解釈されます。
19 AudioBuffer
これらのオブジェクトは短い、一般的には45秒未満の、断片的な音声を保持するために設計されています。それよりも長い音声は、MediaElementAudioSourceNodeのオブジェクトが適しています。バッファには次の形式でデータが書き込まれます: ノンインターリーブ IEEE754 32bit リニア PCMで、-1から+1の範囲で正規化されています。つまり、32bit 浮動小数点バッファで、それぞれのサンプルは-1.0から1.0の間です。AudioBufferに複数のチャンネルがある場合は、それぞれ分かれたバッファに格納されます。
20 AudioBuffer.copyFromChannel()
AudioBufferインターフェースのcopyFromChannel()メソッドは、AudioBufferの指定の
21 AudioBuffer.copyToChannel()
AudioBufferインターフェースのcopyToChannel()メソッドは、配列から指定のAudioBufferのチャンネルへと
22 AudioBuffer.duration
double
23 AudioBuffer.getChannelData()
Float32Array
24 AudioBuffer.length
float
25 AudioBuffer.numberOfChannels
integer
26 AudioBuffer.sampleRate
float
27 AudioBufferSourceNode
The AudioBufferSourceNode インタフェーエスはメモリ上にある音声データ (AudioBuffer) を扱うオーディオソースを表します。このオブジェクトはオーディオソースとなる AudioNode です。AudioBuffer)
28 AudioBufferSourceNode.onended
有りません。
29 AudioBufferSourceNode.start()
最も単純なオーディオバッファの再生方法—この場合は何もパラメータを指定する必要はありません。
30 AudioBufferSourceNode.stop()
最も単純なオーディオバッファ再生の停止方法—この場合は何もパラメータを指定する必要はありません。
31 AudioContext API
AudioContextインタフェースはAudioNodeによって表現され、一緒にリンクした音声モジュールから作った音声処理グラフを表します。音声コンテキストはコンテキストを含むノードの作成と音声処理もしくはデコードの実行の両方を制御します。コンテキスト内部で全てのことが起こるので、何かをする前にAudioContextを作る必要があります。
32 AudioContext()
AudioContext() コンストラクタは新しい AudioContext オブジェクトを作成します。このオブジェクトはオーディオモジュールが相互に接続された音声処理のグラフを表現しています。このグラフ中で用いられるオーディオモジュールは AudioNode として表現されます。
33 AudioContext.close()
AudioContextインターフェースのclose()メソッドは、オーディオコンテキストを閉じて使っていたシステムのオーディオリソースを全て解放します。
34 AudioContext.createAnalyser()
AnalyserNode
35 AudioContext.createBiquadFilter()
BiquadFilterNode
36 AudioContext.createBuffer()
AudioBuffer
37 AudioContext.createBufferSource()
AudioBufferSourceNode
38 AudioContext.createChannelMerger()
ChannelMergerNode
39 AudioContext.createChannelSplitter()
ChannelSplitterNode
40 AudioContext.createConvolver()
ConvolverNode
41 AudioContext.createDelay()
DelayNode
42 AudioContext.createDynamicsCompressor()
コンプレッサーは、音声信号の最大部分の音量を小さくし、最小部分の音量を大きくします。一般的に、より大きく、豊かで、高密度な音になります。これはゲームや音楽アプリケーションでたくさんの別々の音を同時に再生する場合に特に重要です。このような場合、全体の音量の操作したり、出力音声のクリッピング(ひずみ)を避けたいはずです。
43 AudioContext.createGain()
GainNode
44 AudioContext.createMediaElementSource()
MediaElementAudioSourceNode
45 AudioContext.createMediaStreamDestination()
MediaStreamは、ノードが生成されたときと、MediaStreamAudioDestinationNodestreamプロパティを通じでアクセスできるようになったときに生成されます。このストリームはnavigator.getUserMediaで得られたMediaStreamと同じような使い方ができます—例えば、RTCPeerConnectionインターフェースのaddStream()メソッドでリモートの端末に送ることができます。
46 AudioContext.createMediaStreamSource()
メディアストリームオーディオソースノードの詳細はMediaStreamAudioSourceNodeのページを参照してください。
47 AudioContext.createOscillator()
OscillatorNode
48 AudioContext.createPanner()
PannerNode を返します。
49 AudioContext.createPeriodicWave()
PeriodicWave
50 AudioContext.createScriptProcessor()
AudioContext の createScriptProcessor() メソッドを利用することで、ダイレクトな音声処理ができる ScriptProcessorNode オブジェクトを作成できます。
51 AudioContext.createStereoPanner()
StereoPannerNode
52 AudioContext.currentTime
double
53 AudioContext.decodeAudioData()
これはオーディオトラックからWeb Audio APIで音源を生成するよい方法です。
54 AudioContext.destination
AudioDestinationNode
55 AudioContext.listener
AudioListener
56 AudioContext.mozAudioChannelType
AudioContextインターフェースのmozAudioChannelType読み取り専用プロパティは、Firefox OS デバイスで、オーディオコンテキスト要素で再生される音声を再生するオーディオチャンネルを設定するために使えます。
57 AudioContext.onstatechange
次のスニペットはAudioContext states デモの一部です(すぐに実行)。AudioContext.onstatechangeハンドラは、状態が変わるたびにコンソールにログを出力するために使われています。
58 AudioContext.resume()
AudioContextインターフェースのresume()メソッドは、一時停止されたオーディオコンテキストの時間の流れを再開します。
59 AudioContext.sampleRate
浮動小数点
60 AudioContext.state
DOMString。取りうる値は:
61 AudioContext.suspend()
suspend()メソッドは、オーディオコンテキストの時間の流れを一時停止します。音声ハードウェアへのアクセスを一時的に停止し、処理に必要だったCPU/バッテリーの使用を減らすことが出来ます。これは、アプリケーションがしばらくの間オーディオを扱わない間に、音声ハードウェアに電源を供給しないようにしたいときに便利です。
62 AudioDestinationNode
AudioDestinationNodeには出力はなく(出力があれば、これ以上AudioNodeに音声を結びつけることができません)、入力が1つあります。入力チャンネルの数は、0からmaxChannelCount変数の間である必要があり、そうでなければ例外が発生します。
63 AudioDestinationNode.maxChannelCount
unsigned long
64 AudioNode
The AudioNode interface is a generic interface for representing an audio processing module like an audio source (e.g. an HTML <audio> or <video> element), audio destination, intermediate processing module (e.g. a filter like BiquadFilterNode or ConvolverNode), or volume control (like GainNode).AudioNodeインターフェースは、オーディオソース(例:
65 AudioProcessingEvent
The list below includes the properties inherited from its parent, Event.
66 AudioScheduledSourceNode
特に明記しない限り、AudioScheduledSourceNode をベースにしたノードは、再生されていない時 (つまり、start() の前や、stop() の後) は、無音を出力します。無音は、値がゼロ (0) であるサンプルストリームを、常に流し続けることで表現されています。
67 Blob API, Files, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference, WebAPI
Blob オブジェクトはファイルに似たオブジェクトで、immutable な生データです。データを表す blob は必ずしも JavaScript ネイティブなフォーマットではありません。File インターフェイスは Blob を基礎にしており、その機能を継承する一方で、ユーザーのシステム上のファイルをサポートするための機能を拡張しています。
68 Blob() API, Blob, Constructor, Experimental, File API, Reference
Blob() コンストラクタは、新たな Blob オブジェクトを返します。その blob の中身は、array という引数で与えられた値 (同士) を連結したものから構成されています。
69 Blob.slice() API, Files, Method, Reference
Blob.slice() メソッドは、Blob ソースの指定したバイトの範囲のデータを含む新しい Blob オブジェクトを生成するために使用します。
70 File.size DOM, File API, Files, Reference, Référence(2)
ファイルオブジェクトの容量を byte(s) 単位で返します。
71 File.type DOM, File API, Files, Reference, Référence(2)
ファイルの MIME 型を返します。MIME 型を決定できない場合は戻り値は null となります。
72 BlobBuilder
BlobBuilder インターフェースは、Blob オブジェクトを構築する簡単な方法を提供します。単に BlobBuilder を作成し、 append() メソッドを使ってデータのチャンクを付け足していってください。blobの生成が完了したら getBlob() メソッドを呼んで、あなたがビルダに送り込んだデータの Blob を取得してください。
73 BlobEvent API, Experimental, Media, Media Stream Recording, Reference
BlobEvent インターフェイスは、Blob に関連付けられたイベントを表します。これらの blob は、一般的にメディアコンテンツと関連付けられますが、必ずしもそうとは限りません。
74 BlobEvent() API, BlobEvent, Constructor, DOM, DOM Reference, Experimental, Media Stream Encoding, Reference
BlobEvent() コンストラクターは、新たに生成され Blob に関連付けられた BlobEvent オブジェクトを返します。
75 BlobEvent.data API, BlobEvent, DOM, DOM Reference, Experimental, Media Stream Recording, Property, Reference
BlobEvent.data 読み取り専用プロパティは、イベントに関連付けられた Blob を表します。
76 Bluetooth API, Buetooth, Interface, Non-standard, Reference, Web Buletooth API
Web Bluetooth APIBluetooth インターフェースは、オプション指定した BluetoothDevicePromise を返します。
77 Body API, BODY, Experimental, Fetch, Interface, Reference, TopicStub, request
Fetch APIBody mixin は、コンテンツタイプの種類や扱われ方を決める、リクエスト/レスポンスのボディを表します。
78 Body.arrayBuffer() API, ArrayBuffer, BODY, Experimental, Fetch, Method, Reference
Body ミックスインの arrayBuffer() メソッドは、Response ストリームを取得して、完全に読み取ります。その上で、ArrayBuffer で解決される promise を返します。
79 Body.blob() API, BODY, Blob, Experimental, Fetch, Method, Reference
Body ミックスインの blob() メソッド は、 Response ストリームを取得し、完全に読み込みます。Blob で解決する promise を返します。
80 Body.bodyUsed API, BODY, Experimental, Fetch, Property, Reference, bodyUsed
Body ミックスインの bodyUsed 読み取り専用プロパティは、ボディーが既に読み取られたかどうかを示す Boolean 値を含みます。
81 Body.formData() API, BODY, Experimenal, Fetch, FormData, Method, NeedsExample, Reference
Body ミックスインの formData() メソッドは、Response ストリームを取得して、すべて読み取ります。その上で、FormData オブジェクトで解決される promise を返します。
82 Body.json() API, BODY, Experimental, Fetch, JSON, Method, Reference
Body ミックスインの json() メソッドは、Response ストリームを取得したうえで、すべて読み取ります。その上で、JSON データを含むオブジェクトリテラルで解決される promise を返します。
83 Body.text() API, BODY, Experimental, Fetch, Method, Reference, Text
Body ミックスインの text() メソッドは、Response ストリームを取得して、それを完全に読み取ります。その上で、USVString オブジェクト(text)で解決する promise を返します。レスポンスは常に UTF-8 でデコードされます。
84 CSS API, CSSOM, Interface, Painting, Reference
CSS インターフェイス は CSS に関連した便利なメソッドを持っています。このインターフェイスにはオブジェクトは実装されていません: 静的メソッドのみを含んでいるため、実用的なインターフェイスになっています。
85 CSS Object Model API, CSSOM, Reference, TopicStub
CSS オブジェクトモデルは CSS を JavaScript から操作するためのAPIの集合です。これは  DOM と HTML API のペンダントですが、CSS用です。これにより CSS スタイルを動的に読んだり編集したりできます。
86 動的なスタイル情報の利用 Beginner, CSSOM
DOM の一部である CSS Object Model (CSSOM) では、CSSに関する様々な情報を操作するインターフェイスを公開しています。これらは DOM Level 2 Style 勧告で定義されたのち、現在ではそれを置き換える CSS Object Model (CSSOM) で規格化されています。
87 CSSKeyframeRule API, CSS Animations, CSSOM, Experimental, Interface, Reference
CSSKeyframeRule インターフェイスは、指定された keyframe のスタイルセットを表すオブジェクトを提供します。@-規則@keyframes の 1 つのキーフレームに対応しています。これはタイプ値 8 (CSSRule.KEYFRAME_RULE) の CSSRule インターフェイスを実装しています。
88 CSSMatrix API, NeedsBrowserCompatibility, Reference, Référence(2)
CSSMatrix は、2D または 3D の変形が適用できる同次の 4x4 行列を表しています。このクラスは、ある時点で CSS Transitions モジュールレベル 3 の一部ということになっていましたが、現在のワーキングドラフトで存在しません。代わりに DOMMatrix を使用してください。
89 CSSMediaRule API, CSSOM, Interface, Reference
CSSMediaRule は、1 個の CSS @media 規則を表すインターフェイスです。これは、CSSConditionRule インターフェイス、さらに CSSGroupingRule インターフェイスと型定数の値が 4 (CSSRule.MEDIA_RULE) の CSSRule インターフェイスを実装します。
90 CSSOMString API, CSSOM, CSSOMString, Reference
CSSOMStringCSSOM 仕様書で文字列データを表すために使用され、 DOMString または USVString のどちらかで参照することができます。仕様書では CSSOMString を、ブラウザーのベンダーによって DOMString または USVString から選べるとしています。メモリ内の文字列の表現に、内部的に UTF-8 を使用するブラウザーの実装では、仕様書が CSSOMString と言ったときは USVString を使用し、すでに文字列を16ビットの並びで表現する実装では、代わりに DOMString を選択するかもしれません。
91 CSSPageRule API, CSSOM, Interface, Reference
CSSPageRule は、1 個の CSS @page 規則を表すインターフェイスです。これは、型定数の値が 6 (CSSRule.PAGE_RULE) の CSSRule インターフェイスを実装します。
92 CSSRule API, CSSOM, Interface, Reference
CSSRule インターフェイスは、1 つの CSS 規則を表します。いくつかある規則の種類は、下記の 型定数 セクションのリストを見てください。
93 CSSRule.cssText API, CSSOM, NeedsCompatTable, Property, Referrence
cssText は、CSSStyleSheet スタイル規則の実際のテキストを返します。
94 CSSRule.parentStyleSheet API, CSSOM, NeedsCompatTable, Property, Reference
parentStyleSheet は、現在の規則を定義している stylesheet オブジェクトを返します。
95 CSSStyleRule API, CSSOM, Interface, Reference
CSSStyleRule は、1 個の CSS スタイル規則を表します。これは、型定数の値が 1 (CSSRule.STYLE_RULE) の CSSRule インターフェイスを実装します。
96 CSSStyleRule.selectorText API, CSSOM, CSSStyleRule, Reference
CSSRule.selectorTextプロパティは、この規則集合のセレクターのテキスト表現を取得します。これは、一部のブラウザーで読み取り専用で実装されています。スタイルシート規則をクロスブラウザーで動的に設定するには、 動的なスタイル情報の利用 を参照してください。
97 CSSStyleRule.style API, CSSOM, Property, Reference
CSSRule.style プロパティは、CSSRule宣言ブロック のための CSSStyleDeclaration インターフェイスです。
98 CSSStyleSheet API, CSSOM, Reference
CSSStyleSheet インターフェイスは、1 枚の CSS スタイルシートを表します。これは、その親の StyleSheet からプロパティとメソッドを継承します。
99 CSSStyleSheet.deleteRule() API, CSSOM, CSSStyleSheet, Method, Reference
CSSStyleSheet.deleteRule() メソッドは、スタイル規則を現在のスタイルシートオブジェクトから削除します。
100 CSSStyleSheet.insertRule() API, CSSOM, CSSStyleSheet, Method, Reference
CSSStyleSheet.insertRule() メソッドは、新しい CSS 規則現在のスタイルシートに挿入しますが、いくつかの制限があります。
101 CSSSupportsRule API, CSSOM, Interface, Reference
CSSSupportsRule インターフェイスは、1 個の CSS @supports @-規則 を表すオブジェクトを表します。これは、CSSConditionRule インターフェイス、さらに型定数の値が 12 (CSSRule.SUPPORTS_RULE) の CSSRule インターフェイスと CSSGroupingRule インターフェイスを実装します。
102 Cache API, Cache, Experimental, Fraft, Interface, Offline, Reference, Service Worker, ServiceWorker, Storage
ServiceWorker APICache インターフェースは、ServiceWorker ライフサイクルの一部としてキャッシュされた Request / Response のペアオブジェクトを表します。Cache インターフェースはWindowスコープやWorkerで利用できます。そのため、このAPIはservice workerスペックで定義されていますが、service workerに結びつけて使う必要はありません。
103 Cache.add() API, Cache, Experimental, Method, Reference, Service Workers, ServiceWorker
Cache インターフェースの add() メソッドは、URL を受け取り、取得して、指定されたキャッシュに結果のレスポンスオブジェクトを追加します。
104 Cache.addAll() API, Cache, addAll, サービスワーカー, サービスワーカー API
Cache インターフェースの addAll() メソッドは、URL の配列を受け取り、取得して、指定されたキャッシュに結果のレスポンスオブジェクトを追加します。取得の間に作成されたリクエストオブジェクトは、格納されるレスポンス操作のキーになります。
105 Camera API API, Firefox OS, Graphics, Reference, camera
Camera API は、アプリケーションが端末のカメラを管理できるようにします。写真撮影や動画記録をしたり、カメラのフォーカスやズーム、ホワイトバランス、フラッシュライトなどの情報を取得できます。これは特権 API であり、認証済みアプリケーションのみが使用できます。
106 CameraCapabilities API, DOM, DOM Reference, Firefox OS, Graphics, JavaScript, Reference
CameraControl.capabilities プロパティは、CameraCapabilities オブジェクトを返します。これは、カメラのすべてのキャパビリティを説明します。
107 CameraControl API, DOM, DOM Reference, Firefox OS, Graphics, JavaScript, Reference
CameraManager.getCamera() メソッドを使用してカメラへの参照を取得する時、成功時に呼び出されるコールバック関数を指定します。この関数は、引数として CameraControl オブジェクトを受け取ります。このオブジェクトのメソッドとプロパティは、カメラの管理と使用に使います。
108 CameraManager API, DOM, DOM Reference, Firefox OS, Graphics, JavaScript, Reference
CameraManager インターフェースは、ユーザの端末上で利用可能な任意のカメラへのアクセスを提供します。
109 CameraManager.getCamera() API, Firefox OS, Graphics, JavaScript, Method, Reference
このメソッドは、端末上の利用可能なカメラの一つに、そのカメラの識別子を指定してアクセスするために使用します。利用可能なカメラのリストは、CameraManager.getListOfCameras() メソッドを呼び出して取得してください。
110 CameraManager.getListOfCameras() API, Firefox OS, Graphics, JavaScript, Method, Reference
このメソッドは、端末上の利用可能なすべてのカメラの識別子を含む 配列 を取得するために使用します。
111 CanvasGradient API, Canvas, CanvasGradient, Interface, Reference, グラデーション
CanvasGradient インターフェイスは、グラデーションを記述する不透明オブジェクトを表します。 CanvasRenderingContext2D.createLinearGradient() または CanvasRenderingContext2D.createRadialGradient() メソッドから返されます。
112 CanvasPattern API, Canvas, Interface, Reference
CanvasPattern インターフェースは、CanvasRenderingContext2D.createPattern() メソッドによって(画像、 canvas 要素、video 要素をもとに)生成される不透明なオブジェクトです。
113 CanvasPattern.setTransform() API, Canvas, CanvasPattern, Experimental, Method, Reference
CanvasPattern.setTransform() メソッドは、パターンの変換マトリックスとして SVGMatrix オブジェクトを使用し、パターンにこれを実行します。
114 CanvasRenderingContext2D
このインターフェイスのオブジェクトを取得するには、以下のように<canvas>のgetContext()の引数に"2d"を指定して呼び出します。</canvas>
115 CanvasRenderingContext2D.addHitRegion()
Canvas 2D APIのCanvasRenderingContext2D.addHitRegion()メソッドはビットマップにヒット領域を追加します。これにより、ヒット検出が容易になり、イベントをDOM要素にルートでき、ユーザーはcanvasを見なくても操作できるようになります。
116 CanvasRenderingContext2D.arc() API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Method, Reference
Canvas 2D APIのCanvasRenderingContext2D.arc()メソッドは、パスに円弧を加えます。円弧の中心座標は(x, y)で半径がr、角度startAngleからendAngleまで、anticlockwiseの向きに描かれます(デフォルトは時計回り)。
117 CanvasRenderingContext2D.clearHitRegions()
Canvas 2D APIのCanvasRenderingContext2D.clearHitRegions()メソッドはcanvasからすべてのヒット領域を削除します。
118 CanvasRenderingContext2D.clearRect()
CanvasRenderingContext2D.clearRect() は、座標 (x, y) を始点とする大きさ (width, height) の領域を、透明色(透明な黒)で塗りつぶします。領域内に描画されていたすべてのコンテンツは消去されます。
119 CanvasRenderingContext2D.direction API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Experimental, Property, Reference
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.direction プロパティは、テキストを描画するときに使用する現在の書字方向を指定します。
120 CanvasRenderingContext2D.drawFocusIfNeeded()
Canvas 2D APIのCanvasRenderingContext2D.drawFocusIfNeeded()メソッドは、パラメーターで与えられた要素がフォーカスした時に、現在のパスもしくは与えられたパスの周りにフォーカスリングを描画します。
121 CanvasRenderingContext2D.fillRect()
CanvasRenderingContext2D.fillRect() は座標 (x, y) を始点に、大きさ(width, height) の領域を塗りつぶします。塗りつぶす様式は fillStyle 属性に従います。
122 CanvasRenderingContext2D.fillText() API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Method, Reference, Référence(2)
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.fillText() メソッドは、指定した位置 (x, y) にテキストを塗りつぶして描画します。省略可能な第 4 引数である最大幅を与えると、この幅に収まるようにテキストを縮小します。
123 CanvasRenderingContext2D.font API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Property, Reference
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.font プロパティは、テキストを描画するときに用いられる現在のテキストスタイルを指定します。この文字列は CSS font 記述子 (specifier) と同じ構文を用います。デフォルトフォントは 10px のサンセリフ (sans-serif) です。
124 CanvasRenderingContext2D.globalCompositeOperation API, Blending, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Compositing, Property, Reference
CanvasRenderingContext2D.globalCompositeOperationプロパティは、新たな図形を描くときに適用する合成処理の種類を定めます。種類は文字列で、合成やブレンドモードのいずれが用いられるのかを決めます。
125 CanvasRenderingContext2D.imageSmoothingEnabled API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Experimental, Property, Reference
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.imageSmoothingEnabled プロパティ は、画像が滑らか(true:既定値)か、またはそうではない(false)かによって、変化するように設定できます。imageSmoothingEnabled プロパティを取得すると、設定された最新の値が返されます。
126 CanvasRenderingContext2D.lineTo()
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.lineTo() メソッドは、直線でサブパスの終点を xy の座標へ接続します(この線は実際には描画されません)。
127 CanvasRenderingContext2D.measureText() API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Method, Reference, Référence(2)
CanvasRenderingContext2D.measureText() メソッドは、測定したテキストの情報 (例えば幅など) を持つ TextMetrics オブジェクトを返します。
128 CanvasRenderingContext2D.moveTo()
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.moveTo() メソッドは、新しいサブパスの始点を (x, y) 座標に移動します。
129 CanvasRenderingContext2D.rect()
Canvas 2D APIのCanvasRenderingContext2D.rect() メソッドは、2Dウィンドウのサイズ(width, height)や開始位置(x, y)を定義できるメソッドです。
130 CanvasRenderingContext2D.removeHitRegion()
Canvas 2D APIのCanvasRenderingContext2D.removeHitRegion() メソッドは、canvasから与えられたヒット領域を削除します。
131 CanvasRenderingContext2D.stroke()
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.stroke() メソッドは、現在のあるいは渡されたパスを、ノンゼロワインディング規則を使って、現在のストロークスタイルで描きます。
132 CanvasRenderingContext2D.strokeText() API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Method, Reference, Référence(2)
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.strokeText() メソッドは、指定した位置 (x, y) にテキストの輪郭線を描画します。省略可能な第 4 引数である最大幅を与えると、この幅に収まるようにテキストを縮小します。
133 CanvasRenderingContext2D.textAlign API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Property, Reference, Référence(2)
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.textAlign プロパティは、テキストを描画するときに用いられる現在のテキスト配置を指定します。CanvasRenderingContext2D.fillText メソッドの x の値に基づいて配置されることに注意してください。従って textAlign="center" は、テキストを x-50%*width の位置から描画します。
134 CanvasRenderingContext2D.textBaseline API, Canvas, CanvasRenderingContext2D, Property, Reference, Référence(2)
Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.textBaseline プロパティは、テキストを描画するときに用いられる現在のテキストのベースライン (基準線) を指定します。
135 ChildNode API, DOM, Experimental, Interface, Node
ChildNode インターフェースは、親を持つことができる Node オブジェクトに特有のメソッドを含みます。
136 ChildNode.remove()
ChildNode.remove() はオブジェクトを、それの所属するツリーから削除します。
137 ClipboardEvent API, Clipboard API, Event, Experimental, Interface
ClipboardEvent インターフェイスは、 クリップボードの変更に関連する情報を提供するイベントを表します。すなわち、cutcopypaste イベントです。
138 ClipboardEvent() API, Clipboard API, ClipboardEvent, Constructor, Experimenatal
ClipboardEvent() コンストラクタは、新たに生成された ClipboardEvent を返します。これは、cutcopypaste イベントで変更されたクリップボード関連の情報を提供するイベントを表します。
139 ClipboardEvent.clipboardData API, Clipboard API, ClipboardEvent, Experimental, Method, Read-only
ClipboardEvent.clipboardData プロパティは、DataTransfer オブジェクトを保持し、次のように使用します:
140 CloseEvent API, Web, WebSocket, WebSockets, インターフェース, リファレンス
CloseEvent は、WebSockets を使用して接続が閉じられたときにクライアントに送信されます。これは WebSocket オブジェクトの onclose 属性で指定されたリスナーに配信されます。
141 Comment API, DOM
Comment インターフェイスは、マークアップ内にある注意書きのテキストを表します。これらは通常の閲覧時には表示されず、このようなコメントはブラウザのソースビュー表示時に閲覧可能です。HTML や XML でコメントは、「<!--」と「-->」で囲んだコンテンツとして記述します。XML 構文においては、「--」をコメント内に記述することはできません。
142 CompositionEvent API, CompositionEvent, DOM, Event, NeedsBrowserCompatibility, Reference
DOM CompositionEvent は間接的なテキストの入力によって発生するイベントです。
143 ConvolverNode
ConvolverNodeAudioNode の一種で、与えられた AudioBuffer を用いて線形畳み込みを行います。リバーブの実装によく用いられます。ConvolverNode は常に 1 つの入力と、1 つの出力を持ちます。
144 Coordinates API, Coordinates, Geolocation API, Interface, Secure context
Coordinates インターフェイスが継承するプロパティはありません。
145 Crypto API, Interface, Reference, Web Crypt API
Crypto インターフェイスは、現在のコンテキストで利用できる基本的な暗号機能を表します。これは、暗号強度の強い乱数生成器と暗号プリミティブへのアクセスを許可します。
146 Crypto.subtle API, Cryptgraphy, Property, Read-only, Reference, Web Crypt API
Crypto.subtle 読み取り専用プロパティは、暗号化操作ができる SubtleCrypto オブジェクトを返します。
147 CryptoKey API, Interface, Reference, Web Crypto API
CryptoKey インターフェイスは、特定の鍵アルゴリズムによりもたらされる暗号鍵 (key) を表します。
148 CustomElementRegistry API, CustomElementRegistry, Experimental, Interface, Landing, Webコンポーネント, custom elements, レファレンス, 試験的
CustomElementRegistry インターフェイスはカスタムエレメントの登録と、登録された要素を紹介するためのメソッドを提供します。このインスタンスと取得するには、window.customElements プロパティを使います。 
149 CustomEvent API, DOM, Interface, NeedExample, NeedsCompatTable, Reference
このインターフェイスは親である Event からプロパティを継承します:
150 CustomEvent()
CustomEvent() コンストラクターは新しい CustomEvent を生成します。
151 DOMApplicationsManager API
Provides support for managing, and Open Web apps in a browser. A manager can be accessed via Navigator.mozApps.mgmt
152 Apps.mgmt.getAll API, Apps, Apps API, Firefox OS, Method
ユーザのレポジトリにインストールされているアプリ一覧を取得します。
153 DOMCursor API, DOM, DOM Reference, Reference, Référence(2)
DOMCursor オブジェクトは結果のリスト全体の継続的な操作を可能にしています。これは、結果のリストを非同期で反復することを許可したDOMRequest を拡張したものです。continue()メソッドが呼ばれるたびに、DOMCurosr はリストの次の要素へ移動を試み、結果の成功または失敗を呼び出します。
154 DOMCursor.done
The done property indicate if the DOMCursor has reach the last result.
155 DOMError API, DOM, DOMError, Deprecated, Interface, Reference
DOMError インターフェイスは、エラー名を含んでいるエラーオブジェクトを表します。
156 DOMException API, DOM, DOMException, Error, Error code, Exception, Reference
DOMException インターフェイスは、Web API のメソッドの呼び出しやプロパティへのアクセスによって異常なイベント (例外と呼ばれます) が発生したことを表します。
157 DOMHighResTimeStamp API, DOMHighResTimeStamp, High Resolution Time, Reference, Time, Type
DOMHighResTimeStamp 型は double であり、時間の値を保存するために使用します。この値は別々の時点や、2 つの別々の時点の間の時間を表すことができます。単位はミリ秒であり、精度は 5 µs (マイクロ秒) であるべきです。ただし、ブラウザーが 5 マイクロ秒精度の時間の値を提供できない場合 (例えば、ハードウェアやソフトウェアの制約により) は、1 ミリ秒精度の時間として表すことができます。
158 DOMImplementation API, DOM, Interface, Reference
DOMImplementation インターフェイスは特定の文書に依存しないメソッドを提供するオブジェクトを表します。こうしたオブジェクトはDocument.implementation プロパティを返します。
159 DOMObject API, DOM, JavaScript, Obsolete, Reference
No summary!
160 DOMParser API, DOM, Experimental, HTML, Reference, XML
DOMParser を用いると、文字列で格納された XML / HTML のソースを document DOM オブジェクトにパースすることができます。 DOMParserDOM Parsing and Serialization で定義されています。
161 DOMRequest DOM
DOMRequest オブジェクトは、進行中の操作を表します。操作の完了時に呼び出されるコールバックと、操作結果への参照を提供します。 進行中の操作を開始する DOM メソッドは、その操作の進行状況の監視に使用できる DOMRequest オブジェクトを返すことがあります。
162 DOMRequest.error DOM, DOMRequest
このプロパティは DOMError オブジェクト内のエラー情報を含みます。
163 DOMStringList API, DOM, DOMStringList, Reference
DOMString (strings) のリストを含むいくつかの API が返す型です。
164 DOMStringMap
HTML要素であるdatasetはデータのカスタム属性を要素に追加するために使用されます。
165 DOMTimeStamp API, DOM, Interface, Reference
DOMTimeStamp 型は、これが記述された仕様に依存し、ミリ秒単位の絶対値または相対値を表します。
166 DOMTokenList API, DOM, DOMTokenList, Interface, NeedsTranslation, Reference, TopicStub
The DOMTokenList interface represents a set of space-separated tokens. Such a set is returned by Element.classList, HTMLLinkElement.relList, HTMLAnchorElement.relList, HTMLAreaElement.relList, HTMLIframeElement.sandbox, or HTMLOutputElement.htmlFor. It is indexed beginning with 0 as with JavaScript Array objects. DOMTokenList is always case-sensitive.
167 DOMTokenList.add() API, Add, DOM, DOMTokenList, Reference, メソッド
DOMTokenList インターフェイスの add() メソッドは、指定されたトークンをリストに追加します。
168 DOMTokenList.remove() API, DOM, DOMTokenList, Reference, remove, メソッド
DOMTokenList インターフェイスの remove() メソッドは、リストから指定されたトークンを削除します。
169 DataTransfer
DataTransferオブジェクトは、ドラッグ&ドロップ操作の実行中、ドラッグされているデータを保持するために使われます。データトランスファーは1つ以上の項目を保持し、それぞれの項目は1つ以上のデータ型を保持します。ドラッグ&ドロップについての詳しい情報はドラッグ&ドロップを参照してください。
170 DataTransfer.getData() API, HTML DOM, Method, Reference, drag and drop
DataTransfer.getData() メソッドは、指定した型のドラッグデータを (DOMString として) 受け取ります。ドラッグ操作がデータを含まない場合、このメソッドは空文字列を返します。
171 DataTransfer.setData() API, HTML DOM, Method, Reference, drag and drop
DataTransfer.setData() メソッドは、ドラッグ操作の drag data に指定したデータと型を設定します。与えられた型のデータが存在しない場合、このデータはドラッグデータストアの末尾に加えられ、このような types リストの最後のアイテムは新しい型になります。与えられた型のデータが存在する場合、既存のデータが同じ位置で置き換えられます。同じ型のデータが置き換えられる時、types リストの並び順は変更されません。
172 DataTransferItemList API, DataTransferItemList, HTML DOM, HTML Drag and Drop API, Interface, NeedsTranslation, Reference, TopicStub, drag and drop
The DataTransferItemList object is a list of DataTransferItem objects representing items being dragged. During a drag operation, each DragEvent has a dataTransfer property and that property is a DataTransferItemList.
173 DataTransferItemList.clear() API, DataTransferItemList, HTML DOM, HTML Drag and Drop API, Method, Reference, clear, ドラッグアンドドロップ
DataTransferItemListclear() メソッドは、ドラッグデータアイテムリストからすべての DataTransferItem オブジェクトを削除し、リストを空にします。
174 DataTransferItemList.length API, DataTransferItemList, HTML DOM, HTML Drag and Drop API, Property, Reference, length, ドラッグアンドドロップ
DataTransferItemList インターフェイスの length プロパティは読み取り専用で、ドラッグアイテムリストの中に現在入っているアイテムの数を返します。
175 DedicatedWorkerGlobalScope
The DedicatedWorkerGlobalScope object (the Worker global scope) is accessible through the self keyword. Some additional global functions, namespaces objects, and constructors, not typically associated with the worker global scope, but available on it, are listed in the JavaScript Reference. See also: Functions available to workers.
176 DelayNode
The DelayNode acts as a delay-line, here with a value of 1s.
177 DelayNode.delayTime
AudioParam
178 Device Storage API
Device Storage API はwebアプリがファイルシステムへアクセスするために使われます。 ファイルシステムへのアクセスは非常に注意を要するため、このAPIはprivilleged アプリのみが使用できます。
179 DeviceAcceleration API, Device, Experimental, Interface, Orienttation, Reference
DeviceAccelerationオブジェクトは、3つの軸に沿って発生しているデバイスの加速度についての情報を提供します。
180 DeviceLightEvent API, Ambient Light Events, Experimental, Interface
DeviceLightEvent は、端末付近の環境光のレベルについての情報を、写真センサーやそれと類似した検知機を通してウェブ開発者に提供します。たとえば、このイベントは、エネルギーを節約したり、より良い視認性を提供したりするために、現在の環境光のレベルに応じて画面の明るさを調節するのに役立ちます。
181 DeviceLightEvent.value Ambient Light, DOM, Firefox OS
DeviceLightEventvalue プロパティは、現在の環境光レベルを提供します。
182 DeviceMotionEvent API, Device Orientation, Experimental, Mobile, Motion, Orientation
DeviceMotionEvent はウェブ開発者にデバイスの位置と向きの変更スピードの情報を提供します。
183 DeviceProximityEvent API, Interface, Proximity Event, Reference
DeviceProximityEvent インターフェースは、端末の近接センサーを使用して近くの物理オブジェクトの距離についての情報を提供します。
184 DeviceProximityEvent.max API, DevicProximitiy Event, Experimenatal, Property, Reference
max プロパティは、センサーが報告可能なセンチメートル単位の最大検知距離をで提供します。
185 DeviceProximityEvent.min API, DeviceProximity Event, Experimental, Property, Reference
min プロパティは、センチメートル単位でセンサーが報告可能な距離を提供します。
186 DeviceProximityEvent.value API, DeviceProximity Event, Experimental, Property, Reference
DeviceProximityEvent オブジェクトの value プロパティは、デバイスと検出したオブジェクトの間の現在の距離をセンチメートル単位で提供します。
187 DirectoryEntrySync
File System APIDirectoryEntrySync インターフェイスは、ファイルシステム内のディレクトリを表します。ディレクトリ内のファイルの作成、読み込み、検索、および再帰的に削除するためのメソッドが含まれています。
188 Document API, DOM, Document, Reference, インターフェイス
Document インターフェイスは、ブラウザーに読み込まれたウェブページを表し、DOM ツリー であるウェブページのコンテンツへのエントリーポイントとして働きます。
189 Document() API, DOM, コンストラクタ, ドキュメント, リファレンス
Document コンストラクタはブラウザでwebページが読み込まれた際に新たに Document オブジェクトを生成し、そのページのコンテンツへのエントリーポイントとして提供します。
190 Document.URL API, Document, HTML DOM, URL, プロパティ, リファレンス
Document インターフェイスの URL プロパティは読取専用で、文書の位置を文字列で返します。
191 Document.adoptNode() API, DOM, DOM Reference, Gecko, Method, Reference, メソッド, リファレンス
Document.adoptNode() は、ノードを他の文書からメソッドの文書へ移動します。取り込まれたノードおよびそのサブツリーは (もしあれば) 元の文書から削除され、 ownerDocument が現在の文書に変更されます。その後、ノードを現在の文書に挿入することができます。
192 Document.anchors DOM, Document, Gecko
anchorsDocument インターフェイスの読み取り専用のプロパティで、文書中のすべてのアンカーのリストを返します。
193 Document.body API, Document, HTML DOM, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMarkupWork, NeedsMobileBrowserCompatibility, Property, Reference
その文書の <body> 要素、または <frameset> 要素を返します。要素がない場合は null を返します。
194 Document.close() API, Document, HTML DOM, Method, Reference, メソッド
document.close() メソッドは、 document.open() で開かれた文書への書き込みを終了します。
195 Document.contentType API, DOM, MIME, Reference, プロパティ
文書がレンダリングされる MIME タイプを返します。これは HTTP ヘッダーやその他の MIME 情報のソースから来る可能性があり、ブラウザーや拡張機能によって行われる自動型変換の影響を受ける可能性があります。
196 Document.cookie API, Document, HTML DOM, JS, Reference, cookie, クッキー, ストレージ
現在の文書に関連したクッキーを取得したり設定したりします。一般的なライブラリについては、このシンプルなクッキーフレームワークをご覧ください。
197 Document.createDocumentFragment()
空の DocumentFragment を新しく作成します。
198 Document.createElement API, DOM, Document, Method, Reference, createElement, メソッド
HTML ドキュメントにおいて Document.createElement() メソッドは、tagName で指定した HTML 要素を生成する、あるいは tagName を認識できない場合に HTMLUnknownElement を生成します。XUL ドキュメントでは、指定した XUL 要素を生成します。その他のドキュメントでは、null 名前空間 URI の要素を生成します。
199 Document.createNSResolver()
指定されたノードのスコープで定義を尊重する名前空間を解決する XPathNSResolver を生成します。
200 Document.createProcessingInstruction() API, DOM, Document, Method, Reference, createProcessInstruction
createProcessingInstruction() は新しい processing instruction ノードを生成して返します。
201 Document.createRange
新しい Range オブジェクトを返します。
202 Document.createTextNode() API, DOM, Document, Reference, createTextNode, メソッド
新しいテキストノードを生成します。
203 Document.dir API, Document, HTML DOM, プロパティ, リファレンス
Document.dir プロパティは DOMString で、文書のテキストの書字方向が、左書き (既定) か右書きかを表します。有効な値は 'rtl' 右書き (右から左)、または 'ltr' 左書き (左から右) です。
204 Document.doctype API, DOCTYPE, DOM, Document, Reference, プロパティ
現在の文書に関連付けられた文書型宣言 (Document Type Declaration) (DTD) を返します。返されるオブジェクトは、 DocumentType インターフェイスを持ちます。 DocumentType を生成するには DOMImplementation.createDocumentType() を使用してください。
205 Document.evaluate()
Note, in the above example, a more verbose XPath is preferred over common shortcuts such as //h2. Generally, more specific XPath selectors as in the above example usually gives a significant performance improvement, especially on very large documents. This is because the evaluation of the query spends does not waste time visiting unnecessary nodes. Using // is generally slow as it visits every node from the root and all subnodes looking for possible matches.
206 Document.execCommand() API, DOM, Document, execCommand, エディター, メソッド, リファレンス
HTML 文書が designMode に切り替えられた時、 document オブジェクトは、フォーム入力欄contenteditable を持った要素のように現在編集可能な領域を操作するためにコマンドを実行するために、 execCommand メソッドを公開します。
207 Document.exitFullscreen() API, DOM, Document, Full-screen, Method, Reference, 全画面
DocumentexitFullscreen() メソッドは、この文書で現在全画面モードで表示されている要素が全画面モードを向け、画面を以前の状態に戻すことを要求します。
208 Document.forms API, DOM, Document, HTML DOM, HTML フォーム, フォーム, プロパティ, リファレンス
Document インターフェイスの forms プロパティは読み取り専用で、文書内に含まれるすべての <form> を列挙した HTMLCollection を返します。
209 Document.fullscreen API, Document, Fullscreen API, Read-only, Reference, プロパティ
廃止された Document インターフェイスの fullscreen プロパティは読み取り専用で、文書が現在全画面モードで表示されているかどうかを報告します。
210 Document.fullscreenElement API, Document, Fullscreen API, Property, Read-only, Reference
読み取り専用の Document.fullscreenElement プロパティは、ドキュメント内で現在フルスクリーンモードで表示されている Element、または、フルスクリーンモードを使用していない場合は null を返します。
211 Document.fullscreenEnabled API, Document, Fullscreen API, Property, Read-only, Reference
Document インターフェイスの fullscreenEnabled プロパティは読み取り専用で、全画面モードが使用できるかを示します。
212 Document.getElementById() API, DOM, Document, Reference, getElementById, id, ウェブ, メソッド, 要素
DocumentgetElementById() メソッドは、 id プロパティが指定された文字列に一致する要素を表す Element オブジェクトを返します。要素の ID は指定されていれば固有であることが求められているため、特定の要素にすばやくアクセスするには便利な方法です。
213 Document.hidden Web, ドキュメント, プロパティ, ページビジビリティAPI, リファレンス, 読み込み専用
Document.hidden は読み込み専用のプロパティで、ページが隠されていると見なされるかどうかを示すブーリアンの値を返します。
214 Document.importNode() API, DOM, Document, Method, Node, Reference, importNode, コピー, メソッド, 複製
Document オブジェクトの importNode() メソッドは、後で現在の文書に挿入するために、他の文書から Node または DocumentFragment の複製を作成します。
215 Document.onfullscreenchange API, Document, Event Handler, Fullscreen API, Property, Reference
Document.onfullscreenchange プロパティは、ドキュメントがフルスクリーンモードに移行したとき、またはフルスクリーンモードを終了したときに発生する fullscreenchange イベントのイベントハンドラです。
216 Document.onfullscreenerror API, Document, Event Handler, Fullscreen API, Property, Reference, イベントハンドラー, エラー, 全画面, 全画面 API
Document.onfullscreenerror プロパティは、文書が直前の Element.requestFullscreen() の呼び出しの後で全画面モードへの移行に失敗したときに、文書に送信される fullscreenerror イベントのイベントハンドラーです。
217 Document.onselectionchange API, Document, Experimental, Reference, イベントハンドラー, プロパティ
Document.onselectionchange プロパティは、 selectionchange イベントがこのオブジェクトに到達したときに呼び出されるイベントハンドラーを表します。
218 Document.open() API, DOM, Method, Reference, メソッド
Document.open() メソッドは、書き込みのために文書を開きます。
219 Document.origin API, DOM, Experimental, Interface, Property, Read-only
Document.origin 読み取り専用プロパティは。文書のオリジンを返します。ほとんどの場合、このプロパティは document.defaultView.location.origin と等価です。
220 Document.policy Document, Policy, Property, プロパティ, リファレンス
Document インターフェイスのpolicy プロパティは読み取り専用で、特定の文書に適用される機能ポリシーを見ることができる簡単な API を提供する Policy インターフェイスを返します。
221 Document.queryCommandSupported() API, DOM, Method, Reference, editor
Document.queryCommandSupported() メソッドは指定したエディタコマンドがブラウザでサポートされているかどうかを報告します。
222 Document.querySelector() API, DOM, Document, Reference, セレクター, メソッド
DocumentquerySelector() メソッドは、指定されたセレクターまたはセレクターのグループに一致する、文書内の最初の Element を返します。一致するものが見つからない場合は null を返します。
223 Document.querySelectorAll() API, DOM, Document, Reference, querySelectorAll, セレクター, メソッド, 要素の検索
ElementquerySelectorAll() メソッドは、与えられた CSS セレクターに一致する文書中の要素のリストを示す静的な (生きていない) NodeList を返します。
224 Document.scrollingElement API, Document, Property, Reference, scrollingElement
No summary!
225 Document.write() API, DOM, Document, Method, Reference, メソッド
テキストの文字列を document.open() で開かれた文書ストリームに書き込みます。
226 Document.writeln() API, DOM, Method, Reference, メソッド
テキストの文字列とその直後に続く改行文字を文書に書き込みます。
227 document.activeElement DOM, Focus, Gecko, HTML5, NeedsTranslation, 要更新
Returns the currently focused element, that is, the element that will get keystroke events if the user types any. This attribute is read only.
228 document.alinkColor DOM, DOM_0, Document, Gecko
リンクのアクティブ状態(リンクの mousedown 及び mouseup イベント発生時)に於ける色を取得 / 設定します。
229 document.applets DOM, Document, Gecko
document.applets はドキュメント内のアプレットの序列リストを返します。リストの各項目には添え字でアクセス可能です。
230 document.async API, DOM, DOM リファレンス, Document, Gecko, Non-standard, Property, Reference, async
document.async は、 XMLDocument.load() の呼び出しを同期で行うか、または非同期で行うかの指示を真偽値で設定します。 true が初期値であり、これは文書を非同期的に読み込むよう要求するものです。
231 document.bgColor API, DOM, Deprecated, Document, Gecko, HTML DOM, Property, Reference
廃止された bgColor プロパティは、現在の文書の背景色を取得または設定します。
232 document.characterSet API, DOM, Document, Property, Read-only, Reference
読み取り専用の Document.characterSet プロパティは、文書の文字エンコーディングを表す文字列を返します。文字エンコーディングは文書のレンダリングに使用される文字セットです。文字エンコーディングは上書き可能である為、文書に指定したエンコーディングと異なるものが返る場合があります。
233 document.clear DOM, DOM_0, Document, Gecko, HTML5
このメソッドはドキュメントの内容を消去するものであり、初期の Mozilla アプリケーション(※ 1.0 以前)にのみ存在したものです。
234 document.compatMode DOM, Document, Gecko
現在の文書のレンダリングモードを表す文字列を返します。
235 document.createCDATASection DOM, Gecko
createCDATASection() は、新規 CDATA セクションを生成し返します。
236 document.createComment DOM, Gecko
createComment() は新たにコメントノードを作成し、返します。
237 document.createEvent API, DOM, Method, Reference
指定されたタイプの イベント を作成します。返されるオブジェクトは初めに初期化する必要があり、その後で element.dispatchEvent へ渡すことができます。
238 document.currentScript DOM, Firefox 4, Gecko 2.0
そのスクリプトを処理している <script> 要素を返します。
239 document.defaultView API, Document, HTML DOM, Property, Reference
ブラウザーにおいて、document.defaultView はドキュメントに関連付けられている window オブジェクトを返します。もし存在しない場合は null を返します。
240 document.designMode API, DOM, Document, HTML DOM, NeedsBrowserCompatibility, Property, Reference, editor
document.designMode は、document 全体を編集可能にするかどうかを制御します。セットできる値は、"on""off" のどちらかです。仕様書では、このプロパティの値はデフォルトで "off" です。Firefox はこの標準仕様に従います。Chrome や IE の最近のバージョンでは、デフォルトで "inherit" です。IE6~10 では、値が大文字です。
241 document.documentElement DOM, Document, Node, root
Document.documentElement は、document のルート要素 (HTML 文書の場合は <html> 要素) を返します。
242 document.documentURI DOM
文書のロケーションを文字列で返します。DOM4 仕様では読み取り専用となっています。
243 document.documentURIObject DOM, Gecko
244 document.domConfig DOM
ドキュメントの DOMConfiguration を返します。
245 document.elementFromPoint DOM, Gecko
文書の左上を基点として指定された座標上にある要素を返します。
246 document.embeds DOM, DOM_0, Document, Gecko
document.embeds は、現在の文書の埋め込みオブジェクト (<embed>) のリストを返します。
247 document.fgColor DOM, DOM_0, Gecko
fgColor は、現在のドキュメントの前景色または文字色の取得 / 設定に用います。
248 document.getBoxObjectFor DOM, Document, Gecko
指定要素の boxObject (x 座標 / y 座標 / 幅 / 高さ) を返します。
249 document.getElementsByClassName API, DOM, DOM Element Methods, Element, Gecko, HTML5, Method, Reference, 要素
与えられたクラス名で得られる子要素すべての配列ライクのオブジェクトを返します。document オブジェクトで呼び出されたときは、ルートノードを含む、完全な文書が検索されます。任意の要素でgetElementsByClassName() を呼び出すこともできます。その場合は、与えられたクラス名を持つ指定されたルート要素下の要素だけが返ります。
250 document.getElementsByName API, DOM, Document, HTML, Method, Reference
指定した name 属性値を持つ (X)HTML 文書内のノードリストを返します。
251 document.getElementsByTagName API, DOM, Method, Reference
与えられたタグ名を持つ要素の HTMLCollection を返します。ルートノードを含めたドキュメント全体が検索されます。返されたHTMLCollectionis はライブで、つまり document.getElementsByTagName() をもう一度呼び出さなくてもDOMツリーと自動的に同期を保つよう自分自身を更新します。.
252 document.getSelection DOM, Document, Reference, Référence(2), Selection
DOM の getSelection() メソッドは、 Window インタフェース及び Document インタフェースで利用可能です。
詳細については window.getSelection() の頁を参照して下さい。
253 document.hasFocus() DOM, Gecko, Reference, フォーカス, メソッド
文書内のアクティブ要素にフォーカスがない場合は false が、文書内のアクティブ要素にフォーカスがある場合は true が返ります。
254 document.head DOM, Document, Gecko, HTML5
文書の <head> 要素を返します。 <head> 要素は文法上、<html> 要素直下にひとつのみ配置可能ですが、仮に <head> 要素が文書中に複数存在する場合、 document.head はそれらの内の最初の <head> 要素を返します。
255 document.height DOM, DOM_0, Gecko
現在の文書の <body> 要素の現在の高さのピクセル値を返します。
256 document.images DOM, Document, Gecko
document.images は、現在の HTML 文書の Image のコレクションを返します。
257 document.implementation DOM, Document, Gecko, 要更新
現在のドキュメントに関連付けられた DOMImplementation オブジェクトを返します。
258 document.inputEncoding DOM, Document, Gecko
文書パース時のエンコーディングを表す文字列(※ ISO-8859-1 等)を返します。
259 document.lastModified DOM, DOM_0, Document, Gecko
現在の文書の最終更新日を表す文字列を返します。
260 document.linkColor DOM, DOM_0, Document, Gecko
リンク色を取得 / 設定します。
261 document.links DOM, Document, Gecko
links プロパティは、文書中の、 href 属性の値を持つすべての <area> 要素とアンカー要素のコレクションを返します。
262 document.location DOM, DOM_0, Gecko
文書の URL に関する情報を持ち、その URL を変更するメソッドを提供する Location オブジェクトを返します。Gecko ブラウザでは URL をこのプロパティに割り当てる事により別の URL をロードする事もできます。
263 document.plugins DOM, DOM_0, Document, Gecko
現在のドキュメントの <embed> 要素を表す 1 つ以上の HTMLEmbedElementnull を含む、 HTMLCollection オブジェクトを返します。
264 document.readyState DOM, Document, Gecko
文書の読み込み状況を示す文字列を返します。
document が読み込み中の場合は "loading"
パースが完了したがまだサブリソースが読み込み中の時点では "interactive"
サブリソースの読み込みも完了した時点で "complete" となります。
265 document.referrer DOM, Document, Gecko
文書の リファラ を返します。
266 document.scripts DOM, DOM Reference, Document
文書中の <script> 要素のリスト(単一の HTMLCollection オブジェクト)を返します。
267 document.styleSheets API, CSSOM, Property, Reference
Document.styleSheets 読み取り専用プロパティは、document 内で明示的にリンクまたは埋め込まれたスタイルシートについて、CSSStyleSheet オブジェクトの StyleSheetList を返します。
268 document.title DOM, Gecko
文書のタイトルを取得 / 設定します。
269 document.tooltipNode DOM, Document, Gecko
現在の tooltip の対象ノードを返します。
270 document.vlinkColor DOM, DOM_0, Document, Gecko
訪問済リンク色を取得 / 設定します。
271 document.width DOM, DOM_0, Gecko
現在の文書の <body> 要素の現在の幅のピクセル値を返します。
272 document.xmlVersion DOM, Document
XML 宣言で指定されたバージョンナンバーを返します。
273 element.onafterscriptexecute DOM
静的な <script> 要素のスクリプトの実行終了時に発生するイベントをハンドリングします。 appendChild() などを用いるなどして動的に追加された script 要素ではこのイベントは発生しません。
274 element.onbeforescriptexecute DOM
HTML 文書内で宣言された <script> 要素内のコードの実行開始直前に発生するイベントをハンドリングします。appendChild() などを用いるなどして動的に追加された script 要素ではこのイベントは発生しません。
275 DocumentFragment API, DOM, DocumentFragment, Reference, インターフェイス, ウェブコンポーネント, 文書
DocumentFragment インターフェイスは、親ノードを持たない最小限の文書オブジェクト (文書の断片) を表します。これは Document の軽量版として使用され、標準の文書のようにノードで構成される文書構造の区間を格納します。重要な違いは、文書の断片はアクティブな文書ツリー構造の一部ではないため、断片に対して変更を行っても、文書に影響したり、再フローを起こしたり、変更が行われたときに性能上の影響を及ぼしたりすることがないことです。
276 DocumentType API, DOM, DocumentType, Interface
DocumentType インターフェイスは、doctype を包含する Node を表します。
277 DragEvent API, DragEvent, Reference, drag and drop
DragEvent インターフェイスは、ドラッグアンドドロップの対話を表す DOM イベントです。ユーザーはタッチ面でポインティングデバイス (マウスなど) を置くことによりドラッグを開始して、ポインタを新たな場所 (別の DOM 要素など) にドラッグします。アプリケーションは独自の方法で、ドラッグアンドドロップの操作を自由に解釈できます。
278 EffectTiming
The EffectTiming dictionary, part of the Web Animations API, is used by Element.animate(), KeyframeEffectReadOnly(), and KeyframeEffect() to describe timing properties for animation effects. These properties are all optional, although without setting a duration the animation will not play.
279 Element API, DOM, DOM Reference, Element, Interface, Reference, Web API
ElementDocument の中にあるすべての要素が継承する、もっとも一般的な基底クラスです。このインターフェイスは、すべての種類の要素に共通するメソッドとプロパティを記述するだけのものです。多くの具体的なクラスが Element を継承します。
280 Element.accessKey
No summary!
281 Element.animate()
Element インターフェースの animate() メソッドは、新たに Animation の作成、対象要素への適用、そしてアニメーションの再生を行うショートカットメソッドです。戻り値として Animation オブジェクトのインスタンスを返します。
282 Element.attachShadow()
Element.attachShadow() メソッドは shadow DOM ツリーを特定の要素に追加し、その ShadowRoot を返します。
283 Element.attributes API, Attributes, DOM, Element, Property, プロパティ, リファレンス, 属性
Element.attributes プロパティは、そのノードに登録された全ての属性ノードのコレクションを返却します。返却される値は NamedNodeMap であり、 Array ではありません。つまり、 Array のメソッドは持っておらず、 Attr ノードのインデックスはブラウザーによって変わる可能性があります。より正確に言うと、 attributes はその属性に関するあらゆる情報を表す文字列のキーと値の組です。
284 Element.classList API, DOM, Element, Read-only, Reference, プロパティ
Element.classList は読み取り専用のプロパティで、要素の class 属性における生きた DOMTokenList コレクションを返します。
285 Element.getAttributeNames() API, DOM, Element, getAttributeNames, メソッド, 属性
Element.getAttributeNames() は要素の属性の名前を文字列の Array で返します。
286 Element.getElementsByClassName() Element, HTMLCollection, Method, NodeList
The Element.getElementsByClassName() メソッドは、引数で与えられたクラス名を含む全ての 子要素を ライブな HTMLCollectionで返します。 documentオブジェクトで呼ばれたとき、ルートノートを含む全ドキュメントが検索されます。
287 Element.insertAdjacentText()
insertAdjacentText() メソッドは、与えられたテキストノードを、メソッドを実行した要素に対する相対的な位置に挿入します。
288 Element.localName
Element.localName 読み取り専用プロパティは、要素の修飾名のローカル部分を返します。
289 Element.matches() API, DOM, Element, Method, Reference
Element.matches() メソッドは、要素が特定のセレクター文字列によって選択された場合にtrueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。
290 Element.outerHTML
element DOM インターフェースの outerHTML 属性は、その要素及び子孫を表す、シリアライズされた HTML 断片を得ることができます。また、与えられた文字列をパースしたノードで要素を置換するため、値を設定することもできます。
291 Element.prefix
Element.prefix 読み取り専用プロパティは、指定された要素の名前空間プレフィックスを、プレフィックスが指定されていない場合は null を返します。
292 Element.querySelector()
対象要素の子孫の内、引数に指定したCSSセレクタにマッチする最初の要素を返します。
293 Element.requestFullscreen() API, DOM, Element, Fullscreen API, requestFullscreen, メソッド, リファレンス, 全画面 API
Element.requestFullscreen() メソッドは、要素を全画面表示するための非同期的な要求を発行します。
294 Element.scrollIntoView() API, CSSOM Views, DOM, Element, Experimental, Gecko, Method, Reference, View, scrollIntoView, scrolling
Element.scrollIntoView() メソッドは、要素が(ブラウザのウィンドウ上の)表示範囲に入るまでページをスクロールします。
295 Element.setCapture()
mousedownイベントの処理中にこのメソッドを呼び出すと、マウスボタンが離されるか、document.releaseCapture()が呼び出されるまで、すべてのマウスイベントをこの要素にリターゲットします。
296 Element.shadowRoot プロパティ, リファレンス, 要素, 試験的
読み取り専用のプロパティであるElement.shadowRootは、そのエレメントによってホストされたshadow rootへの読み取りアクセスを提供します。既に存在している要素にshadow rootを追加する場合は Element.attachShadow を使用してください。
297 Element.slot
Element インターフェースの slot プロパティは shadow DOM slot の名前を返します。
298 Node.hasAttributes DOM, Gecko, Node
hasAttributes は現在の要素が何らかの属性を持つか否かを示す真偽値を返します。
299 element.className DOM, Gecko
className は要素の class 属性の値の取得 / 設定に用います。
300 element.clientHeight DOM, Gecko, 要更新
概要
301 element.clientLeft DOM, Gecko
No summary!
302 element.clientTop DOM, Gecko
要素の上ボーダーの幅のピクセル数です。上マージン、及び、上パディングは含みません。clientTop は読込専用です。
303 element.clientWidth DOM, Gecko
clientWidth は element 内のピクセル単位の幅を返します。 paddingを含み、垂直スクロールバー(存在するならば)、border、marginを含みません。
304 element.getAttribute API, DOM, Gecko, Reference
getAttribute() は指定の要素について名前付けされた属性の値を返します。名前付けされた属性が存在しなければ、返される値は null もしくは "" (空文字列) となります。詳細は Notes を参照してください。
305 element.getAttributeNS DOM, Gecko, 翻訳中
getAttributeNS は指定の名前空間と名前の属性の文字列値を返します。もし指定の名前の属性が存在しなければ、戻り値は null または ""(空文字列) のいずれかとなります。詳細は注記 を参照。
306 element.getAttributeNode API, DOM, Element, Method, Reference
307 element.getAttributeNodeNS DOM, Gecko, 翻訳中
Returns the <code>Attr</code> node for the attribute with the given namespace and name. getAttributeNodeNS は指定の名前空間と名前の属性に対する Attr ノードを返します。== Syntax ==
308 element.getBoundingClientRect
戻り値は、要素に対しての getClientRects() が返す矩形の集合である DOMRect オブジェクトです。つまり、要素に関連付けられている CSS のボーダーボックスのことです。結果はボーダーボックス全体を表す読み取り専用の lefttoprightbottomxywidthheight プロパティを持つ、要素全体を含む最小の矩形です。widthheight 以外のプロパティは、ビューポートの左上を基準としています。
309 element.getElementsByTagName DOM, Gecko
指定された タグ名 による要素のリストを返します。指定された要素以下のサブツリーが検索対象となり、その要素自体は除外されます。
310 element.getElementsByTagNameNS DOM, Gecko
与えられた名前空間に属し、与えられたタグの名前を持つ要素のリストを返します。
311 element.hasAttribute DOM, DOM Element Methods, Gecko
hasAttribute
312 element.hasAttributeNS DOM, Gecko, 翻訳中
hasAttributeNS は現在の要素が指定した属性を所有するか否かを示す boolean 値を返します。
313 element.id DOM, Gecko
要素の 識別子 (identifier) を取得 / 設定します。
314 element.innerHTML API, DOM, DOM 解析, Element, HTML 解析, Reference, innerHTML, プロパティ
Element オブジェクトの innerHTML プロパティは、要素内の HTML または XML のマークアップを取得したり設定したりします。
315 element.insertAdjacentHTML API, DOM, DOM Element Methods, Gecko, Method, Reference
insertAdjacentHTML() は、第二引数で指定するテキストを HTML または XML としてパースし、その結果であるノードを DOM ツリー内の指定された位置(第一引数で指定)に挿入します。これは挿入先の要素を再度パースするものではないため、既存の要素や要素内部の破壊を伴いません。余分なシリアル化のステップを回避できる分、 innerHTML への代入による直接的な操作よりもはるかに高速な動作となります。
316 element.name
name はDOM オブジェクトのname 属性を取得または設定します。
317 element.querySelectorAll API, DOM, Element, Method, Reference
対象要素の子孫の内、引数に指定した CSS セレクタのグループにマッチする要素群の(ライブなものでない) NodeList を返します。(起点となる要素は、たとえマッチしていても含まれません)
318 element.removeAttribute API, DOM, Element, Method, Reference
removeAttribute は指定された要素から属性を削除します。
319 element.removeAttributeNS
<breadcrumbs></breadcrumbs>
320 element.removeAttributeNode DOM, Gecko, 翻訳中
removeAttributeNode removes the specified attribute from the current element.
321 element.scrollTop
scrollTopは要素のスクロールされるピクセル数を取得または設定します。
322 element.scrollWidth DOM, Gecko
scrollWidth は読み取り専用プロパティで、ピクセル単位の element のコンテンツの幅か、element 自身の幅のうち大きい方を返します。element がそのコンテンツエリアより広いならば(たとえば、スクロールバーがコンテンツを通してスクロールするためにあるならば)、scrollWidth は clientWidth より大きいです。
323 element.setAttribute DOM, DOM Element Methods, Gecko
指定の要素に新しい属性を追加します。または指定の要素に存在する属性の値を変更します。
324 element.setAttributeNS DOM, Gecko, 翻訳中
setAttributeNS は指定の名前空間と名前で新しい属性を追加したり、属性の値を変更します。
325 element.setAttributeNode DOM, Gecko, 翻訳中
setAttributeNode() adds a new Attr node to the specified element.
326 element.setAttributeNodeNS DOM, Gecko, 翻訳中
<breadcrumbs></breadcrumbs>
327 element.tagName DOM, Gecko
要素の名前を返します。
328 getClientRects DOM, Gecko
No summary!
329 Event API, DOM, Event, Interface, Reference, UI, インターフェイス
Event インターフェイスは、DOM で発生するイベントを表します。ユーザーによって発生するイベント (マウスやキーボードのイベント) もありますし、API によって発生するイベント (アニメーションの実行が完了したことを示すイベントや、動画再生が一時停止したイベントなど) もあります。さまざまな型のイベントがあり、一部のイベントは基底の Event インターフェイスを基にした他のインターフェイスを使用します。Event 自体は、すべてのイベントで共通のプロパティやメソッドを持ちます。
330 Event() API, DOM, Event, Reference, コンストラクター
Event() コンストラクターは新しい Event を生成します。
331 Event.cancelBubble
The Event.cancelBubble property は過去の経緯上、Event.stopPropagation()の別名です。トリガーとしたevent handlerから終了する前に、これにtrueに設定すると、発生イベントを親要素に伝播(propagation)させません。
332 Event.createEvent()
新規イベントを生成します。生成されたイベントは初期化処理が必須です。
333 Event.currentTarget API, DOM, Gecko, NeedsBrowserCompatibility, Property
イベントは DOM を横断するので、イベントの現在のターゲットを識別します。イベントが発生した要素を特定する event.target とは対照的に、常にイベントハンドラがアタッチされた要素を参照します。
334 Event.defaultPrevented
イベントに対して event.preventDefault() が呼ばれているかを、 boolean で返します。
335 Event.preventDefault() API, DOM, Gecko, preventDefault, イベント, メソッド
なし
336 Event.stopImmediatePropagation()
同じイベントを受け取る他のリスナーの呼び出しを防ぎます。
337 Event.target API, DOM, Event, Property, Reference, delegation, target
イベントを発生させたオブジェクトへの参照です。 イベントハンドラーがバブリング、またはキャプチャフェーズの間に呼び出されたとき、event.currentTarget とは異なります。
338 event.bubbles DOM, Gecko
イベントが浮上(bubble up)するものかどうかを示しています。
339 event.button DOM, Gecko
イベントを発生させたマウスのボタンを示しています。
340 event.cancelable DOM, DOM Reference
イベントがキャンセル可能かどうかを示す真偽値を返します。
341 event.initEvent DOM, Gecko
initEvent メソッドは document.createEvent によって作成された event の値を初期化するために使われます。
342 event.stopPropagation DOM, Gecko
現在のイベントのさらなる伝播 (propagation) を止めます。
343 event.timeStamp API, DOM, Event, Property, Reference, timeStamp
イベントが発生した時刻 (ミリ秒単位) を表します。
344 event.type
イベントタイプを含んだ文字列を返します。
345 EventListener API, DOM, DOM Events, NeedsContent
このメソッドは、EventListener インターフェースが登録されたイベントタイプについて、そのイベントが発生するたびに呼び出されます。
346 EventSource API, Interface, Reference, Server-sent events
EventSource インターフェイスは、Server-sent events を受け取るために使用します。HTTP でサーバーと接続して、接続を切断せずに text/event-stream 形式でイベントを受信します。
347 EventTarget API, DOM, DOM Events, EventTarget, Interface
EventTarget は、イベントを受け取り、そのためのリスナーを持つ可能性があるオブジェクトにより実装されたインターフェースです。
348 EventTarget()
EventTarget() コンストラクタは新しい EventTarget オブジェクトインスタンスをつくります。
349 EventTarget.addEventListener() API, DOM, EventTarget, Method, Reference, events
EventTargetaddEventListener() メソッドは、特定のイベントが対象に配信されるたびに呼び出される関数を設定します。
350 EventTarget.attachEvent() API, DOM, IE, 関数
これは標準のEventTarget.addEventListener()を代用するMicrosoft Internet Explorer専用の関数です。
351 EventTarget.dispatchEvent() DOM, Gecko, 要更新
特定の EventTargetEvent をディスパッチし、影響する EventListener を適切な順序で呼び出します。通常のイベント処理ルール(capturing フェーズと任意的な bubbling フェーズを含む)は dispatchEvent() で手動でディスパッチされたイベントにも適用されます。
352 EventTarget.removeEventListener API, DOM, DOM Element Methods, EventTarget, Gecko, Method, Reference, browser compatibility, removeEventListener
EventTarget.removeEventListener() メソッドは、EventTarget から、以前に EventTarget.addEventListener() で登録されたイベントリスナーを削除します。削除されるイベントリスナーはイベントの型、イベントリスナー関数そのもの、マッチングプロセスに影響を与えるさまざまな任意のオプションを使用して識別します。削除するイベントリスナーのマッチング をご覧ください。
353 FMRadio API, Firefox OS, Reference, Référence(2), WebFM
WebFM API は、端末の FM ラジオへのアクセスを提供します。このインターフェースは、FM ラジオの ON、OFF およびチューニングにより他の局への切り替えを可能にします。これらは navigator.mozFMRadio プロパティを通してアクセスできます。
354 FMRadio.antennaAvailable API, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
antennaAvailable プロパティの値は、アンテナが接続されており利用可能かどうかを示します。
355 FMRadio.cancelSeek API, Firefox OS, Method, Reference, Référence(2), WebFM
cancelSeek メソッドは、ラジオチャンネルの周波数の探索を中止するために使用します。
356 FMRadio.channelWidth API, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
channelWidth プロパティの値は、周波数範囲のチャンネル幅を MHz 単位で示します。
357 FMRadio.disable API, Firefox OS, Method, Reference, Référence(2), WebFM
disable メソッドは、ラジオを OFF にするために使用します。
358 FMRadio.enable API, Firefox OS, Method, Reference, Référence(2), WebFM
enable メソッドは、与えられた周波数でラジオを ON にするために使用します。
359 FMRadio.enabled API, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
enabled プロパティの値は、ラジオが再生中 (true) か、そうでない (false) かを示します。
360 FMRadio.frequency API, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
frequency プロパティの値は、現在のラジオ周波数を返します。
361 FMRadio.frequencyLowerBound API, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
frequencyLowerBound プロパティの値は、seek メソッドで検索できるラジオ局の周波数の最小値を示します。
362 FMRadio.frequencyUpperBound API, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
frequencyUpperBound プロパティの値は、seek メソッドで検索できるラジオ局の周波数の最大値を示します。
363 FMRadio.onantennaavailablechange API, DOM, DOM Reference, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
antennaavailablechange イベントを受け取るイベントリスナ関数を指定します。このイベントは、端末にアンテナが接続された時、または外された時に発生します。
364 FMRadio.ondisabled API, DOM, DOM Reference, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
disabled イベントを受け取るイベントリスナ関数を指定します。このイベントは、端末の FM ラジオが OFF になると発生します。
365 FMRadio.onenabled API, DOM, DOM Reference, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
enabled イベントを受け取るイベントリスナ関数を指定します。このイベントは、端末の FM ラジオが ON になると発生します。
366 FMRadio.onfrequencychange API, DOM, DOM Reference, Firefox OS, Property, Reference, Référence(2), WebFM
frequencychange イベントを受け取るイベントリスナ関数を指定します。このイベントは、ラジオの周波数が変更されるたびに発生します。
367 FMRadio.seekDown API, Firefox OS, Method, Reference, Référence(2), WebFM
seekDown メソッドは、次に低い周波数のラジオチャンネルを探索するために使用します。周波数の下限に到達すると、高い周波数から折り返して検索されます。
368 FMRadio.seekUp API, Firefox OS, Method, Reference, Référence(2), WebFM
seekUp メソッドは、次に高い周波数のラジオチャンネルを探索するために使用します。周波数の上限に到達すると、低い周波数から折り返して検索されます。
369 FMRadio.setFrequency API, Firefox OS, Method, Reference, Référence(2), WebFM
setFrequency メソッドは、ラジオが受信する信号の周波数を変更するために使用します。
370 Fetch API API, Experimental, Fetch, Landing, Reference, XMLHttpRequest, リクエスト, レスポンス
Fetch API には (ネットワーク越しの通信を含む) リソース取得のためのインターフェイスが定義されています。XMLHttpRequest と似たものではありますが、より強力で柔軟な操作が可能です。
371 Fetch の基本コンセプト API, Fetch, Fetch API, XMLHttpRequest, concept, guard, request
Fetch の核心はインターフェイスの抽象化であり、HTTP RequestResponseHeadersBody のペイロード、そして非同期リソースリクエストの初期化のための global fetch メソッドがその対象です。HTTP の主要コンポーネントが JavaScript オブジェクトとして抽象化されているため、他の API からそれらの機能を利用しやすくなっています。
372 Fetch 概説 API, BODY, Experimental, Fetch, Guide, HTTP, Promise, Response, request
従来、このような機能は XMLHttpRequest を使用して実現されてきました。 Fetch はそれのより良い代替となるもので、サービスワーカーのような他の技術から簡単に利用することができます。 Fetch は CORS や HTTP 拡張のような HTTP に関連する概念をまとめて定義する場所でもあります。
373 FetchEvent
これは service worker global scope にディスパッチされる fetch イベント用のイベントタイプです。これは fetch に関する情報、リクエストや受け手がどうレスポンスを扱うのかといったものを含みます。これはevent.respondWith() メソッドを提供し、そこでは fetch へのレスポンスが提供できます。
374 FetchEvent.respondWith() API, Experimental, FetchEvent, Method, Offline, Reference, Service Worker, Worker, respondWith
FetchEvent インターフェイスの respondWith() メソッドは、ブラウザー既定の fetch ハンドリングを抑止して、自身の Response 用の Promise を提供できるようにします。
375 File API, File, File API, Reference, インターフェイス, ウェブ, ファイル
File インターフェイスは、ファイルについての情報を提供したり、ウェブページ内の JavaScript でその内容にアクセスできるようにしたりします。
376 File.File() API, File, File API, Reference, コンストラクター
File() コンストラクタは新しい File オブジェクトのインスタンスを作成します。
377 File.fileName API, DOM, File API, Files, Non-standard, Obsolete, Property, Reference
ファイルの名前を返します。セキュリティ上の理由で、ファイルへのパスはこのプロパティに含まれていません。
378 File.fileSize DOM, File API, Files, Non-standard, Obsolete, Property, Reference, ファイル, プロパティ
ファイルオブジェクトの容量をバイト単位で返します。
379 File.getAsBinary API, File API, ファイル, メソッド, リファレンス, 廃止, 非標準
getAsBinary メソッドを使用すると、生のバイナリ形式でファイルのデータにアクセスできます。
380 File.getAsDataURL() API, File API, ファイル, メソッド, リファレンス, 廃止, 非標準
getAsDataURL は、参照されるファイルの内容全体をエンコードする data: URL を提供します。
381 File.getAsText API, File API, ファイル, メソッド, リファレンス, 廃止, 非標準
getAsText メソッドは、指定されたエンコーディングを使用してテキストとして解釈されるファイルのデータを提供します。
382 File.lastModified API, File API, ファイル, プロパティ, リファレンス
File.lastModified 読み取り専用プロパティは、ファイルの最終更新日時を Unix エポック (1970 年 1 月 1 日の深夜 0 時) からのミリ秒数で返します。最終更新日がわからないファイルは、現在の日付を返します。
383 File.lastModifiedDate API, File, File API, lastModifiedDate, ファイル, プロパティ, リファレンス, 読み取り専用, 非推奨
No summary!
384 File.mozFullPath API, File, File API, NeedsContent, mozFullPath, ファイル, プロパティ, リファレンス, 非標準
File インターフェイスに対する特権的な拡張として、mozFullPath プロパティには、表現されたファイルの絶対パス名が含まれます。
385 File.name API, File API, Files, Property, Reference, Référence(2)
File オブジェクトによって表されるファイルの名前を返します。セキュリティ上の理由から、パスはこのプロパティから除外されます。
386 File.type
File オブジェクトによって表されるファイルのメディアタイプ (MIME) を返します。
387 File.webkitRelativePath File, File API, File System API, File and Directory Entries API, Web, webkitRelativePath, プロパティ, リファレンス, 読み取り専用, 非標準
File.webkitRelativePath は、webkitdirectory 属性が設定された <input> 要素でユーザーが選択したディレクトリに対するファイルのパスを指定する USVString を含む読み取り専用のプロパティです。
388 Web アプリケーションからファイルを扱う
HTML5 から DOM に追加された File API によって、Web ページがユーザに自身の環境下のファイルを要求し、その内容を読み込めるようになりました。ファイルの選択は HTML の <input> 要素もしくはドラッグ&ドロップから行えます。
389 File and Directory Entries API API, File System API, File and Directory Entries API, Files, NeedsTranslation, Non-standard, Overview, Reference, TopicStub
The File and Directory Entries API simulates a local file system that web apps can navigate within and access files in. You can develop apps which read, write, and create files and/or directories in a virtual, sandboxed file system.
390 ファイルとディレクトリエントリAPIの概要
ファイルとディレクトリエントリAPIは、Webアプリケーションがナビゲートできるローカルファイルシステムをシミュレートします。 サンドボックス化された仮想ファイルシステムでファイルやディレクトリの読み取り、書き込み、作成ができるアプリを開発できます。
391 FileError API, File API, ファイル, リファレンス, 廃止
FileReader インターフェイスの使用中に発生するエラーを表します。
392 FileException API, File API, File System API, オフライン, ファイルシステム, リファレンス, 廃止, 非標準
File System API では、FileException オブジェクトは、同期 API を使用してファイルシステムにアクセスする際に発生する可能性のあるエラー状態を表します。File Writer で説明されている FileException インターフェイスを拡張し、いくつかの新しいエラーコードを追加します。
393 FileHandle API API, Files, Reference, Référence(2)
FileHandle API は、ファイルの作成や内容の変更など、ファイルを操作するための API です (File API とは異なります)。この API を通じたファイル操作は、デバイス上に物理的に格納でき、部分的な編集には、競合問題を避けるためにターンベースのロック機構が使用されています。
394 FileList API, File API, Files
この型のオブジェクトは、 <input> 要素の files プロパティによって返されます;これによって、 <input type="file"> 要素で選択されたファイルのリストにアクセスできます。 また、drag and drop API を使用しているとき、Web コンテンツにドロップされたファイルのリストにアクセスするためにも使用されます;この使用方法の詳細は DataTransfer オブジェクトを見てください。
395 FileReader API, DOM, File API, Files, Reference, Référence(2)
FileReader オブジェクトを使うと、ユーザのコンピュータ内にあるファイル(もしくはバッファ上の生データ)を Web アプリケーションから非同期的に読み込むことが出来ます。読み込むファイルやデータは File ないし Blob オブジェクトとして指定します。
396 FileReader.abort()
abort メソッドは読み取り操作を中止します。戻る時に、readyStateDONE に変わります。
397 FileReader.error API, File API, ファイル, プロパティ, リファレンス
ファイルの読込中に生じたエラーを返します。
398 FileReader.onload Event Handler, File, FileReader, Property, Reference
FileReader.onload プロパティは、readAsArrayBufferreadAsBinaryStringreadAsDataURLreadAsText でのコンテンツ読み込みが完了して、利用可能になると発火する load イベント時に実行されるイベントハンドラを含みます。
399 FileReader.readAsArrayBuffer() API, DOM, File API, FileReader, Files, Method, Reference, readAsArrayBuffer
FileReader インターフェスの readAsArrayBuffer メソッドは、指定された Blob ないし File オブジェクトの内容を読み込むために使用します。読込処理が終了すると readyStateDONE に変わり、 loadend イベントが生じます。それと同時に、 result プロパティにはファイルのデータを表す ArrayBuffer が格納されます。
400 FileReader.readAsBinaryString() API, File API, Files, Method, Reference
readAsBinaryString メソッドは、 指定された Blob ないし File オブジェクトを読み込むために使用します。 読込処理が終了すると readyStateDONE に変わり、loadend イベントが生じます。それと同時に result プロパティには生のバイナリデータを文字列で解釈したものが格納されます。
401 FileReader.readAsDataURL()
readAsDataURL メソッドは、指定された Blob ないし File オブジェクトを読み込むために使用します。読込処理が終了すると readyStateDONE に変わり、 loadend イベントが生じます。それと同時に result プロパティにはファイルのデータを表す、base64 エンコーディングされた data: URL の文字列が格納されます。
402 FileReader.readAsText() API, File API, ファイル, メソッド, リファレンス
readAsText メソッドは指定された Blob ないし File オブジェクトを読み込むために使用します。読込処理が終了すると readyStateDONE に変わり、loadend イベントが生じます。それと同時に result プロパティにはファイルの内容が文字列として格納されます。
403 FileReader.readyState API, File API, ファイル, プロパティ, リファレンス
FileReader.readyState プロパティは、FileReader が存在する読み取り操作の現在の状態を提供します。FileReader は次のいずれかの状態にあります。
404 FileReader.result API, File API, ファイル, プロパティ, リファレンス
FileReader result プロパティは、ファイルの内容を返します。このプロパティは、読み取り操作が完了した後でのみ有効で、データの形式は、読み取り操作を開始するために使用されたメソッドによって異なります。
405 FileSystem API, File API, File System API, File and Directory Entries API, インターフェイス, オフライン, ファイルシステム, 非標準
ファイルおよびディレクトリエントリ API インターフェイス FileSystem は、ファイルシステムを表すために使用されます。 これらのオブジェクトは、任意のファイルシステムエントリの filesystem プロパティから取得できます。一部のブラウザでは、Chrome の requestFileSystem() メソッドなど、ファイルシステムを作成および管理するための API が追加されています。
406 FileSystemDirectoryEntry
File and Directory Entries APIFileSystemDirectoryEntry インターフェイスは、ファイルシステム内のディレクトリを表します。これはディレクトリ内のファイルにアクセスして操作する方法と、ディレクトリ内のエントリにアクセスする方法を提供します。
407 FileSystemEntrySync API, EntrySync, File API, File System API, File and Directory Entries API, FileSystemEntrySync, インターフェイス, オフライン, ファイルシステム, リファレンス, 非標準
File and Directory Entries API のFileSystemEntrySync インターフェイスは、ファイルシステム内のエントリを表します。 FileEntrySyncDirectoryEntry のいずれかになります。
408 FileSystemFileEntry API, File API, File System API, File and Directory Entries API, FileEntry, インターフェイス, オフライン, ファイル, リファレンス
File System APIFileSystemFileEntry インターフェイスは、ファイルシステム内のファイルを表します。
このファイルには、ファイルの属性と、ファイルを読むために使用可能な File オブジェクトを作成する file() メソッドも含まれます。
409 FileSystemSync API, File API, File System API, オフライン, ファイル, ファイルシステム
File System API では、 FileSystemSync オブジェクトはファイルシステムを表します。 それは2つの特性を有する。
410 FocusEvent API, DOM, DOM Events, Event, Experimental, Expérimental(2), Reference, Référence(2)
FocusEvent インターフェイスは focusblurfocusinfocusout といった、フォーカス関連のイベントを表します。
411 FormData API, FormData, Interface, Reference, XMLHttpRequest
FormData インターフェイスは、XMLHttpRequest.send() メソッドを用いることで簡単に送信が可能な、フォームフィールドおよびそれらの値から表現されるキーと値のペアのセットを簡単に構築する手段を提供します。これは、エンコーディングタイプを "multipart/form-data" に設定した場合にフォームが使用するものと同じ形式を使用します。
412 Fullscreen API API, DOM, Fullscreen API, Intermediate, Reference, Tutorial, 全画面, 全画面モード, 概要
Fullscreen API は、特定の Element (およびその子孫) を全画面モードで表示したり、必要なくなったときに全画面モードを抜けたりする方法を追加します。これによって、要求されたコンテンツ — オンラインゲームなど — がユーザーの画面全体で表示され、全画面モードが終了するまで、ブラウザーのユーザーインターフェイス要素や他のアプリケーションをすべて画面から排除することができます。
413 Gamepad API, Gamepad API, Games, Interface, NeedsTranslation, Reference, TopicStub
The Gamepad interface of the Gamepad API defines an individual gamepad or other controller, allowing access to information such as button presses, axis positions, and id.
414 Gamepad.displayId
Gamepad インターフェイスの displayId 読取専用プロパティは VRDisplay に関連付けられた VRDisplay.displayId を返します —  VRDisplay は表示されるシーンをそのゲームパッドで操作します.
415 Gamepad.index API, Gamepad, Gamepad API, Index, ゲーム, プロパティ, リファレンス
Gamepad インターフェイスの Gamepad.index プロパティは、現在システムに接続されているそれぞれの機器の整数の固有番号 (自動更新) の整数を返します。
416 Gamepad API API, Experimental, Gamepad API, Games, Overview

Gamepad API は開発者に様々な種類のゲームパッドや単純で一貫した異なるゲームのコントローラーと接続する方法を提供している。これには、ゲームパッドの接続や切断、ゲームパッドに関するその他の情報へのアクセス、現在押されているボタンやその他のコントロールなど、3つのインターフェース、2つのイベントと1つの特別な機能が含まれています。
417 GamepadButton
GamepadButton インタフェースはゲームパッドやその他のコントローラの各ボタンを定義します。このインタフェースによって、コントローラ上で使用できるボタンの状態を確認することができます。
418 Geolocation API, Advanced, Geolocation, Geolocation API, Interface, Reference, Secure context, インターフェイス, リファレンス, 位置情報, 位置情報 API, 安全なコンテキスト
Geolocation インターフェイスはデバイスの位置を取得する機能を提供します。これにより、ウェブサイトやアプリがユーザーの現在の位置に応じた結果を提供できるようになります。
419 Geolocation API Geolocation API, Guide, Intermediate
Geolocation API により、ユーザーは希望すれば自身の場所をウェブアプリケーションに通知することができるようになります。なお、プライバシー保護の観点から、ユーザーは位置情報が送信される際には確認を求められます。
420 Geolocation.clearWatch() API, Geolocation, Geolocation API, Method, Reference, Secure context, clearWatch, メソッド, リファレンス, 位置情報, 位置情報 API, 安全なコンテキスト
Geolocation.clearWatch()メソッドは、以前 Geolocation.watchPosition() によって登録された位置情報/エラーの監視ハンドラーを解除するために使用します。
421 Geolocation.getCurrentPosition()
Geolocation.getCurrentPosition() メソッドは、デバイスの現在位置を取得するために使われます。
422 Geolocation.watchPosition() API, Geolocation, Geolocation API, NeedsExample, メソッド, リファレンス, 位置情報, 位置情報 API
Geolocation の watchPosition() メソッドは、機器の位置が変化するたびに自動的に呼び出されるハンドラー関数を登録するために用いられます。また必要に応じてエラー処理コールバック関数を指定することができます。
423 GlobalEventHandlers API, DOM, GlobalEventHandlers, HTML DOM, Mixin, Reference, events
GlobalEventHandlers ミックスインは、 HTMLElement や Document 、 Window といったインターフェイスに共通のイベントハンドラーを示します。これらのインターフェイスは他のイベントハンドラを継承することもできます。
424 GlobalEventHandlers.onblur API, HTML DOM, NeedsMarkupWork, Property, Reference
onblur プロパティは blur イベントのオブジェクトのイベントハンドラーを表します。ElementDocumentWindow で利用できます。
425 GlobalEventHandlers.onchange
onchange プロパティはchangeイベント処理をセットする、もしくはイベント処理を返り値として返します。
426 GlobalEventHandlers.oninput API, HTML DOM, Property, Reference
window 上の input イベントのためのイベントハンドラです。input イベントは、 <input> 要素の値が変化したときに発生します。
427 GlobalEventHandlers.onmousemove API, HTML DOM, Property, Reference
onmousemoveプロパティは、当該要素のmousemoveイベントハンドラのコードを返します。
428 GlobalEventHandlers.onscroll
HTML要素のスクロールイベントを処理します。
429 element.onkeypress DOM, Gecko
onkeypress プロパティは対象要素の onKeyPress イベントハンドラコードの取得 / 設定に用います。
430 element.onmousedown DOM, DOM Reference, Element, Élément(2)
対象要素の mousedown イベントに対応するイベントハンドラです。
431 element.onmouseup DOM, DOM Reference, Element, Élément(2)
対象要素の mouseup イベントに対応するイベントハンドラです。
432 window.onabort DOM, DOM_0, Gecko, NeedsUpdate, Window, 要更新, 要確認
ウィンドウに中断イベントを送ったときのイベントハンドラです。
433 window.onclose DOM, Gecko, Window
ウィンドウの close イベントに対するイベントハンドラです (Firefox 2 および Safari では使用不可)
434 window.onload DOM, Gecko, Window
windowload イベントに対応するイベントハンドラです。
435 window.onselect DOM, Gecko, Window
windowselect イベントに対応するイベントハンドラです。
436 HTML ドラッグ&ドロップ API Advanced, Guide, HTML5, Overview, XUL, ドラッグ&ドロップ
Firefox や他の Mozilla アプリケーションは、ドラッグ&ドロップ操作をハンドリングするための多くの機能をサポートしています。これにより、ユーザがある要素の上でマウスのボタンを押下して、そのまま他の場所にドラッグし、そこでマウスのボタンを放してドロップする、という操作を実装することができます。ドラッグ操作をしている間は、何をドラッグしているのかが分かるように、マウスポインタの下にドラッグ元の要素が半透明で表示されます。別のアプリケーションに対してドロップすることもできます。 Web サイトや拡張機能、XUL アプリケーションはこの機能を、要素をドラッグ可能にしたり、要素がどの場所にドロップできるのかをユーザに示したりするために活用できます。
437 HTMLAudioElement API, HTML DOM, HTMLAudioElement, Interface, Reference
HTMLAudioElement インターフェイスは <audio> 要素のプロパティと、操作するメソッドを提供します。 HTMLMediaElement インターフェイスから派生しています。
438 HTMLBRElement DOM, DOM Reference
HTMLBRElement インタフェースは HTML line break 要素 (<br>) のインタフェースです。HTMLElement の継承メソッドです。
439 HTMLBaseElement DOM
base オブジェクトは、文書の ベース URI を含む HTMLBaseElement インタフェース ( HTML5 HTMLBaseElement / HTML 4 HTMLBaseElement ) を公開します。このオブジェクトは element インタフェースの持つ全てのプロパティとメソッドを継承しています。
440 HTMLCanvasElement API, Canvas, HTML DOM, Interface, NeedsTranslation, Reference, TopicStub
HTMLCanvasElementインタフェースはcanvas要素のレイアウトや表現の操作のための属性やメソッドを提供します。HTMLCanvasElementHTMLElementインタフェースのプロパティやメソッドも利用可能です。
441 HTMLCanvasElement.captureStream() Canvas, Experimental, HTMLCanvasElement, Interface, Media, Media Capture DOM Elements, Method, Reference, Web
HTMLCanvasElement.captureStream() メソッドは、canvas の前面をリアルタイムにキャプチャした動画を CanvasCaptureMediaStream として返すメソッドです。
442 HTMLCanvasElement.toBlob() API, Canvas, HTMLCanvasElement, Method, Reference
HTMLCanvasElement.toBlob() メソッドは、 キャンバスに含まれる画像を表す Blob オブジェクトを生成します;このファイルは、ユーザーエージェントの裁量によって、ディスクにキャッシュされるか、メモリに保存されます。type が指定されてない場合、画像の type は、 image/png です。生成された画像の解像度は、96dpi です。
image/jpeg 画像と一緒に使用される 3 つ目の引数は、出力の品質を指定します。
443 HTMLCollection API, DOM, DOM Reference, Element Lists, HTML DOM, HTMLCollection, Interface, Reference
HTMLCollection は要素群 (document 内の順序) の一般的な集合 (arguments に似た配列状のオブジェクト) を表現したインターフェイスで、リストから選択するためのメソッドとプロパティを提供します。
444 HTMLContentElement API, Deprecated, HTML DOM, インターフェース, リファレンス
HTMLContentElement インターフェースは <content> HTML要素を表しており、Shadow DOM で使用されています。
445 HTMLDListElement DOM, DOM Reference
HTMLDListElement インタフェースは <dl> を操作する為の特別なプロパティを持つインタフェースです。 <dl> 要素はこのインタフェースの継承元である HTMLElement からも操作可能です。
446 HTMLDialogElement API, HTML DOM, Interface, Reference
HTMLDialogElementインターフェースは<dialog>要素を操作するメソッドを提供します。HTMLElementインターフェースからプロパティとメソッドを継承しています。
447 HTMLDivElement DOM, DOM Reference
DOM の div (document division) オブジェクトには、div 要素の操作の為の HTMLDivElement インタフェースが組み込まれています。 div 要素は、HTMLElement インタフェース からの操作も可能です。
448 HTMLDocument API, DOM, Deprecated, Document, HTML, HTML DOM, HTMLDocument, Interface, Reference
HTMLDocument は、document オブジェクトに HTML 特有の機能を追加するために、Document インターフェイスを拡張する抽象的なインターフェイスです。これは HTML 文書のルートを表し、その中に DOM の階層全体が存在しています。
449 HTMLElement API, HTML DOM, Interface, Reference
HTMLElement インターフェイスは、任意の HTML 要素を表します。いくつかの要素は直接このインターフェイスを実装し、他のものは HTMLElement を継承したインターフェイス経由で実装されています。
450 Element.offsetLeft API, CSSOM View, Property, Read-only, Reference
The HTMLElement.offsetLeft 読み取り専用プロパティは、現在の要素の左上隅HTMLElement.offsetParent ノード内の左にオフセットされているピクセル数を返します。
451 HTMLElement.contentEditable API, HTML DOM, HTMLElement, Property, Reference
HTMLElement.contentEditable プロパティは、要素が編集可能かどうかを取得または設定するのに使用します。この列挙可能属性は、以下の値を持ちます:
452 HTMLElement.dataset
HTMLElement.dataset は、カスタムdata属性 (data-*)のセットされたすべての要素に対して、読み取り専用のプロパティを提供するためのものです。カスタムdata属性に関するこちらのDOMStringマップの記事も参考にしてください。
453 HTMLElement.onpaste API, API, HTMLElement, HTMLElement, イベントハンドラー, イベントハンドラー, プロパティ, プロパティ, リファレンス, 標準外
onpaste プロパティは、現在の要素の onPaste イベントハンドラーを返します。 paste の W3C 草稿を参照してください。
454 element.blur DOM, DOM Element Methods, Gecko
blur メソッドは指定要素からフォーカスを外します。
455 element.dir 要更新
dir 属性は、要素のテキストの書き込み方向を取得または設定します。
456 element.focus DOM, DOM Element Methods, Gecko
指定要素を(可能な場合)フォーカス状態にします。
457 element.isContentEditable DOM, HTML5, Midas
isContentEditable は、要素が編集可能である場合には true を、編集可能でない場合には false を返します。
458 element.lang DOM, Gecko, 翻訳中
このプロパティは、要素の属性値およびテキストコンテンツの基本言語の取得 / 設定に用います。
459 element.offsetTop API, CSSOM View, Property, Read-only, Reference
HTMLElement.offsetTop 読み取り専用プロパティは、offsetParent ノードの上端に対して現在の要素の距離を返します。
460 element.oncopy DOM, Gecko
No summary!
461 element.oncut DOM, Gecko
No summary!
462 element.style API, HTML DOM, HTMLElement, NeedsBrowserAgnosticism, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMarkupWork, NeedsSpecTable, Property, Reference, Style
HTMLElement.styleプロパティは、要素のインライン style と同様に取得されます。取得時には要素のインライン style 属性で定義されたすべてのスタイルプロパティを表す CSSStyleDeclaration オブジェクトを返します。style 経由でアクセス可能な CSS プロパティのリストについては、CSS プロパティリファレンスを参照してください。style プロパティは CSS カスケードで style 属性によるインラインスタイル宣言と同じ(かつ最高)優先順位を持ちます。
463 element.tabIndex API, HTML DOM
HTMLElement.tabIndex プロパティは、現在の要素のタブの順序を表します。
464 element.title DOM, Gecko
ノードの title 属性の値を取得 / 設定します。これは、指定ノードの内容のタイトルを表します。この属性の値を、この属性を設定したノード上にマウスオーバーした時にポップアップ表示されるツールチップの内容とするブラウザもあります。原文と大きく異なる内容です。
465 HTMLEmbedElement DOM, DOM Reference, 翻訳中
DOM の embed 要素は、その特別なプロパティを操作する為の HTMLEmbedElement インタフェースを公開します。 embed 要素は通常の HTMLElement オブジェクトインタフェースからも継承により操作可能となっています。
466 HTMLFieldSetElement DOM, DOM Reference, 翻訳中, 要更新
fieldset 要素は <fieldset> の整形や操作の為の特別なメソッドやプロパティを持つ HTMLFieldsetElement インタフェース (HTML5 HTMLFieldSetElement / HTML 4 HTMLFieldSetElement) を公開します。これは通常の HTMLElement オブジェクトインタフェースからも継承により利用可能です。
467 HTMLFormControlsCollection DOM, DOM Reference
HTMLFormControlsCollection は、HTML フォームコントロール要素のコレクションを表すインタフェースです。 HTMLCollection から継承されるプロパティとメソッドの他に、追加メソッドがひとつ提供されます。
468 HTMLFormElement DOM, Gecko, 要更新
FORM 要素は、 element セクションで説明されている他の HTML 要素の全てのプロパティ及びメソッドを共有します。これらはまた、特化されたインターフェース HTMLFormElement を持ちます。
469 HTMLFormElement.acceptCharset DOM, Gecko
acceptCharset は対象フォームでサポートされる文字エンコーディングのリストを返します。リストの各アイテムは、カンマか半角スペースで区切られます。
470 HTMLFormElement.action DOM, Forms, Reference, Référence(2)
<form> 要素の action を取得 / 設定します。
471 HTMLFormElement.elements DOM, Gecko
elements は、form 要素に含まれるすべてのフォームコントロールを含む HTMLCollection を返します。
472 HTMLFormElement.encoding DOM, Gecko
encoding は、 DOM HTMLFormElement オブジェクトの enctype プロパティの別名です。
473 HTMLFormElement.enctype Reference, Référence(2), form
enctype は form 要素のコンテンツタイプの取得 / 設定に用います。
474 HTMLFormElement.length DOM, Gecko
length<form> 要素内のフォームコントロールの数を返します。
475 HTMLFormElement.method DOM, Gecko
method は、 フォーム送信時に使用する HTTPメソッドを取得 / 設定する。
476 HTMLFormElement.name DOM, Gecko
form の name 属性は、その form 要素の名前を文字列として返します。
477 HTMLFormElement.reset DOM, Gecko, form, form Methods
reset はフォームを初期状態にリセットします。
478 HTMLFormElement.submit DOM, Gecko
submit はフォームを送信します。
479 HTMLFormElement.target Reference, Référence(2), form
フォームのアクションの対象を取得 / 設定します。
480 HTMLHRElement DOM, DOM Reference
DOM の hr 要素は hr 要素を操作する為の特別なプロパティ である HTMLHRElement インタフェースを持っています。 <hr> 要素は HTMLHRElement インタフェースの継承元である HTMLElement オブジェクトインタフェースからも操作可能です。
481 HTMLHeadElement DOM, DOM Reference
DOM の head 要素は、文書の概要、メタデータを含む HTMLHeadElement インタフェース(HTML5 HTMLHeadElement / HTML 4 HTMLHeadElement)を公開します。このオブジェクトは、element の節で述べられている全てのプロパティとメソッドを継承します。HTML5 に於いては、このインタフェースは、HTMLElement を継承元とするインタフェースですが、その他の追加メンバは定義されていません。
482 HTMLHeadingElement DOM, DOM Reference
DOM の 見出し要素 (heading elements) は HTMLHeadingElement (HTML 4 HTMLHeadingElement) インタフェースを公開します。HTML5 に於いてはこのインタフェースは HTMLElement から継承するものですが、追加メンバは定義されておらず、また HTML 4 で非推奨属性に指定されていた align 属性は HTML5 で廃止されています。
483 HTMLHtmlElement DOM, DOM Reference
html オブジェクトは、HTML 文書のルートノードとして機能する HTMLHtmlElement インタフェース (HTML5 HTMLHtmlElement / HTML 4 HTMLHtmlElement) インタフェースを提供します。このオブジェクトは element インタフェースの全てのプロパティとメソッドを継承しています。HTML5 に於いては、このインタフェースは HTMLElement インタフェースから継承されるものですが、追加メンバは提供されていません。
484 HTMLIFrameElement API
The HTMLIFrameElement interface provides special properties and methods (beyond those of the HTMLElement interface it also has available to it by inheritance) for manipulating the layout and presentation of inline frame elements.
485 HTMLIFrameElement.contentWindow
contentWindow  プロパティは、<iframe> 要素 の Window オブジェクトを返します。この Window オブジェクトを使用して iframe のドキュメントとその内部 DOM にアクセスできます。この属性は読み取り専用ですが、そのプロパティはグローバルな Window オブジェクトのように操作できます。
486 HTMLIFrameElement.getVisible Browser, Firefox OS
getVisible メソッドは、 <iframe> 要素の現在の可視状態の取得に用います。
487 HTMLIFrameElement.referrerPolicy API, Experimental, HTMLIFrameElement, Property, Reference, Referrer Policy
HTMLIFrameElement.referrerPolicy プロパティは、リソース取得時にリファラを送信するかを決める <iframe> 要素の referrerpolicy 属性を反映します。
488 HTMLIFrameElement.stop Browser, Firefox OS
stop メソッドは <iframe> のコンテンツの読み込みの停止に用います。
489 HTMLInputElement API, HTML DOM, Interface, NeedsTranslation, Reference, Référence(2), TopicStub
HTMLInputElement インターフェイスは(HTMLElementインターフェースを継承した)入力要素を制御するためのプロパティとメソッドを提供します。
490 HTMLInputElement.mozGetFileNameArray()
HTMLInputElement.mozGetFileNameArray()メソッドはHTMLのinput要素上でユーザーによって選択されたファイルの名前の配列を返します。
491 HTMLInputElement.multiple
HTMLInputElement.multipleinputタグが複数の値を持つことができるかどうかを示すプロパティです。現在Firefoxでは、multiple属性は<input type="file">でのみサポートされています。
492 HTMLInputElement.webkitDirectory
HTMLInputElement.webkitDirectorywebkitdirectoryというHTML属性の値が反映され、<input>要素がディレクトリを選択できることを意図することを表すプロパティです。ブラウザはこの情報を元にして、適切なファイル選択ダイアログを表示するかもしれません。
493 HTMLKeygenElement API, HTML DOM, Interface, NeedsBrowserAgnosticism, NeedsCompatTable, NeedsNewLayout, Reference
<keygen> 要素は、keygen 要素のレイアウトやプレゼンテーションを操作するための(継承によって使用できる通常の element オブジェクトインターフェースを越えた)特殊なプロパティとメソッドを提供する HTMLKeygenElement インターフェースを公開します。
494 HTMLLIElement DOM, DOM Reference
DOM の HTMLLIElement インタフェースは、リストアイテム要素 ( <li> ) を操作するための特定のプロパティを公開しています。
(リストアイテム要素は、このインターフェースの継承元である HTMLElement オブジェクトインターフェースからの操作も可能となっています)
495 HTMLLabelElement DOM, DOM Reference
HTMLLabelElement インタフェースは HTMLElement インタフェースを継承するインタフェースであり、 HTML <label> 要素を操作する為の特別なプロパティを提供します。
496 HTMLLinkElement DOM, DOM Reference, NeedsTranslation, 翻訳中
link オブジェクトは、外部リソースの参照情報、また、外部リソースから文書に対しての関係も含む、HTMLLinkElement インタフェースを公開します。このオブジェクトは HTMLElement のすべてのプロパティとメソッドを継承します。
497 HTMLMediaElement
HTMLMediaElementHTMLElement に音声や動画といったメディア関連機能の属性とメソッドを追加します。HTMLVideoElementHTMLAudioElement はこのインタフェースを継承しています。
498 srcObject API, DOM, HTML, HTML DOM, HTMLMediaElement, Media, Reference, srcObject
HTMLMediaElement インターフェイスの srcObject プロパティは HTMLMediaElement に関連付けられたメディアソースを提供するオブジェクトを設定または取得します。このオブジェクトは MediaStreamMediaSourceBlob や(Blobから派生している)File です。
499 HTMLMetaElement DOM, DOM Reference
meta オブジェクトは、文書についての 説明用メタデータ (descriptive metadata) を含む HTMLMetaElement インタフェースを公開します。
500 HTMLModElement DOM, DOM Reference
改変要素は、改変要素 (<del><ins>) の持つ固有のプロパティを操作する為の HTMLModElement インタフェースを持っています。改変要素は HTMLModElement の継承元である HTMLElement オブジェクトインタフェースから操作する事も出来ます。
501 HTMLOutputElement DOM
The HTMLOutputElement interface provides properties and methods (beyond those inherited from HTMLElement) for manipulating the layout and presentation of <output> elements.
502 HTMLParagraphElement DOM, DOM Reference
HTMLParagraphElement インタフェースは <p> 要素を操作する為のインタフェースです。p 要素の操作は element オブジェクトインタフェースからも可能です。HTML5 に於いては、このインタフェースは HTMLElement を継承元とするインタフェースとなっています。
503 HTMLPictureElement API, Experimental, HTML DOM, Interface, Reference
HTMLPictureElement インタフェースは、<picture> HTML 要素をあらわします。これは固有のプロパティやメソッドを実装していません。
504 HTMLQuoteElement DOM, DOM Reference
HTMLQuoteElement インタフェースは引用要素(<blockquote> 要素 、<q> 要素)を操作する為の特別なプロパティとメソッドを提供します。これらの要素は HTMLElement インタフェースのメソッドやプロパティも継承により利用することができます。
<cite> 要素は引用要素ではなく引用元を表す HTML 要素であり、このインタフェースを持っていない事に注意して下さい。
505 HTMLScriptElement
DOMの ScriptオブジェクトはHTMLScriptElement (または HTML 4 HTMLScriptElement)インターフェイスに具現化されます.それは通常のelementオブジェクトインターフェイスに加えて(継承によって利用可能),<script> 要素のレイアウトおよび表現を扱う特別なプロパティとメソッドを提供します.
506 HTMLSelectElement API, HTML DOM, Interface, NeedsTranslation, Reference, TopicStub
The HTMLSelectElement interface represents a <select> HTML Element. These elements also share all of the properties and methods of other HTML elements via the HTMLElement interface.
507 HTMLSelectElement.autofocus API, HTML forms, HTMLSelectElement, Property, Reference
HTMLSelectElement.autofocus プロパティは autofocus HTML属性を反映した Boolean です。これはユーザが上書きしない限り、ページが読み込まれた際に関連付けられた <select> 要素がページ読み込み時に入力フォーカスを得るかどうかを示します。
508 HTMLShadowElement API, HTML DOM, Interface, Reference, Web Components
HTMLShadowElement インターフェースは、Shadow DOM で使用される <shadow> HTML 要素を表します。
509 HTMLShadowElement.getDistributedNodes() API, HTML DOM, Property, Reference, Web Components
HTMLShadowElement.getDistributedNodes() メソッドは、<shadow> 要素に関連した distributed nodes の静的な NodeList を返します。
510 HTMLSlotElement
Shadow DOM API の一つである HTMLSlotElement インターフェースは、<slot> 要素の名前とこの要素にアサインされたノードにアクセスします。
511 HTMLSourceElement API, HTML DOM, HTMLSourceElement, Interface, Reference
HTMLSourceElement インターフェイスは <source> 要素を操作するための (継承によって利用できる、通常の HTMLElement オブジェクトインターフェイスにから見て) 特別なプロパティを提供します。
512 HTMLSpanElement DOM, DOM Reference
<span> 要素には、HTMLElement インタフェースを継承元とする HTMLSpanElement インタフェースが実装されています。HTMLElement から継承されるもの以外に、プロパティやメソッドは実装されていません。
513 HTMLStyleElement DOM, DOM Reference, 要更新
HTMLStyleElement インタフェースは <style> 要素を表すインタフェースです。HTMLElementLinkStyle のプロパティとメソッドを継承しています。
514 HTMLStyleElement.media API, HTML DOM, HTMLStyleElement, Media, プロパティ, リファレンス
HTMLStyleElement.media プロパティは、スタイル情報の対象と想定するメディアを指定します。
515 HTMLTableColElement 要更新
DOM の table column オブジェクト( HTML の <col> 要素または <colgroup> 要素で示される範囲に相当) は、table column 要素を操作する為の特別なプロパティを持つ HTMLTableColElement インタフェースを公開します。
(※係るプロパティには、HTMLElement オブジェクトインタフェースからも継承によりアクセス可能となっています)
516 HTMLTableElement DOM, DOM Reference
table オブジェクトは、 HTML の table 要素のレイアウトやプレゼンテーションを操作する為の特別なプロパティとメソッドを提供する HTMLTableElement インタフェースを公開します。
係るプロパティとメソッドは、Element オブジェクトインタフェースからも継承により操作可能となっています。
517 HTMLTableElement.align DOM, Gecko
align は、テーブルの配置位置 (alignment) を取得 / 設定します。
518 HTMLTableElement.bgColor DOM, Gecko
bgcolor は、テーブルの背景色を取得 / 設定します。
519 HTMLTableElement.border DOM, Gecko
border は、テーブルのボーダー幅( border 属性の値)の取得 / 設定に用います。
520 HTMLTableElement.caption DOM, Gecko
caption は、table 要素のキャプションを返します。
521 HTMLTableElement.cellPadding DOM, Gecko
cellPadding は、テーブルの各セル全ての余白の設定 / 取得に用います。
522 HTMLTableElement.cellSpacing DOM, Gecko
cellSpacing は、テーブルのセル間の幅の取得 / 設定に用います。
523 HTMLTableElement.createCaption DOM, Gecko
createCaption は、テーブル内に新たに <caption> 要素を生成します。
524 HTMLTableElement.createTFoot DOM, Gecko
createTFoot は、テーブル内に新たに <tfoot> 要素を生成します。
525 HTMLTableElement.createTHead DOM, Gecko
createTHead は、テーブル内に新たに <thead> 要素を生成します。
526 HTMLTableElement.deleteCaption DOM, Gecko
deleteCaption は、テーブル内の <caption> 要素を削除します。
527 HTMLTableElement.deleteRow DOM, Gecko
deleteRow は、テーブルから行を取り除きます。
528 HTMLTableElement.deleteTFoot DOM, Gecko
deleteTFoot は、テーブル内の <tfoot> 要素を削除します。
529 HTMLTableElement.deleteTHead DOM, Gecko
deleteTHead は、テーブル内の <thead> 要素を削除します。
530 HTMLTableElement.frame DOM, Gecko
frame は、表の外辺部のボーダーの表示箇所を設定します。
531 HTMLTableElement.insertRow DOM, Gecko
insertRow は、テーブル内に新しい行を挿入します。
532 HTMLTableElement.rows DOM, Gecko
rows は、テーブル内の全てののコレクションを返します。
533 HTMLTableElement.rules DOM, Gecko
rules は、テーブル内のボーダーの表示位置の設定 / 取得に用います。
534 HTMLTableElement.summary DOM, Gecko
summary は、テーブルの概要(summary 属性の値)の取得 / 設定に用います。
535 HTMLTableElement.tBodies DOM, Gecko
tBodies は、テーブル内の <tbody> のコレクションを返します。
536 HTMLTableElement.tFoot DOM, Gecko
tFoot は、対象テーブル内の <tfoot> 要素を返します。
537 HTMLTableElement.tHead DOM, Gecko
tHead は、対象テーブルの <thead> 要素を返します。
538 HTMLTableElement.width DOM, Gecko
width は、テーブル幅として望む値を設定します。
539 HTMLTableRowElement API
The HTMLTableRowElement interface provides special properties and methods (beyond the HTMLElement interface it also has available to it by inheritance) for manipulating the layout and presentation of rows in an HTML table.
540 HTMLTableRowElement.insertCell DOM, Gecko, tableRow
テーブル行に新規セルを挿入し、セルへの参照を返します。
541 HTMLTableRowElement.rowIndex rowIndex, table, tr
このプロパティは、テーブル全体に関連して 行 (row) の 位置 (index) を <thead><tbody><tfoot> の順序で取得します。
542 HTMLTemplateElement
HTMLTemplateElement インターフェースは HTML の <template> 要素のコンテンツにアクセスします。
543 HTMLTitleElement
title オブジェクトは、文書のタイトルを含む HTMLTitleElement インタフェースを公開します。この要素は HTMLElement インタフェースの全てのプロパティ及びメソッドを継承します。
544 HTMLUnknownElement API, HTML DOM, Interface, Reference
HTMLUnknownElement インターフェイスは不正な HTML 要素である事を表します。HTMLElement インターフェイスを継承しますが、追加のメソッドやプロパティは実装しません。
545 Headers API, Experimental, Fetch, Fetch API, Headers, Interface, Reference
Fetch APIHeaders インターフェースは、HTTP リクエストとレスポンスのヘッダ上のさまざまなアクションを実行します。これらのアクションには、取得や設定、追加、削除が含まれます。Headers オブジェクトは、最初は空で 0 個以上の名前と値のペアで構成される関連するヘッダリストを持っています。追加には append() を見てください)のようなメソッドを使用できます。このインタフェースのすべてのメソッドで、ヘッダ名は大文字と小文字を区別しないバイトシーケンスにマッチしています。
546 Headers.append() API, Append, Experimental, Fetch, Method, Reference
Headers インターフェースの append() メソッドは、Headers オブジェクト内の既存のヘッダに新しい値を追加します。または、既存のヘッダがない場合には、ヘッダを追加します。
547 History API, HTML-DOM, History API
History インターフェースはブラウザのセッションヒストリー、つまり現在のページが読み込まれたタブまたはフレームで訪問されたページを操作できます。
548 IDBCursor API, Database, IDBCursor, IndexedDB, Interface, NeedsTranslation, Reference, Storage, TopicStub
IndexedDB APIIDBCursor インターフェイスはデータベースの複数レコードを横断したり繰り返すためのカーソルです。
549 IDBCursor.advance() API, Database, IDBCursor, IndexedDB, Method, Reference, Storage, advance
IDBCursor インターフェイスの advance() メソッドはカーソルが位置を前進させる回数をセットします。
550 IDBCursor.continue() API, Database, IDBCursor, IndexedDB, continue, ストレージ, メソッド, リファレンス
undefined
551 IDBDatabase API, Database, IDBDatabase, Storage, transactions
Inherits from: EventTarget
552 IDBDatabase.close API, Database, IDBDatabase, IndexedDB, Method, Storage, close
実際には、この接続を使用していて生成されたすべてのトランザクションが完了するまで、接続は閉じられません。一度このメソッドが呼び出されたら、この接続では、新しいトランザクションを生成することはできません。終了処理がペンディングされている場合は、トランザクションを生成するメソッドは、例外を発生させます。
553 IDBDatabase.createObjectStore API, Database, IDBDatabase, Storage, createObjectStore
このメソッドは、ストアの名前をとるだけでなく、重要なオプションプロパティを定義するためのオプションオブジェクトもとります。ストアの個々のオブジェクトを一意にするために、プロパティを使用できます。 プロパティが識別子ならば、それはすべてのオブジェクトで一意であり、すべてのオブジェクトはそのプロパティを持つべきです。
554 IDBDatabase.name Database, IDBDatabase, Property, Storage, name
接続しているデータベース名を含むDOMString
555 IDBDatabase.objectStoreNames Database, IDBDatabase, Property, Storage, objectStoreNames
現在接続しているデータベースのobject stores名のリストを含むDOMStringList
556 IDBDatabase.version Database, IDBDatabase, Property, Storage, version
接続しているデータベースのバージョンを含む整数値。
557 IDBEnvironment API, DOM, Database, IndexedDB
IndexedDB API の IDBEnvironment インタフェースには、IndexedDB の機能へアクセスするための indexedDB プロパティがあります。これは、window と Workerオブジェクトによって実装された、最上位の IndexedDB インタフェースです。
558 IDBFactory API, HTTP, IndexedDB, Interface, Offline, Reference, Storage
次のコードスニペットでは、 データベースを開く要求をし、 成功の場合と失敗の場合のイベントハンドラーを登録しています。完全に動作する例は、To-do Notifications app (view example live.) を見てください。
559 IDBFactory.cmp API, Database, IDBFactory, Storage, cmp
比較結果を示す整数値。 次のテーブルに可能性のある値とその意味を載せます。:
560 IDBFactory.deleteDatabase API, IDBFactory, Storage, deleteDatabase
データベースの削除が成功した場合、 このメソッドから返されたrequestオブジェクトにおいて、resultにnullが設定された状態でsuccessイベントが発生します。 データベースの削除中にエラーが発生した場合、このメソッドから返されたrequestオブジェクトで、errorイベントが発生します。
561 IDBFactory.open Database, IDBFactory, Storage, open
データベースとの接続の間にエラーが発生した場合、このメソッドで返される request オブジェクトで、 error イベントが発生します。
562 IdentityManager API
The IdentityManager of the  BrowserID protocol exposes the BrowserID API, via navigator.id. This API has gone through several significant revisions. Each generation is listed separately below.
563 navigator.id.get BrowserID, DOM, Persona, Security
この関数は、Web サイトが Persona を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は、コールバック関数を引数に指定した "log in with Persona" ボタンの click ハンドラから呼び出してください。
564 navigator.id.getVerifiedEmail BrowserID, DOM, Persona, Security
この関数は、Web サイトが BrowserID を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は、コールバック関数を引数に指定した "log in with BrowserID" ボタンの click ハンドラから呼び出してください。
565 navigator.id.logout BrowserID, DOM, Persona, Security
この関数は、Persona で、Web サイトに対する自動的なログインの持続フラグをリセットするために使用します。この関数が呼び出された後、サイトに自動的にサインインされなくなるので、ユーザが明示的にログインしなおす必要があります。
566 navigator.id.request BrowserID, DOM, Persona, Security
この関数は、Web サイトが Persona を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は click ハンドラから呼び出されなければなりません。例えば、ユーザがページ上の「log in with Persona」ボタンをクリックした時に呼び出します。
567 navigator.id.watch BrowserID, DOM, Persona
この関数は、Persona ユーザのログインとログアウトに応答するコールバックを登録します。
568 ImageData API, Canvas, ImageData, Images
ImageData インターフェイスは、<canvas> 要素の領域の基礎をなすピクセルデータを表します。ImageData() コンストラクターや、canvas に関連付けられた CanvasRenderingContext2D オブジェクトの createImageData() メソッドおよび getImageData() メソッドによって生成されます。ImageDataputImageData() メソッドの第 1 引数として利用可能です。
569 IndexedDB API, Advanced, Database, IndexedDB, Landing, Reference, Storage
IndexedDB は、ファイルや blob を含む構造化された多くのデータを保存する、クライアントサイドのローレベル API です。この API は高パフォーマンスなデータの検索を行うために、インデックスを使用します。Web Storage は比較的少量のデータを保存するのに有用ではありますが、構造化された非常に多くのデータを扱うには不十分です。IndexedDB が解決策を提供します。本ページは、MDN における IndexedDB のランディングページです。ここでは API リファレンスへのリンク、使用ガイド、ブラウザーのサポート状況、主要なコンセプトの説明を掲載します。
570 IndexedDB を使用する API, Advanced, Database, IndexedDB, Storage, Tutorial
このチュートリアルでは、IndexedDB の非同期 API の使い方を見ていきます。IndexedDB について詳しくない場合は、始めに IndexedDB の基本的な概念をお読みください。
571 chrome(ブラウザー内部) で IndexedDB を使う
IndexedDB API は、通常、コンテンツ JavaScript からユーザーのブラウザーにデータを格納するために使用されます(概要については IndexedDB の使用を参照してください) 。ただし、この API には、システム特権の JavaScript から、Components.utils.importGlobalProperties() 関数を使用してアクセスすることもできます:
572 ブラウザーのストレージ制限と削除基準 Database, IndexedDB, LRU, Storage, client-side, eviction, limit
クライアント側 (すなわちローカルディスク) に何らかのデータを保存するウェブ技術は何種類かあります。ブラウザーがどれだけの容量をウェブデータストレージに割り当てるかや、容量の上限に達したときにどのデータを削除するかのプロセスは単純ではなく、またブラウザーにより異なります。この記事では、これらがどのように動作するかを説明します。
573 基本的な概念 Advanced, IndexedDB, concepts
この概論では、IndexedDB の本質的な概念や用語について論じます。これにより全体像を示すとともに、重要な概念を説明します。
574 InputEvent API, DOM, Interface
InputEvent インターフェイスは、編集可能なコンテンツが変更されたことを通知するイベントを表します。
575 InstallEvent API, Experimental, Interface, Offline, Reference, Service Worker
InstallEvent インターフェースは、ServiceWorkerServiceWorkerGlobalScope で送出されるインストールアクションを表します。ExtendableEvent の子として、インストール中に(FetchEvent のような)機能的なイベントが送出されないようになっています。
576 Intersection Observer API
Intersection Observer API は、ターゲットとなる要素が、祖先要素もしくは文書の最上位のビューポートと交差する変更を非同期的に監視する方法を提供します。
577 KeyboardEvent API, DOM, Event, Interface, Reference, UI Events
KeyboardEvent オブジェクトとは、キーボードに対するユーザの動作を表すオブジェクトです。 入力を受けたキーは個々のイベントによって表され、動作の種類はイベントの種類(keydown / keypress / keyup)によって表されます。
578 LinkStyle API, CSSOM, Interface, NeedsBrowserCompatibility, Reference
LinkStyle インターフェイスで、ノードに関連付けられた CSS スタイルシートにアクセスできます。
579 LocalFileSystem
File System APILocalFileSystem インターフェイスを使用すると、サンドボックスファイルシステムにアクセスできます。 これらのメソッドは、window オブジェクトと worker オブジェクトによって実装されます。
580 LocalMediaStream API, DOM, DOM Reference, Interface, LocalMediaStream, Media, Media Capture and Streams API, Media Stream API, Obsolete, Reference, WebRTC
LocalMediaStream インターフェイスは Media Capture and Streams API の一部分で、ローカルに生成されたデータストリーム (例えば getUserMedia() によるもの) を表していました。しかし、今は getUserMedia() が代わりに MediaStream を返し、このインターフェイスは仕様から削除されました。
581 Location API, HTML DOM, Interface, Location, Reference, インターフェイス
Location インターフェイスは、関連付けられたオブジェクトの場所 (URL) を表します。 Location に対して変更が行われると、関連するオブジェクトに反映されます。 Document インターフェイスおよび Window インターフェイスにはこのような関連付けられた Location があり、それぞれ Document.location および Window.location でアクセスできます。
582 Media Capture and Streams API (Media Streams) API, Advanced, Audio, Guide, Introduction, Media, Media Capture and Streams API, Media Streams API, NeedsContent, Video
Media Capture and Streams APIは一般的にMedia Stream APIStream APIと呼ばれるWebRTCに関連したAPIです。このAPIでは、オーディオやビデオデータのストリーム、これらを操作するためのメソッド、データタイプに関連づけられた制約、データを非同期に利用する際の成功と失敗のコールバック、これらの処理を行なっている最中に発生するイベントなどをサポートします。
583 MediaDeviceInfo API, WebRTC
MediaDevicesInfo
584 MediaDevices API, Experimental, Interface, Media, MediaDevices
MediaDevices インターフェイスは、カメラやマイク、同様に画面共有のような接続されたメディア入力デバイスへのアクセスを提供します。要するに、メディアデータのソースであるハードウェアにアクセスすることができるようになります。
585 MediaDevices.enumerateDevices() API, Experimental, MediaDevices, Method
MediaDevices.enumeratedDevices()  メソッドは、システム上で利用できる入出力メディアデバイスの情報を収集します。
586 MediaDevices.getSupportedConstraints()
MediaDevices インタフェースのgetSupportedConstraints() メソッドは、MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリをベースとするオブジェクトを戻り値として返します。このオブジェクトのメンバーフィールドは、user agentが扱えるメディア制約に関するプロパティを表しています。
587 MediaDevices.getUserMedia() Experimental, MediaDevices, Method
MediaDevices.getUserMedia()メソッドは、カメラやスクリーンシェアリング、マイクのようなビデオやオーディオ入力装置の使用許可をユーザーに要求します。ユーザーが許可を出した場合、返却されたPromise は結果として生成されたMediaStreamオブジェクトとして解決されます。ユーザーが許可を拒否した場合やメディアが使用できない場合、PromiseはそれぞれPermissionDeniedErrorまたはNotFoundError で拒否されます。ユーザーが選択をする必要がないように、返却されたPromiseが解決も拒絶もしない可能性があることに注意してください。
588 MediaDevices.ondevicechange
MediaDevices.ondevicechangeEventHandlerであり、MediaDevicesインスタンスでdevicechangeが発生した時に呼び出される関数です。このイベントは、user agent、Webサイト、アプリケーションによって利用可能なメディアデバイスの一覧が変更された時に発生します。更新された利用可能デバイスの一覧はenumerateDevices()によっていつでも取得することができます。
589 MediaQueryList API, CSSOM View, Interface, MediaQueryList, Reference
MediaQueryList オブジェクトは、document に適用された メディアクエリー の情報を格納し、メディアクエリーの状態が変更された時にリスナーに通知を送信します (つまり、メディアクエリーのテスト開始または中止を true と評価します)。
590 MediaQueryList.matches API, Media Queries, MediaQueryList, Property, Reference, matches
MediaQueryListmatches 読み取り専用プロパティは、document がメディアクエリーのリストに一致していれば true を返し、そうでなければ false を返す Boolean 値です。
591 MediaQueryList.media API, Media, Media Queries, MediaQueryList, Property, Reference
MediaQueryList インターフェイスの media 読み取り専用プロパティは、シリアライズされたメディアクエリーを表す DOMString です。
592 MediaQueryList.onchange API, Event Handler, MediaQueryList, Property, Reference, onchange
MediaQueryList インターフェイスの onchange プロパティは、メディアクエリーのサポート状態が変更された時など、change イベントの発火時に呼び出される関数を表すイベントハンドラープロパティです。イベントオブジェクトは MediaQueryListEvent ですが、これは古いブラウザーでは後方互換性を保つために MediaListQuery インスタンスとして認識されます。
593 MediaRecorder API
MediaRecorder API (MediaStream Recording) はインプットデバイスからのメディアストリームを記録するための API です。記録したストリームは PCM データのエンコードと言った操作をせずに利用できます。 Navigator.getUserMedia() を単体で利用する際の利用が想定されています。
594 MediaSession Media Session API, MediaSession, Reference, インターフェイス, オーディオ, ビデオ, メディア
Media Session APIMediaSession インターフェースは、ウェブページで標準のメディア再生操作に対する専用の動作を提供します。
595 MediaSource
MediaSourceインターフェイスは、HTMLMediaElementのデータを扱っています。MediaSourceをオブジェクトは、ユーザが再生するHTMLMediaElementにつけることができます。
596 MediaStream API, Reference, Référence(2), WebRTC
MediaStream インターフェイスはメディアコンテンツを表現します。stream は音声やビデオトラックのようないくつかのトラックから構成されます。
597 MediaStream.addTrack()
MediaStream.addTrack()メソッドはストリームへ新しいトラックを追加するメソッドです。パラメータとして渡されるこのトラックの型はMediaStreamTrackです。
598 MediaStream.clone()
MediaStreamインタフェースのclone()メソッドは、そのMediaStreamの複製を作成します。この新しいMediaStreamオブジェクトは、新しい固有のidを持ち、MediaStreamに含まれるMediaStreamTrackもそれぞれclone()を呼び出して得られたものになります。
599 MediaStream.getTrackById()
MediaStream.getTrackById()メソッドは、指定されたID文字列を持つトラックを表現するMediaStreamTrackオブジェクトを返します。指定したIDを持つトラックが存在しない場合は、nullを返します。
600 MediaStream.getVideoTracks()
MediaStreamインタフェースのgetVideoTracks()は、このストリームに含まれるビデオトラックを表現するMediaStreamTrackオブジェクトの配列を返します。
601 MediaStream.id
MediaStream.idは読み取り専用プロパティであり、このオブジェクトの固有識別子(GUID)である36文字で表現されるDOMStringを返します。
602 MediaStream.onaddtrack
MediaStream.onaddtrack プロパティは、EventHandlerであり、MediaStreamインスタンスでaddtrackイベントが発生した時に呼び出される関数です。このイベントは、メディアストリームへ新しいトラックが追加された時に発生します。
603 active
MediaStreamインタフェースのactiveは読み取り専用のプロパティいであり、ストリームが現在アクティブであればtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。少なくとも一つのトラックの状態がMediaStreamTrack.endedでない場合、ストリームがアクティブであるとみなされます。すべでのトラックが終了すると、このストリームのactiveプロパティはfalseになります。
604 MediaStreamConstraints
以下のプロパティの組み合わせ(全ては必要ありません)がこのオブジェクトに存在するのでしょう。
605 MediaStreamTrack
MediaStreamTrack インタフェースは、ストリームに含まれる一つのメディアトラックを表現します。 一般的に、オーディオやビデオのトラックですが、他の種類のトラックも存在することができます。
606 MediaStreamTrack.enabled
MediaStreamTrack.enabled プロパティは Boolean型の値を返します。このトラックが有効な場合はtrueを返し、メディアソースストリームによって処理されることが許可されます。このトラックが無効な場合は falseを返し、 メディアソースストリームによって処理されることはありません。トラックが切り離されている場合は、この値の変更は何の影響もありません。
607 MediaStreamTrack.id
MediaStreamTrack.id は読み取り専用のプロパティであり、このトラックのための固有識別子(GUID)を含むDOMStringを返します。この値はブラウザによって生成されるものです。
608 MediaStreamTrack.kind
MediaStreamTrack.kindは読み取り専用のプロパティであり、トラックの種類を示すDOMStringを返します。トラックがオーディオトラックの場合は"audio"を返し、ビデオトラックの場合は"video"を返します。トラックがソースから切り離されている場合は、何も変更されません。
609 MediaStreamTrack.label
MediaStreamTrack.label は読み取り専用のプロパティであり、 "internal microphone"のようなトラックソースを識別するユーザエージェントによって割り当てられたラベルを含むDOMStringを返します。この文字列は空になることもあり、ソースが接続されていないと空になります。トラックのソースとの関連付けが解除されても、このラベルは変更されません。
610 MediaStreamTrack.onended
MediaStreamTrack.onended イベントハンドラはendedイベントが発生した時に実行するEventHandlerの関数です。このイベントは、MediaStreamTrackオブジェクトのソースが、これ以上データを提供することがないか、ユーザーの操作によって許可が無効になったか、ソースデバイスが取り出されたか、リモートのピアがデータの送信を停止した時に発生します。
611 MediaStreamTrack.onmute
MediaStreamTrack.onmuteイベントハンドラはmuteイベントを受け取った時に呼び出されるプロパティです。このイベントは、トラックが一時的にデータを提供することができない時に発生します。
612 MediaStreamTrack.onoverconstrained
MediaStreamTrack.onoverconstrainedイベントハンドラは、overconstrainedイベントを受け取った時に呼び出されるプロパティです。このイベントは、影響を受けた各トラック(複数のトラックが同一のソースを共有している時)で発生します。このイベントは、ユーザエージェントが与えられたソースに対して現在の制約を評価し、与えられた制約でソースを設定することができない時に発生します。 過制約のため、ユーザエージェントは影響をうけた各トラックをミュートにします。影響を受けたトラックは、現在のソースの有効な能力に配慮してアプリケーションが制約を調整するまでmutedの状態を維持します。
613 MediaStreamTrack.onunmute
MediaStreamTrack.onunmuteイベントハンドラはunmuteイベントを受け取った時に呼び出されるプロパティです。このイベントは、トラックが再びデータを送信できるようになった時に発生します。
614 MediaStreamTrack.readyState
MediaStreamTrack.readyStateは読み取り専用のプロパティであり、トラックの状態を表す値を返します。
615 MediaStreamTrack.remote
MediaStreamTrack.remoteは読み取り専用のプロパティであり、このプロパティによってJavaScript上で、WebRTC MediaStreamTrackがリモートソースかローカルソースであるのかを知ることができます。値がtrueの場合は、トラックがリモートのソース(RTCPeerConnection)を用いられていること示します。値がfalseの場合はローカルのソースが用いられていることを示します。
616 MediaStreamTrack.stop()
MediaStreamTrackstop()はトラックを停止します。
617 muted
MediaStreamTrack.mutedは読み取り専用のプロパティであり、トラックがミュートであるかどうかを示すBooleanの値を返します。
618 MediaTrackSupportedConstraints
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリは、MediaStreamTrackオブジェクトを実装しているuser agentやブラウザによって理解できる制約可能なプロパティの一覧を表します。MediaDevices.getSupportedConstraints()によって、MediaTrackSupportedConstraintsに適合するオブジェクトが戻り値として返されます。
619 MediaTrackSupportedConstraints.aspectRatio
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのaspectRatioプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentaspectRatioの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
620 MediaTrackSupportedConstraints.autoGainControl
サポートされている制約のディクショナリーはnavigator.mediaDevices.getSupportedConstraints()を呼び出すことで取得できます。
621 MediaTrackSupportedConstraints.channelCount
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのchannelCountプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentchannelCountの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
622 MediaTrackSupportedConstraints.deviceId
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのdeviceIdプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentdeviceIdの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
623 MediaTrackSupportedConstraints.echoCancellation
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのechoCancellationプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentechoCancellationの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
624 MediaTrackSupportedConstraints.facingMode
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのfacingModeプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentfacingModeの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
625 MediaTrackSupportedConstraints.frameRate
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのframeRateプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentframeRateの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
626 MediaTrackSupportedConstraints.groupId
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのgroupIdプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentgroupIdの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
627 MediaTrackSupportedConstraints.height
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのheightプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentheightの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
628 MediaTrackSupportedConstraints.latency
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのlatencyプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentlatencyの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
629 MediaTrackSupportedConstraints.noiseSuppression
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのnoiseSuppressionプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentnoiseSuppressionの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
630 MediaTrackSupportedConstraints.sampleRate
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのsampleRateプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentsampleRateの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
631 MediaTrackSupportedConstraints.sampleSize
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのsampleSizeプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentsampleSizeの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
632 MediaTrackSupportedConstraints.volume
MediaTrackSupportedConstraintsディクショナリーのvolumeプロパティは読み取り専用のBooleanの値です。user agentvolumeの制約をサポートしている場合、MediaDevices.getSupportedConstraints()の戻り値のオブジェクトに含まれtrueが設定されます。この制約がサポートされない場合は含まれないため、falseになることはありません。
633 MessageChannel API, Channel Messaging API, Interface, MessageChannel, Reference, web messaging
Channel Messaging APIMessageChannel インターフェースは、新しいメッセージチャンネルを作成し、2 つの MessagePort プロパティを通して、その間でデータを送信できます。
634 MessageChannel() API, Channel messaging, Constructor, MessageChannel, Reference
MessageChannel インターフェースの MessageChannel() コンストラクタは、2 つの新しい MessagePort オブジェクトを持つ新しい MessageChannel オブジェクトを返します。
635 MessageChannel.port1 API, Channel messaging, HTML5, Message Channel API, MessageChannel, Property, Reference
MessageChannel インターフェースの port1 読み取り専用プロパティは、メッセージチャンネルの第 1 ポートを返します。このポートは、チャンネルの元となるコンテキストに付属します。
636 MessageChannel.port2 API, Channel messaging, HTML5, MessageChannel, Property, Reference
MessageChannel インターフェースの port2 読み取り専用プロパティは、メッセージチャンネルの第 2 ポートを返します。このポートは、チャンネルの元となるコンテキストに付属します。
637 MessageEvent API, WebSockets, リファレンス
MessageEvent インターフェースは対象のオブジェクトから受け取ったメッセージを表します。
638 MessagePort API, Channel messaging, HTML5, Interface, MessagePort, Reference
Channel Messaging APIMessagePort インターフェースは、MessageChannel の 2 つのポートの一方を表し、片方のポートから送信されるメッセージをもう片方のポートで受信待機できます。
639 MessagePort.close() API, Channel messaging, MessagePort, Method, Reference
MessagePort インターフェイスの close() メソッドは、ポートの接続を切断し、ポートがアクティブではなくなります。これは、そのポートへのメッセージの送信を停止します。
640 MessagePort.onmessage API, Channel messaging, MessagePort, Property, Reference
MessagePort インターフェイスの onmessage イベントハンドラは、EventListener であり、ポート上で message 型の MessageEvent が発動した時に呼び出されます。つまり、ポートがメッセージを受信した時に呼び出されます。
641 MessagePort.onmessageerror API, Channel messaging, MessagePort, Property, Reference, events, onmessageerror
MessagePort インターフェースの onmessageerror イベントハンドラーは、ポートで messageerror 型の MessageEvent が発火すると呼び出されます。つまり、deserialized できないメッセージを受け取ったときです。
642 MessagePort.postMessage() API, Channel messagging, MessagePort, Reference, postMessage
MessagePort インターフェイスの postMessage() メソッドは、ポートからのメッセージを送信します。任意で、オブジェクトの所有権を他のブラウザコンテキストへ転送します。
643 MessagePort.start() API, Channel messaging, MessagePort, Method, Reference
MessagePort インターフェイスの start() メソッドは、ポート上のキューに置かれたメッセージの送信を開始します。このメソッドは、EventTarget.addEventListener を使用する場合のみ必要になります。これは、MessageChannel.onmessage を使用する場合は包含されています。
644 MouseEvent API, DOM, DOM Events, Interface, Reference, Référence(2)
MouseEvent インターフェイスは、ポインティングデバイス (マウスなど) によるユーザの対話によって発生したイベントを表します。このインターフェイスを使用する一般的なイベントとして clickdblclickmouseupmousedown があります。
645 MouseEvent.button
読み取り専用プロパティ MouseEvent.button はイベントのトリガーとなったのがどのボタンが押されたのかを表します。
646 MouseEvent.clientX
MouseEvent.clientX は event の起きた点の、クライアント内での X 座標を参照できる読み取り専用の属性です。画面の左上でクリックした場合、ページの横スクロール位置に関わらず、その値は 0 となります。
647 MouseEvent.ctrlKey
読み取り専用プロパティ MouseEvent.ctrlKey は、イベント発生時に control キーが押されたかどうかを、押されていた (true) または押されていない (false) のBoolean で返します。
648 MouseEvent.screenX
MouseEvent.screenX は、イベントの発生した位置の、スクリーン内での X 座標を参照できる読み取り専用の属性です。
649 MouseEvent.shiftKey
MouseEvent.shiftKeyは読み取り専用のプロパティです。  shift キーが押された (true) か離されている (false) かを各イベント時に表します。
650 event.altKey DOM, Gecko
イベントが発生したときALTキーが押されていたかどうかを示します。
651 MozSocial API
The MozSocial object, returned by the navigator.mozSocial property, is available within the social media provider's panel to provide functionality it may need.
652 MozSocial.closePanel DOM, Social
親のソーシャルメディアプロバイダーパネルの内、現在開いているソーシャルパネルを閉じます。
653 MozSocial.isVisible DOM, Social
ソーシャルメディアプロバイダのコンテンツサイドバーが現在表示されているかどうかを示します。
654 MozTimeManager Firefox OS, Time
MozTimeManager インタフェースはデバイスのシステム時間の設定に用います。
655 MutationObserver API, Advan, DOM, DOM Reference, NeedsContent, NeedsUpdate, Reference
MutationObserver とは、指定したコールバック関数を DOM の変更時に実行させる API です。この API は、DOM3 Events の仕様で定義されていた Mutation Events を新しく設計し直したものです。
656 MutationRecord API, Advanced, DOM, DOM Reference, NeedsContent, Reference
MutationRecord とは、DOM に生じた個々の変更を表すオブジェクトです。このオブジェクトは MutationObserver のコールバック関数に渡されます。
657 Navigation Timing API API, Performance, Web
Navigation Timing API は、ウェブサイトのパフォーマンス計測に使用できるデータを提供します。同じ目的に使用される他の JavaScript ベースの機構と異なり、この API はエンドツーエンドのさらに役立つ正確な遅延データを提供できます。
658 Navigator API, DOM4, Navigator, Reference, Web Performance, インターフェイス, ウェブ
Navigator インターフェイスは、ユーザーエージェントの状態や身元情報を表します。スクリプトからその情報を問い合わる、および活動を続けるためにそれら自体を登録することができます。
659 Navigator.activeVRDisplays
Navigator インターフェイスの activeVRDisplays 読取専用プロパティは現在表示中(VRDisplay.ispresenting が true)のすべての VRDisplay オブジェクトを含んだ配列を返します.
660 Navigator.buildID API, DOM, Gecko, Property
ブラウザーのビルド識別子を返します。
661 Navigator.clipboard API, Clipboard, Navigator, Property, Read-only, Reference, クリップボード, コピー, プロパティ, 切り取り, 貼り付け
Clipboard APINavigator インターフェイスに読み取り専用の clipboard プロパティを追加し、クリップボードの内容を読み書きするために使用する Clipboard オブジェクトを返します。
662 Navigator.connection API, Experimental, Navigator, Network Information API, Property, Reference
Navigator.connection 読み取り専用プロパティは、ユーザーのデバイスの現在の帯域幅や接続が測定できるかどうかなどの情報を含む NetworkInformation を表します。ユーザーの接続に基づいて高解像度コンテンツ、または低解像度コンテンツのいずれを使うかの選択に使用できます。
663 Navigator.doNotTrack API, DOM, Experimental, Property, Reference
ユーザーの do-not-track 設定を返します。ユーザーがウェブサイトやコンテンツ、広告にトラッキングされたくないと要求している場合、この値は "1" です。
664 Navigator.geolocation API, Geolocation API, Navigator, Property, Reference, Secure context
読み取り専用の Navigator.geolocation プロパティは、ウェブコンテンツがデバイスの位置情報にアクセスするための Geolocation オブジェクトを返します。 これにより、ウェブサイトやアプリがユーザーの現在の位置に応じた結果を提供できるようになります。
665 Navigator.getUserMedia API, Deprecated, Method, Reference, WebRTC
Navigator.getUserMedia() メソッドは、カメラや共有画面、マイクなど、0 または 1 系統の動画入力デバイスおよび 0 または 1 系統の音声入力デバイスの使用許可をユーザーに求めます。ユーザーが許可を与えると、許可された MediaStream オブジェクトを引数に与える successCallback が呼び出されます。ユーザーが拒否するかメディアが使用できない場合、PermissionDeniedError または NotFoundError エラーを伴う errorCallback が呼び出されます。ただし、ユーザーが選択する必要がない場合など、コールバックの呼び出しが完了しない可能性があることに注意してください。
666 Navigator.getVRDisplays()
Navigator インターフェイスの getVRDisplays() メソッドは,コンピュータに接続されている利用可能なVRデバイスを表す VRDisplay オブジェクトの配列へ解決するためのpromiseを返します.
667 Navigator.keyboard
Navigator インターフェイスの keyboard プロパティは読み取り専用で、物理キーボードのキーボードレイアウトマップを受け取ったり、キー押下のキャプチャの切り替えたりするための Keyboard オブジェクトを返します。
668 Navigator.maxTouchPoints API, DOM, Property, Reference
現在のデバイスでサポートされている同時タッチコンタクト点の最大数を返します。
669 Navigator.mediaCapabilities API, Experimental, MediaCapabilities, Navigator, メディア, メディア能力 API
Navigator.mediaCapabilities プロパティは読み取り専用で、 Media Capabilities API で定義されているように、指定された形式のエンコードとデコードおよび出力能力についての情報を取得することができる MediaCapabilities オブジェクトを返します。
670 Navigator.mediaDevices Media, Media Capture and Streams API, Media Streams API, MediaDevices, Navigator, Property, Read-only, Reference, Web
Navigator.mediaDevices 読み取り専用プロパティは、カメラやマイク、画面共有のような接続されたメディア入力装置へのアクセスを提供する MediaDevices オブジェクトを返します。
671 Navigator.mozCameras API, DOM, Firefox OS, Graphics, Property
ユーザの端末で利用可能なカメラへのアクセスに用いる CameraManager オブジェクトを返します。
672 Navigator.mozFMRadio API, Property
端末の FM ラジオへのアクセスに使用できる FMRadio オブジェクトを返します。
673 Navigator.mozIsLocallyAvailable() API, Mozilla 拡張, Navigator, Non-standard, Obsolete, mozIsLocallyAvailable, メソッド
Navigator.mozIsLocallyAvailable() メソッドは、アドオンが指定されたリソースが両可能かどうかを判断できるようにします。
674 Navigator.mozPay() API, Apps, Firefox OS, Method, Web Payment
mozPay 関数は決済の実行に使用され、アプリ内課金を実現します。
675 Navigator.productSub API, DOM, Navigator, Property, Read-only
Navigator.productSub プロパティは読み取り専用で、現在のブラウザーのビルド番号を返します。
676 Navigator.registerContentHandler() API, MIME, Method, Navigator, registerContentHandler, ウェブベースプロトコルハンドラー, 廃止
ウェブサイトが自分自身を、特定の MIME タイプのコンテンツのハンドラーとして可能な限り登録します。
677 Navigator.sendBeacon()
navigator.sendBeacon() は HTTP で少量のデータを非同期にサーバに送ることに利用できます。
678 Navigator.serviceWorker API, Navigartor, Property, Reference, ServiceWorker, サービスワーカー
Navigator.serviceWorker は読み取り専用のプロパティで、関連付けられた文書ServiceWorker の登録、削除、更新、通信へのアクセスを提供する ServiceWorkerContainer オブジェクトを返します。
679 Navigator.vendor API, HTML DOM, Navigator, Read-only, プロパティ
現在のブラウザーのブラウザーベンダーの名前を返します。
680 Navigator.vendorSub API, HTML DOM, Navigator, Property, Read-only
Navigator.vendorSub プロパティは読み取り専用で、ベンダーバージョン番号が付いたベンダーの部分文字列です。仕様書ではブラウザーが常に空文字列を返して良いことになっているため、このプロパティから頼れる回答を期待しないでください。
681 cookieEnabled DOM, DOM_0, Gecko, 要更新
No summary!
682 navigator.id BrowserID, DOM, Persona, Security
BrowserID プロトコル は、BrowserID API を開示する window.navigator オブジェクトに新しい id プロパティを定義しています。この API はいくつかの重要なリビジョンを経ています。各世代別の API は以下の通りです。
683 navigator.mozSocial DOM, Social
navigator.mozSocial プロパティによって返される MozSocial オブジェクトは、ソーシャルメディアプロバイダーパネル内で利用することができます。ソーシャルメディアプロバイダーパネルが必要とする機能を提供します。
684 registerProtocolHandler API, DOM, DOM Reference, Method, Navigator, Reference, Web-Based Protocol Handlers, registerProtocolHandler
Navigator の registerProtocolHandler() メソッドは、ウェブサイトが自身を特定のプロトコルのハンドラー候補として登録できるようにします。
685 ウェブベースのプロトコルハンドラー Advanced, HTML5, Web-Based Protocol Handlers
ウェブページで http ではないプロトコルを使用したリソースへのリンクを見つけることがよくあります。例えば、 mailto: プロトコルです。
686 window.navigator.battery API, Battery API, Deprecated, Device API, Property, Reference
読み取り専用の battery プロパティは、システムの充電量についての情報を提供する BatteryManager を返します。これは、充電状態の監視を扱ういくつかの新しいイベントも提供します。これは、Battery Status API を実装します。詳細な追加情報や API の使い方、サンプルコードについては、この Battery Status API のドキュメントを参照してください。
687 window.navigator.mozSettings Firefox OS
デバイス設定へのアクセス及びデバイス設定の変更のための SettingsManager オブジェクトを返します。
688 window.navigator.mozSms DOM, Mobile, WebSMS
SMS メッセージの送受信に用いることが出来る SmsManager オブジェクトを返します。
689 window.navigator.oscpu DOM, DOM_0, Gecko, NeedsContent, 要更新
使用中のオペレーティングシステムを識別する文字列を返します。
690 NavigatorID API
The NavigatorID interface contains methods and properties related to the identity of the browser.
691 NavigatorID.platform API, Navigator, NavigatorID, Property, Reference, platform
ブラウザーのプラットフォームを表す文字列を返します。仕様書ではブラウザーが常に空文字列を返すことを許可していますので、信頼できる答えを得るためにこのプロパティを頼らないようにしてください。
692 window.navigator.appCodeName DOM, DOM_0, Gecko
現在のブラウザの内部 "コード" ネームを返します。
693 window.navigator.appName DOM, DOM_0, Gecko, 要更新
ブラウザの公式な名前を返します。
694 window.navigator.appVersion DOM, DOM_0, Gecko, 要更新
ブラウザのバージョンを表す文字列を返します。
695 window.navigator.product DOM, DOM_0, Gecko
このプロパティは、現在のブラウザの製品名を返します。
696 window.navigator.userAgent DOM, DOM_0, Gecko, 要更新
現在のブラウザでのユーザエージェントを表す文字列を返します。
697 NavigatorLanguage API
NavigatorLanguage contains methods and properties related to the language of the navigator.
698 navigator.languages
navigator.languages を参照することで、ユーザの使用する言語を表すタグを取得できます。
699 window.navigator.language DOM, DOM_0, Gecko, Navigator
ブラウザの言語バージョンを表す文字列を返します。
700 NavigatorOnLine API
The NavigatorOnLine interface contains methods and properties related to the connectivity status of the browser.
701 Online and offline events
Firefox 3WHATWG Web Applications 1.0 仕様に従い Online/Offline イベントを実装します。
702 window.navigator.onLine API, DOM Reference, NavigatorOnLine, Online, Property, Reference
ブラウザの接続状態を返します。このプロパティは真偽値を返して true はオンライン、false はオフラインを表します。ブラウザのネットワーク接続状態が変化するたびに、プロパティを更新します。この更新はユーザがリンクをたどる、あるいはスクリプトがリモートページを要求するときに発生します。例えばインターネットへの接続が失われた後にユーザがリンクをクリックすると、このプロパティは false を返します。
703 NavigatorPlugins API
The NavigatorPlugins interface contains methods and properties related to the plugins installed in the browser.
704 javaEnabled DOM, DOM_0, Gecko
No summary!
705 mimeTypes DOM, DOM_0, Gecko
No summary!
706 window.navigator.plugins DOM, DOM_0, Gecko
アプリケーションにインストールされたプラグインをリスト化した、PluginArray オブジェクトを返します。
707 NetworkInformation API, Experimental, Interface, Network Information API, Reference
NetworkInformation インターフェースは、デバイスがネットワーク通信に使用している接続の情報を提供します。また、接続の種類が変更した場合、スクリプトに通知する手段を提供します。NetworkInformation インターフェースは、インスタンス生成できません。代わりに、Navigator インターフェースの connection プロパティを通してアクセスします。
708 NetworkInformation.downlinkMax API, Experimental, Network Information API, NetworkInformation, Property, Read-only, Reference
NetworkInformation.downlinkMax 読み取り専用プロパティは、メガビット毎秒(Mbps)単位で、基底の接続技術の最大下り速度を返します。
709 NetworkInformation.onchange API, Event Handler, Experimental, Network Information API, NetworkInformation, Property, Reference
NetworkInformation.onchange イベントハンドラは、接続情報が変化したときに発火し、NetworkInformation オブジェクトが change を受け取るコードを含みます。
710 NetworkInformation.type API, Experimental, Network Information API, NetworkInformation, Property, Read-only, Reference
NetworkInformation.type 読み取り専用プロパティは、デバイスがネットワーク通信に使用している接続の種類を返します。
711 Node API, DOM, DOM Reference, Interface, Node, Reference
Node はいくつもの DOM API オブジェクトタイプが継承しているインターフェイスで、それらのさまざまなタイプを同じように扱える (同じメソッドのセットを継承する、または同じ方法でテストできる) ようにします。
712 Node.appendChild API, DOM, Method, Node, Reference
Node.appendChild() メソッドは、特定の親ノードの子ノードリストの末尾にノードを追加します。追加しようとしたノードが既に存在していたら、それは現在の親ノードから除かれ、新しい親ノードに追加されます(他のノードに追加する前にそのノードを親ノードから削除する必要はありません)。
713 Node.baseURIObject DOM, DOM 3, Gecko, Node
baseURIObject は、文書の基底 URL (base URL) を示す nsIURI オブジェクトを返します。
714 Node.childNodes API, DOM, DOMリファレンス, プロパティ, リファレンス
Node.childNodes読み取り専用プロパティは、最初の子ノードにインデックス0が割り当てられている、指定された要素の子nodesの現在のNodeListを返します。
715 Node.cloneNode DOM, Gecko, Gecko DOM Reference
現在のノードの複製を返します。
716 Node.compareDocumentPosition DOM, DOM Element Methods, Gecko
そのノードと別のノードの位置を比較し、結果となるビットマスクを返します。
717 Node.contains API, DOM, Method, Node
Node.contains メソッドは指定ノードの子孫ノードに特定の子ノード(※自身も含む)が含まれるかどうかを示す真偽値を返します。
718 Node.firstChild DOM, Gecko, Node
ノードのツリーの中で最初の子ノード、もしくは子ノードがなければ null を返します。ノードが Document の場合は、その直接の子のリスト内の最初のノードを返します。
719 Node.hasChildNodes DOM, Gecko
hasChildNodes は指定したノード子ノードを持つか否かを示す真偽値を返します。
720 Node.innerText API, DOM, Property, Reference
Node.innerText はノードとその子孫の "レンダリングされた" テキスト内容を示すプロパティです。ゲッターとして、カーソルで要素の内容を強調しクリップボードにコピーした際のテキストに近いものが取得できます。この機能はもともと Internet Explorer によって導入されたもので、主要なブラウザベンダーが採用した後、2016 年に HTML 標準で正式に指定されました。
721 Node.insertBefore API, DOM, Element, Method, Node, Reference
指定のノードを現在のノードの子ノードとして参照要素の前に挿入します。
722 Node.isDefaultNamespace DOM, Namespaces, Node
isDefaultNamespace は、引数としてネームスペース URI を受け取り、ネームスペースが指定されたノードのデフォルトのネームスペースである場合に true を返します。そうでない場合は false を返します。
723 Node.isEqualNode
ふたつのノードが同一ノードの場合は true を、異なる場合は false を返します。
724 Node.isSameNode DOM, Node
ふたつのノードが同一ノードの場合は true を、異なる場合は false を返します。
725 Node.isSupported DOM, DOM Element Methods, Gecko
指定された機能が DOM 実装に含まれており、このノードでサポートされているかどうかをテストします。
726 Node.lastChild DOM, Gecko, Node
lastChild はノードの子要素の内、最後のものを返します。
727 Node.localName DOM, Gecko, Node, 要更新
このノードの修飾名のローカル部分を返します。
728 Node.namespaceURI DOM, Gecko, 要更新
ノードの名前空間 URI か、もし指定されていなければ null(読み込み専用)。
729 Node.nextSibling DOM, Gecko, Node, 要更新
上の例で、#text ノードがタグ間のマークアップ内に (つまり、 要素の閉じタグと次の開始タグの間) 空白がある DOM に挿入されているのが見られます。 document.write 文で挿入された要素の間には空白が作成されません。
730 Node.nodeName DOM, Gecko
ノードの名前を文字列で返します。
731 Node.nodePrincipal DOM, Gecko
nodePrincipal は、ノードの現在のセキュリティ・コンテキストを表す nsIPrincipal オブジェクトを返します
732 Node.nodeType DOM, Gecko
ノードの種類を表す整数のコードを返します。
733 Node.nodeValue DOM, Gecko, Node
ノードの値を取得または設定します。
734 Node.normalize DOM, Gecko, Node
指定ノードの空のノードを削除し、隣接するテキストノードをひとつに纏め、文書を「正規化 (normalize)」します。
735 Node.ownerDocument DOM, Gecko, Node
ownerDocument プロパティは、指定ノードを内包するノードツリーのトップレベルのドキュメントオブジェクトを返します。
736 Node.parentElement DOM, Element, Node, Property, parent
Node.parentElementのread-only プロパティはDOM ノード上の親の Element を返します。親ノードが存在しない場合や親ノードが DOM Element で無い場合、null が返ります。
737 Node.parentNode DOM, Gecko, Node
指定されたノードの DOM ツリー内の親ノードを返します。
738 Node.prefix DOM, Gecko, Node
prefix は、特定のノードの名前空間の 接頭辞 (prefix) を返します。接頭辞がなければ null を返します。
739 Node.previousSibling DOM, Gecko, Node
指定のノードの親ノードの childNodes リストの中で直前のノードを返します。また、指定のノードがそのリストの中で先頭の場合は null を返します。
740 Node.removeChild DOM, Gecko, Node
Node.removeChild() メソッドは、 DOM から子ノードを取り除きます。取り除いたノードを返します。
741 Node.replaceChild API, DOM, Method, Node, Reference
Node.replaceChild() メソッドは指定ノードの子ノードを別のノードに置き換えます。
742 Node.textContent API, Command API, DOM, NeedsMarkupWork, Property, Reference
Node.textContent プロパティは、ノードおよびその子孫のテキスト内容を表します。
743 NodeIterator API, DOM
NodeIterator インターフェイスは、DOM のサブツリー内に存在するノードのリストのメンバーに対するイテレーターを表します。ノードは文書内に現れる順番で返されます。
744 NodeList API, DOM, Interface, NodeList, インターフェイス
NodeList オブジェクトはノードの集合であり、 Node.childNodes などのプロパティや document.querySelectorAll() などのメソッドの返値として用いられます。
745 NodeList.item DOM, Gecko, NodeList
NodeList 中の、引数に指定するインデックスの位置にあるノードを取得します。
746 NodeList.length API, DOM, Gecko, プロパティ, リファレンス
lengthNodeList 内の item の数を返します。
747 Notification API, Interface, Notifications, Reference
Notifications APIのNotificationインターフェイスは、ユーザーへのデスクトップ通知の設定や表示のために使われます。
748 Notification.Notification() API, Constructor, Notifications, Reference
Notification() コンストラクターは新しいNotification オブジェクトインスタンスを生成します。
749 Notification.close() API, DOM, Method, Notifications, Reference, close
Notificationインターフェースのclose()メソッドは、表示された通知を明示的に閉じるために使われます。
750 Notification.data API, Notifications, Property, Reference, data
Notificationインターフェースのdata読み取り専用プロパティは、Notification()コンストラクターのdataオプションで指定した、通知データの構造化されたクローンを返します。
751 Notification.dir API, DOM, Notifications, Property, Reference, dir
Notificationインターフェースのdir読み取り専用プロパティは、Notification()コンストラクターのdirオプションで指定した、通知テキストの方向を表します。
752 Notification.onclick API, DOM, Notifications, Property, Reference, onclick
Notification インターフェースのonclickプロパティは、clickイベントを受け取るイベントリスナーを指定します。これらのイベントは、ユーザーが表示されている Notificationをクリックしたときに発生します。
753 Notification.onclose
Notificationインターフェイスのonclose プロパティは、closeイベントを受け取ったときのイベントリスナーを指定します。これらのイベントはNotificationが閉じられたときに発生します。
754 Notification.onerror API, DOM, Notifications, Property, Reference, onerror
Notificationインターフェースのonerrorプロパティは、error イベントを受け取るエラーイベントリスナを指定します。これらのイベントは、 Notification に何か問題があるときに発生します。(多くの場合、エラーは通知の表示を妨げます)。
755 Notification.permission API, DOM, Notifications, Property, Reference
Notificationインターフェースのpermission読み取り専用プロパティは、現在のオリジンに対してWeb通知を表示してよいか、ユーザーによって与えれた許可を表します。
756 Notification.requestPermission() API, DOM, Method, Notifications, Reference
NotificationインターフェースのrequestPermission()メソッドは、現在のオリジンが通知を表示できるように、ユーザーに許可を要求します。
757 Notification.tag API, DOM, Notifications, Property, Reference, tag
Notificationインターフェースのtag読み取り専用プロパティは、Notification()コンストラクターのtagオプションで指定された通知のための識別子を表します。
758 Notification.title API, Notifications, Property, Reference, Title
Notificationインターフェースのtitle読み取り専用プロパティは、Notification()コンストラクターのtitleパラメーターで指定される通知のタイトルを表します。
759 Notifications API
Notifications API を使えば、ウェブページがエンドユーザーに表示するシステム通知を制御できるようになります。これらのシステムは、トップレベルのブラウジングコンテキストの viewport の外に構築されているため、ユーザーがタブを切り替えたり、別のアプリに移動していたとしても表示されます。また、この API は既存の通知システムと互換性を持つようにデザインされているので、異なるプラットフォームでも動作します。
760 OfflineAudioContext
親インターフェースである BaseAudioContext からのプロパティも継承します。
761 OscillatorNode
OscillatorNode インタフェースは、正弦波などの周期的な波形を表します。これは、指定された波形で、特定の周波数の一定のトーンを発生させる、オーディオ処理モジュール AudioScheduledSourceNode です。
762 PageTransitionEvent
Page transition events fire when a webpage is being loaded or unloaded.
763 PannerNode
PannerNode は必ず 1 つの入力と、1 つの出力を持ちます。入力はモノラルでもステレオでも構いませんが、出力は必ずステレオとなります。つまりパンニングを行うには最低でも 2 チャンネルの音声チャンネルを必要です。
764 ParentNode API, DOM, Finding Elements, Finding Nodes, Interface, Locating Elements, Locating Nodes, Managing Elements, Managing Nodes, Mixin, Node, Reference, Selectors, arentNode
ParentNode ミックスインは、子を持つことができるすべての型の Node オブジェクトに特有のメソッドやプロパティを含みます。
765 ParentNode.childElementCount API, DOM, ParentNode, Property
読み取り専用の ParentNode.childElementCount プロパティは、与えられた要素の子要素の数を表す unsigned long 値を返します。
766 ParentNode.children
Node.children は、子要素ノードの生きた HTMLCollection を返す、読み取り専用プロパティです。
767 Path2D API, Canvas, Interface, NeedsTranslation, Path2D, Reference, Référence(2), TopicStub
The Path2D interface of the Canvas 2D API is used to declare paths that are then later used on CanvasRenderingContext2D objects. The path methods of the CanvasRenderingContext2D interface are present on this interface as well and are allowing you to create paths that you can retain and replay as required on a canvas.
768 Path2D() API, Canvas, Constructor, Drawing, Graphics, Path2D, Paths, Reference, Référence(2)
Path2D() コンストラクタは、新たにインスタンス化した Path2D オブジェクトを返します。他のパスを引数に渡すこともできます(複製がつくられます)。また、SVG パス からなるデータを文字列で渡すこともできます。
769 Path2D.addPath()
Canvas 2D APIのPath2D.addPath()メソッドは、パスに対して引数でパスを追加します。
770 Performance
Performanceインターフェースは、現在のページの実績に基づく情報へのアクセスを提供します。High Resolution Time APIの一部ですが、Performance Timeline API、Navigation Timing APIUser Timing APIそしてResource Timing APIによって拡張されています。
771 performance.now() API, Method, Performance, Reference, Web Performance API
performance.now() メソッドは、ミリ秒単位で計測された DOMHighResTimeStamp を返します。
772 Plugin Add-ons, DOM, Plug-in
Plugin インタフェースはブラウザのプラグインについての情報を提供する DOM インタフェースです。
773 PluginArray Add-ons, DOM, Plugins
PluginArray インターフェースには使用可能なプラグインのリストが格納されています。 window.navigator.plugins プロパティによって返されます。
774 Position API, Geolocation API, Interface, Position, Secure context
Position インターフェイスは対象のデバイスのある時間における現在位置を表します。Coordinates オブジェクトで表される位置情報には、地球を表す楕円体上における平面座標のほかに、高度や速度といった情報も含まれます。
775 PositionError API, Geolocation API, Interface, PositionError, Secure context
PositionError インターフェイスは位置情報の取得時に発生したエラーの理由を表します。
776 PositionOptions API, Geolocation API, Interface, PositionOptions, Reference, Secure context
PositionOptions インターフェイスは Geolocation.getCurrentPosition()Geolocation.watchPosition() に渡すオプションプロパティを含んだオブジェクトを表します。
777 ProgressEvent
The ProgressEvent インターフェースは (XMLHttpRequest、または <img>, <audio>, <video>, <style> ,<link>のような基本的なリソースのロードなどの)のようなHTTPリクエストイベントの基本的なプロセスの進捗の進み具合を表示します。
778 PromiseRejectionEvent API, HTML DOM, Interface, JavaScript, PromiseRejectionEvent, Promises, Reference, events
PromiseRejectionEvent インターフェースは、JavaScript の Promise が拒絶されたときに発火するイベントを表します。これらのイベントは、測定やデバッグ目的に使用すると特に有益です。
779 PromiseRejectionEvent() API, Constructor, HTML DOM, JavaScript, PromiseRejectionEvent, Promises, Reference, events
PromiseRejectionEvent() コンストラクタは、JavaScript の Promise が拒絶されたときに発火するイベントを表す PromiseRejectionEvent を新しく生成し返します。
780 PromiseRejectionEvent.promise API, HTML DOM, JavaScript, Promise, PromiseRejection, Promises, Property, Reference, events
PromiseRejectionEvent.promise 読み取り専用プロパティは、拒絶された JavaScript の Promise を表します。promise が拒絶された理由は、イベントの PromiseRejectionEvent.reason プロパティを検査することで学べます。
781 PromiseRejectionEvent.reason API, HTML DOM, JavaScript, PromiseRejectionEvent, Promises, Property, Reference, events, reason
PromiseRejectionEvent.reason 読み取り専用プロパティは、Promise.reject() に渡される理由を提供する任意の JavaScript 値、または Object です。理論的には promise が拒否された理由についての情報を提供します。
782 Push API API, Experimental, Landing, Notifications, Push, Reference, サービスワーカー, プッシュ通知
Push API (プッシュ通知 API) は、ウェブアプリケーションがサーバーからメッセージ (プッシュ通知) を受信できるようにします。ウェブアプリケーションがフォアグランド状態かどうか、読み込まれているかどうかに関わらず利用できます。開発者は、オプトインしたユーザーへ非同期の通知と更新を届けることができ、タイムリーな新着コンテンツによってユーザーの関心を得られるでしょう。
783 PushEvent API, ExtendableEvent, Interface, Offline, Push, Push API, Reference, Service Workers, Workers
Push APIPushEvent インターフェースは、受け取ったプッシュメッセージを表します。このイベントは、ServiceWorkerグローバルスコープに送信されます。これは、アプリケーションサーバーから PushSubscription に送信された情報を含みます。
784 PushEvent.PushEvent() API, Constructor, Experimental, Push, Push API, PushEvent, Reference, Service Workers
PushEvent() コンストラクタは、新しい PushEvent オブジェクトを生成します。このコンストラクタは、service worker にのみ公開されていることに注意してください。
785 PushEvent.data API, Experimental, Property, Push, PushEvent, Reference, data
PushEvent インターフェースの data 読み取り専用プロパティは、PushSubscription に送信されてたデータを含む PushMessageData オブジェクトへの参照を返します。
786 PushManager API, Experimental, Interface, Push, Push API, Reference, Service Workers
Push APIPushManager インターフェースは、3rd パーティーのサーバーからの通知だけではなく、プッシュ通知へのリクエスト URL を取得するための方法を提供します。
787 PushManager.getSubscription() API, Experimental, Method, PushManager, Reference, Service Workers
PushManager インターフェースの PushManager.getSubscription() メソッドは、既存のプッシュサブスクリプションを取得します。
788 PushManager.permissionState() API, Experimental, Method, PushManager, Reference, Service Workers, permissionState
PushManager インターフェースの  permissionState() メソッドは、プッシュマネージャーの許可状態を示す DOMString で解決される  Promise を返します。許可状態は、'prompt' か 'denied'、'granted' です。
789 PushManager.subscribe() API, Experimental, Method, PushManager, Reference, Web API, subscribe
PushManager インターフェースの subscribe() メソッドは、プッシュサービスを提供します。
790 PushMessageData API, Experimental, Interface, Push, Push API, PushMessageData, Reference, Service Workers
Push APIPushMessageData インターフェースは、さまざまなフォーマットでサーバーから送信されるプッシュテータを取得する方法を提供します。
791 PushMessageData.arrayBuffer() API, ArrayBuffer, Experimental, Method, Push, PushMessageData, Reference, ServiceWorkers
PushMessageData インターフェースの arrayBuffer() メソッドは、プッシュメッセージデータを ArrayBuffer オブジェクトとして抽出します。
792 PushMessageData.blob() API, Blob, Experimental, Method, Push, PushMessageData, Reference, Service Workers
PushMessageData インターフェースの blob() メソッドは、プッシュメッセージデータを Blob オブジェクトとして抽出します。
793 PushMessageData.json() API, Experimental, JSON, Method, Push, PushMessageData, Reference, Service Workers
PushMessageData インターフェースの json()メソッドは、プッシュメッセージデータを JSON オブジェクトとして抜き出します。
794 PushMessageData.text() API, Experimental, Method, Plain text, Push, PushuMessageData, Reference, Service Workers, Text
PushMessageData インターフェースの text() メソッドは、プッシュメッセージデータをプレーンテキスト文字列として抽出します。
795 PushSubscription API, Experimental, Interface, Push, Push API, PushSubscription, Reference, Service Workers
Push APIPushSubscription インターフェースは、サブスクリプションの URL エンドポイントを提供するとともに、プッシュサービスの登録を解除できます。
796 PushSubscription.endpoint API, Experimental, Property, Push, Push API, PushSubscription, Reference, Service Workers, endPoint
PushSubscription インターフェースの endpoint 読み取り専用プロパティは、プッシュサブスクリプションに関連するエンドポイントを含む USVString を返します。
797 PushSubscription.getKey() API, Experimental, Method, Non-standard, Push, Push API, PushSubscription, Reference, Service Workers, getKey
PushSubscription インターフェースの getKey() メソッドは、サーバに送信されてプッシュメッセージデータを暗号化するために使用される、クライアントパブリックキーを表す ArrayBuffer を返します。
798 PushSubscription.toJSON() API, Experimental, Method, Push, Push API, PushSubscription, Reference, Service Workers, toJSON
PushSubscription インターフェースの toJSON() メソッドは、スタンダードなシリアライザーです:これは、便利なショートカットを提供するサブスクリプションプロパティの JSON 表記を返します。
799 PushSubscription.unsubscribe() API, Experimental, Method, Push, Push API, PushSubscription, Reference, Service Workers, unsubscribe
PushSubscription インターフェースの unsubscribe() メソッドは、現在のサブスクリプションが成功裏に登録解除されたときに Boolean で解決されるPromise を返します。
800 RTCConfiguration
RTCConfigurationは、RTCPeerConnection オブジェクトを介して ice server設定を初期化するためのものです 。 
801 RTCDataChannel API, Communication, Data Transfer, Interface, Media, Networking, RTCDataChannel, Reference, WebRTC, WebRTC API
RTCDataChannel インターフェイスは、2 つのピア間で双方向に任意のデータを転送するためのネットワークチャンネルを表現します。すべてのデータチャンネルは RTCPeerConnection に関連付けられており、それぞれのぴあコネクションは理論上、最大 65,534 個のデータチャンネルを持つことができます (実際の上限はブラウザーごとに異なります)。
802 RTCDataChannelEvent
RTCDataChannelEvent インタフェースはRTCPeerConnectionRTCDataChannelをアタッチしている時に発生するイベントを表現します。イベントタイプは、datachannelです。
803 RTCIdentityErrorEvent
RTCIdentityErrorEvent インタフェースは、通常 RTCPeerConnection に関連付けられたアイデンティティー・プロバイダ(IdP) を示すイベントを表現します。これは、?遭遇したエラーを持ちます。idpassertionerroridpvalidationerrorの2つのイベントタイプを持ちます。
804 RTCIdentityEvent
RTCIdentityEvent インタフェースは、通常 RTCPeerConnectionに関連付けられたアイデンティティー・プロバイダ(IdP) を示すイベントを表現します。これはIDアサーションによって生成されたものです。イベントタイプはidentityresultです。
805 RTCPeerConnection
RTCPeerConnection インタフェースはローカルコンピュータとリモートピア間のWebRTC コネクションを表現します。二つのピア間の効果的なデータストリーミングに用いられれます。
806 RTCPeerConnectionIceEvent
RTCPeerConnectionIceEvent インタフェースは、通常 RTCPeerConnectionのICE候補に関連して発生するイベントを表現します。イベントのタイプはicecandidateです。
807 RTCSessionDescription API, Audio, Experimental, Interface, Media, RTCSessionDescription, Reference, Video, Web, WebRTC
RTCSessionDescription インターフェイスは、接続 (または接続する予定のもの) の一端と、その構成方法を記述します。それぞれの RTCSessionDescription は、どのオファー/アンサー交渉プロセスを使用するかを表す記述の type と、セッションの SDP 記述子から成ります。
808 RTCSessionDescriptionCallback
No summary!
809 RandomSource API, Interface, RandomSource, Reference, Web Crypto API
RandomSource は、暗号的に安全な乱数値のソースを表します。これは、グローバルオブジェクトの Crypto オブジェクトを通して利用可能です。ウェブページ上では Window.crypto、Worker 内では WorkerGlobalScope.crypto が利用できます。
810 RandomSource.getRandomValues() API, Cryptography, Method, Reference
RandomSource.getRandomValues() メソッドは、暗号強度の強い乱数値を取得します。引数に与えた配列は、すべて乱数 (暗号的な意味でランダムに) で埋められます。
811 Range API, DOM
Range インターフェイスとは document の断片で、ある document 中のノードやテキストノードの一部を含むことのできるものです。
812 Range.setStart
Range.setStart() メソッドはRangeの開始位置を指定します。
813 range.collapsed DOM, Gecko
range の始点と終点が同じ位置にあるか、boolean値を返します。
814 range.intersectsNode DOM, Gecko
指定ノードが range と交差するか否かを示すブール値を返します。
815 Request API, Experimental, Fetch, Interface, Reference, request
Fetch APIRequest インターフェイスは、リソースのリクエストを表します。
816 Request() API, Experimental, Fetch, request, コンストラクター, リファレンス
Request() コンストラクターは、新しい Request オブジェクトを生成します。
817 Request.cache API, Cache, Experimental, Fetch, Property, Reference, requesut
Request インターフェースの cache 読み取り専用プロパティは、リクエストのキャッシュモード(たとえば、defaultno-storereloadno-cache、force-cacheonly-if-cached)を含みます。
818 Request.clone() API, Experimenal, Fetch, Method, Reference, clone, request
Request インターフェースの clone() メソッドは、現在の Request オブジェクトのコピーを生成します。
819 Request.credentials API, Experimental, Fetch, Property, Reference, credentials, request
Request インターフェースの credentials 読み取り専用プロパティは、クロスオリジンリクエストの場合、ユーザーエージェントが ほかのドメインからクッキーを送信すべきかどうかを示します。これは XHR の withCredentials フラグと似ていますが、(2 つではなく)3 つの値があります:
820 Request.headers API, Experimental, Fetch, Headers, Property, Reference, request
Request のインターフェースの headers 読み取り専用プロパティは、リクエストに関連する Headers オブジェクトを含みます。
821 Request.method API, Experimental, Fetch, Property, Reference, request
Request インターフェースの method 読み取り専用プロパティには、リクエストメソッド(GET、POST など)を含みます。
822 Request.mode API, Experimental, Fetch, Property, Reference, mode, request
Request インターフェースの mode 読み取り専用プロパティは、リクエストのモード(たとえば、cors、no-cors、cors-with-forced-preflight、same-origin)を含みます。これは、クロスオリジンリクエストに対して有効なレスポンスができるか、またレスポンスのプロパティが読み取り可能かどうかを判定するために使用されます:
823 Request.referrer API, Experimental, Fetch, Property, Reference, referrer, request
Request インターフェースの referrer 読み取り専用プロパティには、ユーザーエージェントによってリクエストのリファラが設定されます(たとえば、about:clientno-referrer、URL)。
824 Request.url API, Experimental, Fetch, Property, Reference, URL, request
Request インターフェースの url 読み取り専用プロパティは、 リクエストの URL を含みます。
825 Response API, Experimental, Fetch, Fetch API, Interface, Reference, Response
Fetch APIResponse インターフェイスは、リクエストのレスポンスを表します。
826 Response()
Response() コンストラクターは、新しい Response オブジェクトを生成します。
827 SVGElement API, Interface, Reference, SVG, SVG DOM, SVGElement
SVG 言語における要素に直接対応する SVG DOM インタフェースのすべては、SVGElement インタフェースから派生しています。
828 SVGEvent API, Reference, SVG
このセクションには、Scalable Vector Graphics (SVG) イベントリファレンスのドキュメントが含まれています。
829 SVGFontElement SVG, SVG DOM
SVGFontElement インタフェースは、SVG の <font> 要素に対応するインタフェースです。
830 SVGRect API, Reference, SVG, SVG DOM
SVGRect は矩形を表します。矩形は、最小の x の値と最小の y の値を特定する x と y の座標の対と、幅と、高さから構成されており、これらは、非負であるものと考えられます。
831 SVGStringList API, Reference, SVG, SVG DOM
SVGStringListDOMString オブジェクトのリストを定義します。
832 SVGTest API, NeedsExample, Reference, SVG, SVG DOM
SVGTests インターフェイスは条件的な属性処理の反映に使われて、その属性をサポートする要素のための他のインターフェイスと混ざります。
833 SVGTextElement
SVGTextElement インタフェースは <text> 要素に対応するインタフェースです。
834 Screen API
Screen インターフェイスは、スクリーンを表します。通常は、現在のウィンドウが描写されているスクリーンになります。
835 Screen.lockOrientation()
lockOrientation メソッドは、指定した向きにスクリーンをロックします。
836 Screen.mozBrightness
スクリーンのバックライドの明るさを、0 (とっても暗い) から 1 (明るさ最大) の尺度で指定します。小数点以下2桁の float で表します。
837 Screen.mozEnabled
デバイスのスクリーンを制御するブール値の属性です。false に設定すると、スクリーンをオフにします。
838 Screen.onorientationchange
screen オブジェクトに送られた orientationchange イベントのイベントハンドラーです。
839 Screen.orientation
Screen.orientation プロパティは、現在のスクリーンの向きを与えます。
840 Screen.unlockOrientation()
Screen.unlockOrientation メソッドは、ページやアプリによって設定されているすべてのスクリーンのロックを削除します。
841 window.screen.availHeight DOM, DOM_0, Gecko, screen
画面上でウィンドウが利用可能な垂直空間の大きさを返します。
842 window.screen.availLeft DOM, DOM_0, Gecko, screen, 翻訳中, 要更新
画面の左端から利用できる最初の有効ピクセルを返します。
843 window.screen.availTop DOM, DOM_0, Gecko, screen
固定あるいは半固定されているユーザインタフェース部分は含まない、最初のピクセルの y 座標を示します。
844 window.screen.availWidth DOM, DOM_0, Gecko, screen
ウィンドウで利用可能な水平空間の大きさをピクセル単位で返します。
845 window.screen.colorDepth DOM, DOM_0, Gecko, screen
画面の色深度を返します。
846 window.screen.height DOM, DOM_0, Gecko, screen, 要更新
847 window.screen.left DOM, DOM_0, Gecko, screen
メイン画面の左端から現在の画面の左端までの距離をピクセル単位で返します。
848 window.screen.pixelDepth DOM, DOM_0, Gecko, screen
画面のビット深度を返します。
849 window.screen.top DOM, DOM_0, Gecko, Window, screen
現在の画面の上端からの距離をピクセル単位で返します。
850 window.screen.width DOM, DOM_0, Gecko, screen, 要更新
851 ScriptProcessorNode
The ScriptProcessorNode stores the input in a buffer, send the audioprocess event. The EventHandler takes the input buffer and fill the output buffer which is sent to the output by the ScriptProcessorNode.
852 Server-sent events API, SSE, Server-sent events, 概要
伝統的には、ウェブページが新たなデータを受け取るために、サーバーにリクエストを送信しなければなりません。すなわち、ページがサーバーからデータを要求します。サーバー送信イベントによって、サーバーがウェブページにメッセージをプッシュ送信することにより、サーバーからウェブページへ新たなデータをいつでも送信することができます。入ってくるメッセージは、ウェブページ内のイベントおよびデータとして扱うことができます。
853 Server-Sent Events の利用 Advanced, DOM, Guide, Server-sent events
Server-Sent Event API は EventSource インターフェイスに含まれています。イベントを受け取るためにサーバへの接続を開始するには、イベントを生成するスクリプトの URI を指定する、新たな EventSource オブジェクトを作成します。例えば:
854 ServiceWorker API, Draft, Interface, Offline, Service Workers, ServiceWorker, Workers
ServiceWorker API のインターフェイスである ServiceWorker は service worker に関するレファレンスを提供しています。様々なブラウザー環境(例えばページ、worker など)が同一の service worker に関連付けることができて、一意な ServiceWorker オブジェクト​からアクセスできます。
855 ServiceWorker.state API, Property, Reference, Référence(2), Service Workers, ServiceWorker, state
ServiceWorker インターフェイスの読み込みプロパティである state は service workerの現在の状態を表す文字列を返します。それは次のいずれかです: installing, installed, activating, activated, redundant
856 ServiceWorkerContainer
ServiceWorker APIServiceWorkerContainerインターフェースは、 ネットワークエコシステム内の全体を包むユニットとして、サービスワーカーを表すオブジェクトを提供します。このユニットは、サービスワーカーの登録、登録の解除、更新のための機能や、サービスワーカーの状態とそれらの登録状況にアクセスするための機能を持っています。
857 ServiceWorkerContainer.controller API, Controller, Property, Reference, Service Workers, Service worker API, ServiceWorker, ServiceWorkerController
読み込み専用プロパティであるServiceWorkerContainer インターフェイスの controller は、ServiceWorker オブジェクトの状態が activated なら( ServiceWorkerRegistration.active で返されるのと同じオブジェクト) それを返します。このプロパティはリクエストが強制リフレッシュ(Shift + リフレッシュ)やアクティブな worker がない場合は null を返します。
858 ServiceWorkerGlobalScope API, Draft, Interface, NeedsTranslation, Offline, Reference, Service Workers, ServiceWorkerGlobalScope, TopicStub, Workers
ServiceWorker APIServiceWorkerGlobalScope インターフェイスは service worker のグローバル実行コンテキストを表します。
859 ServiceWorkerGlobalScope.clients API, Clients, Property, Reference, Service Worker, ServiceWorker, ServiceWorkerGlobalScope
ServiceWorkerGlobalScope インターフェースの clients 読み取り専用プロパティは、service worker に関連する Clients オブジェクトを返します。
860 ServiceWorkerGlobalScope.onactivate API, Property, Reference, Service, ServiceWorker, ServiceWorkerGlovalScope, Worker, onactivate
ServiceWorkerGlobalScope インターフェースの onactivate プロパティは、(Service Worker がアクティブになったときの)activate イベントが発生したとき常に発火されるイベントハンドラーです。これは、Service Worker に制御されたページがリフレッシュされるインストール後に発生します。
861 ServiceWorkerGlobalScope.oninstall API, Property, Reference, Service Worker, ServiceWorker, ServiceWorkerGlobalScope, oninstall
862 ServiceWorkerGlobalScope.onmessage API, Property, Reference, Service, ServiceWorker, ServiceWorkerGlobalScope, Worker, onmessage
ServiceWorkerGlobalScope インターフェースの ServiceWorkerGlobalScope.onmessage イベントは、受信メッセージを受信するたびに呼び出されます。
863 ServiceWorkerGlobalScope.onnotificationclick API, Experimental, Interface, Property, Reference, ServiceWorkerGlobalScope, onnotificationclick
864 ServiceWorkerGlobalScope.onpush API, Property, Push, Reference, Service Worker, ServiceWorker, ServiceWorkerGlobalScope, onpush
ServiceWorkerGlobalScope インターフェースの ServiceWorkerGlobalScope.onpush イベントは、Service Worker がプッシュサーバー経由でメッセージを受け取るたびに発火します。
865 ServiceWorkerGlobalScope.onpushsubscriptionchange API, NeedsExample, Property, Push, Reference, Service Worker, ServiceWorkerGlobalScope, onpushsubscriptionchange
ServiceWorkerGlobalScope インターフェースの ServiceWorkerGlobalScope.onpushsubscriptionchange イベントは、アプリケーションのコントロールの外側で発生したプッシュサブスクリプションの変更を示すために発火されます。例えば、ブラウザーがプッシュサブスクリプションをリフレッシュしたときなどです。
866 ServiceWorkerGlobalScope.registration API, Property, Reference, Service Worker, ServiceWorker, ServiceWorkerGlobalScope, registration
ServiceWorkerGlobalScope インターフェースの registration 読み取り専用プロパティは、Service Worker の登録を表す ServiceWorkerRegistration オブジェクトの参照を返します。
867 ServiceWorkerGlobalScope.skipWaiting() API, Method, Reference, ServiceWorker, skipWaiting
ServiceWorkerGlobalScope スコープの ServiceWorkerGlobalScope.skipWaiting() メソッドは、待機している Service Worker がアクティブになるように強制します。
868 onnotificationclose API, Experimental, Interface, Property, Reference, ServiceWorkerGlobalScope, onnotificationclose
869 ServiceWorkerRegistration API, Draft, Interface, NeedsTranslation, Offline, Reference, Service Workers, ServiceWorkerRegistration, TopicStub, Workers
The ServiceWorkerRegistion interface of the ServiceWorker API represents the service worker registration. You register a service worker to control one or more pages that share the same origin.
870 ServiceWorkerRegistration.getNotifications() API, Experimental, Method, Notification, Reference, Service Worker, getNotifications
ServiceWorkerRegistration インターフェースの getNotifications() メソッドは、現在の service worker から発火した通知リストを返します。
871 ServiceWorkerRegistration.pushManager API, Property, Push, PushManager, Reference, Service Workers, ServiceWorkerRegistration
ServiceWorkerRegistration インターフェースの pushManager プロパティは、プッシュサブスクリプションを管理するための PushManager インターフェースへの参照を返します; これは、サブスクライブと有効なサブスクリプションの取得、プッシュ許可状況へのアクセスのサポートを含みます。
872 ServiceWorkerRegistration.update() API, Method, Reference, Service Worker, ServiceWorkerRegistration, Update
ServiceWorkerRegistration インターフェースの update メソッドは、service work のアップデートを試行します。 worker の script URL を取得できた場合や新しい worker が現在の worker と byte-by-byte で識別できない場合、新しい worker をインストールします。以前の取得が 24 時間以上前だった場合、worker の取得はいずれかのブラウザーキャッシュをバイパスします。
873 Settings API API, Firefox OS, Non-standard, Reference, Settings API
Settings API はデバイス設定へのアクセス、監視、変更を行うための手段です。デバイス設定にはシステムを危険に晒す可能性のある、慎重に取り扱うべき情報が含まれるため、認定アプリのみこのAPIを利用することができます。
874 ShadowRoot API, Interface, Reference, ShadowRoot, Web Components, shadow dom
ShadowRoot インターフェースは Shadow DOM API の1つで、ドキュメントの DOM ツリーから分離してレンダリングされた部分木の根ノードを指します。
875 SharedWorker
SharedWorker インターフェースは複数のブラウザコンテキストからアクセス可能な Worker を提供します。複数のブラウザコンテキストとは、複数のウィンドウや iframe、Worker などを指します。Dedicated Worker とは異なるインタフェースと、異なるグローバルスコープを持ちます。スコープに関しては SharedWorkerGlobalScope を参照してください。
876 SharedWorker.port API, Property, Reference, SharedWorker, Web Workers, port
SharedWorker インターフェースの port プロパティは、shared worker を制御したり通信したりするために使用する MessagePort オブジェクトを返します。
877 SharedWorkerGlobalScope
SharedWorkerGlobalScope オブジェクト ( SharedWorker グローバルスコープ)は、self キーワードでアクセスできます。 追加のグローバル関数、名前空間オブジェクト、およびコンストラクタ (worker グローバルスコープには通常は関連付けられていませんが、そこで使用可能) は、JavaScript リファレンスにリストされています。worker が利用できる機能の完全なリストを参照してください。
878 Simple Push API, Firefox OS, Simple Push API
Simple Push API、別名プッシュ通知 API はウェイクアップして通知を受け取る能力をアプリにもたらします。Simple Push は同期メカニズムとしても、あるいはサードパーティのサーバーから最新データを取得する方法としても利用できます。
879 SpeechGrammar
Web Speech APISpeechGrammarインターフェースは 、音声認識サービスに認識させたい単語または単語パターンの設定を表します。
880 SpeechRecognition API, Experimental, Interface, NeedsTranslation, Reference, SpeechRecognition, TopicStub, Web Speech API, recognition, speech
The SpeechRecognition interface of the Web Speech API is the controller interface for the recognition service; this also handles the SpeechRecognitionEvent sent from the recognition service.
881 SpeechRecognition() API, Constructor, Experimental, Reference, SpeechRecognition, Web Speech API, recognition, speech
SpeechRecognition()SpeechRecognition オブジェクトインスタンスを作成します。
882 SpeechRecognitionAlternative
SpeechRecognitionAlternativeは、Web Speech APIのインターフェースです。speech recognition serviceにより認識された単一の言葉を表します
883 SpeechSynthesisUtterance
Web Speech APIのSpeechSynthesisUtteranceインターフェイスは、音声要求を表現します。これには、音声サービスが読むべき内容とその読み方に関する情報(例えば、言語、ピッチ、音量など)が含まれています。
884 SpeechSynthesisUtterance.lang
No summary!
885 StereoPannerNode
pan 属性には -1 (完全に左へパンニング)から 1(完全に右へパンニング)までの実数値を単位をつけずに指定します。このインタフェースにより、PannerNode よりシンプルにパンを指定できます。
886 Storage API, Interface, Reference, Storage, Web Storage, data
Web Storage API の Storage インターフェイスは、特定のドメインのセッションストレージまたはローカルストレージへのアクセス機能を提供して、例えば保存されているデータアイテムを追加、変更、削除することができます。
887 Storage.clear() API, Method, Reference, Référence(2), Storage, Web Storage
Storage インターフェイスの clear() メソッドを呼び出すと、ストレージ内のすべてのキーを消去します。
888 Storage.getItem() API, Method, Reference, Référence(2), Storage, Web Storage
Storage インターフェイスの getItem() メソッドはキーの名称を渡すと、そのキーに対する値を返します。
889 Storage.key() API, Method, Reference, Référence(2), Storage, Web Storage
Storage インターフェイスの key() メソッドは数値 n を渡すと、ストレージ内で n 番目のキーの名称を返します。キーの順序はユーザエージェント依存であり、この順序に頼るべきではありません。
890 Storage.length API, Property, Read-only, Reference, Référence(2), Storage, Web Storage
Storage インターフェイスの読み取り専用プロパティ length は、Storage オブジェクトに保存されているデータアイテムの数を表す整数を返します。
891 Storage.removeItem() API, Method, Reference, Référence(2), Storage, Web Storage
Storage インターフェイスの removeItem() メソッドはキーの名称を渡すと、ストレージからキーを削除します。
892 Storage.setItem() API, Method, Reference, Référence(2), Storage, Web Storage
Storage インターフェイスの setItem() メソッドはキーの名称と値を渡すと、ストレージにキーを追加する、またはキーがすでに存在する場合はキーに対する値を更新します。
893 StorageEvent API, Reference, Référence(2), Web Storage API
StorageEvent は、ストレージエリアが変化したときに window へ送信されます。
894 StyleSheet CSSOM, DOM, NeedsTranslation, TopicStub, 要更新
StyleSheetインターフェースを実装するオブジェクトは、単一のスタイルシートを表します。CCSスタイルシートは、より特殊化されたCSSStyleSheetインターフェースを実装します。
895 StyleSheet.disabled DOM, Gecko, StyleSheet
このプロパティは、そのスタイルシートが無効になっているかどうかを示す真偽値を返します。
896 StyleSheet.href DOM, Gecko, StyleSheet
スタイルシートの URI を返します。
897 StyleSheet.media API, CSSOM, Media, StyleSheet, プロパティ
StyleSheet.media は、スタイル情報の対象として想定するメディアを指定します。これは読み取り専用で配列風の MediaList オブジェクトであり、 deleteMedium() で削除したり appendMedium() で追加したりすることができます。
898 StyleSheet.ownerNode API, CSSOM, Property, Reference
ownerNode は、このスタイルシートを document と関連付けているノードを返します。
899 StyleSheet.parentStyleSheet DOM, Gecko
対象のスタイルシートを含む親スタイルシートが存在する場合は、それを返します。
900 StyleSheet.title DOM, Gecko
title は、現在のスタイルシートのタイトルを返します。
901 StyleSheet.type DOM, Gecko
そのスタイルシートの type 属性の値を取得 / 設定します。
902 SubtleCrypto API, Interface, Reference, Web Crypto API
SubtleCrypto インターフェイスは、暗号プリミティブのセットを表します。これは、window コンテキスト (Window.crypto) 内で利用可能な Crypto.subtle プロパティを通して利用できます。
903 Text API, DOM
Text インターフェイスは、Element または Attr のテキストコンテンツを表します。要素の内部にマークアップが含まれていない場合、その要素は要素内のテキストを包含する Text を実装する子を 1 つ持ちます。一方要素がマークアップを含む場合は情報アイテムと、要素の子を構成する Text ノードに解析されます。
904 TextDecoder API, DOM, Encoding, Experimental, Interface, Reference
TextDecoder インターフェイスは utf-8iso-8859-2koi8cp1261gbk など特定の文字エンコーディング方式向けのデコーダーを表します。デコーダーはバイトストリームを入力として受け取り、連続したコードポイントを出力します。よりスケーラブルな非ネイティブのライブラリーについて、StringView – typed array による、C ライクな文字列の表現をご覧ください。
905 TextEncoder API, Encoding, Experimental, TextEncoder
TextEncoder は連続したコードポイントを入力として受け取り、バイトストリームを出力します。よりスケーラブルな非ネイティブのライブラリーについて、StringView – typed array による、C ライクな文字列の表現をご覧ください。
906 The WebSocket API (WebSockets) API, References, WebSocket API, WebSockets, Webocket
WebSocket API は、ユーザーのブラウザとサーバーの間で双方向の通信セッションを開くことを可能にする高度なテクノロジーです。この API を使用すると、サーバーにメッセージを送信し、レスポンスをサーバーにポーリングすることなく、イベント駆動のレスポンスを受信することができます。
907 C# で WebSocket サーバーを記述する HTML5, NeedsMarkupWork, WebSockets, チュートリアル
WebSocket API を使用したい場合は、サーバーを持っている場合に便利です。この記事では、C# で記述する方法を説明します。どんなサーバーサイドの言語でも行うことができますが、わかりやすく理解しやすいように、Microsoft の言語を選択しました。
908 Java で WebSocket サーバを記述する HTML5, NeedsMarkupWork, WebSockets, チュートリアル, ハンドシェイキング
この例では、Oracle Java を使用して WebSocket API サーバーを作成する方法を示します。

他のサーバーサイドの言語を使用して WebSocket サーバーを作成することもできますが、この例では Oracle Java を使用してサンプルコードを簡略化しています。
909 WebSocket クライアントアプリケーションの記述 WebSocket, WebSockets, ガイド, 例
No summary!
910 WebSockets リファレンス WebSocket, WebSockets
以下のページは、WebSocket API のインタフェースに関する文書です。
911 Touch API, Interface, Reference, TouchEvent
Touch インターフェイスは、タッチ感応面へのひとつの接触点を表します。接触点は一般的に指やスタイラスと、タッチスクリーンやトラックパッドのようなデバイスが触れた位置です。
912 TouchEvent API, DOM, Interface, Reference, Référence(2), touch
TouchEvent インターフェイスは、タッチ感応面への接触状態が変化したときに発生するイベントを表します。この面は、例えばタッチスクリーンやトラックパッドです。このイベントはスクリーンとの 1 か所または複数個所の接触を表すことが可能であり、また接触個所の移動、増加、減少などをサポートすることもできます。
913 TouchList DOM, Mobile, touch
TouchList はタッチ面の全ての接触ポイントのリストを表します。
(例えば、ユーザが画面(またはトラックパッド)を 3 本指で操作している場合、それぞれの指の接触点に対応する Touch オブジェクトの合計で TouchList は 3 エントリとなります。)
914 TouchList.length DOM, Mobile, touch
この読取専用プロパティは TouchList 内の項目数を表します。
915 Transferable API, Interface, Web Workers
Transferable インターフェイスは、メインスレッドと Web workerのような、異なる実行コンテキスト間で転送できるオブジェクトを表します。
916 UIEvent API, DOM, Event, Interface, Reference, UIEvent
UIEvent インターフェイスは、シンプルなユーザーインターフェイスのイベントを表します。
917 URL API, Reference, URL API
URL インターフェイスは、URL オブジェクトを生成するための静的なメソッドを提供するオブジェクトを表します。
918 URL() API, Constructor, Experimental, URL, URL API
URL() コンストラクターは、引数によって定義された URL を表す新しく生成された URL オブジェクトを返します。
919 URL.createObjectURL API, Blob, DOM, Reference, URL, URL API, createObjectURL
URL.createObjectURL() 静的メソッドは、引数で指定されたオブジェクトを表す URL を含む DOMString を生成します。 URL の寿命は、それを作成したウィンドウ内の document と結び付けられています。新しいオブジェクトの URL新しいオブジェクトの URL は、指定された File オブジェクトか Blob オブジェクトを表します。
920 URL.origin API, Property, Read-only, Reference, URL, URL API
URL.origin 読み取り専用プロパティは、URL に表されたオリジンのユニコードシリアライゼーションを含む USVString を返します。それは次のようになります:
921 URL.searchParams API, Property, Read-only, Reference, URL, URLSearchParameter
URL インターフェースの searchParams プロパティは、URL に含まれる GET クエリ引数にアクセスできる URLSearchParams オブジェクトを返します。
922 window.URL.revokeObjectURL DOM, URL, URL API, Window
URL.revokeObjectURL() 静的メソッドは、URL.createObjectURL() を使用して以前に生成したオブジェクト URL を開放します。オブジェクト URL を使い終わったときに、ブラウザーに参照を維持する必要がないことを通知するためにこのメソッドを呼び出します。
923 URLSearchParams API, Experimental, Interface, Reference, URL API
URLSearchParams インターフェイスは URL のクエリー文字列の操作に役立つメソッドを定義します。
924 UserProximityEvent API, Experimental, Interface, Proximity Events
UserProximityEvent は、端末の近接センサーによって、端末の近くに物体が存在するかどうかを示します。
925 UserProximityEvent.near Firefox OS, Proximity
near プロパティは、デバイスの近くにものがあるかどうか(※近接センサーによる)を示す真偽値を返します。ある場合は true が、無い場合は false が返ります。
926 VRDisplay
WebVR API の VRDisplay インターフェイスは,このAPIがサポートしているVRデバイスを現します.VRDisplayにはデバイスIDやデスクリプションのような汎用的な情報が含まれていて,VRシーンの表示を開始するためのメソッドや,目のパラメータやディスプレイの備える機能の取得,その他の重要な機能を含んでいます.
927 VRDevice.resetPose()
VRDisplay インターフェイスの resetPose() メソッドは,VRDisplay のポーズをリセットして,現在の VRPose.positionVRPose.orientation を "原点/ゼロ位置" の値として扱います.
928 VRDisplay.cancelAnimationFrame()
VRDisplay インターフェイスの cancelAnimationFrame() メソッドは, Window.cancelAnimationFrame の特別な実装で, VRDisplay.requestAnimationFrame() で登録したコールバックを登録解除します.
929 VRDisplay.capabilities
VRDisplay インターフェイスの capabilities 読取専用プロパティは,VRDisplay の様々な利用可能な機能を示す VRDisplayCapabilities オブジェクトを返します.
930 VRDisplay.depthFar
VRDisplay インターフェイスの depthFar プロパティは,eye view frustum(ビューフラスタム;つまりシーンの可視領域の境界) のfar平面を定義しているz-depthの取得と設定を行います.
931 VRDisplay.depthNear
VRDisplay インターフェイスの depthNear プロパティは, eye view frustum(ビューフラスタム;つまりシーンの可視領域の境界) のnear平面を定義しているz-depthの取得と設定を行います.
932 VRDisplay.getEyeParameters()
VRDisplay インターフェイスの getEyeParameters() メソッドは,指定下側の眼のeyeパラメータを持っている VREyeParameters オブジェクトを返します.
933 VRDisplay.getImmediatePose()
VRDisplay インターフェイスの getImmediatePose() メソッドは,予測が適用されていない状態の VRDisplay の現在のポーズを決める  VRPose オブジェクトを返します.
934 VRDisplay.getLayers()
VRDisplay インターフェイスの getLayers() メソッドは,VRDisplay で現在表示されているレイヤを返します.
935 VRDisplay.getPose()
VRDisplay インターフェイスの getPose() メソッドは,現在のフレームが実際に描画される時点の未来の VRDisplay の予測ポーズを決める VRPose オブジェクトを返します.
936 VRDisplay.isPresenting
VRDisplay インターフェイスの isPresenting 読取専用プロパティは, VRDisplay が現在コンテンツを表示中かどうかを示します.
937 VRDisplay.requestAnimationFrame()
VRDisplay インターフェイスの requestAnimationFrame() メソッドは,Window.requestAnimationFrame の特別な実装です.このメソッドは VRDisplay がレンダリングされている間,新しいフレーム毎に呼出されるコールバック関数を持ちます:
938 VRDisplay.requestPresent()
VRDisplay インターフェイスの requestPresent() メソッドは,VRDisplay へのシーン表示を開始します.
939 VRDisplay.stageParameters
VRDisplay インターフェイスの stageParameters 読取専用プロパティは, VRDisplay がルームスケール体験をサポートしている場合に,ルームスケールパラメータを持つ VRStageParameters オブジェクトを返します.
940 VRDisplay.submitFrame()
VRDisplay インターフェイスの submitFrame() メソッドは,VRDisplay 内に現在表示中の VRLayer の現在の状態をキャプチャします.
941 VRdisplay.isConnected
VRDisplay インターフェイスの isConnected 読取専用プロパティは, VRDisplay がコンピュータに接続されているかどうかを示す Boolean を返します.
942 VRDisplayCapabilities
WebVR API の VRDisplayCapabilities インターフェイスは VRDisplay の利用可能な機能を示しています — この機能は,例えば位置情報を返すことが可能か,といったVRデバイスの動作可能テストに使うことができます.
943 VRDisplayCapabilities.canPresent
VRDisplayCapabilities インターフェイスの canPresent 読取専用プロパティは,VRディスプレイが(HMDを通じて)コンテンツを表示(present)可能かどうかの状態を Boolean で返します.
944 VRDisplayCapabilities.hasExternalDisplay
VRDisplayCapabilities インターフェイスの hasExternalDisplay 読取専用プロパティは,デバイスのプライマリディスプレイから分離したVRディスプレイかどうかを示す Boolean を返します.
945 VRDisplayCapabilities.hasOrientation
VRDisplayCapabilities インターフェイスの hasOrientation 読取専用プロパティは, そのVRディスプレイがトラッキング機能を持っていて向き情報を取得できるかどうかを示す Boolean を返します.
946 VRDisplayCapabilities.hasPosition
VRDisplayCapabilities インターフェイスの hasPosition 読取専用プロパティは,そのVRディスプレイがトラッキング機能を備えていて位置情報を返すことができるかどうかを示す Boolean を返します.
947 VRDisplayCapabilities.maxLayers
VRDisplayCapabilities インターフェイスの maxLayers 読取専用プロパティは,そのVRディスプレイが同時に表示できる VRLayer の最大値を示す数値を返します(例えば Display.requestPresent() が受け取ることのできる配列の最大長です).
948 VREyeParameters
WebVR APIVREyeParameters インターフェイスは,指定した眼のためにシーンを正しくレンダリングするためのすべての情報(視界(field of view)の情報を含む)を表現します.
949 VREyeParameters.fieldOfView
VREyeParameters インターフェイスの fieldOfView 読取専用プロパティは,現在の眼の視野角(field of view)を表します.この値は瞳孔間距離(IPD)をユーザが調整するとそれに応じて変化します.
950 VREyeParameters.offset
VREyeParameters インターフェイスの offset 読取専用プロパティは,ユーザの両眼の中心からのオフセット量を表します.単位はメートルです.
951 VREyeParameters.renderHeight
VREyeParameters  インターフェイスの renderHeight 読取専用プロパティは,各眼のビューポートの推奨レンダーターゲット高さをピクセル値で表します.
952 VREyeParameters.renderWidth
VREyeParameters インターフェイスの renderWidth 読取専用プロパティは,各眼のビューポートの推奨レンダーターゲット幅をピクセル値で表します.
953 VRFieldOfView
WebVR API の VRFieldOfView インターフェイスは,中心点からの視野を示す4つの角度で定義される視界を表現します.
954 VRFrameData
WebVR APIVRFrameDataインタフェースは、VRシーンの1つのフレームを描画するのに必要となる全ての情報を表現します。
955 VRFrameData.VRFrameData()
VRFrameData コンストラクタは、 VRFrameData オブジェクトのインスタンスを作成します。
956 VRFrameData.leftProjectionMatrix
leftProjectionMatrixは、VRFrameDataインタフェースの読み取り専用プロパティであり、4行4列の行列を表すFloat32Arrayを返します。この行列は、左目の描画に利用される射影を表します。
957 VRFrameData.leftViewMatrix
leftViewMatrixは、VRFrameDataインタフェースの読み取り専用プロパティであり、4行4列の行列を表すFloat32Array 返します。この行列は、左目の描画に利用されるビュー変換を表します。
958 VRLayer
WebVR API の VRLayer インターフェイス (ディクショナリ)は,VRHMDへ表示したいコンテンツレイヤー( HTMLCanvasElement または OffscreenCanvas)を表します.
959 VRPose
WebVR API の VRPose インターフェイスは,特定のタイムスタンプにおけるVRセンサーの状態(向き,位置,速度,加速度の情報を含みます)を示します.
960 VRStageParameters
WebVR API の VRStageParameters インターフェイスは,ルームスケール体験に対応しているデバイス用にステージエリアを記述する値を表現しています.
961 VRStageParameters.sittingToStandingTransform
VRStageParameters インターフェイスの sittingToStandingTransform 読取専用プロパティは,VRDisplay.getPose()/VRDisplay.getImmediatePose() iで取得した「立った状態の位置」から「座った状態の位置」へと変換する行列を持っています.
962 VRStageParameters.sizeX
VRStageParameters インターフェイスの sizeX 読取専用プロパティは,プレイエリア境界の幅をメートル単位で返します.
963 VRStageParameters.sizeY
VRStageParameters インターフェイスの sizeY 読取専用プロパティはプレイエリア境界の奥行きをメートル単位で返します.
964 ValidityState API, Constraint Validation API, Forms, HTML DOM, Interface
ValidityState インターフェイスは、制約の検証に関して、要素が持つことになる妥当性の状態を表します。要素の値が不正な場合に、なぜ検証に失敗するのかを知る手がかりにもなります。
965 ValidityState.badInput API, Constraints API, HTML DOM, Property, Read-only, ValidityState
読み取り専用のプロパティ ValidityState.badInput は、ブラウザが変換できない入力をユーザーが行ったかどうかを示します。例えば、数値の入力欄に文字列がある場合です。
注: Internet Explorer はこれをサポートしていませんが、たとえば数値入力欄では、数値ではない値は無視されるので問題ありません。
966 ValidityState.tooLong API, Constraint Validation API, DOM, Property, Reference
読み取り専用のプロパティ ValidityState.tooLong は、 <input><textarea> の値が、ユーザーの編集によって、その要素の maxlength 属性で設定された最大コード単位長を超えているかどうかを示します。
967 Web Audio API
Web Audio APIはWeb上で音声を扱うための強力で多機能なシステムを提供します。これにより開発者はオーディオソースを選択したり、エフェクトを加えたり、ビジュアライゼーションを加えたり、パンニングなどの特殊効果を適用したり、他にもたくさんのいろいろなことができるようになります。
968 Basic concepts behind Web Audio API
Web Audio APIは、オーディオコンテキスト内部でのオーディオオペレーションに対するハンドリングを含み、モジュラールーティングを可能とするためにデザインされてきました。基本となる音声操作を成す要素は、オーディオルーチングラフを形作るために、互いに接続されるオーディオノードによります。様々なタイプのチャンネルレイアウトと共に、いくつかの音声源もまた、単一のコンテキスト内部にて支持されています。 このモジュラーデザインは、複雑なオーディオ機能を、ダイナミックな音響効果と共に創造するために必要な柔軟性を与えています。
969 Visualizations with Web Audio API API, Web Audio API, analyser, fft, visualization, waveform
オーディオソースからデータを抽出するには AudioContext.createAnalyser() メソッドを使用して作成された AnalyserNode が必要です。 例:
970 Web Audio APIの利用
Web Audio API
971 Web Authentication API API, Landing, Reference, Web Authentication API
Web Authentication API は公開鍵暗号を用いて強力な認証を可能にする Credential Management API の拡張機能で、パスワードを用いない認証や、 SMS テキストを用いない二要素認証を実現します。
972 Web Speech API API, Experimental, Landing, Reference, Web Speech API, recognition, speech, synthesis
WebSpeechAPI は音声データを処理することが出来るウェブアプリケーションを作成可能にします。この API には 2 つの構成要素があります。
973 Web Storage API API, Reference, Storage, Web Storage, localStorage, sessionStorage
Web Storage API は、Cookie を使用するよりも直感的な方法で、ブラウザがキーと値のペアを保存できる仕組みを提供します。
974 Web Storage API を使用する API, Guide, Storage, Web Storage API, localStorage, sessionStorage
Storage オブジェクトはシンプルなキーと値の組み合わせを保存しており、オブジェクトに似ていますが、これらはページを読み込んでいる間じゅう、そのまま存在し続けます。キーは常に文字列です(整数のキーは、オブジェクトがそうであるように、自動的に文字列に変換されます)。オブジェクトのようにして、あるいは Storage.getItem()Storage.setItem() メソッドを使用して、これらの値にアクセスできます。以下の 3 行はすべて、同じ方法で colorSetting という項目をセットします:
975 Web Workers API API, DOM, Web Workers, Workers
Web Worker とは、ウェブアプリケーションにおけるスクリプトの処理をメインとは別のスレッドに移し、バックグラウンドでの実行を可能にする仕組みのことです。時間のかかる処理を別のスレッドに移すことが出来るため、 UI を担当するメインスレッドの処理を中断・遅延させずに実行できるという利点があります。
976 Web Worker を使用する Advanced, Firefox, Guide, HTML5, JavaScript, Workers
Worker はコンストラクタ (例えば Worker()) を使用して生成されたオブジェクトであり、名前付きの JavaScript ファイル (このファイルは Worker スレッドで実行するコードを持ちます) を実行します。また Worker は、カレントの window とは異なるグローバルコンテキストで実行されます。従って、Worker 内でカレントのグローバルスコープを取得するために (self の代わりに) window ショートカットを使用しても、エラーが返ります。
977 Web Workers が使用できる関数とクラス Reference, Web, Web Worker, Worker
標準的な JavaScript の関数(StringArrayObjectJSON など)に加えて、DOMから worker に利用できる様々な関数があります。この記事ではそれらの機能のリストを提供します。
978 Web アクティビティ API, Firefox OS, Guide, Web Activities, Web アクティビティ, 非標準
Web アクテビティはアプリケーションが他の(普通はユーザーが選択した)アプリケーションへ動作を委譲する方法を定義します。
979 WebFM API Firefox OS, WebFM
WebFM API は、端末の FM ラジオへのアクセスを提供します。これは、ラジオの ON/OFF とラジオ局の切り替え、周波数のチューニングができます。この API は、FMRadio オブジェクトの navigator.mozFMRadio プロパティを通じて利用できます。
980 WebGL 3D, 3D Graphics, Advanced, Graphics, Media, Overview, WebGL, WebGL API
WebGL は Firefox 4 以降、Google Chrome 9 以降、Opera 12 以降、Safari 5.1 以降、Internet Explorer 11 以降、Microsoft Edge build 10240 以降でサポートしていますが、ユーザーの端末がこの機能をサポートするハードウェアであることも必要です。
981 Cross-Domain Textures
WebGL のテクスチャの読み込みは、クロスドメインアクセス制御に従います。コンテンツで他のドメインからテクスチャを読み込むためには、CORS で許可を得る必要があります。CORS について詳しくは、HTTP access control をご覧ください。
982 WebGL best practices WebGL
この文書は WebGL を使ったコンテンツの向上のための Tips について書きます。これらの提案に従うことで、多くの機器への互換性を高めたり、パフォーマンスを上げることにもなります。
983 WebGL チュートリアル Overview, Tutorial, WebGL, WebGL API
このチュートリアルでは WebGL グラフィックスを描画するために <canvas> を使用する方法について、基礎から説明します。ここで提供するサンプルは WebGL で何ができるかの明確な見解をもたらし、また独自のコンテンツを構築し始められるようにするコード部品も提供します。
984 WebGL でのオブジェクトのアニメーティング Tutorial, WebGL
前の例で作成したコードはすでに、WebGL のシーンを 15 ミリ秒ごとに再描画するよう設定されています。今までは単純に、毎回同じものをそのまま再描画していました。これから、正方形が実際に動くようにコードを変えていきます。
985 WebGL でのテクスチャのアニメーティング Media, Tutorial, Video, WebGL
今回のデモンストレーションでは、前回の例で用いた静的なテクスチャを Ogg ビデオファイルのフレームに置き換えます。実はこれを行うのはとても簡単ですが、見ていて楽しいです。さっそく始めましょう。なお同様のコードを、どんな種類のデータ (<canvas> など) をテクスチャのソースとして用いる場合でも使用することができます。
986 WebGL でのテクスチャの使用 Tutorial, WebGL
現在、サンプルプログラムは回転する 3D キューブを描画します。今回はキューブの表面を単色で塗りつぶすのではなく、テクスチャをマッピングしてみましょう。
987 WebGL でのライティング Tutorial, WebGL
始めに WebGL について理解すべきことは、より広い OpenGL 標準とは異なり、WebGL はライティングをサポートしていないということです。これは自分自身で行う必要があります。幸いそれは難しいことではありませんので、この記事では基礎的な内容を扱います。
988 WebGL を用いた 3D オブジェクトの作成 Tutorial, WebGL
正方形に 5 つの面を追加して立体化し、キューブを作成しましょう。これを効率的に行うために、gl.drawArrays() メソッドを呼び出して頂点情報を直接使用する描画方法から、頂点の配列をテーブルとして扱い、gl.drawElements() を呼び出して、そのテーブルの各頂点情報を参照して各面の頂点を定義する方法に切り替えます。
989 WebGL コンテキストへの平面コンテンツの追加 Tutorial, WebGL
WebGL コンテキストの作成に成功したら、レンダリングを始めることができます。もっとも簡単にできることは、テクスチャが貼り付けられていない単純な 2D のオブジェクトを描画することですので、まずは正方形を描画するコードを作っていきましょう。
990 WebGL 入門 Tutorial, WebGL
WebGL をサポートするブラウザでは、プラグインを使用することなく HTML canvas 内で 3D グラフィックスをレンダリングするための、OpenGL ES 2.0 に基づく API を Web コンテンツで使用できます。WebGL のプログラムは JavaScript で記述する制御コードと、コンピュータの Graphics Processing Unit (GPU) で実行する特殊効果コード (シェーダーコード) で構成されます。WebGL 要素は他の HTML 要素と混ぜられ、他のページ部品やページの背景と合成されます。
991 シェーダーを用いた WebGL での色の指定 Tutorial, WebGL
前のデモンストレーションで正方形を作り出すことができたら、次に明らかなステップは、それに色をつけることです。これは、シェーダーを変更することで実現できます。
992 WebGL 拡張機能を使用する Advanced, WebGL
WebGL は姉妹 API (OpenGL や OpenGL ES) と同様に、拡張機能をサポートします。拡張機能の完全な一覧は khronos webgl extension registry で確認できます。
993 WebGLRenderingContext WebGL, WebGLRenderingContext
This example demonstrates how to detect a WebGL rendering context and reports the result to the user.
994 WebRTC API API, Audio, Landing, Media, Video, WebRTC, WebRTC API, ストリーミング, ネットワーク
WebRTC (Web Real-Time Communications、ウェブリアルタイムコミュニケーション) は、ウェブアプリケーションやウェブサイトにて、仲介を必要とせずにブラウザー間で直接、任意のデータの交換や、キャプチャしたオーディオ/ビデオストリームの送受信を可能にする技術です。 WebRTC に関する一連の標準規格は、ユーザーがプラグインやサードパーティ製ソフトウェアをインストールすることなく、ピア・ツー・ピアにて、データ共有や遠隔会議を実現することを可能にします。
995 WebRTC APIの概要
WebRTCはいくつもの相互関係のAPIとデータやメディアを2以上のピアを張って交換するプロトコルから出来ています。 この記事では簡潔にをそれぞれのAPIとそれを提供する目的を紹介します。
996 WebRTC プロトコル入門 API, Audio, Beginner, Draft, Guide, Media, Video, WebRTC
この記事では、WebRTC API の基礎となっているプロトコルについて説明します。
997 WebSocket API, NeedsContent, WebSocket, WebSockets
WebSocket オブジェクトは、サーバーへの WebSocket 接続の作成と管理、および接続上のデータの送受信に使用する API を提供します。
998 WebSocket()
The WebSocket() constructor returns a new WebSocket object.
999 WebVR API
WebVR は,バーチャルリアリティデバイス — 例えばOculus Riftのようなヘッドマウントディスプレイ — をWEBアプリへ公開し,ヘッドマウントディスプレイの位置や動きを3D空間上の動きへと変換する手助けを行います.これによって,バーチャルな製品紹介やインタラクティブな訓練アプリといったものから超臨場感のファーストパーソン・シューティングゲームといったものまで,非常に面白い様々なアプリケーションをつくることができます.
1000 WebVR APIの使い方
WebVR API はウェブ開発者のツールキットへのすばらしい追加機能で、Oculus Rift のようなバーチャルリアリティハードウェアへのアクセスが可能となります。そして出力された動きや向きはウェブアプリの描画更新に変換されます。しかし VR アプリを開発はどのようにやればいいのでしょうか? この記事では、それに関する基礎的な解説を行います。
1001 WebVR concepts
この文書は,バーチャルリアリティ(VR)の背景にある概念と理論について述べています.もしあなたがこの分野の初学者なら,コードを書き始める前に,これらのトピックを理解すると役に立つでしょう.
1002 WebVR環境の設定
この記事では,WebVRのテスト環境を設定するのに必要な作業を示します — 必要なハードウェアとソフトウェアを含めて — ,そしていくつかのトラブルシューティングのTIPSも共有します.
1003 WebVTT 要更新
WebVTT は時系列にそったテキスト表示に利用されるデータフォーマットです。<track> 要素とともに使われます。  主な用途は <video>  要素に字幕を追加することです。
1004 WheelEvent API, DOM, Interface, Reference, Référence(2), WheelEvent
WheelEvent インターフェイスは、ユーザがマウスホイールやホイールに似たデバイスを動かしたときに発生するイベントを表します。
1005 WindowBase64 API
The WindowBase64 helper contains utility methods to convert data to and from base64, a binary-to-text encoding scheme. For example it is used in data URIs.
1006 window.atob DOM, DOM Reference, DOM_0, URI, URL, Window
base64 形式でエンコードされたデータの文字列をデコードします。
1007 WindowEventHandlers
WindowEventHandlers describes the event handlers common to several interfaces like Window, or HTMLBodyElement and  HTMLFrameSetElement. Each of these interfaces can implement more event handlers.
1008 WindowEventHandlers.onbeforeprint API, DOM, Reference, onbeforeprint, プロパティ, 印刷
onbeforeprint プロパティは、現在のウィンドウの onbeforeprint イベントハンドラーを設定したり取得したりします。
1009 WindowEventHandlers.onbeforeunload DOM, Window, イベントハンドラー, プロパティ
WindowEventHandlers.onbeforeunload イベントハンドラープロパティは、 beforeunload が送られるときに実行されるコードを含みます。このイベントはウィンドウでリソースを unload しようとするときに発火します。文書はまだ表示されており、イベントはキャンセル可能な状態です。
1010 WindowEventHandlers.onpopstate API, DOM, HTML5, Window, WindowEventHandlers, onpopstate, イベント, プロパティ
onpopstate はウィンドウの popstate イベントのイベントハンドラーです。
1011 WindowEventHandlers.onstorage API, Property, Reference, Web Storage, WindowEventHandler
WindowEventHandlers.onstorage プロパティは、storage イベントが発火した際に実行するイベントハンドラーを含みます。これは、ストレージ領域が変更されたとき(たとえば、新しい項目が保存されたとき)に発生します。
1012 window.onhashchange DOM, HTML5, Window
hashchange イベントは、 window のハッシュが変更された際に発生します (参照:location.hash)
1013 WindowOrWorkerGlobalScope API, DOM, DOM API, NeedsTranslation, Service Worker, TopicStub, Window, WindowOrWorkerGlobalScope, Worker, WorkerGlobalScope
The WindowOrWorkerGlobalScope mixin describes several features common to the Window and WorkerGlobalScope interfaces. Each of these interfaces can, of course, add more features in addition to the ones listed below.
1014 GlobalFetch.fetch() API, Experimental, Fetch, Fetch API, GlobalFetch, Method, Reference, request
GlobalFetch インターフェイスの fetch() メソッドはネットワークからリソースの fetch (取得) を開始します。このメソッドはリクエストのレスポンスを表す Response オブジェクトの Promise を返します 。
1015 WindowOrWorkerGlobalScope.indexedDB API, Database, IndexedDB, Property, Reference, Storage
WindowOrWorkerGlobalScope ミックスインの indexedDB 読み取り専用プロパティは、アプリケーションが indexed データベースのキャパビリティに非同期でアクセスするための機構を提供します。
1016 WindowOrWorkerGlobalScope.isSecureContext API, DOM, Window, WindowOrWorkerGlobalContext, Workers, isSecureContext, ウェブ, プロパティ, リファレンス
WindowOrWorkerGlobalScope インターフェイスの読み取り専用 isSecureContext プロパティは、現在のコンテキストが安全(true)かそうではない(false)を示すブール値を返します。
1017 WindowOrWorkerGlobalScope.origin API, DOM, Window, WindowOrWorkerGlobalScope, Worker, ウェブ, プロパティ
WindowOrWorkerGlobalScope インターフェイスの読み取り専用プロパティ origin は、グローバルスコープの文字列としてシリアライズされた origin を返します。
1018 window.btoa DOM, DOM_0, Gecko, Window
バイナリデータの文字列から base64 エンコードされた文字列を作成します。
1019 WindowTimers API
WindowTimers contains utility methods to set and clear timers.
1020 WindowOrWorkerGlobalScope.setTimeout() API, HTML DOM, Intervals, JavaScript timers, MakeBrowserAgnostic, Method, NeedsCompatTable, NeedsMarkupWork, NeedsUpdate, Reference, Timers, WindowOrWorkerGlobalScope, setTimeout
WindowOrWorkerGlobalScope ミックスインの setTimeout() メソッド (および window.setTimeout の後継) は、指定された遅延の後に関数またはコードの断片を実行するタイマーを設定します。
1021 window.clearInterval DOM, DOM_0, Gecko, JavaScript timers, Window
setInterval を使用して設定された繰り返し動作をキャンセルします。
1022 window.clearTimeout API, HTML DOM, WindowOrWorkerGlobalScope, clearTimeout, メソッド, リファレンス
WindowOrWorkerGlobalScope ミックスインの clearTimeout() メソッドは、以前の setTimeout() の呼び出して確立されたタイムアウトを解除します。
1023 Worker API, DOM, Interface, JavaScript, Reference, Web Workers, Worker, Workers
Web Workers APIWorker インターフェイスはバックグラウンドで行われるタスクを実行することができ、そのタスクは簡単に生成され、かつ作成元にメッセージを送り返すことができます。Worker() コンストラクターを呼び出しワーカースレッドを走らせるスクリプトを特定してあげるだけでワーカーオブジェクトを作成することができます。
1024 Worker() API, Constructor, Reference, Web Workers, Worker
Worker() コンストラクターは引数の URL で指定されたスクリプトを実行する Worker オブジェクトを作成します。このスクリプトは 同一生成元ポリシー (SOP) に従わなければいけません。
1025 Worker.terminate()
Workerインターフェイスのterminate()メソッドはWorkerを即座に停止します。これはworkerに対してその動作を終了する機会を提供するものではありません。単純に即時停止をします。
1026 WorkerGlobalScope API, Interface, NeedsBrowserCompatibility, Reference, WorkerGlobalScope, Workers
Web Workers APIWorkerGlobalScope インターフェースは、いずれかの worker のスコープを表すインターフェースです。worker はブラウジングコンテクストを持ちません; このスコープには、通常 Window オブジェクトによって伝えられた情報が含まれます — この場合、イベントハンドラやコンソール、関連する WorkerNavigator オブジェクトのことです。ぞれぞれの WorkerGlobalScope は独自のイベントループを持ちます。
1027 WorkerGlobalScope.caches API, Experimental, Property, Reference, Service Worker, Web Worker, WorkerGlobalScope
WorkerGlobalScope インターフェースの caches 読み取り専用プロパティは、現在のワーカーコンテキストに関連する CacheStorage オブジェクトを返します。このオブジェクトは、オフライン利用のために資産を保存したり、リクエストに対するカスタムレスポンスを生成したりするなどの service worker の機能を使用できます。
1028 WorkerGlobalScope.console API, ウェブワーカー, リファレンス, リファレンス(2), ワーカーグローバルスコープ, 読み込み専用
Console インターフェイスの読み取り専用 console プロパティは、ワーカーにブラウザコンソールへのアクセスを提供する Console オブジェクトを返します。
1029 WorkerGlobalScope.importScripts() API, Web Workers, WorkderGlobalScope, importScripts, ウェブワーカー, メソッド, リファレンス, ワーカーグローバルスコープ
WorkerGlobalScope インターフェースの importScripts() メソッドは1つか複数のスクリプトをワーカーのスコープ内に同期的に読み込みます。
1030 WorkerGlobalScope.self API, Property, Reference, Web Worker, WorkerGlobalScope, self
WorkerGlobalScope インターフェースの self 読み取り専用プロパティは、WorkerGlobalScope 自体への参照を返します。ほとんどの場合、これは DedicatedWorkerGlobalScopeSharedWorkerGlobalScopeServiceWorkerGlobalScope などの特定のスコープです。
1031 XMLHttpRequest AJAX, API, HTTP, XHR, XMLHttpRequest, インターフェイス, ウェブ, リファレンス, 通信
XMLHttpRequest (XHR) オブジェクトを使用して、サーバーと対話することができます。ページ全体を更新する必要なしに、データを受け取ることができます。これでユーザーの作業を中断させることなく、ウェブページの一部を更新することができます。
1032 XMLHttpRequest における HTML の扱い API, HTML, HTML の解析, HTML の読み込み, XMLHttpRequest, ウェブ, ガイド
W3C の XMLHttpRequest 仕様書では、もともと XML の解析しか対応していなかった XMLHttpRequestHTML の解析を追加しています。この機能によって、ウェブアプリは XMLHttpRequest を使って HTML を解析済の DOM として取得することができます。
1033 XMLHttpRequest の利用 AJAX, AJAXfile, DOM, HTTP, JXON, MakeBrowserAgnostic, XHR, XML, XMLHttpRequest, ガイド, チュートリアル, 高度
このガイドでは、ウェブサイトとサーバーの間でデータ交換をするために、 XMLHttpRequest を使用して HTTP リクエストを発行する方法を紹介します。
1034 XMLHttpRequest() API, Reference, XHR, XMLHttpRequest, コンストラクター
XMLHttpRequest() コンストラクターは新しい XMLHttpRequest を生成します。
1035 XMLHttpRequest.abort() AJAX, API, HTTP, HttpRequest, XMLHttpRequest, abort, cancel, メソッド, リファレンス, 停止
XMLHttpRequest.abort() メソッドは、すでに送信された要求を中止します。要求が中止されたら、 readyStateXMLHttpRequest.UNSENT (0) に変化し、要求の status コードが0に設定されます。
1036 XMLHttpRequest.onreadystatechange API, XHR, XMLHttpRequest, onreadystatechange, readyState, イベント, ハンドラー, プロパティ, リファレンス
readyState 属性が変化するたびに呼び出される EventHandler です。コールバックはユーザーインターフェイスのスレッドから呼び出されます。 XMLHttpRequest.onreadystatechange プロパティは、 readystatechange イベントが発火するたびに、つまり XMLHttpRequestreadyState が変化するたびに呼び出されるイベントハンドラーを保持します。
1037 XMLHttpRequest.open() API, HTTP, Method, Reference, XHR, XMLHttpRequest, open, メソッド, リファレンス
XMLHttpRequestopen() メソッドは、新しく作成されたリクエストを初期化したり、既存のリクエストを再初期化したりします。
1038 XMLHttpRequest.readyState AJAX, Property, Reference, XMLHttpRequest
XMLHttpRequest.readyState プロパティは XMLHttpRequest クライアントの状態を返します。XHR クライアントは次の状態のいずれかをとります:
1039 XMLHttpRequest.responseText API, Read-only, Reference, XMLHttpRequest, responseText, プロパティ
XMLHttpRequestresponseText プロパティは読み取り専用で、送信されたリクエストに続いてサーバーから受け取ったテキストを返します。
1040 XMLHttpRequest.responseURL AJAX, Read-only, Reference, URL, XMLHttpRequest, responseURL, プロパティ
XMLHttpRequest.responseURL プロパティは読み取り専用で、レスポンスのシリアライズされた URL を返します。 URL が null の場合は、空文字を返します。 URL に存在する URL フラグメントはすべて取り除かれます。 responseURL の値は、任意のリダイレクト後に得られる最後の URL になります。
1041 XMLHttpRequest.send() AJAX, API, HTTP リクエスト, XHR, XHR リクエスト, XMLHttpRequest, send, メソッド, リファレンス
XMLHttpRequestsend() メソッドは、リクエストをサーバーに送信します。
1042 XMLHttpRequest.setRequestHeader() API, HTTP, HTTP ヘッダー, XHR, XHR リクエスト, XMLHttpRequest, setRequestHeader, ヘッダー, メソッド, リクエスト, リクエストヘッダー, リファレンス
XMLHttpRequestsetRequestHeader() メソッドは、 HTTP リクエストヘッダーの値を設定します。 setRequestHeader() は、 open() の呼び出しの後、 send() の呼び出しの前に呼び出さなければなりません。同じヘッダーについてこのメソッドを複数回呼び出された場合は、複数の値が単一のリクエストヘッダーにマージされます。
1043 XMLHttpRequest.status API, XMLHttpRequest, XMLHttpRequest の結果, status, エラー, プロパティ, リファレンス, 結果
XMLHttpRequest.status プロパティは読み取り専用で、 XMLHttpRequest の応答における数値の状態コードを返します。 statusunsigned short です。リクエストが完了する前は、 status の値は 0 になります。 XMLHttpRequest がエラーになった場合も、ブラウザーは状態として 0 を返すことに注意してください。
1044 XMLHttpRequest.timeout AJAX, Reference, XHR, XMLHttpRequest, timeout, プロパティ, 非同期 XHR, 非同期 XMLHttpRequest
XMLHttpRequest.timeout はリクエストが自動的に終了するまでの時間をミリ秒で示す unsigned long 型のプロパティです。既定値はタイムアウトが無いことを示す 0 に設定されています。 timeout は文書環境で利用される同期型や InvalidAccessError の例外を投げる XMLHttpRequests に利用することはできません。タイムアウトとなった場合、 timeout イベントが発火します。
1045 同期および非同期リクエスト XMLHttpRequest
XMLHttpRequest は同期及び非同期通信の両方に対応しています。しかし、一般的には性能上の理由により、同期リクエストより非同期リクエストを推奨するべきです。
1046 XMLSerializer
No summary!
1047 XPathResult
No summary!
1048 XSLTProcessor API, DOM, DOM Reference, Reference, XSLT
XSLTProcessor は、XSLT スタイルシート変換を XML 文書に適用して、新しい XML 文書を出力として生成します。XSLT スタイルシートをロードし、<xsl:param> パラメータ値を操作し、変換処理をドキュメントに適用するメソッドを持っています。
1049 Resources
No summary!
1050 console API, DOM, Debugging, NeedsCompatTable, Reference, web console
Console オブジェクトは、ブラウザのデバッグコンソール(例えば Firefox の Web コンソール)へアクセスする機能を提供します。このオブジェクトの詳細な動作はブラウザによって異なりますが、一般的に共通の機能セットがサポートされています。
1051 Console.assert() API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, console, web console
アサーションが false になる場合に、コンソールへエラーメッセージを出力します。アサーションが true になる場合は、何も行いません。
1052 Console.count() API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, web console
count() を個々に呼び出した回数を記録します。この関数には、省略可能な引数 label があります。
1053 Console.dirxml() API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, web console
指定した XML/HTML 要素の子孫要素の対話式ツリーを表示します。または、ツリーを表示できない場合は JavaScript オブジェクトのビューを表示します。これは子ノードの内容を確認可能な、展開式の階層型ノードリストとして出力します。
1054 Console.error() API, DOM, Debugging, Method, Web Development, web console
デバッガの Web コンソールにエラーメッセージを出力します。
1055 Console.group() API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, web console
Web コンソールのログに、新たなインライングループを作成します。console.groupEnd() を呼び出すまで、以降のすべての出力のレベルを 1 段階インデントします。
1056 Console.groupCollapsed() API, DOM, DOM Reference, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Reference, Web Development, web console
Web コンソールに新たなインライングループを作成します。ただし console.group() とは異なり、新しいグループは折りたたまれた状態で作成されます。グループ内に作成された項目を表示するには、グループの隣にある展開ボタンを使用して、ユーザが展開しなければなりません。
1057 Console.groupEnd() API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, web console
Web コンソールで、現在のインライングループから出ます。詳細および使用例は console のドキュメントで、コンソールでグループを使用する をご覧ください。
1058 Console.info() API, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, web console
Web コンソールに情報メッセージを出力します。Firefox および Chrome では、Web コンソールでこれらの項目の隣に小さな "i" のアイコンを表示します。
1059 Console.profile() API, DOM, Debugging, Method, Reference, Web Development, profile, web console
パフォーマンスプロファイル (例えば Firefox の パフォーマンスツール) の記録を開始します。
1060 Console.profileEnd() API, DOM, Debugging, Method, Reference, Web Development, profileEnd, web console
profileEnd メソッドは、Console.profile() で開始したプロファイルの記録を終了します。
1061 Console.table() API, DOM, Debugging, Method, Web Development, web console
表形式のデータを、表で表示します。
1062 Console.timeLog() API, DOM, Debugging, Method, Web Development, console, web console
Logs the current value of a timer that was previously started by calling console.time() to the console.
1063 Console.timeStamp() API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, web console
ブラウザの Timelineタイムラインツールにマーカーを 1 個追加します。レイアウトや描画のイベントなど、タイムラインで記録された他のイベントと、コード内のある位置を関連付けることができます。
1064 Console.trace() API, Chrome, DOM, Debugging, Firefox, Method, NeedsBrowserCompatibility, String, Web Development, console, console.trace(), trace, web console
Web コンソールにスタックトレースを出力します。
1065 Console.warn() API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, web console
Web コンソールに警告メッセージを出力します。
1066 clear() API, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, console, web console
コンソールをクリアします。
1067 console.dir API, DOM, Debugging, JSON, Method, Web Development, console, console.dir, dir, web console
指定 JavaScript オブジェクトのプロパティの、インタラクティブリストを表示します。出力はコンソールに開閉状態をあらわす三角マーク付きで階層構造を伴って出力されます。これをクリックして開閉する事で下位メンバの情報を辿る事ができます。
1068 console.log API, DOM, Debugging, HTML-tree, Method, NeedsBrowserCompatibility, Non-standard, Web Development, console, console.dir(), console.log(), difference, web console
デバッガの Web コンソールにメッセージを出力します。
1069 console.time API, DOM, Debugging, Method, NeedsBrowserCompatibility, Web Development, console, web console
処理時間の計測に役立つタイマーをスタートさせます。ページ毎に 10000 個のタイマーを使用可能です。各タイマーには一意の名前を付けます。このメソッドを使用後、 同じ名前を引数として console.timeEnd() を呼び出すと、タイマー開始からの経過時間がミリ秒単位で出力されます。
1070 console.timeEnd API, DOM, Debugging, Method, Non-standard, Web Development, console, web console
console.time() の呼び出しによって開始したタイマーを停止します。
1071 selection Experimental, Expérimental(2)
このオブジェクトのクラスは window.getSelection() やその他のメソッドによって返されるものです。
1072 collapseToStart DOM, Selection
選択範囲内の最初の範囲の先頭まで選択範囲を縮小します。選択されている内容が編集可能であり且つフォーカス状態なら、その地点でキャレットが点滅します。
1073 treeWalker API, DOM
TreeWalker オブジェクトは、文書のサブツリーのノード及びその位置を表します。
1074 window.opener DOM, DOM_0, Gecko, Window
現在のウィンドウを開いたウィンドウへの参照を返します。
1075 window.outerHeight DOM, DOM_0, Gecko, 要更新
ブラウザウィンドウの外側の高さを取得します。 window.outerHeight は、ツールバー、ウィンドウ chrome を含む、ブラウザウィンドウ全体の高さを表します。
1076 window.outerWidth DOM, DOM_0, Gecko, Window, 要更新
ブラウザウィンドウの外側の幅を取得します。 window.outerWidth は、サイドバー(展開されている場合)、ウィンドウ chrome 、ウィンドウをリサイズするボーダー/ハンドルを含む、ブラウザウィンドウ全体の幅を表します。
1077 window.stop API, DOM, Gecko, HTML DOM
このメソッドは、ウィンドウの読み込みを停止します。
1078 ウェブアニメーション API API, Experimental, アニメーション, ウェブアニメーション, リファレンス
ウェブアニメーション API は、 DOM 要素のアニメーションを記述する共通言語をブラウザーと開発者に提供します。 API の背景の概念や利用方法についての詳しい情報は、ウェブアニメーション API の利用をご覧ください。
1079 サービスワーカー API API, Reference, Service Workers, オフライン, サービスワーカー, 概要
Service Workerは、基本的にウェブアプリケーション、ブラウザー、そして(もし繋がっていれば)ネットワークの間に介在するプロキシサーバーのように振る舞います。オフラインで利用しやすくするために、ネットワークのリクエストに介在して、ネットワークの使用可否の状況に基づいて適切な対応を取ったり、サーバー上にある資産を更新したりすることができるようになります。また、プッシュ通知やバックグラウンド同期の API 群へのアクセスもできるようになります。
1080 サービスワーカーの使用 Guide, Service, ServiceWorker, Workers, basics
ウェブユーザーが長年苦しめられてきた主要な問題の一つは、接続を失うことです。世界中の最高のウェブアプリは、ダウンロードできないときの使い勝手が最悪でした。この問題を解決するために様々な技術の開発が試みられ、私たちのオフラインページが示すように、いくつかの問題は解決済みです。しかし、資産のキャッシュとネットワーク要求を全てコントロールする良いメカニズムはまだ存在しません。
1081 デバイスの方向の検出 API, Device Orientation, Firefox OS, Intermediate, Mobile, Motion, Orientation, Reference, WebAPI
Web を利用可能なデバイスは、自身の方向を特定できるようになってきました。つまりデバイスは、重力との関係による自身の向きの変化を示すデータを報告できます。特に携帯電話のようなハンドヘルドデバイスは、表示内容が直立し続けるよう自動的に回転させるためにこの情報を使用でき、画面の幅が高さより大きくなるようにデバイスを回転させたときは、Web コンテンツをワイドスクリーン表示にします。
1082 ドキュメントオブジェクトモデル (DOM) API, DOM, DOM Reference, Reference, リファレンス, 中級者
Document Object Model (DOM) は、ウェブページとスクリプトやプログラミング言語を接続するものです。ふつうは JavaScript を意味しますが、 HTML、 SVG、 XML 文書をオブジェクトとしてモデリングすることは JavaScript 言語の一部ではありません。 DOM のモデルは文書を論理的なツリーで表現します。ツリーのそれぞれの枝はノードで終わっており、それぞれのノードがオブジェクトを含んでいます。 DOM のメソッドでプログラム的にツリーにアクセスでき、文書構造やスタイルやコンテンツを変更することができます。ノードにはイベントハンドラーを割り当てることができます。イベントが発生すると、イベントハンドラーが実行されます。
1083 DOM の紹介 DOM, Guide, Tutorial, 導入
この節では、簡単かつ概念的に DOM を紹介します。それは何であり、 HTMLXML 文書にどのような構造を与え、アクセスはどのようにして可能であり、この API はどのようにして参照される情報を提供するかと、そして例を示します。
1084 DOM ツリーの作成方法 AJAX, Add-ons, DOM, Extensions, JXON, XML
このページでは JavaScript において DOM Core API を用いて DOM オブジェクトを作成したり変更したりする方法を解説します。これはすべての Gecko ベースアプリケーション(Firefox など)で特権付きコード(拡張機能)でも特権なしコード(ウェブページ)でも利用できます。
1085 Traversing an HTML table with JavaScript and DOM Interfaces DOM
この文書では、強力で基本的な DOM レベル 1.0 のメソッドと、それを JavaScript からどのように使用するかざっと見ていきます。どのようにして HTML 要素を動的に生成、アクセス、制御、削除するかを学ぶことができます。ここで紹介する DOM メソッドは HTML に限ったものではなく、XML に対しても用いることができます。ここで用意しているデモは、Mozilla ブラウザ や他の Netscape の次世代 Navigator ブラウザ 【訳注: Netscape 6 のことを指しています】 のような Mozilla ベースブラウザなど、DOM レベル 1 を完全にサポートするブラウザであればどれでも正常に動作します。この文書のコードサンプルは IE5 でも動作します 【訳注: 現在では Opera や Safari なども含めほとんどのブラウザで DOM レベル 1 がサポートされています】
1086 W3C DOM Level 1 Core の使用 DOM
W3C の DOM Level 1 Core は文書のコンテンツツリーに手を加えるための強力なオブジェクトモデルであり、 Mozilla Firefox や Microsoft Internet Explorer を含むすべての主要なブラウザーが対応しています。ウェブにおけるスクリプティングの未来を担う強力な基盤なのです。
1087 イベントとDOM DOM, Guide
この章では DOM のイベントモデルを説明します。この Event インターフェイス自身は、DOM のノード上にイベントを登録する為のインターフェイスと同様であり、イベントリスナーであるとも言えます。いくつかの長い例は、様々な Event インターフェイスがどのように他と関連するかを示します。
1088 DOM, DOM Reference
この章では、DOM を利用したウェブと XML 開発のより長い例をいくつか紹介します。可能な限りこれらの例ではドキュメントオブジェクトを操作する上でよく用いられる API や技法や JavaScript のパターンを利用しています。
1089 序文 DOM, Gecko, Gecko DOM Reference
この節では、このガイドそのものについて説明します。誰のための資料で、どんな情報があって、あなた独自の DOM 開発を行うにあたってこの資料のなかの例をどのように使えるのか、について説明します。
1090 WebAPI 関連ドキュメントの索引 API, Index, Landing
AudioBuffer)

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: mfuji09, Marsf
最終更新者: mfuji09,