Device Memory API

安全なコンテキスト用
この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

クライアントデバイスの能力は、使用可能な RAM の量に大きく依存します。 従来、開発者は経験則を使用し、デバイスのベンチマークを行うか、デバイスの製造元や User Agent 文字列などの他の要因に基づいてデバイスの能力を推測する必要がありました。

デバイスのメモリ容量へのアクセス

RAM デバイスの概算量にアクセスするには、JavaScript API を使用する方法と、クライアントヒント HTTP ヘッダーを使用する方法の2つがあります。

JavaScript API

Navigator.deviceMemory を取得して、RAM デバイスの概算量を照会できます。

var ram1 = window.navigator.deviceMemory;
var ram2 = navigator.deviceMemory;

これらは両方とも同じ結果を返します。

クライアントヒントのヘッダー

クライアントヒントDevice-Memory ディレクティブを使用して、同じ概算の RAM 容量を取得することもできます。

仕様

仕様 状態 コメント
Device Memory 1 編集者草案 初期定義

ブラウザーの互換性

JavaScript インターフェイス

クライアントヒント拡張機能

関連情報