カスケーディングスタイルシート (Cascading Style Sheets) (CSS) はスタイルシート言語であり、HTMLXML (方言である SVG, MathML, XHTML などを含む) で記述された文書の、体裁や見栄えを表現するために用いられます。 CSS は、要素が画面上で (あるいは紙や音声といった別のメディア上で) どのように表現されるのかを定義します。

CSS はオープンウェブの核となる言語の 1 つで、W3C 仕様に従ってブラウザーをまたいだ標準が定められています。仕様の策定はバージョンに分けて進められており、CSS1 が既に廃止、CSS2.1 が勧告の段階、CSS3 が (より小さなモジュールに分割された上で) 標準化の手続中のステータスにあります。

  • CSS 入門

    ウェブ開発が初めての人は、CSS の基本の記事を読んで、CSS とは何か、どのように使用するかを学習しましょう。

  • CSS チュートリアル

    CSS 学習エリアには、初心者から中級者になるための、すべての基本事項を網羅した豊富なチュートリアルがあります。

  • CSS リファレンス

    CSS のすべてのプロパティや概念について記述された、熟練のウェブ開発者向けの CSS リファレンスです。

チュートリアル

CSS 学習エリア は基礎から CSS を教える複数のモジュールにスポットを当てています — 事前の知識は必要ありません。

CSS 入門
このモジュールは、CSS がどのように機能するのかの基本から始めます。セレクターやプロパティ、CSS の書き方のルール、HTML への CSS の適用、CSS における長さ、色、その他の単位を指定する方法、カスケードと継承、ボックスモデルの基本、CSS のデバッグ方法を学びます。
テキストの装飾
このモジュールでは、テキスト装飾の基礎を学びます。内容はフォントの設定、太字、イタリック体、行間隔と文字間隔、影の付け方や、その他のテキストプロパティです。モジュールの最後には、カスタマイズされたフォントをページに適用する方法や、リストやリンクを装飾する方法を学びます。
ボックスの装飾
このモジュールでは、ボックスの装飾について見ていきます。ウェブページのレイアウトに向けた基本的なステップです。このパートでは、ボックスモデルについて簡単におさらいしてから、ボックスをレイアウトする方法を学びます。その方法は、マージンや境界線やパディングの指定、カスタム背景色/画像などの指定です。またボックスへのドロップシャドウやフィルターなど、ちょっとおしゃれな機能についても学びます。
CSS レイアウト
ここまででテキストの装飾や、コンテンツを内部に含むボックスの装飾、操作といった、CSS の基礎を学びました。ここでボックスをページの表示部分や他のボックスに対してどうレイアウトするのかを学ぶ準備が整いました。既に必要な知識は学び終えているので、より深く CSS レイアウトについて見ていきます。学ぶ内容は表示の設定や、float と position を利用した昔からあるレイアウト方法、そしてフレックスボックスのような新しいレイアウトツールを利用したレイアウト法についてです。

リファレンス

料理帳

CSS レイアウト料理帳は、よくあるレイアウトパターンや、あなた自身のサイトに実装する必要が出てくるかもしれない事柄のレシピをまとめるためのものです。プロジェクトの出発点として使うことができるコードを提供することに加えて、これらのレシピは様々な方法でレイアウト仕様を使用できることに光を当て、開発者として選択できるようにします。

CSS 開発のためのツール

メタバグ

関連項目

ウェブのレイアウトコミュニティに参加してください

あなたの好きな方法でディスカッションに参加してください