Storage API

安全なコンテキスト用
この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

ストレージ標準(Storage Standard)は、個々のウェブサイトのコンテンツがアクセス可能なデータを格納するすべての API およびテクノロジーで使用する共通の共有ストレージシステムを定義しています。 Storage API は、サイトのコードがどのくらいのスペースを使用できるかや、すでにどのくらいのスペースを使用しているかを調べたり、ユーザーエージェントが他のもののための場所を空けるためにサイトデータを処分する前に、警告する必要があるかどうかを制御するといった機能を提供します。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

サイトストレージ — ストレージ標準によって管理しているウェブサイト用に格納されたデータ — には、次のものが含まれます。

サイトストレージユニット

ストレージ標準によって記述され、Storage API を使用して相互作用するサイトストレージシステムは、各オリジン(origin)に対して1つのサイトストレージユニット(site storage unit、サイトの保管単位)で構成されています。 基本的に、すべてのウェブサイトまたはウェブアプリには、データを格納するための独自のストレージユニットがあります。 以下の図は、内部に3つのストレージユニットを持つサイトストレージプールを示しています。 ストレージユニットがどのように異なるデータタイプを格納でき、異なるクォータ(最大ストレージ制限)を持つことができるかを示しています。

サイトストレージプールが、さまざまな API からのデータとクォータに達する前に残っている可能性のある未使用スペースを含む複数のストレージユニットで構成されている様子を示す図。

  • Origin 1 には、Web Storage のデータと IndexedDB のデータがありますが、空き容量もあります。 現在の使用量はまだクォータに達していません。
  • Origin 2 にはまだデータが格納されていません。 内容を待っているだけの空の箱です。 ただし、このオリジンは他の2つよりもクォータが少なくなります。 アクセス頻度の低いサイト、またはデータストレージ要件が低いことが知られているサイトである可能性があります。
  • Origin 3 のストレージユニットは完全にいっぱいです。 クォータに達し、既存のデータを削除しない限り、これ以上データを格納できません。

ユーザーエージェントは様々なオリジンのクォータを決定するために様々なテクニックを使う可能性があります。 最も可能性の高い方法の1つ — 仕様が具体的に推奨するもの — は、個々のサイトの人気や使用レベルを考慮して、それらのクォータがどうあるべきかを判断することです。 ブラウザーがこれらのクォータをカスタマイズするためのユーザーインターフェイスを提供することも考えられます。

ボックスモード

各サイトストレージユニット内の実際のデータストレージは、そのボックスと呼ばれます。 各サイトストレージユニットには、そのすべてのデータを配置するボックスが1つだけあり、そのボックスのデータ保持ポリシーを説明するボックスモードがあります。 次の2つのモードがあります。

"best-effort"(最大限の努力)
ユーザーエージェントは可能な限りボックスに含まれているデータを保持しようと試みますが、ストレージスペースが少なくなり、ストレージの圧力を軽減するためにボックスを消去する必要がある場合はユーザーに警告しません
"persistent"(永続的)
ユーザーエージェントはデータを可能な限り長く保持し、"persistent" とマークされたボックスの消去を検討する前にすべての "best-effort" ボックスを消去します。 persistent ボックスの消去を検討する必要がある場合、ユーザーエージェントはユーザーに通知し、必要に応じて1つ以上の persistent ボックスを消去する方法を提供します。

オリジンのボックスモードを変更するには、 "persistent-storage"(永続的ストレージ)機能を使うパーミッションが必要です。

データの永続化と消去

サイトやアプリに "persistent-storage" 機能のパーミッションがある場合は、StorageManager.persist() メソッドを使用して、そのボックスを永続的にすることを要求できます。 利用特性や他の測定基準により、ユーザーエージェントがサイトのストレージユニットを永続的にすることを決定することも可能です。 "persistent-storage" 機能のパーミッション関連のフラグ、アルゴリズム、およびタイプはすべてパーミッションの標準デフォルトに設定されています。 ただし、パーミッションの状態(permission state)はオリジン全体で同じでなければならず、パーミッションの状態が "granted" (付与)されていない場合(何らかの理由で永続的ストレージ機能へのアクセスが拒否された場合)、そのオリジンのサイトストレージユニットのボックスモードは常に "best-effort" になります。

: パーミッションの取得と管理の詳細については、Permissions API の使用を参照してください。

サイトストレージユニットを消去するとき、オリジンのボックスは単一の実体として扱われます。 ユーザーエージェントがそれを消去する必要があり、ユーザーが承認した場合、個々の API からのデータのみを消去する手段を提供せず、データストア全体を消去します。

ボックスが "persistent" とマークされている場合、その内容は、データのオリジン自身やユーザーが特にそうすることなしでは、ユーザーエージェントによって消去されません。 これには、ユーザーが「キャッシュを消去」や「最近の履歴を消去」のオプションを選択した場合などのシナリオが含まれます。 ユーザーは、 persistent サイトストレージユニットを削除するためのパーミッションを特に求められます。

クォータと使用量の見積もり

ユーザーエージェントは、選択した任意のメカニズムを使用して、特定のサイトが使用できるストレージの最大量を決定します。 この最大値がオリジンのクォータ(quota)です。 サイトが使用しているスペースの量は、その使用量(usage)と呼ばれます。 これらの値は両方とも見積もりです。 正確でない理由は次のようにいくつかあります。

  •  ユーザーエージェントは、これらの値がフィンガープリント(個人の推定)の目的で使用されるのを防ぐために、特定のオリジンが使用するデータの正確なサイズを不明瞭にすることを奨励しています。
  • 格納されたデータの物理的サイズを縮小するために重複排除、圧縮、およびその他の方法を使用できます。
  • クォータは、オリジンが使えるスペースの控えめな見積もりであり、オーバーランを防ぐためにデバイスで利用可能なスペースより小さくなければなりません。

ユーザーエージェントは、オリジンのクォータのサイズを決定するために選択した任意の方法を使用することができ、そして仕様では人気があるか頻繁に使用されるサイトに追加スペースを提供することを奨励しています。

特定のオリジンのクォータと使用量の見積もり値を決定するには、navigator.storage.estimate() メソッドを使用します。 このメソッドは、解決すると、これらの数値を含む StorageEstimate を受け取るという Promise を返します。 例えば次のようにです。

navigator.storage.estimate().then(estimate => {
  // estimate.quota は見積もりクォータです
  // estimate.usage は見積もり使用バイト数です
});

仕様

仕様 状態 コメント
Storage 現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

StorageManager

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
StorageManagerChrome 完全対応 48Edge ? Firefox 完全対応 57
完全対応 57
未対応 51 — 57
補足 無効
補足 See bug 1304966 and bug 1399038.
無効 From version 51 until version 57 (exclusive): this feature is behind the dom.storageManager.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE ? Opera 完全対応 ありSafari ? WebView Android 完全対応 48Chrome Android 完全対応 48Firefox Android 完全対応 51
補足 無効
完全対応 51
補足 無効
補足 See bug 1304966 and bug 1399038.
無効 From version 51: this feature is behind the dom.storageManager.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
Opera Android 完全対応 ありSafari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 あり
estimateChrome 完全対応 52Edge ? Firefox 完全対応 51IE ? Opera 完全対応 ありSafari ? WebView Android 完全対応 52Chrome Android 完全対応 52Firefox Android 完全対応 51Opera Android 完全対応 ありSafari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 あり
persistChrome 完全対応 52
完全対応 52
未対応 48 — 52
代替名
代替名 非標準の名前 requestPersistent を使用しています。
Edge ? Firefox 完全対応 55IE ? Opera 完全対応 ありSafari ? WebView Android 完全対応 52
完全対応 52
未対応 48 — 52
代替名
代替名 非標準の名前 requestPersistent を使用しています。
Chrome Android 完全対応 52
完全対応 52
未対応 48 — 52
代替名
代替名 非標準の名前 requestPersistent を使用しています。
Firefox Android 完全対応 55Opera Android 完全対応 ありSafari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 あり
persistedChrome 完全対応 52
完全対応 52
未対応 48 — 52
代替名
代替名 非標準の名前 persistentPermission を使用しています。
Edge ? Firefox 完全対応 55IE ? Opera 完全対応 ありSafari ? WebView Android 完全対応 52
完全対応 52
未対応 48 — 52
代替名
代替名 非標準の名前 persistentPermission を使用しています。
Chrome Android 完全対応 52
完全対応 52
未対応 48 — 52
代替名
代替名 非標準の名前 persistentPermission を使用しています。
Firefox Android 完全対応 55Opera Android 完全対応 ありSafari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
非標準の名前を使用しています。
非標準の名前を使用しています。

関連情報