支払いリクエスト API

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

支払いリクエスト API (Payment Request API) は、販売者とユーザーの両方に、一貫したユーザー体験を提供します。これは新しい支払い方法ではなく、ユーザーが自分の好きな支払い方法を選択し、その情報を販売者が利用できるようにするための方法です。

支払いリクエストの概念と利用方法

オンラインショッピングのカート放棄に関連する多くの問題は、チェックアウトフォームに起因する可能性があります。これは入力が難しく時間がかかり、完了するまでに複数の手順が必要になることがよくあるからです。支払いリクエスト API はオンライン決済を完了するために必要な手順を減らし、チェックアウトフォームを廃止する可能性があることを意図しています。これは、ユーザーの詳細な情報を記憶し、 HTML フォームを必要とせずに販売者に渡されることで、チェックアウトプロセスを簡単にすることを目的としています。

支払いを要求するために、ウェブページは、「購入」ボタンをクリックするなど、支払いを開始するユーザー操作に応答して PaymentRequest (en-US) オブジェクトを作成します。PaymentRequest を使用すると、ユーザーがトランザクションを完了するための入力を提供している間、ウェブページでユーザーエージェントと情報を交換できます。

完全なガイドは、支払いリクエスト API の使用 (en-US)を参照してください。

メモ: オリジンを跨いだ <iframe> 要素内では、 allowpaymentrequest 属性が設定されている場合のみ、 API が利用可能です。

インターフェイス

PaymentAddress

住所情報を含むオブジェクト。例えば、請求先住所や配送先住所に使用されます。

PaymentRequest (en-US)

ユーザーエージェントの支払いインターフェイスを作成および管理するための API を提供するオブジェクト。

PaymentRequestEvent (en-US)

PaymentRequest (en-US) が行われたときに支払いハンドラーに配信されるイベント。

PaymentRequestUpdateEvent (en-US)

ユーザーの操作に応じて、ウェブページが支払い要求の詳細を更新できるようにします。

PaymentMethodChangeEvent

ユーザーが支払い手段を変更することを表します(例 : クレジットカードからデビットカードへの切り替え)。

PaymentResponse (en-US)

ユーザーが支払い方法を選択し、支払い要求を承認した後に返されるオブジェクト。

MerchantValidationEvent (en-US)

が販売者(ウェブサイト)が特定の決済ハンドラーを使用することを許可されている(例: Apple Pay を使用することを許可されていると登録されている)ことを検証するようブラウザー要求することを表します。

辞書

AddressErrors

エラーのある PaymentAddress 項目に、エラーの説明文を提供する文字列を含む辞書。

PaymentDetailsUpdate (en-US)

支払いインターフェイスのインスタンス化の後で、ユーザーが対話を始める前、サーバーが情報を更新する必要がある場合に、支払いの詳細に対して行われる必要がある変更を記述したオブジェクト。

仕様書

Specification
Payment Request API 1.1
# paymentrequest-interface

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報