HTML (HyperText Markup Language) は web ページのもっとも基本的な構成成分であり、Web ページの製作および視覚的な表現に利用されます。HTML は web ページの機能ではなく、内容を決めるものです。

HTML は、標準的な日本語テキストに "マークアップ" を追加します。"ハイパーテキスト" は web ページから別のページに接続するリンクを示しており、今日の World Wide Web を構成しています。web ページを作成してインターネットにアップロードすることにより、サイトをオンラインにすれば World Wide Web の活発な参加者になります。HTML は視覚的な画像や他のメディアもサポートします。HTML を利用すると、誰でも静的あるいは動的な web サイトを作成できます。HTML は、web ドキュメントの構造やセマンティックな内容を記述する言語です。web ページの内容は <head><title><body><article><section><p><div><span><img><picture> などの HTML 要素でタグ付けします。これらの要素は、web サイトの構成成分を作ります。

この記事では、web 開発のためのリファレンス資料を提供します。

  • HTML リファレンス

    広範なリファレンスで、HTML を構成する要素や属性を詳しく調べます。

  • HTML ガイド

    HTML 開発者ガイドで、チュートリアルやサンプル集を含む HTML の使用方法に関する記事を確認します。

  • HTML 概論

    web 開発の初心者でしたら、HTML とは何かや HTML の使用方法を説明する概論をご覧ください。

リファレンス

ブロックレベル要素
HTML (Hypertext Markup Language) 要素は通常、"ブロックレベル" 要素または "インライン" 要素 のいずれかになります。ブロックレベル要素は親要素 (コンテナ) の領域全体を占有して、"ブロック" を生成します。この記事では、ブロックレベル要素が意味することを説明します。
CORS enabled image
HTML 仕様には画像に crossorigin 属性が定義されています。この属性と適切な CORS ヘッダを組み合わせることで、異なる origin から読み出された <img> 要素の画像を、あたかも同じ origin から読み出したもののように canvas から扱うことができます。
CORS 設定属性
HTML5 では <img><video> など、CORS をサポートするいくつかの HTML 要素に crossorigin 属性 (crossOrigin プロパティ) が定義されています。この属性は、要素の取得したデータに関わる CORS リクエストを設定するものです。
HTML フォームのスペルチェックを制御する
Firefox 2 で、web フォームのテキストエリアやテキストフィールドでスペルチェックをサポートしました。ユーザは about:config インターフェイスを使用して、スペルチェックを有効にするかや、テキストエリアとテキストフィールドの両方でチェックするかテキストエリアでしかチェックしないかを指定できます。
HTML 5 ビデオの DASH 適応型ストリーミング
Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH) は、適応型ストリーミングプロトコルです。ビデオの再生を維持するために、ネットワークパフォーマンスに基づいてビデオストリームのビットレートを切り替えることができます。
Focus management in HTML
ユーザのアクションに対するページの対話性をプログラマがいっそう制御できるようにするため、HTML5 working draft で activeElement DOM 属性および hasFocus() DOM メソッドを導入しました。これらは、例えばページ内のあるリンクをクリックした回数を追跡したり、要素がフォーカスを得た時間を計ることなどに使用できます。さらに AJAX 技術と組み合わせると、ユーザの行動やページのレイアウトに応じてサーバへのリクエスト数を最小化する助けになります。
グローバル属性
グローバル属性は、標準仕様で明示されていないものを含むすべての HTML 要素に定められるでしょう。これはあらゆる非標準の要素が、それを使用することで文書が HTML5 に準拠しなくなるとしても、グローバル属性を受け入れなければならないということです。例えば <foo> は正当な HTML 要素ではありませんが、HTML5 準拠のブラウザは <foo hidden>...<foo> とマークアップされたコンテンツを隠します。
HTML 属性リファレンス
HTML 要素には属性があります。これはユーザが求める基準を満たすために、さまざまな方法で要素の設定や動作の調整を行う付加的な値です。
HTML 要素リファレンス
このページでは、すべての HTML 要素を一覧表示しています。
HTML リファレンス
HTML は web ドキュメントの構造やセマンティックな内容を記述する言語です。HTML は要素で構成されており、それぞれの要素がいくつかの属性で調節される場合があります。
インライン要素
HTML (Hypertext Markup Language) 要素は通常、"インライン" 要素または "ブロックレベル" 要素のいずれかになります。インライン要素は、要素を定義するタグによって結びつけられた領域のみ占有します。以下のサンプルでは、インライン要素が与える影響を示しています。
リンクタイプ
HTML では、次のリンクタイプは <a><area><link> 要素を用いてリンクされた 2 つの文章の間の関係を示します。
HTML5 の audio 要素と video 要素でサポートされているメディアフォーマット
<audio> 要素および <video> 要素は、プラグインを必要としないオーディオやビデオの再生サポートを提供します。
Microformats
Microformats (μF と略されることがあります) は人、組織、イベント、位置、ブログ記事、製品、レビュー、履歴書、レシピなどのエンティティをマークアップするための、HTML の小さなパターンです。
これらは HTML にセマンティクスを埋め込むためのシンプルな取り決めであり、検索エンジンやアグリゲータなどのツールが使用する API を提供します。
Optimizing your pages for speculative parsing
伝統的にブラウザは HTML パーサをメインスレッドで実行しており、スクリプトをネットワークから読み込んで実行するまで </script> タグの後ろでブロックされていました。Firefox 4 以降の HTML パーサは、メインスレッド外での投機的パースをサポートします。これは、スクリプトをダウンロードおよび実行する間もパースを続行します。Firefox 3.5 および 3.6 で HTML パーサは、流れの先にあるスクリプト、スタイルシート、画像の投機的読み込みを行うようになりました。一方、Firefox 4 以降の HTML パーサは、HTML のツリー構築アルゴリズムも投機的に実行します。利点は投機的実行が成功すれば、すでに走査したスクリプト、スタイルシート、画像ファイルの部分を再パースする必要がないことです。欠点は投機的実行が失敗すると、多くの作業が失われることです。
アプリケーションキャッシュの使用
HTML5 は Web ベースのアプリケーションをオフラインで実行できるようにするためのアプリケーションキャッシュメカニズムを提供します。開発者は、ブラウザがキャッシュし、オフライン状態のユーザが利用できるようにすべきリソースを指定するために Application Cache (AppCache) インターフェースを利用できます。キャッシュが行われたアプリケーションは、ユーザがオフラインになったときに更新ボタンを押した場合でも、正常に読み込まれ、正常に動作します。

すべて見る...

ガイドとリュートリアル

HTML 開発者ガイド
便利であると思われるチュートリアルや資料など、HTML で web コンテンツを構築する際に使用できる特定のテクニックを紹介する MDN の記事です。このガイドでは、HTML 開発における編集のレッスン、ヒント、情報を提供します。

Web layoutコミュニティに参加してください

あなたの好きな方法でディスカッションに参加してください

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: cnt0705,