ファイルシステム API

安全なコンテキスト用: この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

ファイルシステム API は - ファイルシステムアクセス API を介して提供される拡張機能により - 端末のファイルシステム上のファイルにアクセスし、読み取り、書き込み、ファイル管理機能を使用することができます。

概念と使用法

この API を用いると、ユーザーのローカルデバイス上のファイルや、ユーザーがアクセス可能なネットワークファイルシステムを操作することができます。この API の基本機能として、ファイルの読み込み、ファイルの書き込み(保存)、ディレクトリー構造へのアクセスがあります。

ファイルやディレクトリーの操作のほとんどは、ハンドルを介して行います。親クラスの FileSystemHandle の補助により FileSystemFileHandle および FileSystemDirectoryHandle の 2 個の子クラスが定義されており、それぞれファイルおよびディレクトリーの操作に用います。

ハンドルは、ユーザーのシステム上のファイルやディレクトリーを表します。まず、window.showOpenFilePicker()window.showDirectoryPicker() などのメソッドを用いてユーザーにファイルピッカーまたはディレクトリーピッカーを表示し、ファイルやディレクトリーへのアクセス権を得ることができます。これらのメソッドが呼ばれると、ファイルピッカーが現れ、ユーザーがファイルまたはディレクトリーを選択します。この流れがうまくいくと、ハンドルが返されます。

以下の方法によりファイルハンドルへのアクセス権を得ることもできます。

それぞれのハンドルが自身の機能を提供し、どっちを使っているかによって少し違いがあります(詳細は、インターフェイスの節を参照してください)。ファイルのデータや、選択されたディレクトリーの情報(子を含む)にアクセスできます。この API により、ウェブに欠けていた潜在的な機能への道が開きます。それでも、セキュリティは API の設計時に最大限考慮するべきことであり、ファイルやディレクトリーのデータへのアクセスはユーザーが特に許可しない限り禁止されています(これは、ユーザーから見えないオリジンプライベートファイルシステムの場合とは異なります)。

メモ: API の機能を使う際に投げられる可能性がある例外は、仕様書での定義に沿って関連するページに一覧が載っています。しかし、 API と下層のオペレーティングシステムの相互作用により、状況はより複雑になります。仕様書でエラーの対応関係を一覧にするための提案がなされており、ここに有用な関連情報があります。

メモ: FileSystemHandle をベースとするオブジェクトは、IndexedDB のデータベースのインスタンスにシリアライズしたり、postMessage() を介して転送したりできます。

オリジンプライベートファイルシステム

オリジンプライベートファイルシステム (OPFS) は、ページのオリジン固有のストレージのエンドポイントであり、パフォーマンスに高度に最適化された特別な種類のファイルへのアクセスを選択可能です。例えば、ファイルの内容をその場 (in-place) で排他的に書き換えることができます。

使い方の説明は、オリジンプライベートファイルシステムを読んでください。

ファイルの保存

  • 非同期ハンドルでは、FileSystemWritableFileStream インターフェイスを使います。保存したいデータを BlobString オブエクト、文字列リテラル、buffer のいずれかの形式にしたら、ストリームを開いてデータをファイルに保存できます。既存のファイルも新しいファイルも保存先にできます。
  • 同期的に FileSystemSyncAccessHandle では、write() メソッドを用いて変更をファイルに書き込みます。特定のタイミングで変更をディスクに書き込みたい場合は、flush() を呼ぶことができます。(これを呼ばない場合、下層のオペレーティングシステムに任せて都合のいいときに処理させることができ、ほとんどの場合はこれでいいでしょう)

インターフェイス

FileSystemHandle

FileSystemHandle インターフェイスは、項目を表すオブジェクトです。複数のハンドルが同じ項目を表すことがあります。ほとんどの場面では、FileSystemHandle を直接扱うことはなく、子インターフェイスの FileSystemFileHandleFileSystemDirectoryHandle を扱うことになるでしょう。

FileSystemFileHandle

ファイルシステムの項目を表すハンドルを提供します。

FileSystemDirectoryHandle

ファイルシステムのディレクトリーを表すハンドルを提供します。

FileSystemSyncAccessHandle

ディスク上の単一のファイルをその場 (in-place) で操作する、ファイルシステムの項目への同期的にハンドルを提供します。このファイルの読み書きを同期的に行える性質は、WebAssembly などの非同期操作が大きなオーバーヘッドに繋がる場面における重要なメソッドで処理効率を高めることを可能にします。このクラスは、それ用のウェブワーカー内でオリジンプライベートファイルシステム内のファイルを扱う場合のみ使用可能です。

FileSystemWritableFileStream

ディスク上の単一のファイルを操作する便利な関数が追加された WritableStream です。

ファイルにアクセスする

以下のコードで、ユーザーにファイルピッカーでファイルを選ばせることができます。

js
async function getFile() {
  // ファイルピッカーを開き、結果を分解して最初のハンドルを取り出す
  const [fileHandle] = await window.showOpenFilePicker();
  const file = await fileHandle.getFile();
  return file;
}

以下の非同期関数は、ファイルピッカーを開き、ファイルが選ばれたら getFile() メソッドを用いて内容を取得します。

js
const pickerOpts = {
  types: [
    {
      description: "Images",
      accept: {
        "image/*": [".png", ".gif", ".jpeg", ".jpg"],
      },
    },
  ],
  excludeAcceptAllOption: true,
  multiple: false,
};

async function getTheFile() {
  // ファイルピッカーを開き、結果を分解して最初のハンドルを取り出す
  const [fileHandle] = await window.showOpenFilePicker(pickerOpts);

  // ファイルの内容を得る
  const fileData = await fileHandle.getFile();
}

ディレクトリーにアクセスする

以下の例では、名前を指定したディレクトリーハンドルを返します。指定のディレクトリーが存在しない場合は、作成されます。

js
const dirName = "directoryToGetName";

// 'currentDirHandle' というディレクトリーハンドルがあると仮定している
const subDir = currentDirHandle.getDirectoryHandle(dirName, { create: true });

以下の非同期関数は、resolve() を用いて選ばれたファイルの指定のディレクトリーからの相対パスを求めます。

js
async function returnPathDirectories(directoryHandle) {
  // ファイルピッカーを開き、ファイルハンドルを得る
  const [handle] = await self.showOpenFilePicker();
  if (!handle) {
    // ユーザーがキャンセルしたか、ファイルを開くのに失敗した
    return;
  }

  // ハンドルが手元のディレクトリーハンドルが表すディレクトリー内にあるかをチェックする
  const relativePaths = await directoryHandle.resolve(handle);

  if (relativePaths === null) {
    // ディレクトリーハンドル内に無い
  } else {
    // relativePaths は、相対パスを表す名前の配列

    for (const name of relativePaths) {
      // 各項目を記録する
      console.log(name);
    }
  }
}

ファイルに書き込む

以下の非同期関数は保存用のファイルピッカーを開き、これはファイルが選択されると FileSystemFileHandle を返します。その後、FileSystemFileHandle.createWritable() メソッドにより書き込み可能なストリームを生成します。

そして、ユーザー定義の Blob をストリームに書き込み、続いてストリームを閉じます。

js
async function saveFile() {
  // 新しいハンドルを生成する
  const newHandle = await window.showSaveFilePicker();

  // 書き込み先となる FileSystemWritableFileStream を生成する
  const writableStream = await newHandle.createWritable();

  // ファイルを書き込む
  await writableStream.write(imgBlob);

  // ファイルを閉じ、内容をディスクに書き込む
  await writableStream.close();
}

以下は、write() メソッドに渡すことができるオプションの異なる例です。

js
// データのみを渡す (オプションなし)
writableStream.write(data);

// ストリームに指定の位置からデータを書き込む
writableStream.write({ type: "write", position, data });

// 現在のファイルカーソルの位置を指定の位置に更新する
writableStream.write({ type: "seek", position });

// ファイルを size バイトにリサイズする
writableStream.write({ type: "truncate", size });

OPFS 内のファイルを同期的に読み書きする

この例では、オリジンプライベートファイルシステム内のファイルを同期的に読み書きします。

以下の非同期のイベントハンドラー関数は、ウェブワーカー内にあります。メインスレッドからメッセージを受信した時、以下の処理をします。

  • 同期的にファイルアクセスハンドルを生成する
  • ファイルのサイズを取得し、格納するための ArrayBuffer を生成する
  • ファイルの内容をバッファーに読み込む
  • メッセージをエンコードし、ファイルの最後に書き込む
  • 変更内容をデイスクに保存し、アクセスハンドルを閉じる
js
onmessage = async (e) => {
  // メインスレッドから送られた処理対象のメッセージを取得する
  const message = e.data;

  // OPFS 内の draft ファイルのハンドルを得る
  const root = await navigator.storage.getDirectory();
  const draftHandle = await root.getFileHandle("draft.txt", { create: true });
  // 同期的にアクセスハンドルを得る
  const accessHandle = await draftHandle.createSyncAccessHandle();

  // ファイルのサイズを得る
  const fileSize = accessHandle.getSize();
  // ファイルの内容をバッファーに読み込む
  const buffer = new DataView(new ArrayBuffer(fileSize));
  const readBuffer = accessHandle.read(buffer, { at: 0 });

  // メッセージをファイルの最後に書き込む
  const encoder = new TextEncoder();
  const encodedMessage = encoder.encode(message);
  const writeBuffer = accessHandle.write(encodedMessage, { at: readBuffer });

  // 変更をディスクに保存する
  accessHandle.flush();

  // 完了したら、いつも FileSystemSyncAccessHandle を閉じる
  accessHandle.close();
};

メモ: 仕様書の以前のバージョンでは、close()flush()getSize()truncate() は人間工学に反して非同期メソッドとされていました。これは現在では変更されていますが、まだ非同期バージョンをサポートしているブラウザーもあります。

仕様書

Specification
File System Standard
# api-filesystemhandle
File System Standard
# api-filesystemfilehandle

ブラウザーの互換性

api.FileSystemHandle

BCD tables only load in the browser

api.FileSystemFileHandle

BCD tables only load in the browser

関連情報