CSS リファレンス

この CSS リファレンス は、すべての標準 CSS プロパティ、擬似クラス擬似要素データ型アット規則アルファベット順の索引 として利用できます。また、すべての CSS 種類別セレクター の一覧および 重要な CSS の概念 の一覧もあります。また、簡単な DOM-CSS / CSSOM リファレンス も含まれています。

基本的な規則と構文

スタイル規則の構文

スタイル規則 ::=
    セレクターリスト {
      プロパティリスト
    }

... ここで

セレクターリスト ::=
    セレクター[:擬似クラス] [::擬似要素]
    [, セレクターリスト]

プロパティリスト ::= 
    [プロパティ : ] [; プロパティリスト]

下記の セレクター疑似クラス疑似要素 の一覧を参照してください。 各指定の構文は、各指定プロパティに定義されたデータ型に依存します。

スタイル規則の例

strong {
  color: red;
}

div.menu-bar li:hover > ul {
  display: block;
}

初心者レベルの CSS セレクター構文への入門については、 CSS セレクターのガイドをご覧ください。規則定義内での CSS 構文 エラーは、その規則全体を無効にするので十分に注意してください。無効な規則はブラウザーにより無視されます。 CSS 規則の定義はすべて (ASCII) テキストベース であり、DOM-CSS / CSSOM (規則管理システム) は オブジェクトベース なので注意してください。

アット規則構文

これには多くの異なる構造的な書式があるため、その各構文は アット規則 のページをご覧ください。

キーワード索引

注: この索引のプロパティ名には、CSS 標準の名前と異なる JavaScript 名 は含まれていません

-ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXZOthers

セレクター

以下は様々なセレクターで、 DOM 内の要素の様々な特徴に基づいた条件付きのスタイル付けを可能にします。

基本セレクター

基本セレクターは基礎的なセレクターです。これらは最も基本的なセレクターで、他のより複雑なセレクターを作成するために頻繁に組み合わせられます。

グループ化セレクター

セレクターリスト A, B
AB の両方の要素が選択されることを指定します。これは複数の一致する要素をグループ化する方法です。

結合子

結合子 (Combinators) は二つ以上の単純セレクターの関係、例えば「AB の子である」や「A はis B の子孫である」などを確立するためのセレクターです。

隣接兄弟結合子 A + B
AB のそれぞれで選択された要素が同じ親を持ち、かつ B で選択された要素が A で選択された要素の水平的な直後にあることを指定します。
一般兄弟結合子 A ~ B
AB のそれぞれで選択された要素が同じ親を共有しており、かつ A で選択された要素が B の前に — ただし直前である必要はありませんが — 来た場合を指定します。
子結合子 A > B
B で選択された要素のうち、 A で選択された要素の直接の子であるものを指定します。
子孫結合子 A B
B で選択された要素のうち、 A, but is not necessarily a direct child.
列結合子 A || B
B で指定された要素のうち、 A で指定された表の列にあるものを指定します。複数の列にまたがる要素は、そのすべての列のメンバーであるとみなされます。

擬似クラスと擬似要素

擬似クラス :
選択された要素が特別な状態にあることを指定します。
擬似要素 ::
HTML に含まれていないエンティティを表します。

概念

構文と意味

レイアウト

DOM-CSS / CSSOM

主なオブジェクトの種類

重要なメソッド

関連情報