@font-feature-values

@font-feature-valuesCSSアットルールで、OpenType で有効化された特性が異なるものに対して font-variant-alternates プロパティで共通の名前を使用することができます。これは、複数のフォントを使用している場合に CSS を簡素化するのに役立ちます。

@font-feature-values アットルールは、CSS の最上位で使用することも、任意の CSS の条件付きグループアットルールの内部で使用することもできます。

構文

特性値のブロック

@swash

font-variant-alternatesswash() 関数記法に渡される特性名を指定します。文字飾り (swash) の特性値に定義できる値は 1 個だけです。ident1: 2 は正しいですが、ident2: 2 4 は正しくありません。

@annotation

font-variant-alternatesannotation() 関数記法に渡される特性名を指定します。注釈 (annotation) 特性値に定義できる値は 1 個だけです。ident1: 2 は正しいですが、ident2: 2 4 は正しくありません。

@ornaments

font-variant-alternatesornaments() 関数記法に渡される特性名を指定します。装飾活字 (ornaments) の特性値に定義できる値は 1 個だけです。ident1: 2 は正しいですが、ident2: 2 4 は正しくありません。

@stylistic

font-variant-alternatesstylistic() 関数記法に渡される特性名を指定します。文字様式 (stylistic) の特性値に定義できる値は 1 個だけです。ident1: 2 は正しいですが、ident2: 2 4 は正しくありません。

@styleset

font-variant-alternatesstyleset() 関数記法に渡される特性名を指定します。ident1: 2 4 12 1 は、OpenType 値 ss02 および ss04, ss12, ss01 に対応付けされます。99 よりも大きな値は正しいですが、どの OpenType 値にも対応付けされず、無視されます。

@character-variant

font-variant-alternatescharacter-variant() 関数記法に渡される特性名を指定します。異体字 (character-variant) の特性値に定義できる値は 1 個または 2 個です。ident1: 3cv03=1 に対応付けされ、ident2: 2 4cv02=4 に対応付けされますが、 ident2: 2 4 5 は無効です。

形式文法

Error: could not find syntax for this item

@font-feature-values ルール内での @styleset の使用

/* "nice-style" を Font One に指定するアットルール */
@font-feature-values Font One {
  @styleset {
    nice-style: 12;
  }
}

/* Font Two における "nice-style" のためのアットルール */
@font-feature-values Font Two {
  @styleset {
    nice-style: 4;
  }
}/* 1 回の宣言でアットルールを適用 */
.nice-look {
  font-variant-alternates: styleset(nice-style);
}

仕様書

Specification
CSS Fonts Module Level 4
# font-feature-values

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報