transform-origin

transform-originCSS のプロパティで、要素の座標変換 (transform) における原点を設定します。

試してみましょう

座標変換の原点とは、それを中心に座標変換が適用される点です。例えば、 [rotate()](/ja/docs/Web/CSS/transform-function/rotate) 関数における座標変換の原点は、回転の中心です。

実際には、このプロパティは一対の座標変換で、その要素の他の座標変換の周りを囲みます。最初の座標変換は、原点を真の原点である ( 0 , 0 ) に移動させます。その後、他の座標変換が適用されますが、座標変換の原点は ( 0 , 0 ) にあるので、これらの座標変換はその原点の周りで作用します。最後に逆方向の変換を行い,座標変換の原点を元の位置に戻します。したがって,この定義は 次のようになります。

transform-origin: -100% 50%;
transform: rotate(45deg);

この定義は以下の座標変換と同じです。

transform-origin: 0 0;
transform: translate(-100%, 50%) rotate(45deg) translate(100%, -50%);

右から左に読むと、translate(100%, -50%) は変換の原点を進の原点に移動するもので、rotate(45deg) は本来の座標変換であり、translate(-100%, 50%) は変換の原点をもとの場所に戻す変換です。

既定で、座標変換の原点は center です。

構文

/* 値1つの構文 */
transform-origin: 2px;
transform-origin: bottom;

/* x-offset | y-offset */
transform-origin: 3cm 2px;

/* x-offset-keyword | y-offset */
transform-origin: left 2px;

/* x-offset-keyword | y-offset-keyword */
transform-origin: right top;

/* y-offset-keyword | x-offset-keyword */
transform-origin: top right;

/* x-offset | y-offset | z-offset */
transform-origin: 2px 30% 10px;

/* x-offset-keyword | y-offset | z-offset */
transform-origin: left 5px -3px;

/* x-offset-keyword | y-offset-keyword | z-offset */
transform-origin: right bottom 2cm;

/* y-offset-keyword | x-offset-keyword | z-offset */
transform-origin: bottom right 2cm;

/* グローバル値 */
transform-origin: inherit;
transform-origin: initial;
transform-origin: revert;
transform-origin: unset;

transform-origin プロパティは、オフセットを表す 1 ~ 3 つの値を使用して指定することができます。明示的に定義されなかったオフセットは、それぞれの対応する初期値にリセットされます。

単一の <length> または <percentage> が定義された場合、これは水平方向のオフセットを表します。

2 つ以上の値が定義され、どちらもの値もキーワードでない場合、または使われているキーワードが center だけであった場合、最初の値は水平方向のオフセットであり、二番目の値は垂直方向のオフセットです。

  • 値 1 つの構文:
    • 値は <length>, <percentage>, または left, center, right, top, bottom のいずれかでなければなりません。
  • 値 2 つの構文:
    • 一方の値は <length>, <percentage>, またはキーワードの left, center, right のいずれかでなければなりません。
    • もう一方の値は、 <length>, <percentage>, またはキーワードの top, center, bottom のいずれかでなければなりません。
  • 値 3 つの構文:
    • 1 番目と 2 番目の値は、値 2 つの構文と同じです。
    • 3 番目の値は <length> でなければなりません。これは常に Z オフセットを表します。

x-offset

<length> または <percentage> の、ボックスの左端から座標変換の原点までの距離を示す値です。

offset-keyword

left, right, top, bottom, center のいずれかのキーワードで、対応するオフセットを表します。

y-offset

<length> または <percentage> の、ボックスの右端から座標変換の原点までの距離を示す値です。

x-offset-keyword

left, right, center のいずれかのキーワードで、ボックスの左端から座標変換の原点までの距離を示します。

y-offset-keyword

top, bottom, center のいずれかのキーワードで、ボックスの上端から座標変換の原点までの距離を示します。

z-offset

<length> 値 (<percentage> を指定すると文が無効になります) で、ユーザーの視点と z=0 原点の距離を示します。

キーワードは便利な速記形であり、次の <percentage> 値に相当します。

Keyword Value
left 0%
center 50%
right 100%
top 0%
bottom 100%

公式定義

初期値50% 50% 0
適用対象変形可能要素
継承なし
パーセント値囲みボックスの寸法に対する相対値
計算値length の場合は絶対的な値、それ以外の場合はパーセント値
アニメーションの種類長さ、パーセント値、 calc の単純なリスト

Note: transform-origin の初期値は、ルートの <svg> 要素と foreignObject の直接の子である <svg> 要素を除いたすべての SVG 要素では 0 0 です。また、 transform-origin は他の CSS 要素と同様に 50% 50% です。詳しくは SVG transform-origin (en-US) 属性を参照してください。

形式文法

transform-origin = 
[ left | center | right | top | bottom | <length-percentage> ] |
[ left | center | right | <length-percentage> ] [ top | center | bottom | <length-percentage> ] <length>? |
[ [ center | left | right ] && [ center | top | bottom ] ] <length>?

<length-percentage> =
<length> |
<percentage>

様々な変換値のデモ

この例は、様々な変換関数で様々なt transform-origin の値を選択した場合の効果を表します。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報