-moz-orient

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

CSS-moz-orient プロパティは、適用される要素の向きを指定します。

初期値inline
適用対象任意の要素。これは progress および meter には効果がありますが、 <input type="range"> やその他の要素には効果がありません
継承なし
計算値指定通り
アニメーションの種類離散値

構文

-moz-orient プロパティは、以下の一覧にあるキーワード値のうちの一つで指定します。

inline
要素をテキストの軸と同じ方向に描画します。横書きモードでは水平方向に、縦書きモードでは垂直方向に描画します。
block
要素をテキストの軸と直交するように描画します。横書きモードでは垂直方向に、縦書きモードでは水平方向に描画します。
horizontal
要素が水平方向に描画される
vertical
要素が垂直方向に描画される

形式文法

inline | block | horizontal | vertical

HTML

<p>
  The following progress meter
  is horizontal (the default):
</p>
<progress max="100" value="75"></progress>

<p>
 The following progress meter
 is vertical:
</p>
<progress class="vert" max="100" value="75"></progress>

CSS

.vert {
  -moz-orient: vertical;
  width: 16px;
  height: 150px;
}

結果

仕様書

W3C に提出され、最初の反応は肯定的でしたが、このプロパティはまだ仕様書には含まれていません。今のところ、 Mozilla 独自の拡張 (つまり、 -moz-orient) です。

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報