-moz-user-input

« CSS « CSS リファレンス « Mozilla 拡張仕様

概要

Mozilla アプリケーションでは -moz-user-input によって、ある要素がユーザの入力を受け付けるかどうかが決まります。

-moz-user-input は、CSS 3 user-input プロパティの先行実装案の一つでしたが、これはまだ (実装を要求する) 勧告候補に達していません。

textarea のようなユーザからの入力を通常受け付ける要素では -moz-user-input の初期値は enabled です。

構文

-moz-user-input: none | enabled | disabled | inherit

none
要素はユーザからの入力に反応せず :active にならない。
enabled
要素はユーザからの入力を受け付ける。テキストボックスではこれが標準の動作。
disabled
要素はユーザからの入力を受け付けない。しかし、これは disabled を true にするのとは等しくなく、要素は普通に(無効にならずに)描画される。
  • -moz-user-focus は要素がフォーカスされた時の動作をコントロールします。
  • -moz-user-modify はユーザが要素を読み書きできるかを制御します。
  • -moz-user-select は要素がどのように選択されるかを制御します。

input.example {
  /* ユーザはテキストの選択はできますが変更はできません。 */
  -moz-user-input: disabled;
}

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Milly, ethertank, Taken, Marsf, Mgjbot
最終更新者: ethertank,