transform

transformCSS のプロパティで、与えられた要素を回転、拡大縮小、傾斜、移動することできます。これは、 CSS の視覚整形モデルの座標空間を変更します。

このプロパティに none 以外の値が設定されていると、重ね合わせコンテキストが作成されます。この場合、その要素はその中に含まれる position: fixed; または position: absolute; であるすべての要素の包含ブロックとして扱われます。

Warning: 座標変換可能な要素のみが transform の対象になります。つまり、レイアウトが CSS ボックスモデルによって管理される、置換要素でないインラインボックス表の列ボックス表の列グループボックスを除くすべての要素です。

構文

/* キーワード値 */
transform: none;

/* 関数値 */
transform: matrix(1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0, 6.0);
transform: matrix3d(1, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 0, 0, 1);
transform: perspective(17px);
transform: rotate(0.5turn);
transform: rotate3d(1, 2.0, 3.0, 10deg);
transform: rotateX(10deg);
transform: rotateY(10deg);
transform: rotateZ(10deg);
transform: translate(12px, 50%);
transform: translate3d(12px, 50%, 3em);
transform: translateX(2em);
transform: translateY(3in);
transform: translateZ(2px);
transform: scale(2, 0.5);
transform: scale3d(2.5, 1.2, 0.3);
transform: scaleX(2);
transform: scaleY(0.5);
transform: scaleZ(0.3);
transform: skew(30deg, 20deg);
transform: skewX(30deg);
transform: skewY(1.07rad);

/* 複数の関数値 */
transform: translateX(10px) rotate(10deg) translateY(5px);
transform: perspective(500px) translate(10px, 0, 20px) rotateY(3deg);

/* グローバル値 */
transform: inherit;
transform: initial;
transform: revert;
transform: unset;

transform プロパティには、キーワード値 none か 1 つ以上の <transform-function> の値のいずれかが指定されます。

複数の関数値に perspective() が含まれる場合は、先頭に置く必要があります。

<transform-function>

適用される 1 つ以上の CSS 座標変換関数です。座標変換関数は、左から右へ順に重ねられ、つまり右から左の順に座標変換の合成の効果が適用されます。

none

座標変換を何も適用しないことを指定します。

アクセシビリティの考慮

拡大や縮小のアニメーションは、特定の種類の偏頭痛を引き起こす原因になりやすいので、アクセシビリティの問題になることがあります。ウェブサイトにこのようなアニメーションを含める必要がある場合は、できればサイト全体で、ユーザーがアニメーションを止める制御ができるようしてください。

また、 prefers-reduced-motion メディア特性を使用することを検討してください。これを使用してメディアクエリーを書けば、ユーザーがシステムの設定でアニメーションを減らすよう指定した場合にアニメーションを止めることができます。

詳しくは以下の文書を参照してください。

公式定義

初期値none
適用対象変形可能要素
継承なし
パーセント値囲みボックスの寸法に対する相対値
計算値指定通り。ただし相対的な長さはは絶対的な長さに変換される
アニメーションの種類変形
重ね合わせコンテキストの生成あり

形式文法

none | <transform-list>

ここで
<transform-list> = <transform-function>+

ここで
<transform-function> = <matrix()> | <translate()> | <translateX()> | <translateY()> | <scale()> | <scaleX()> | <scaleY()> | <rotate()> | <skew()> | <skewX()> | <skewY()> | <matrix3d()> | <translate3d()> | <translateZ()> | <scale3d()> | <scaleZ()> | <rotate3d()> | <rotateX()> | <rotateY()> | <rotateZ()> | <perspective()>

ここで
<matrix()> = matrix( <number>#{6} )
<translate()> = translate( <length-percentage> , <length-percentage>? )
<translateX()> = translateX( <length-percentage> )
<translateY()> = translateY( <length-percentage> )
<scale()> = scale( <number> , <number>? )
<scaleX()> = scaleX( <number> )
<scaleY()> = scaleY( <number> )
<rotate()> = rotate( [ <angle> | <zero> ] )
<skew()> = skew( [ <angle> | <zero> ] , [ <angle> | <zero> ]? )
<skewX()> = skewX( [ <angle> | <zero> ] )
<skewY()> = skewY( [ <angle> | <zero> ] )
<matrix3d()> = matrix3d( <number>#{16} )
<translate3d()> = translate3d( <length-percentage> , <length-percentage> , <length> )
<translateZ()> = translateZ( <length> )
<scale3d()> = scale3d( <number> , <number> , <number> )
<scaleZ()> = scaleZ( <number> )
<rotate3d()> = rotate3d( <number> , <number> , <number> , [ <angle> | <zero> ] )
<rotateX()> = rotateX( [ <angle> | <zero> ] )
<rotateY()> = rotateY( [ <angle> | <zero> ] )
<rotateZ()> = rotateZ( [ <angle> | <zero> ] )
<perspective()> = perspective( <length> )

ここで
<length-percentage> = <length> | <percentage>

要素の移動と回転

HTML

<div>Transformed element</div>

CSS

div {
  border: solid red;
  transform: translate(30px, 20px) rotate(20deg);
  width: 140px;
  height: 60px;
}

結果

その他の例

その他の例は、CSS 座標変換の使用および <transform-function> をご覧ください。

仕様書

Specification
CSS Transforms Module Level 2 (CSS Transforms 2)
# transform-functions
CSS Transforms Module Level 1 (CSS Transforms 1)
# transform-property

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報