CSSanimation-fill-mode プロパティは、 CSS アニメーションの実行の前後にどう対象にスタイルを適用するかを設定します。

アニメーションのプロパティすべてを一度に設定するには、一括指定プロパティである animation を使用すると便利です。

構文

/* 単一のアニメーション */
animation-fill-mode: none;
animation-fill-mode: forwards;
animation-fill-mode: backwards;
animation-fill-mode: both;

/* 複数のアニメーション */
animation-fill-mode: none, backwards;
animation-fill-mode: both, forwards, none;

none
アニメーションが実行されていない時は、対象にスタイルを適用しません。要素は適用されているその他の CSS 規則を使用して表示されます。これが既定値です。
forwards
対象は実行の最後のキーフレームで設定された計算値を保持します。最後のキーフレームは animation-directionanimation-iteration-count の値によって変わります。
animation-direction animation-iteration-count 最後のキーフレーム
normal 偶数または奇数 100% または to
reverse 偶数または奇数 0% または from
alternate 偶数 0% または from
alternate 奇数 100% または to
alternate-reverse 偶数 100% または to
alternate-reverse 奇数 0% または from
backwards
アニメーションは最初の適切なキーフレームで定義された値を対象に適用されると同時に適用し、 animation-delay の期間これを保持します。最初の適切なキーフレームは、 animation-direction の値によって変わります。
animation-direction 最初の適切なキーフレーム
normal または alternate 0% または from
reverse または alternate-reverse 100% または to
both
アニメーションは forwards と backwards の両方の既定に従います。よって、アニメーションの設定は実行前と実行後の両方に適用されます。

メモ: animation-* プロパティにコンマ区切りで複数の値を指定した場合、 animation-name プロパティで指定したアニメーションに割り当てられますが、いくつあるかによって異なる方法で割り当てられます。詳しくは、複数のアニメーションプロパティ値の設定 を参照してください。

形式文法

<single-animation-fill-mode>#

where
<single-animation-fill-mode> = none | forwards | backwards | both

以下の例で animation-fill-mode の効果を見ることができます。これは無限に繰り返されるアニメーションが、元の状態に戻るのではなく最後の状態を維持するようにすることができます(既定の状態)。

HTML

<p>マウスを灰色のボックスの上に乗せてください!</p>
<div class="demo">
 <div class="growsandstays">これは大きくなって大きいままになります。</div>
  <div class="grows">これは大きくなるだけです。</div>
</div>

CSS

.demo {
  border-top: 100px solid #ccc;
  height: 300px;
}

@keyframes grow {
  0% { font-size: 0; }
  100% { font-size: 40px; }
}

.demo:hover .grows {
  animation-name: grow;
  animation-duration: 3s;
}

.demo:hover .growsandstays {
  animation-name: grow;
  animation-duration: 3s;
  animation-fill-mode: forwards;
}

これ以外の例は CSS アニメーションを参照してください。

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Animations
animation-fill-mode の定義
草案 初回定義

初期値none
適用対象すべての要素、::before / ::after 疑似要素
継承なし
メディア視覚
計算値指定値
アニメーションの種類個別
正規順序形式文法で定義される一意のあいまいでない順序

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 43
完全対応 43
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Edge 完全対応 12
完全対応 12
完全対応 12
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Firefox 完全対応 16
完全対応 16
完全対応 49
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
完全対応 44
接頭辞付き 無効
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
無効 From version 44: this feature is behind the layout.css.prefixes.webkit preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
完全対応 5
接頭辞付き
接頭辞付き -moz- のベンダー接頭辞が必要
IE 完全対応 10Opera 完全対応 30
完全対応 30
完全対応 15
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
未対応 12.1 — 15
未対応 12 — 15
接頭辞付き
接頭辞付き -o- のベンダー接頭辞が必要
Safari 完全対応 あり
完全対応 あり
完全対応 4
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
WebView Android 完全対応 43
完全対応 43
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Chrome Android 完全対応 43
完全対応 43
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Edge Mobile 完全対応 あり
完全対応 あり
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Firefox Android 完全対応 16
完全対応 16
完全対応 49
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
完全対応 44
接頭辞付き 無効
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
無効 From version 44: this feature is behind the layout.css.prefixes.webkit preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
完全対応 5
接頭辞付き
接頭辞付き -moz- のベンダー接頭辞が必要
Opera Android 完全対応 30
完全対応 30
完全対応 15
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
未対応 12.1 — 14
未対応 12 — 14
接頭辞付き
接頭辞付き -o- のベンダー接頭辞が必要
Safari iOS 完全対応 あり
完全対応 あり
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Samsung Internet Android 完全対応 4.0
完全対応 4.0
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要

凡例

完全対応  
完全対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, teoli, ethertank, yyss, FredB
最終更新者: mfuji09,