offset-rotate

offset-rotate は CSS のプロパティで、要素が offset-path に沿って配置された場合の向き/方向を定義します。

試してみましょう

Note: 初期のころの仕様書では、このプロパティを motion-rotation と呼んでいました。

構文

/* パスの方向に従い、任意で角度を追加 */
offset-rotate: auto;
offset-rotate: auto 45deg;

/* パスの方向に従うが、 auto とは逆の方向を向く */
offset-rotate: reverse;

/* パスの位置に関係なく、決められた回転を維持する */
offset-rotate: 90deg;
offset-rotate: .5turn;

/* グローバル値 */
offset-rotate: inherit;
offset-rotate: initial;
offset-rotate: revert;
offset-rotate: unset;
auto

要素は正方向の X 軸から見た offset-path 方向の角度で回転します。これが既定値です。

<angle>

要素は指定された回転角によって、時計方向に固定値で回転変換されます。

auto <angle>

auto<angle> が続いた場合、その角度が auto の計算値に加算されます。

reverse

要素は auto と同様に回転しますが、反対方向を向きます。 auto 180deg の値を指定したのと同等です。

公式定義

初期値auto
適用対象変形可能要素
継承なし
計算値指定通り
アニメーションの種類<angle>, <basic-shape>, <path()> の何れかとして

形式文法

offset-rotate = 
[ auto | reverse ] ||
<angle>

オフセットパスに沿って要素の方向を設定

HTML

<div></div>
<div></div>
<div></div>

CSS

div {
  width: 40px;
  height: 40px;
  background: #2BC4A2;
  margin: 20px;
  clip-path: polygon(0% 0%, 70% 0%, 100% 50%, 70% 100%, 0% 100%, 30% 50%);
  animation: move 5000ms infinite alternate ease-in-out;

  offset-path: path('M20,20 C20,50 180,-10 180,20');
}
div:nth-child(1) {
  offset-rotate: auto;
}
div:nth-child(2) {
  offset-rotate: auto 90deg;
}
div:nth-child(3) {
  offset-rotate: 30deg;
}

@keyframes move {
  100% {
    offset-distance: 100%;
  }
}

結果

仕様書

Specification
Motion Path Module Level 1
# offset-rotate-property

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報