CSSmatrix3d() 関数は、 4x4 の三次元同次変換行列を定義します。結果は <transform-function> データ型になります。

構文

matrix3d() 関数は16の値で指定します。列優先の順で記述します。

matrix3d(a1, b1, c1, d1, a2, b2, c2, d2, a3, b3, c3, d3, a4, b4, c4, d4)

a1 b1 c1 d1 a2 b2 c2 d2 a3 b3 c3 d3 d4
<number> で、線形変換を記述します。
a4 b4 c4
<number> で、適用する変換を記述します。
メモ: Firefox 16 までは、 Gecko は <length> 値を a4, b4, c4 で受け付けていました。
2 のデカルト座標 ℝℙ2 の同次座標 3 のデカルト座標 ℝℙ3 の同次座標
この変換は三次元空間に適用され、平面で表現することはできません。 一般的な三次元アファイン変換は、変換が線形変換ではないので、デカルト座標行列を使用して表現することはできません。 a1a2a3a4b1b2b3b4c1c2c3c4d1d2d3d4

TBD

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Transforms Level 2
matrix3d() の定義
編集者草案 初回定義

ブラウザーの対応

<transform-function> データ型の互換性情報をご覧ください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, mfuji09
最終更新者: mdnwebdocs-bot,