page-break-after

Warning: このプロパティは break-after プロパティで置き換えられました。

page-break-after は CSS のプロパティで、現在の要素の後で改ページが行われるように調整します。

/* キーワード値 */
page-break-after: auto;
page-break-after: always;
page-break-after: avoid;
page-break-after: left;
page-break-after: right;
page-break-after: recto;
page-break-after: verso;

/* グローバル値 */
page-break-after: inherit;
page-break-after: initial;
page-break-after: revert;
page-break-after: unset;

このプロパティは、ボックスを生成するブロックレベル要素に適用されます。ボックスを生成しない空の <div> には適用されません。

構文

auto

初期値です。自動的な改ページが行われます (強制や禁止の機能は持ちません)。

always

要素の後で必ず改ページが行われるように強制します。

avoid

要素の後で改ページされないようにします。

left

要素の後における改ページを強制し、次のページが左ページとして整形されるようにします。

right

要素の後における改ページを強制し、次のページが右ページとして整形されるようにします。

recto

左から右に進むページにおいて right と同じ動作をします。右から左に進むページであれば left と同じ働きをします。

verso

左から右に進むページにおいて left と同じ動作をします。右から左に進むページであれば right と同じ働きをします。

改ページの別名

page-break-after プロパティは古いプロパティとなり、 break-after で置き換えられました。

互換性のため、 page-break-after はブラウザーでは break-after の別名として扱われます。これにより、 page-break-after を使用しているサイトが引き続き設計通りに動作することを保証します。値のサブセットは次のような別名になります。

page-break-after break-after
auto auto
left left
right right
avoid avoid
always page

公式定義

初期値auto
適用対象ルート要素の通常フロー内におけるブロックレベル要素。ユーザーエージェントは他の要素に table-row 要素のように適用することがあります。
継承なし
計算値指定通り
アニメーションの種類離散値

形式文法

auto | always | avoid | left | right | recto | verso

脚注の後にページ区切りを設定

/* 脚注の後で新しいページに移ります */
div.footnotes {
  page-break-after: always;
}

仕様書

Specification
CSS Logical Properties and Values Level 1 (CSS Logical Properties 1)
# page
Proposals for the future of CSS Paged Media
# page-break-after

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報