mozilla
Your Search Results

    font-size-adjust

    概要

    font-size-adjust CSS プロパティは、大文字の高さではなく小文字の高さに基いたフォントサイズの選択を指定します。

    これが便利なのは、特に小さなサイズのフォントの読みやすさは、大文字の高さではなく小文字の高さで決まるからです。最初に選んだ font-family が利用できず、その代替フォントのアスペクト比(小文字のサイズとフォントのサイズの比率)が大きく異る場合に問題になります。

    font-size-adjust をサポートしていないブラウザと互換性を持たせるため、font-size プロパティに掛け合わせる値として指定します。これは、このプロパティに指定した値は通常、最初に選んだフォントのアスペクト比になるということです。例えば、スタイルシートの次の指定は

    font-size: 14px;  
    font-size-adjust: 0.5;
    

    実際のところ、フォントの小文字が 7px の高さ(0.5 x 14px)を持つべきであると指定しています。

    • 初期値none
    • 適用対象全要素
    • 継承する
    • メディアvisual
    • 計算値指定通り
    • アニメーションの可否可。number として可能

    構文

    形式文法: none | auto | <number>
    font-size-adjust: none
    font-size-adjust: 3
    font-size-adjust: 10.7
    
    font-size-adjust: inherit
    

    none
    font-size プロパティだけを基準にフォントサイズを選びます。
    <number>

    font-size に掛け合わせて小文字の高さ(そのフォントの文字 x の高さ)になるような値を指定し、フォントサイズを選びます。

    指定した数値は、通常は最初に選んだ font-family のアスペクト比(文字 x の高さとフォントサイズの比率)にするべきです。こうすれば、最初に選んだフォントが利用可能なら、ブラウザが font-size-adjust をサポートしているかどうかに関わらず、どのブラウザでも同じサイズで表示されます。

    実際の表示を確認

    p {
       font: 12px Verdana, "DejaVu Sans", sans-serif;
       font-size-adjust: 0.58;
    } 

    仕様

    仕様書 策定状況 コメント
    CSS Fonts Module Level 3 勧告候補  

    CSS プロパティ font-size-adjust は初め CSS 2 で定義されましたが、CSS 2.1 では外されました。CSS 3 では新たに定義されています。

    ブラウザ実装状況

    機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
    基本サポート 未サポート  1.0 (1.0)
    Windows のみ
    未サポート  未サポート  未サポート 
    3.0 (1.9)
    全プラットフォーム
    機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
    基本サポート ? 1.0 (1.9.2) ? ? ?

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: sosleepy, ethertank
    最終更新者: ethertank,
    サイドバーを隠す