ジャンプ先:

hanging-punctuation CSS プロパティは、句読点をテキストの行頭や行末にぶら下げるべきかどうかを指定します。ぶら下げられる句読点は行ボックスの外側に配置することができます。

/* キーワード値 */
hanging-punctuation: none;
hanging-punctuation: first;
hanging-punctuation: last;
hanging-punctuation: force-end;
hanging-punctuation: allow-end;

/* 2 つのキーワード */
hanging-punctuation: first force-end;
hanging-punctuation: first allow-end;
hanging-punctuation: first last;
hanging-punctuation: last force-end;
hanging-punctuation: last allow-end;

/* 3 つのキーワード */
hanging-punctuation: first force-end last;
hanging-punctuation: first allow-end last;

/* グローバル値 */
hanging-punctuation: inherit;
hanging-punctuation: initial;
hanging-punctuation: unset;

初期値none
適用対象全要素
継承あり
メディアvisual
計算値指定値
アニメーションの種類個別
正規順序形式文法で定義される一意のあいまいでない順序

構文

hanging-punctuation プロパティは 1 つ、2 つ、または 3 つの値を指定できます。

  • 1 つの値の構文は、下記の値リストのキーワード値のいずれか 1 つを使用します。
  • 2 つの値の構文は、次のうち 1 つを使用します:
    • first と併せて、last, allow-end, force-end のいずれか
    • last と併せて、first, allow-end, force-end のいずれか
  • 3つの値 の構文は、次のうち 1 つを使用します:
    • first, allow-endlast
    • first, force-endlast

none
文字のぶら下げを行いません。
first
要素の最初の書式設定された行頭にある、開き括弧または引用符がぶら下がります。
last
要素の最後の書式設定された行末にある、閉じ括弧または引用符がぶら下がります。
force-end
行末の句読点がぶら下がります。
allow-end
行末の句読点が行に収まらない場合に、句読点がぶら下がります。

形式文法

none | [ first || [ force-end | allow-end ] || last ]

HTML

<p>“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Curabitur dignissim nunc mauris, et sollicitudin est scelerisque sed. Praesent laoreet tortor massa, sit amet vulputate nulla pharetra ut.”</p>

CSS

p {
  hanging-punctuation: first last;
  margin: .5rem;
}

結果

仕様

仕様書 策定状況 コメント
CSS Text Module Level 3
hanging-punctuation の定義
草案 初回定義

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: dskmori, rigani
最終更新者: dskmori,