概要

CSS の word-break プロパティは、改行に関する禁則処理の方法を変更する為に用います。

初期値normal
適用対象全要素
継承継承する
メディアvisual
計算値指定値
アニメーションの可否不可
正規順序形式文法で定義される一意のあいまいでない順序

構文

書式: normal | break-all | keep-all
word-break: normal 
word-break: break-all 
word-break: keep-all

word-break: inherit

normal
デフォルトの改行ルールを使用する。
break-all
CJK (中国語、台湾語、日本語、韓国語)以外のテキストに於いて、単語中などでの文字の改行に関する禁則処理を解除し、どの文字の間でも改行するようにします。
keep-all
CJK テキストの改行を許可しません。CJK 以外のテキストについては normal と同じ挙動となります。

---

仕様

仕様書 策定状況 コメント

CSS Text Level 3

草案  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 1.0 15.0 (15.0) 5.5 [1] 未サポート Yes
keep-all 未サポート [2] 15.0 (15.0) 5.5 未サポート 未サポート [2]
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート Yes 18.0 15.0 (15.0) ? 未サポート ?
keep-all 未サポート [2] 未サポート [2] 15.0 (15.0) ? 未サポート 未サポート [2]

[1] IE8 では、独自実装であった -ms-word-break プロパティと同等の word-break が既に実装されています。ベンダープリフィックス(ベンダー接頭辞)の -ms- 付きの -ms-word-break を用いる必要はありません。

[2] WebKit bug 123782.

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, fscholz, Sebastianz, ethertank, sosleepy
 最終更新者: teoli,