skewY()

skewY()CSS 関数で、要素を二次元平面上で垂直方向にゆがめる変形を定義します。結果は <transform-function> データ型になります。

この変形はシアー変形 (せん断写像) で、要素内のそれぞれの点を垂直方向に指定された角度でゆがませます。それぞれの点の縦座標は、指定された角度と原点からの距離に比例した値によって変更されます。よって、原点から遠くなるにしたがって、加えられる値が大きくなります。

構文

skewY(a)

a
<angle> で、縦座標方向にゆがめるのに使用する角度を表します。
2 のデカルト座標 ℝℙ2 の同次座標 3 のデカルト座標 ℝℙ3 の同次座標
10tan(a)1 100tan(a)10001 100tan(a)10001 1000tan(a)10000100001
[1 tan(a) 0 1 0 0]

HTML

<div>Normal</div>
<div class="skewed">Skewed</div>

CSS

div {
  width: 80px;
  height: 80px;
  background-color: skyblue;
}

.skewed {
  transform: skewY(40deg);
  background-color: pink;
}

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Transforms Level 1
skewY() の定義
草案 初回定義

ブラウザーの互換性

<transform-function> データ型の互換性情報をご覧ください。

関連情報