CSS の font-variant-ligatures プロパティは、適用される用途の文字コンテンツで使われる合字および文脈に合わせた字形を制御します。

構文

/* キーワード値 */
font-variant-ligatures: normal;
font-variant-ligatures: none;
font-variant-ligatures: common-ligatures;           /* <common-lig-values> */
font-variant-ligatures: no-common-ligatures;        /* <common-lig-values> */
font-variant-ligatures: discretionary-ligatures;    /* <discretionary-lig-values> */
font-variant-ligatures: no-discretionary-ligatures; /* <discretionary-lig-values> */
font-variant-ligatures: historical-ligatures;       /* <historical-lig-values> */
font-variant-ligatures: no-historical-ligatures;    /* <historical-lig-values> */
font-variant-ligatures: contextual;                 /* <contextual-alt-values> */
font-variant-ligatures: no-contextual;              /* <contextual-alt-values> */
font-variant-ligatures: contextual;                 /* <no-historical-ligatures> <common-ligatures> */

/* グローバル値 */
font-variant-ligatures: inherit;
font-variant-ligatures: initial;
font-variant-ligatures: unset;

font-variant-ligatures プロパティは、以下の一覧のキーワード値のうち一つで指定します。

normal
正しいレンダリングに必要な通常の合字や文脈書式を有効にします。有効になる合字と書式は、フォント、言語、および書法の種類によって異なります。これが既定値です。
none
一般的なものであっても、すべての合字や文脈書式を無効にします。
<common-lig-values>
fi, ffi, th などの、よくある合字を制御します。 OpenType の値 liga および clig に対応します。二つの値が指定できます。
  • common-ligatures: これらの合字を有効にします。なお、キーワード normal はこれらの合字を有効にします。
  • no-common-ligatures: これらの合字を無効にします。
<discretionary-lig-values>
フォントに依存し文字デザイナーが定義する特定の合字を制御します。対応する OpenType の値は dlig です。二つの値が指定できます。
  • discretionary-ligatures: これらの合字を有効にします。
  • no-discretionary-ligatures: これらの合字を無効にします。なお、キーワード normal はふつう、これらの合字を無効にします。
<historical-lig-values>
古い本で歴史的に使用された、ドイツ語の tz が ß と表示されるような合字です。対応する OpenType の値は hlig です。二つの値が指定できます。
  • historical-ligatures: これらの合字を有効にします。
  • no-historical-ligatures これらの合字を無効にします。なお、キーワード normal はふつう、これらの合字を無効にします。
<contextual-alt-values>
字形を文脈に合わせるかどうかを制御します。つまり、字形を周囲の文字に合わせるかどうかです。対応する OpenType の値は calt です。二つの値が指定できます。
  • contextual: 文脈的な変更を使用するよう指定します。なお、キーワード normal はこれらの合字も有効にします。
  • no-contextual: 使用を避けます。

形式文法

normal | none | [ <common-lig-values> || <discretionary-lig-values> || <historical-lig-values> || <contextual-alt-values> ]

where
<common-lig-values> = [ common-ligatures | no-common-ligatures ]
<discretionary-lig-values> = [ discretionary-ligatures | no-discretionary-ligatures ]
<historical-lig-values> = [ historical-ligatures | no-historical-ligatures ]
<contextual-alt-values> = [ contextual | no-contextual ]

p {
  font-variant-ligatures: none;
}

HTML

<p>Hello there</p>

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Fonts Module Level 3
font-variant-ligatures の定義
勧告候補 初回定義

初期値normal
適用対象すべての要素。 ::first-letter and ::first-line にも適用されます。
継承あり
メディア視覚
計算値指定値
アニメーションの種類個別
正規順序形式文法における値の出現順

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 34
完全対応 34
完全対応 31
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Edge 未対応 なしFirefox 完全対応 34
完全対応 34
未対応 24 — 34
無効
無効 From version 24 until version 34 (exclusive): this feature is behind the layout.css.font-features.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE 未対応 なしOpera 完全対応 21
完全対応 21
完全対応 19
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Safari 完全対応 9.1
完全対応 9.1
完全対応 7
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
WebView Android 完全対応 37
完全対応 37
完全対応 4.4
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Chrome Android 完全対応 34Edge Mobile 未対応 なしFirefox Android 完全対応 34
完全対応 34
未対応 24 — 34
無効
無効 From version 24 until version 34 (exclusive): this feature is behind the layout.css.font-features.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
Opera Android 完全対応 21Safari iOS 完全対応 あり
完全対応 あり
完全対応 7
接頭辞付き
接頭辞付き -webkit- のベンダー接頭辞が必要
Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,