<string>

<string>CSSデータ型で、一連の文字列を表します。文字列は content, font-family, quotes など、数々の CSS プロパティで使用されます。

構文

<string> データ型は任意の数の Unicode 文字を、二重引用符 (") または単一引用符 (') で囲んで構成します。

多くの文字は文字通りに表現されます。またすべての文字は、それぞれの 16 進数の Unicode コードポイントで表現することもできます。例えば、 \22 は二重引用符を表し、 \27 は単一引用符 (')、 \A9 は著作権記号 (©) を表します。

重要なことは、文字によっては他の方法として、バックスラッシュでエスケープすることもできます。これらには二重引用符で囲まれた文字列内で使われる二重引用符、単一引用符で囲まれた文字列内で使われる単一引用符、およびバックスラッシュ自身です。例えば、 \\ は単一のバックスラッシュを生成します。

改行文字を出力するには、 \A 又は \00000A のように改行文字としてエスケープする必要があります。しかし、改行を行の末尾の文字として \ でエスケープすると、コード内で文字列を複数行に渡らせることができます。

注: HTML エンティティ (&nbsp;&#8212; など) は、 CSS の <string> の中で使用することはできません。

有効な文字列の例

/* 単純な文字列 */
"This string is demarcated by double quotes."
'This string is demarcated by single quotes.'

/* 文字のエスケープ */
"This is a string with \" an escaped double quote."
"This string also has \22 an escaped double quote."
'This is a string with \' an escaped single quote.'
'This string also has \27 an escaped single quote.'
"This is a string with \\ an escaped backslash."

/* 文字列内の改行 */
"This string has a \Aline break in it."

/* 2 行にわたる文字列 (これら 2 つの文字列は同じ出力になります) */
"A really long \
awesome string"
"A really long awesome string"

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Values and Units Module Level 3
<string> の定義
勧告候補 CSS Level 2 (Revision 1) から重要な変更なし
CSS Level 2 (Revision 1)
<string> の定義
勧告 明示的定義; Unicode の 6 桁エスケープ文字を許容
CSS Level 1
<string> の定義
勧告 暗黙的定義; Unicode の 4 桁エスケープ文字を許容

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報