ここへジャンプ:

CSSdrop-shadow() 関数は、入力画像にドロップシャドウ効果を適用します。結果は <filter-function> です。

ドロップシャドウは効果的にぼけ、入力画像のアルファマスクのバージョンからずれ、特定の色で描かれて画像の下に混合されます。

メモ: この関数はいくらか box-shadow プロパティと似ています。 box-shadow プロパティは要素のボックス全体の背後に長方形の影を作成しますが、 drop-shadow() フィルター関数は画像そのものの形 (アルファチャネル) に合った影を作成します。

構文

drop-shadow(offset-x offset-y blur-radius spread-radius color)

drop-shadow() 関数は <shadow> 型の引数 (CSS3 背景で定義) を受け付けますが、 inset キーワードが許可されないという例外があります。この関数はもっとよく使われている box-shadow プロパティと似ています。違いはフィルターの場合、ブラウザーによってはハードウェアアクセラレーションにより性能が上がることです。<shadow> の引数は以下の通りです。

引数

offset-x offset-y (必須)
影のオフセットを指定する2つの <length> 値です。 offset-x は水平方向の距離を表し、負の数で影を要素の左方に配置します。 offset-y は垂直方向の距離を表し、負の数で影を要素の上方に配置します。どちらの値も 0 であれば、影は要素の真後ろに配置されます。
blur-radius (任意)
影をぼかす半径で、 <length> で指定します。値が大きくなるほど、影は広く薄くなります。指定されていない場合は、既定値の 0 になり、辺がはっきりとしてぼけなくなります。負の数は許可されていません。
spread-radius (任意)
影が広がる半径を、 <length> で指定します。正の数ならば影が広く大きくなるのに対し、負の数ならば影が縮小します。指定されない場合は既定値の 0 となり、影は入力画像と同じ寸法になります。
Chrome 及び Safari (WebKit ベースのブラウザー-) はこの引数に対応していません。使用すると、効果が表示されません。
color (任意)
影の色で、 <color> で指定します。指定されない場合の既定値は、ブラウザーによります。 Firefox 及び Internet Explorer color プロパティの値が使用されます。一方、 WebKit の影は既定で透明であり、この値を省略する使い方は限られています。

/* 10px のぼかしで広がりのない黒い影 */
drop-shadow(16px 16px 10px black)

/* 1rem のぼかしで 3rem の広がりの赤っぽい影 */
drop-shadow(.5rem .5rem 1rem .3rem #e23)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: mfuji09
 最終更新者: mfuji09,