overflow-y

概要

CSSoverflow-y プロパティは、ブロックレベル要素のコンテンツが top または bottom 境界からはみ出したときに、はみ出したコンテンツをそのまま表示するのか、クリップするのか、スクロールバーをつけて表示するのかを指定します。

  • 初期値 visible
  • 適用対象 非置換ブロックレベル要素と非置換インラインブロック要素
  • 継承 継承しない
  • メディア visual
  • 計算値 指定値
  • アニメーションの可否 不可
  • 正規順序 形式文法で定義される一意のあいまいでない順序

構文

形式文法: visible | hidden | scroll | auto
overflow-y: visible
overflow-y: hidden
overflow-y: scroll
overflow-y: auto

overflow-y: inherit

visible
コンテンツはクリップされず、コンテンツのボックスより外側に描画されるかもしれません。
hidden
コンテンツはクリップされ、クリップ領域外の(見えなくなった)コンテンツを見るためのスクロールバーは作られません。
scroll
コンテンツはクリップされ、デスクトップブラウザではコンテンツがクリップされたかどうかに関わらず、スクロールバーを描画します。これは、動的な環境でスクロールバーが表示されたり消されたりして起きる問題を防ぎます。プリンターははみ出たコンテンツを印刷するかもしれません。
auto
ユーザエージェントに依存する動作です。Firefox のようなデスクトップブラウザでは、コンテンツがはみ出るならスクロールバーを作ります。

[fixme]

仕様

仕様書 策定状況 コメント
CSS Basic Box Model 草案  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 1.0 Unknown (1.5) 5.0 [*] 9.5 3.0
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 1.0 (有) 1.0 (1.5) (有) (有) (有)

[*] IE8 は -ms-overflow-y overflow-y の同義語として導入しました。プレフィックス -ms- は使わないでください。

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: sosleepy, ethertank
最終更新者: ethertank,
サイドバーを隠す