content

contentCSS のプロパティで、ある要素を生成された値で置き換えます。 content プロパティを使用して挿入されたオブジェクトは、無名の置換要素 になります。

/* 他の値と組み合わせることができないキーワード */
content: normal;
content: none;

/* <image> 値 */
content: url("http://www.example.com/test.png");
content: linear-gradient(#e66465, #9198e5);

/* 生成コンテンツの代替テキスト、レベル 3 の仕様書で追加 */
content: url("http://www.example.com/test.png") / "This is the alt text";

/* <string> 値 */
content: "prefix";

/* <counter> 値、任意で <list-style-type> */
content: counter(chapter_counter);
content: counter(chapter_counter, upper-roman);
content: counters(section_counter, ".");
content: counters(section_counter, ".", decimal-leading-zero);

/* HTML 属性値にリンクした attr() 値 */
content: attr(value string);

/* 言語や位置に依存したキーワード */
content: open-quote;
content: close-quote;
content: no-open-quote;
content: no-close-quote;

/* normal と none を除き、複数の値が同時に使用可 */
content: open-quote counter(chapter_counter);

/* グローバル値 */
content: inherit;
content: initial;
content: revert;
content: unset;

構文

none

擬似要素に適用された場合は、その擬似要素は生成されません。要素に適用された場合は、この値は効果がありません。

normal

::before および ::after 擬似要素では none として計算されます。

<string>

要素の「代替テキスト」を指定します。この値は任意の数のテキスト文字です。ラテン文字以外は Unicode エスケープシーケンスを使用してエンコードする必要があります。例えば、 \000A9 は著作権記号を表します。

<image>

<image> です。 url() または <gradient> データ型、または element() 関数で定義されるウェブページの一部です。

counter()

CSS カウンターの値で、通常は <counter-reset> および <counter-increment> プロパティで定義され、計算によって生み出される数値です。 counter() または counters() 関数を使用して表示することができます。

counter() 関数には、 'counter(名前)' または 'counter(名前, スタイル)' の二つの形式があります。生成されるテキストは、その擬似要素のスコープにおけるその名前の最も内側のカウンターです。<list-style-type> で指定されたスタイルで整形されます (decimal が既定値です)。

counters() 関数も、 'counters(名前, 文字列)' または 'counters(名前, 文字列, スタイル)' の二つの形式があります。生成されるテキストは、その擬似要素のスコープにおけるその名前のすべてのカウンターの値であり、外側から内側に向けて、指定された文字列で区切られます。カウンターは指定されたスタイルで表示されます(decimal が既定値です)。

attr(x)

要素の属性の値 x を文字列として返します。属性 x が存在しない場合は、空文字列が返されます。属性名の大文字と小文字が区別されるかどうかは、文書の言語に依存します。

open-quote | close-quote

これらの値は quotes プロパティの対応する文字列に置き換えられます。

no-open-quote | no-close-quote

内容はありませんが、引用符の入れ子の階層を増加 (または減少) させます。

アクセシビリティの考慮

CSS で生成されるコンテンツは、 DOM には含まれません。そのため、これはアクセシビリティツリーでは表現されず、支援技術とブラウザーの組み合わせによってはアナウンスされないことがあります。そのコンテンツがページの目的を理解する上で重要な情報を含んでいるのであれば、メイン文書に含めたほうが適切です。

公式定義

初期値normal
適用対象すべての要素、ツリーに現れる擬似要素、ページのマージンボックス
継承なし
計算値要素の場合は、常に normal と計算される。 ::before および ::after の場合、 normal が指定されていれば計算値は none。それ以外の場合、 URI 値の場合は絶対 URI、 attr() 値の場合は結果の文字列、その他のキーワードについては指定通り。
アニメーションの種類離散値

形式文法

normal | none | [ <content-replacement> | <content-list> ] [/ <string> ]?

ここで
<content-replacement> = <image>
<content-list> = [ <string> | contents | <image> | <quote> | <target> | <leader()> ]+

ここで
<image> = <url> | <image()> | <image-set()> | <element()> | <paint()> | <cross-fade()> | <gradient>
<quote> = open-quote | close-quote | no-open-quote | no-close-quote
<target> = <target-counter()> | <target-counters()> | <target-text()>
<leader()> = leader( <leader-type> )

ここで
<image()> = image( <image-tags>? [ <image-src>? , <color>? ]! )
<image-set()> = image-set( <image-set-option># )
<element()> = element( <id-selector> )
<paint()> = paint( <ident>, <declaration-value>? )
<cross-fade()> = cross-fade( <cf-mixing-image> , <cf-final-image>? )
<gradient> = <linear-gradient()> | <repeating-linear-gradient()> | <radial-gradient()> | <repeating-radial-gradient()> | <conic-gradient()>
<target-counter()> = target-counter( [ <string> | <url> ] , <custom-ident> , <counter-style>? )
<target-counters()> = target-counters( [ <string> | <url> ] , <custom-ident> , <string> , <counter-style>? )
<target-text()> = target-text( [ <string> | <url> ] , [ content | before | after | first-letter ]? )
<leader-type> = dotted | solid | space | <string>

ここで
<image-tags> = ltr | rtl
<image-src> = <url> | <string>
<color> = <rgb()> | <rgba()> | <hsl()> | <hsla()> | <hex-color> | <named-color> | currentcolor | <deprecated-system-color>
<image-set-option> = [ <image> | <string> ] [ <resolution> || type(<string>) ]
<id-selector> = <hash-token>
<cf-mixing-image> = <percentage>? && <image>
<cf-final-image> = <image> | <color>
<linear-gradient()> = linear-gradient( [ <angle> | to <side-or-corner> ]? , <color-stop-list> )
<repeating-linear-gradient()> = repeating-linear-gradient( [ <angle> | to <side-or-corner> ]? , <color-stop-list> )
<radial-gradient()> = radial-gradient( [ <ending-shape> || <size> ]? [ at <position> ]? , <color-stop-list> )
<repeating-radial-gradient()> = repeating-radial-gradient( [ <ending-shape> || <size> ]? [ at <position> ]? , <color-stop-list> )
<conic-gradient()> = conic-gradient( [ from <angle> ]? [ at <position> ]?, <angular-color-stop-list> )
<counter-style> = <counter-style-name> | symbols()

ここで
<rgb()> = rgb( <percentage>{3} [ / <alpha-value> ]? ) | rgb( <number>{3} [ / <alpha-value> ]? ) | rgb( <percentage>#{3} , <alpha-value>? ) | rgb( <number>#{3} , <alpha-value>? )
<rgba()> = rgba( <percentage>{3} [ / <alpha-value> ]? ) | rgba( <number>{3} [ / <alpha-value> ]? ) | rgba( <percentage>#{3} , <alpha-value>? ) | rgba( <number>#{3} , <alpha-value>? )
<hsl()> = hsl( <hue> <percentage> <percentage> [ / <alpha-value> ]? ) | hsl( <hue>, <percentage>, <percentage>, <alpha-value>? )
<hsla()> = hsla( <hue> <percentage> <percentage> [ / <alpha-value> ]? ) | hsla( <hue>, <percentage>, <percentage>, <alpha-value>? )
<side-or-corner> = [ left | right ] || [ top | bottom ]
<color-stop-list> = [ <linear-color-stop> [, <linear-color-hint>]? ]# , <linear-color-stop>
<ending-shape> = circle | ellipse
<size> = closest-side | farthest-side | closest-corner | farthest-corner | <length> | <length-percentage>{2}
<position> = [ [ left | center | right ] || [ top | center | bottom ] | [ left | center | right | <length-percentage> ] [ top | center | bottom | <length-percentage> ]? | [ [ left | right ] <length-percentage> ] && [ [ top | bottom ] <length-percentage> ] ]
<angular-color-stop-list> = [ <angular-color-stop> [, <angular-color-hint>]? ]# , <angular-color-stop>
<counter-style-name> = <custom-ident>

ここで
<alpha-value> = <number> | <percentage>
<hue> = <number> | <angle>
<linear-color-stop> = <color> <color-stop-length>?
<linear-color-hint> = <length-percentage>
<length-percentage> = <length> | <percentage>
<angular-color-stop> = <color> && <color-stop-angle>?
<angular-color-hint> = <angle-percentage>

ここで
<color-stop-length> = <length-percentage>{1,2}
<color-stop-angle> = <angle-percentage>{1,2}
<angle-percentage> = <angle> | <percentage>

見出しと引用符

この例では引用部分の周りに引用符を挿入し、見出しの前に "Chapter" の語を追加します。

HTML

<h1>5</h1>
<p>According to Sir Tim Berners-Lee,
  <q cite="http://www.w3.org/People/Berners-Lee/FAQ.html#Internet">I was
    lucky enough to invent the Web at the time when the Internet
    already existed - and had for a decade and a half.</q>
  We must understand that there is nothing fundamentally wrong
  with building on the contributions of others.
</p>

<h1>6</h1>
<p>According to the Mozilla Manifesto,
  <q cite="http://www.mozilla.org/en-US/about/manifesto/">Individuals
    must have the ability to shape the Internet and
    their own experiences on the Internet.</q>
  Therefore, we can infer that contributing to the open web
  can protect our own individual experiences on it.
</p>

CSS

q {
  color: blue;
}

q::before {
  content: open-quote;
}

q::after {
  content: close-quote;
}

h1::before  {
  content: "Chapter ";  /* 最後の空白は、追加コンテンツと
                           残りのコンテンツの間を区切る
                           ものです */
}

結果

テキストと組み合わせる画像

この例はリンクの前に画像を挿入します。画像が見つからなければ、代わりにテキストを挿入します。

HTML

<a href="https://www.mozilla.org/en-US/">Mozilla Home Page</a>

CSS

a::before {
  content: url("https://mozorg.cdn.mozilla.net/media/img/favicon.ico") / " MOZILLA: ";
  font: x-small Arial, sans-serif;
  color: gray;
}

結果

クラスのターゲッティング

この例はリストの特定の項目の後に追加のテキストを挿入します。

HTML

<h2>Paperback Best Sellers</h2>
<ol>
  <li>Political Thriller</li>
  <li class="new-entry">Halloween Stories</li>
  <li>My Biography</li>
  <li class="new-entry">Vampire Romance</li>
</ol>

CSS

.new-entry::after {
  content: " New!";  /* 先頭の空白は、追加コンテンツと
                        残りのコンテンツの間を区切る
                        ものです */
  color: red;
}

結果

画像および要素の属性

この例はそれぞれのリンクの前に画像を挿入し、後に id 属性を追加します。

HTML

  <li><a id="moz" href="https://www.mozilla.org/">
    Mozilla Home Page</a></li>
  <li><a id="mdn" href="https://developer.mozilla.org/">
    Mozilla Developer Network</a></li>
</ul>

CSS

a {
  text-decoration: none;
  border-bottom: 3px dotted navy;
}

a::after {
  content: " (" attr(id) ")";
}

#moz::before {
  content: url("https://mozorg.cdn.mozilla.net/media/img/favicon.ico");
}

#mdn::before {
  content: url("mdn-favicon16.png");
}

li {
  margin: 1em;
}

結果

要素の置き換え

この例は、要素の内容を画像で置き換えます。要素の内容を url() または <image> の値のどちらかで置き換えることができます。 ::before または ::after で追加された内容は、要素の中身が置き換えられるときは生成されません。

HTML

<div id="replaced">Mozilla</div>

CSS

#replaced {
  content: url("mdn.svg");
}

#replaced::after { /* 要素の置換に対応している場合は表示されない */
  content: " (" attr(id) ")";
}

結果

仕様書

Specification
CSS Generated Content Module Level 3 (CSS Generated Content 3)
# content-property

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報