:invalid

:invalidCSS擬似クラスで、 <input> 要素や <form> 要素のうち内容が検証に失敗したものを表します。

/* 無効な <input> を選択 */
input:invalid {
  background-color: pink;
}

この擬似クラスは、入力欄の現在の値が許可された範囲内にあることをユーザーに視覚的に示すのに便利です。

構文

:invalid

この例は、検証ができた要素を緑に色付け、検証ができなかった要素を赤に色付ける単純なフォームを表しています。

HTML

<form>
  <div class="field">
    <label for="url_input">URL を入力して下さい:</label>
    <input type="url" id="url_input">
  </div>

  <div class="field">
    <label for="email_input">メールアドレスを入力して下さい:</label>
    <input type="email" id="email_input" required>
  </div>
</form>

CSS

label {
  display: block;
  margin: 1px;
  padding: 1px;
}

.field {
  margin: 1px;
  padding: 1px;
}

input:invalid {
  background-color: #ffdddd;
}

form:invalid {
  border: 5px solid #ffdddd;
}

input:valid {
  background-color: #ddffdd;
}

form:valid {
  border: 5px solid #ddffdd;
}

input:required {
  border-color: #800000;
  border-width: 3px;
}

input:required:invalid {
  border-color: #c00000;
}

結果

アクセシビリティの考慮

赤は入力が無効であることを示すためによく使われます。色盲の人によっては、それ以外の色によらない識別方法を伴わないと、入力状態が判別できないことがあります。通常、文字列やアイコンを使用して説明します。

ラジオボタン

グループのラジオボタンの1つがs required の場合、 :invalid 擬似クラスはグループ内のボタンが1つも選択されていない時に選択されます。(グループ化されたラジオボタンは同じ name 属性を共有しています。)

Gecko の既定値

既定で Gecko は :invalid 擬似クラスのスタイルを適用しません。しかし、 :invalid の場合のサブセットに適用される :-moz-ui-invalid 擬似クラスにスタイル(box-shadow プロパティを用いて赤く「伸びる」スタイル)を適用します。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
:invalid の定義
現行の標準 変更なし。
HTML5
:invalid の定義
勧告 HTML の意味論と制約検証を定義。
Selectors Level 4
:invalid の定義
草案 初回定義。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報