:first-child

:first-childCSS擬似クラスで、兄弟要素のグループの中で最初の要素を表します。

/* 兄弟要素の中で最初の <p> を
   すべてを選択 */
p:first-child {
  color: lime;
}

注: 最初の定義では、親のある要素のみが選択されていました。 Selectors Level 4 の初期に、これは必要なくなりました。

構文

:first-child

基本的な例

HTML

<div>
  <p>This text is selected!</p>
  <p>This text isn't selected.</p>
</div>

<div>
  <h2>This text isn't selected: it's not a `p`.</h2>
  <p>This text isn't selected.</p>
</div>

CSS

p:first-child {
  color: lime;
  background-color: black;
  padding: 5px;
}

結果

リストのスタイル付け

HTML

<ul>
  <li>Item 1</li>
  <li>Item 2</li>
  <li>Item 3
    <ul>
      <li>Item 3.1</li>
      <li>Item 3.2</li>
      <li>Item 3.3</li>
    </ul>
  </li>
</ul>

CSS

ul li {
  color: blue;
}

ul li:first-child {
  color: red;
  font-weight: bold;
}

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
Selectors Level 4
:first-child の定義
草案 選択する要素に親を必要としないようにした。
Selectors Level 3
:first-child の定義
勧告 変更なし。
CSS Level 2 (Revision 1)
:first-child の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報