flex-basis

flex-basisCSS のプロパティで、フレックスアイテムの主要部分の初期の寸法を設定します。 box-sizing で設定していない限り、このプロパティはコンテンツボックスの寸法を定義します。

試してみましょう

この例では、3 つすべてのアイテムの flex-growflex-shrink プロパティがともに 1 に設定されており、フレックスアイテムが初期の flex-basis から伸長したり縮小したりできることを示しています。

このデモでは、最初のアイテムの flex-basis を変更します。そして、その flex-basis を基準にして伸長したり縮小したりします。つまり、例えば最初のアイテムの flex-basis200px の場合、最初は 200px で表示されますが、他のアイテムが最低でも min-content の大きさであることを考慮して、利用可能な空間に合わせて縮小されます。

下記の図は、Firefox の Flexbox インスペクターがアイテムがどのような寸法になるのかを理解するのに役立つことを示しています。

Firefox の Flexbox インスペクターでは、アイテムが縮小された後のサイズが表示されます。

Note: (auto 以外の) flex-basiswidth (または flex-direction: column の場合は height) の両方が要素に設定されていた場合、 flex-basis が優先されます。

構文

/* 幅を指定する */
flex-basis: 10em;
flex-basis: 3px;
flex-basis: auto;

/* 固有のサイズ指定キーワード */
flex-basis: fill;
flex-basis: max-content;
flex-basis: min-content;
flex-basis: fit-content;

/* フレックスアイテムの内容物に基づいて自動設定する */
flex-basis: content;

/* グローバル値 */
flex-basis: inherit;
flex-basis: initial;
flex-basis: revert;
flex-basis: unset;

flex-basis プロパティは、content キーワードまたは <'width'> で指定します。

<'width'>

絶対的な <length>、親のフレックスコンテナーの主軸方向の寸法に対する <percentage>、あるいは auto キーワードで定義します。負の値は無効です。既定値は auto です。

content

フレックスアイテムの内容物に基づいて、自動的に大きさを決めます。

Note: この値は Flexible Box Layout の初期リリースでは定義されていませんでしたので、古い実装では対応していない場合があります。主軸方向の寸法 (width または height) を auto にするのと合わせて auto を使用することで、同等の効果を得られます。

  • もともと、flex-basis:auto は「自身の width または height プロパティを参照する」という意味でした。
  • その後 flex-basis:auto の意味が自動拡大縮小設定に変わり、また「自身の width または height プロパティを参照する」キーワードとして "main-size" を導入しました。これは バグ 1032922 で実装しました。
  • さらに、この変更が バグ 1093316 で戻されて auto が再び「自身の width または height プロパティを参照する」になり、自動拡大縮小設定を行うための content キーワードを新たに導入しました (content キーワードの追加は バグ 1105111 で扱っています)。

公式定義

初期値auto
適用対象フロー内の擬似要素を含むフレックスアイテム
継承なし
パーセント値フレックスコンテナーの内部の主要な寸法に対する相対値
計算値指定通り。ただし相対的な長さはは絶対的な長さに変換される
アニメーションの種類length または パーセント値, calc();

形式文法

content | <'width'>

フレックスアイテムの初期の寸法の設定

HTML

<ul class="container">
  <li class="flex flex1">1: flex-basis test</li>
  <li class="flex flex2">2: flex-basis test</li>
  <li class="flex flex3">3: flex-basis test</li>
  <li class="flex flex4">4: flex-basis test</li>
  <li class="flex flex5">5: flex-basis test</li>
</ul>

<ul class="container">
  <li class="flex flex6">6: flex-basis test</li>
</ul>

CSS

.container {
  font-family: arial, sans-serif;
  margin: 0;
  padding: 0;
  list-style-type: none;
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
}

.flex {
  background: #6AB6D8;
  padding: 10px;
  margin-bottom: 50px;
  border: 3px solid #2E86BB;
  color: white;
  font-size: 14px;
  text-align: center;
  position: relative;
}

.flex:after {
  position: absolute;
  z-index: 1;
  left: 0;
  top: 100%;
  margin-top: 10px;
  width: 100%;
  color: #333;
  font-size: 12px;
}

.flex1 {
  flex-basis: auto;
}

.flex1:after {
  content: 'auto';
}

.flex2 {
  flex-basis: max-content;
}

.flex2:after {
  content: 'max-content';
}

.flex3 {
  flex-basis: min-content;
}

.flex3:after {
  content: 'min-content';
}

.flex4 {
  flex-basis: fit-content;
}

.flex4:after {
  content: 'fit-content';
}

.flex5 {
   flex-basis: content;
}

.flex5:after {
  content: 'content';
}

.flex6 {
  flex-basis: fill;
}

.flex6:after {
  content: 'fill';
}

結果

仕様書

Specification
CSS Flexible Box Layout Module Level 1
# flex-basis-property

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報