属性セレクター

CSS の属性セレクター (attribute selector) は、指定された属性が存在するかどうかや、その値に基づいて要素を選択します。

/* title 属性を持つ <a> 要素 */
a[title] {
		color: purple;
}

/* href が "https://example.org" と一致する <a> 要素 */
a[href="https://example.org"] {
		color: green;
}

/* href に "example" を含む <a> 要素 */
a[href*="example"] {
		font-size: 2em;
}

/* href が "org" で終わる <a> 要素 */
a[href$=".org"] {
		font-style: italic;
}

構文

[attr]
attr という名前の属性を持つ要素を表します。
[attr=value]
attr という名前の属性の値が正確に value である要素を表します。
[attr~=value]
attr という名前の属性の値が正確に value と一致する要素を表します。空白区切りの語のリストの形で、複数の value を含めることができます。
[attr|=value]
attr という名前の属性の値が正確に value と一致するか、 value で始まり直後にハイフン (- (U+002D)) が続く要素を表します。言語のサブコードの一致によく使われます。
[attr^=value]
attr という名前の属性の値が value で始まる要素を表します。
[attr$=value]
attr という名前の属性の値が value で終わる要素を表します。
[attr*=value]
attr という名前の属性の値が、文字列中に value を1つ以上含む要素を表します。
[attr operator value i]
閉じ角括弧の前に i (または I) を追加すると、 (ASCII の範囲内の文字の場合) 値は大文字と小文字を区別せずに比較されます。
[attr operator value s]
閉じ角括弧の前に s (または S) を追加すると、 (ASCII の範囲内の文字の場合) 値は大文字と小文字を区別して比較されます。

CSS

a {
		color: blue;
}

/* "#" で始まる内部リンク */
a[href^="#"] {
		background-color: gold;
}

/* URL のどこかに "example" が含まれるリンク */
a[href*="example"] {
		background-color: silver;
}

/* URL のどこかに "insensitive" が含まれるリンクで、
			大文字小文字は区別しない */
a[href*="insensitive" i] {
		color: cyan;
}

/* URL のどこかに "cAsE" があるリンクに一致
大文字小文字の区別つき */
a[href*="cAsE" s] {
  color: pink;
}

/* ".org" で終わるリンク */
a[href$=".org"] {
		color: red;
}

HTML

<ul>
  <li><a href="#internal">Internal link</a></li>
  <li><a href="http://example.com">Example link</a></li>
  <li><a href="#InSensitive">Insensitive internal link</a></li>
  <li><a href="http://example.org">Example org link</a></li>
</ul>

結果

言語

CSS

/* `lang` 属性があるすべての div を太字にする。 */
div[lang] {
  font-weight: bold;
}

/* アメリカ英語の div はすべて青。 */
div[lang~="en-us"] {
  color: blue;
}

/* ポルトガル語の div はすべて緑。 */
div[lang="pt"] {
  color: green;
}

/* 中国語の div はすべて赤。
   simplified (zh-CN) or traditional (zh-TW). */
div[lang|="zh"] {
  color: red;
}

/* 'data-lang' が中国語繁体字の div はすべて紫。 */
/* 注: ハイフン区切りの属性は二重引用符なしで使用できる */
div[data-lang="zh-TW"] {
  color: purple;
}

HTML

<div lang="en-us en-gb en-au en-nz">Hello World!</div>
<div lang="pt">Olá Mundo!</div>
<div lang="zh-CN">世界您好!</div>
<div lang="zh-TW">世界您好!</div>
<div data-lang="zh-TW">世界您好!</div>

結果

HTML 順序付きリスト

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

HTML 仕様書では、 type 属性は主に <input> 要素で使用されるため、大文字小文字の区別なく一致することを要求しており、順序付きリスト (<ol>) 要素の type 属性に使おうとすると、 case-sensitive 修飾子がなければ正しく動作しません。

CSS

/* HTML が type 属性を扱う方法の癖の都合上、リストの種別には、大文字小文字を区別する指定が必要です。 */
ol[type="a"] {
  list-style-type: lower-alpha;
  background: red;
}

ol[type="a" s] {
  list-style-type: lower-alpha;
  background: lime;
}

ol[type="A" s] {
  list-style-type: upper-alpha;
  background: lime;
}

HTML

<ol type="A">
  <li>Example list</li>
</ol>

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
Selectors Level 4
attribute selectors の定義
草案 ASCII の大文字小文字を区別する選択、区別しない選択のための修飾子を追加
Selectors Level 3
attribute selectors の定義
勧告
CSS Level 2 (Revision 1)
attribute selectors の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報