scale

scaleCSS のプロパティで、 transform とは個別に独立しての拡大縮小変換を指定することができます。これは一般のユーザーインターフェイスの利用においてはより適しており、 transform の値で座標変換関数を指定する実際の順序を思い出す手間を軽減します。

構文

/* キーワード値 */
scale: none;

/* 1 つの値 */
/* 1 より大きい値で要素を拡大 */
scale: 2;
/* 1 より小さい値で要素を縮小 */
scale: 0.5;

/* 2 つの値 */
scale: 2 0.5;

/* 3 つの値 */
scale: 2 0.5 2;

/* グローバル値 */
scale: inherit;
scale: initial;
scale: revert;
scale: unset;

1 つの数値

該当する要素の拡大率を指定する <number> であり、 X および Y 軸で同じの拡大縮小になります。 scale() (2D の拡大縮小) 関数に 1 つの値を指定した場合と等価です。

2 つの長さ/パーセント値

2 つの <number> 値で、2D の拡大縮小における X 軸と Y 軸の拡大率を (それぞれ) 指定します。 scale() (2D の拡大縮小) 関数に 2 つの値を指定した場合と等価です。

3 つの長さ/パーセント値

3 つの <number> 値で、3D の拡大縮小における X 軸と Y 軸と Z 軸の拡大率を (それぞれ) 指定します。 scale3d() (3D の拡大縮小) 関数と等価です。

none

拡大率が適用されないことを示します。

公式定義

初期値none
適用対象変形可能要素
継承なし
計算値指定通り
アニメーションの種類変形
重ね合わせコンテキストの生成あり

形式文法

上に乗った際の要素の拡大

HTML

<div>
  <p class="scale">Scaling</p>
</div>

CSS

* {
  box-sizing: border-box;
}

html {
  font-family: sans-serif;
}

div {
  width: 150px;
  margin: 0 auto;
}

p {
  padding: 10px 5px;
  border: 3px solid black;
  border-radius: 20px;
  width: 150px;
  font-size: 1.2rem;
  text-align: center;
}

.scale {
  transition: scale 1s;
}

div:hover .scale {
  scale: 2 0.7;
}

Result

仕様書

Specification
Unknown specification
# individual-transforms

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

メモ: skew には独立した transform の値はありません