place-self

place-selfCSS一括指定プロパティで、アイテムのブロック軸およびインライン軸に沿ったアイテムの配置 (すなわち align-self および justify-self プロパティ) を、グリッドフレックスボックスなどのレイアウトシステムにおいて、一度に指定することができます。2 番目の値が設定されていない場合、最初の値がそちらにも使用されます。

構成要素のプロパティ

根のプロパティは以下の CSS プロパティの一括指定です。

構文

/* キーワード値 */
place-self: auto center;
place-self: normal start;

/* 位置による配置 */
place-self: center normal;
place-self: start auto;
place-self: end normal;
place-self: self-start auto;
place-self: self-end normal;
place-self: flex-start auto;
place-self: flex-end normal;
place-self: left auto;
place-self: right normal;

/* ベースラインによる配置 */
place-self: baseline normal;
place-self: first baseline auto;
place-self: last baseline normal;
place-self: stretch auto;

/* グローバル値 */
place-self: inherit;
place-self: initial;
place-self: revert;
place-self: unset;

auto

親の align-items の値で計算します。

normal

このキーワードの効果は、現在のレイアウトモードに依存します。

  • 絶対位置のレイアウトでは、このキーワードは置換の絶対位置ボックスには start のように動作し、その他の絶対位置ボックスには stretch のように動作します。
  • 絶対位置指定レイアウトの固定位置指定時は、このキーワードは stretch と同様に動作します。
  • フレックスアイテムでは、このキーワードは stretch と同様に動作します。
  • グリッドアイテムでは、このキーワードは stretch のうちの一つと似た動作をしますが、アスペクト比や固有の寸法を持つボックスは start のように動作します。
  • ブロックレベルボックスと表のセルでは、プロパティは適用されません。
self-start

アイテムは交差軸の開始側に対応する配置コンテナーの端に詰めて配置されます。

self-end

アイテムは交差軸の終端側に対応する配置コンテナーの端に詰めて配置されます。

flex-start

このフレックスアイテムの cross-start マージン側が、行の cross-start 側に詰められます。

flex-end

このフレックスアイテムの cross-end マージン側が、行の cross-end 側に詰められます。

center

このフレックスアイテムのマージンボックスが、行の交差軸方向の中央に配置されます。アイテムの交差軸方向の寸法がフレックスコンテナーよりも大きい場合は、両方向に均等にはみ出します。

baseline, first baseline. last baseline

first-baseline 配置または last-baseline 配置への関与を指定します。ボックスの最初または最後のベースラインセットの配置ベースラインを、ベースライン共有グループ内のすべてのボックスで共有される最初または最後のベースラインセットで対応するベースラインに揃えます。

first baseline の代替配置は startlast baseline の代替配置は end です。

stretch

アイテムの交差軸方向の寸法の合計値が、配置コンテナーの寸法よりも小さく、アイテムの寸法が auto であった場合、アイテムの寸法は max-height/max-width (または同等の機能) で課された制約を尊重しつつ、均等の寸法 (比例的ではない) に拡大されるので、 auto が指定されたアイテムすべての寸法の合計は、ちょうど配置コンテナーの交差軸方向を埋めるようになります。

公式定義

初期値一括指定の次の各プロパティとして
適用対象block-level boxes, absolutely-positioned boxes, and grid items
継承なし
計算値一括指定の次の各プロパティとして
  • align-self: 絶対位置指定要素に対しては auto は自分自身に対して計算し、それ以外のすべてのボックスに対しては親の align-items の計算値 (から古いキーワードを引いた値) に計算し、親が無ければ start になる。この動作は justify-self で説明したとおり、レイアウトモデルの依存する。それ以外の場合は指定された値となる。
  • justify-self: 指定通り
アニメーションの種類離散値

関連情報

<'align-self'> <'justify-self'>?

簡単なデモ

以下の例では簡単な 2 x 2 のグリッドレイアウトを用意しました。最初にグリッドコンテナーには justify-items および align-items の値を stretch — 既定値 — に設定し、グリッドアイテムがセルの幅全体に広がるようにしています。

2 番目、3 番目、4 番目のグリッドアイテムは、別々な place-self の値を指定し、これらが既定の配置をオーバーライドする様子を表示します。これらの値はグリッドアイテムの幅や高さを内容物の幅や高さに設定し、セルごとにブロック方向とインライン方向の両方で異なる位置に配置しています。

HTML

<article class="container">
  <span>First</span>
  <span>Second</span>
  <span>Third</span>
  <span>Fourth</span>
</article>

CSS

html {
  font-family: helvetica, arial, sans-serif;
  letter-spacing: 1px;
}

article {
  background-color: red;
  display: grid;
  grid-template-columns: 1fr 1fr;
  grid-auto-rows: 80px;
  grid-gap: 10px;
  width: 300px;
}

span:nth-child(2) {
  place-self: start center;
}

span:nth-child(3) {
  place-self: center start;
}

span:nth-child(4) {
  place-self: end;
}

article span {
  background-color: black;
  color: white;
  margin: 1px;
  text-align: center;
}

article, span {
  padding: 10px;
  border-radius: 7px;
}

article {
  margin: 20px;
}

結果

仕様書

Specification
CSS Box Alignment Module Level 3 (CSS Box Alignment 3)
# place-self-property

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報