rotate()

rotate()CSS関数で、要素を二次元平面上の特定の点を中心に、形を崩さずに回転させる変形を定義します。結果は <transform-function> データ型になります。

要素が回転する中心となる特定の点 — 前述 — は、変形原点とも呼ばれます。既定では要素の中央ですが、 transform-origin プロパティを使用して独自の変形原点を設定することができます。

構文

rotate() で生成される回転の量は、 <angle> で指定します。正の数であれば、移動は時計回りです。負の数であれば、反時計回りになります。180 度で回転したものは点対称と呼ばれます。

css

rotate(a)

a

<angle> で、回転する角度を表します。回転方向は書字方向に依存します。 左書きの文脈では、正の角度は時計回りの回転を、負の角度は反時計回りの回転を表します。右書きの文脈では 正の角度は反時計回りの回転を、負の角度は時計回りの回転を表します。

ℝ^2 のデカルト座標 ℝℙ^2 の同次座標 ℝ^3 のデカルト座標 ℝℙ^3 の同次座標
cos ( a ) - sin ( a ) sin ( a ) cos ( a ) cos ( a ) - sin ( a ) 0 sin ( a ) cos ( a ) 0 0 0 1 cos ( a ) - sin ( a ) 0 sin ( a ) cos ( a ) 0 0 0 1 cos ( a ) - sin ( a ) 0 0 sin ( a ) cos ( a ) 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
[cos(a) sin(a) -sin(a) cos(a) 0 0]

基本的な例

HTML

html

<div>Normal</div>
<div class="rotated">Rotated</div>

CSS

css

div {
  width: 80px;
  height: 80px;
  background-color: skyblue;
}

.rotated {
  transform: rotate(45deg); /* rotateZ(45deg) と等価 */
  background-color: pink;
}

結果

回転とその他の変形の組み合わせ

複数の変形を要素に適用したい場合は、変形を指定する順序に気を付けてください。例えば、平行移動前に回転すると、平行移動によって回転の軸が変わってしまいます。

HTML

html

<div>Normal</div>
<div class="rotate">Rotated</div>
<div class="rotate-translate">Rotated + Translated</div>
<div class="translate-rotate">Translated + Rotated</div>

CSS

css

div {
  position: absolute;
  left: 40px;
  top: 40px;
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: lightgray;
}

.rotate {
  background-color: transparent;
  outline: 2px dashed;
  transform: rotate(45deg);
}

.rotate-translate {
  background-color: pink;
  transform: rotate(45deg) translateX(180px);
}

.translate-rotate {
  background-color: gold;
  transform: translateX(180px) rotate(45deg);
}

結果

仕様書

Specification
CSS Transforms Module Level 1
# funcdef-transform-rotate

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報