grid-column-start は CSS のプロパティで、グリッドの配置に線または区間を使用したり、使用しなかったりして (自動)、グリッド列内のグリッドアイテムのの開始位置を指定します。この開始位置は、グリッド領域の行の開始の端を指定します。

構文

/* キーワード地 */
grid-column-start: auto;

/* <custom-ident> 値 */
grid-column-start: somegridarea;

/* <integer> + <custom-ident> 値 */
grid-column-start: 2;
grid-column-start: somegridarea 4;

/* span + <integer> + <custom-ident> 値 */
grid-column-start: span 3;
grid-column-start: span somegridarea;
grid-column-start: span somegridarea 5;

/* グローバル値 */
grid-column-start: inherit;
grid-column-start: initial;
grid-column-start: unset;

このプロパティは単一の <grid-line> 値で指定します。 <grid-line> 値は次のように指定します。

  • auto キーワード
  • <custom-ident>
  • <integer>
  • <custom-ident> および <integer> を空白で区切ったもの
  • span キーワードと <custom-ident> または <integer> またはその両方。

auto
プロパティをグリッドアイテムの配置に影響させず、自動的に配置し、間隔を自動的に取るか、既定の 1 とするためのキーワードです。
<custom-ident>
'<custom-ident>-start' という名前の付いた線がある場合、これはそのような線の最初がグリッアイテムの配置に関わります。

メモ: 名前付きグリッド領域、自動的にこの形で暗黙の名前付き線を生成しますので、 grid-column-start: foo; と指定すると名前付きグリッド領域の先頭側の端を選択します (その前に foo-start という名前の線が明示的に存在しない限り)。

そうでなければ、これは <custom-ident> に沿って整数の 1 が指定されたものとして扱われます。

<integer> && <custom-ident>?
n 番目のグリッド線をグリッドアイテムの配置に使用します。負の整数が指定された場合は、逆方向にカウントし、明示的なグリッドの末尾の端から始めます。

名前が <custom-ident> として与えられた場合、その名前の付いた線のみがカウントされます。その名前がある線の数が十分にない場合は、この位置を探す目的においては、すべての暗黙のグリッド線がその名前を持つと仮定されます。

0integer 値は無効です。

span && [ <integer> || <custom-ident> ]
グリッドアイテムのグリッド領域の列開始の端が終了の端から n 行になるように、グリッドアイテムの配置にグリッドスパンを設定します。

名前が <custom-ident> として与えられた場合、その名前の付いた線のみがカウントされます。その名前を持つ線の数が十分おにない場合は、検索方向に対応する明示的グリッドの側にあるすべての暗黙的グリッド線が、この区間をカウントする目的でその名前を持つと仮定されます。

the <integer> が省略された場合の既定値は 1 です。負の数や0は無効です。

<custom-ident>span の値を取ることができません。

形式文法

<grid-line>

where
<grid-line> = auto | <custom-ident> | [ <integer> && <custom-ident>? ] | [ span && [ <integer> || <custom-ident> ] ]

<div class="wrapper">
  <div class="box1">One</div>
  <div class="box2">Two</div>
  <div class="box3">Three</div>
  <div class="box4">Four</div>
  <div class="box5">Five</div>
</div>
.wrapper {
  display: grid;
  grid-template-columns: repeat(3, 1fr);
  grid-auto-rows: 100px;
} 

.box1 { 
  grid-column-start: 1;
  grid-column-end: 4;
  grid-row-start: 1;
  grid-row-end: 3;
}

.box2 {
  grid-column-start: 1;
  grid-row-start: 3; 
  grid-row-end: 5; 
}

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Grid Layout
grid-column-start の定義
勧告候補 初回定義
初期値auto
適用対象grid items and absolutely-positioned boxes whose containing block is a grid container
継承なし
メディア視覚
計算値指定値
アニメーションの種類個別
正規順序形式文法で定義される一意のあいまいでない順序

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
grid-column-startChrome 完全対応 57
完全対応 57
完全対応 29
無効
無効 From version 29: this feature is behind the Enable experimental Web Platform features preference. To change preferences in Chrome, visit chrome://flags.
Edge 完全対応 16Firefox 完全対応 52
完全対応 52
未対応 40 — 59
無効
無効 From version 40 until version 59 (exclusive): this feature is behind the layout.css.grid.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE 未対応 なしOpera 完全対応 44
完全対応 44
完全対応 28
無効
無効 From version 28: this feature is behind the Enable experimental Web Platform features preference.
Safari 完全対応 10.1WebView Android 完全対応 57
完全対応 57
完全対応 4.4
無効
無効 From version 4.4: this feature is behind the Enable experimental Web Platform features preference.
Chrome Android 完全対応 57
完全対応 57
完全対応 29
無効
無効 From version 29: this feature is behind the Enable experimental Web Platform features preference. To change preferences in Chrome, visit chrome://flags.
Firefox Android 完全対応 52
完全対応 52
未対応 40 — 59
無効
無効 From version 40 until version 59 (exclusive): this feature is behind the layout.css.grid.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
Opera Android 完全対応 43
完全対応 43
完全対応 28
無効
無効 From version 28: this feature is behind the Enable experimental Web Platform features preference.
Safari iOS 完全対応 10.3Samsung Internet Android 完全対応 6.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, mfuji09
最終更新者: mdnwebdocs-bot,