opacity()

opacity()CSS関数で、入力画像のサンプルに透過性を適用します。結果は <filter-function> です。

試してみましょう

Note: この関数はもっと一般的な opacity プロパティと似ています。違いはフィルターの場合、ブラウザーによってはハードウェアアクセラレーションにより性能が上がることです。

構文

opacity(amount)

引数

amount

変換の度合いで、 <number> または <percentage> で指定します。 0% の値では完全に透明になり、 100% の値では入力が変更されないままになります。 0%100% の間の値は、効果の割合です。補間時の欠損値は 1 です。

opacity() の正しい値の例

opacity(0%)   /* 完全に透過 */
opacity(50%)  /* 50% 透過 */
opacity(1)    /* 効果なし */

仕様書

Specification
Filter Effects Module Level 2
# funcdef-filter-opacity

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報