このページにスクリプトエラーがあります。サイト編集者によって解決されるまでの間は、以下の部分的な内容のみが表示可能です。

CSS:slotted() 疑似要素は、 HTML テンプレート内にあるスロットに配置された任意の要素を表します (詳しくはテンプレートとスロットの利用をご覧ください)。

これは shadow DOM 内に配置された CSS の中で使われた時のみ機能します。なお、このセレクターはスロット内に配置されたテキストノードは選択しません。実際の要素のみを対象にします。

/* スロット内に配置された任意の要素を選択 */
::slotted(*) {
  font-weight: bold;
}

/* スロット内に配置された <span> 要素を選択 */
::slotted(span) {
  font-weight: bold;
}

構文

{{ csssyntax }}

以下のコードの断片は slotted-pseudo-element デモから取られたものです (ライブでもご覧ください)。

このデモでは、3つのスロットを持つ単純なテンプレートを使用します。

<template id="person-template">
  <div>
    <h2>Personal ID Card</h2>
    <slot name="person-name">NAME MISSING</slot>
    <ul>
      <li><slot name="person-age">AGE MISSING</slot></li>
      <li><slot name="person-occupation">OCCUPATION MISSING</slot></li>
    </ul>
  </div>
</template>

カスタム要素 — <person-details> — は以下のように定義されています。

customElements.define('person-details',
  class extends HTMLElement {
    constructor() {
      super();
      let template = document.getElementById('person-template');
      let templateContent = template.content;

      const shadowRoot = this.attachShadow({mode: 'open'});

      let style = document.createElement('style');
      style.textContent = 'div { padding: 10px; border: 1px solid gray; width: 200px; margin: 10px; }' +
                           'h2 { margin: 0 0 10px; }' +
                           'ul { margin: 0; }' +
                           'p { margin: 10px 0; }' +
                           '::slotted(*) { color: gray; font-family: sans-serif; } ';

      shadowRoot.appendChild(style);
      shadowRoot.appendChild(templateContent.cloneNode(true));
  }
})

style 要素のコンテンツを埋めると、スロットになるすべての要素を選択し (::slotted(*))、それぞれに異なるフォントと色を与えているのが分かるでしょう。これにより、隣のコンテンツが埋まらなかったスロットよりも目立たせることができます。

この要素がページに挿入されると、以下のように見えます。

<person-details>
  <p slot="person-name">Dr. Shazaam</p>
  <span slot="person-age">Immortal</span>
  <span slot="person-occupation">Superhero</span>
</person-details>

仕様書

仕様書 策定状況 コメント
CSS Scoping Module Level 1
::slotted の定義
草案 Initial definition.

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応50 ?591 なし37 あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応5050 ?59137 あり5.0

1. From version 59: this feature is behind the dom.webcomponents.shadowdom.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: mfuji09
 最終更新者: mfuji09,