rotateY()

rotateY()CSS 関数で、要素の形を変化させずに縦座標 (垂直軸) の周りを回転させる変形を定義します。結果は <transform-function> データ型になります。

回転軸は、 transform-origin CSS プロパティで定義される原点を通ります。

メモ: rotateY(a)rotate3d(0, 1, 0, a) と等価です。

メモ: 二次元平面での回転とは異なり、三次元での回転はふつう交換可能ではありません。言い換えれば、回転の順番が結果に影響を与えます。

構文

rotateY() で生成される回転の量は、 <angle> で指定します。正の数であれば、移動は時計回りです。負の数であれば、反時計回りになります。

rotateY(a)

a
<angle> で、回転する角度を表します。正の数の角度は時計回りの回転を、負の数の角度は反時計回りの回転を表します。
2 のデカルト座標 ℝℙ2 の同次座標 3 のデカルト座標 ℝℙ3 の同次座標
この変形は三次元空間に適用され、平面で表すことはできません。 cos(a)0sin(a)010-sin(a)0cos(a) cos(a)0sin(a)00100-sin(a)0cos(a)00001

HTML

<div>Normal</div>
<div class="rotated">Rotated</div>

CSS

div {
  width: 80px;
  height: 80px;
  background-color: skyblue;
}

.rotated {
  transform: rotateY(60deg);
  background-color: pink;
}

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Transforms Level 2
rotateY() の定義
編集者草案 初回定義

ブラウザーの互換性

<transform-function> データ型の互換性情報をご覧ください。

関連情報