line-break

line-break は CSS のプロパティで、中国語、日本語、韓国語 (CJK) のテキストにおいて、句読点や記号を用いた場合の改行規則 (禁則処理) を設定します。

/* キーワード値 */
line-break: auto;
line-break: loose;
line-break: normal;
line-break: strict;
line-break: anywhere;

/* グローバル値 */
line-break: inherit;
line-break: initial;
line-break: revert;
line-break: unset;

構文

auto

既定の改行規則を使用してテキストを改行します。

loose

最も制限の少ない改行規則を使用してテキストを改行します。一般的に、新聞などの短い行に使用されます。

normal

最も一般的な改行規則を使用してテキストを改行します。

strict

最も厳格な改行規則を使用してテキストを改行します。

anywhere

句読点や温存された空白、単語の途中も含め、すべての文字の間で折り返しできるようにし、 GL, WJ, ZWJ の文字クラスや、 word-break プロパティでもたらされる折り返しの禁止を一切無視します。どの折り返しの機会も優先されることはありません。ハイフネーションは適用されません。

公式定義

初期値auto
適用対象すべての要素
継承あり
計算値指定通り
アニメーションの種類離散値

形式文法

auto | loose | normal | strict | anywhere

テキストの折り返しの設定

"々", "ぁ", "。" の前で折り返しが行われるかどうかを確認してください。

HTML

<div lang="ja">
  <p class="wrapbox auto">auto:<br>そこは湖のほとりで木々が輝いていた。<br>その景色に、美しいなぁと思わずつぶやいた。</p>
  <p class="wrapbox loose">loose:<br>そこは湖のほとりで木々が輝いていた。<br>その景色に、美しいなぁと思わずつぶやいた。</p>
  <p class="wrapbox normal">normal:<br>そこは湖のほとりで木々が輝いていた。<br>その景色に、美しいなぁと思わずつぶやいた。</p>
  <p class="wrapbox strict">strict:<br>そこは湖のほとりで木々が輝いていた。<br>その景色に、美しいなぁと思わずつぶやいた。</p>
  <p class="wrapbox anywhere">anywhere:<br>そこは湖のほとりで木々が輝いていた。<br>その景色に、美しいなぁと思わずつぶやいた。</p>
</div>

CSS

.wrapbox { width: 10em; margin: 0.5em; white-space: normal; vertical-align: top; display: inline-block; }
.auto { line-break: auto; }
.loose { line-break: loose; }
.normal { line-break: normal; }
.strict { line-break: strict; }
.anywhere { line-break: anywhere; }

結果

仕様書

Specification
CSS Text Module Level 3 (CSS Text 3)
# line-break-property

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser