ジャンプ先:

CSS<filter-function> データ型は、入力された画像の表示方法を変更することができるグラフィカル効果を表します。これは filter 及び backdrop-filter プロパティで使用します。

構文

<filter-function> データ型は以下の一覧にあるフィルター関数を使用して指定されます。それぞれの関数には引数が必要であり、無効な場合は、フィルターが適用されません。

blur()
画像をぼかします。
brightness()
画像を明るくしたり暗くしたりします。
contrast()
画像のコントラストを上げたり下げたりします。
drop-shadow()
画像の背後にドロップシャドウを適用します。
grayscale()
画像をグレイスケールに変換します。
hue-rotate()
画像の色相を全体的に変更します。
invert()
画像の色を反転させます。
opacity()
画像を半透明にします。
saturate()
入力画像の彩度を上げたり下げたりします。
sepia()
画像をセピア調に変換します。

仕様書

仕様書 策定状況 コメント
Filter Effects Module Level 1
<filter-function> の定義
草案 初回定義。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,