clip-path

clip-pathCSS のプロパティで、要素のどの部分を表示するかを設定するクリッピング領域を作ります。具体的には、領域の内部の部分は表示され、外側の部分は非表示になります。

構文

/* キーワード値 */
clip-path: none;

/* <clip-source> 値 */
clip-path: url(resources.svg#c1);

/* <geometry-box> 値 */
clip-path: margin-box;
clip-path: border-box;
clip-path: padding-box;
clip-path: content-box;
clip-path: fill-box;
clip-path: stroke-box;
clip-path: view-box;

/* <basic-shape> 値 */
clip-path: inset(100px 50px);
clip-path: circle(50px at 0 100px);
clip-path: polygon(50% 0%, 100% 50%, 50% 100%, 0% 50%);
clip-path: path('M0.5,1 C0.5,1,0,0.7,0,0.3 A0.25,0.25,1,1,1,0.5,0.3 A0.25,0.25,1,1,1,1,0.3 C1,0.7,0.5,1,0.5,1 Z');

/* ボックスおよびシェイプ値の組み合わせ */
clip-path: padding-box circle(50px at 0 100px);

/* グローバル値 */
clip-path: inherit;
clip-path: initial;
clip-path: unset;

clip-path プロパティは、以下に挙げた値のうちの一つまたは組み合わせで指定します。

<clip-source>
SVG<clipPath> (en-US) 要素を参照する <url>() です。
<basic-shape>
<geometry-box> 値で寸法と位置が定義されるシェイプです。ジオメトリボックスが指定されない場合、参照ボックスとして border-box が使用されます。
<geometry-box>
<basic-shape> と共に指定された場合、この値は基本シェイプの参照ボックスを定義します。単独で指定された場合、指定のボックスの辺を、角の形 (border-radius など) を含めてクリッピングパスにします。ジオメトリボックスは以下の値のうちの一つが指定できます。
margin-box
マージンボックスを参照ボックスとして使用します。
border-box
境界ボックスを参照ボックスとして使用します。
padding-box
パディングボックスを参照ボックスとして使用します。
content-box
コンテンボックスを参照ボックスとして使用します。
fill-box
オブジェクトの境界ボックスを参照ボックスとして使用します。
stroke-box
ストロークの境界ボックスを参照ボックスとして使用します。
view-box
最も近い SVG のビューポートを参照ボックスとして使用します。 SVG のビューポートを作成する要素に viewBox 属性が指定されている場合、参照ボックスは viewBox 属性で指定された座標系の原点に位置し、参照ボックスの寸法は viewBox 属性の width および height 値に設定されます。
none
クリッピングパスは作成されません。

: 計算値が none 以外の場合は、新しい重ね合わせコンテキストを生成します。これは、 opacity1 以外の値の場合と同様です。

公式定義

初期値none
適用対象すべての要素。 SVG の場合は defs 要素やすべてのグラフィック要素を除いたコンテナー要素に適用される
継承なし
パーセント値指定されている場合は参照ボックス、それ以外の場合は境界ボックスに対する相対値
計算値指定通り、ただし url() の値は絶対パスになる
アニメーションの種類basic-shape で指定された場合はあり、それ以外の場合はなし

形式文法

<clip-source> | [ <basic-shape> || <geometry-box> ] | none

ここで
<clip-source> = <url>
<basic-shape> = <inset()> | <circle()> | <ellipse()> | <polygon()> | <path()>
<geometry-box> = <shape-box> | fill-box | stroke-box | view-box

ここで
<inset()> = inset( <length-percentage>{1,4} [ round <'border-radius'> ]? )
<circle()> = circle( [ <shape-radius> ]? [ at <position> ]? )
<ellipse()> = ellipse( [ <shape-radius>{2} ]? [ at <position> ]? )
<polygon()> = polygon( <fill-rule>? , [ <length-percentage> <length-percentage> ]# )
<path()> = path( [ <fill-rule>, ]? <string> )
<shape-box> = <box> | margin-box

ここで
<length-percentage> = <length> | <percentage>
<shape-radius> = <length-percentage> | closest-side | farthest-side
<position> = [ [ left | center | right ] || [ top | center | bottom ] | [ left | center | right | <length-percentage> ] [ top | center | bottom | <length-percentage> ]? | [ [ left | right ] <length-percentage> ] && [ [ top | bottom ] <length-percentage> ] ]
<fill-rule> = nonzero | evenodd
<box> = border-box | padding-box | content-box

HTML と SVG の比較

完全な例

HTML

<img id="clipped" src="https://mdn.mozillademos.org/files/12668/MDN.svg"
    alt="MDN logo">
<svg height="0" width="0">
  <defs>
    <clipPath id="cross">
      <rect y="110" x="137" width="90" height="90"/>
      <rect x="0" y="110" width="90" height="90"/>
      <rect x="137" y="0" width="90" height="90"/>
      <rect x="0" y="0" width="90" height="90"/>
    </clipPath>
  </defs>
</svg>

<select id="clipPath">
  <option value="none">none</option>
  <option value="circle(100px at 110px 100px)">circle</option>
  <option value="url(#cross)" selected>cross</option>
  <option value="inset(20px round 20px)">inset</option>
  <option value="path('M 0 200 L 0,110 A 110,90 0,0,1 240,100 L 200 340 z')">path</option>
</select>

CSS

#clipped {
  margin-bottom: 20px;
  clip-path: url(#cross);
}

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Shapes Module Level 2
path の定義
編集者草案 path() を定義。
CSS Masking Module Level 1
clip-path の定義
勧告候補 適用範囲を HTML 要素に拡張。 clip-path プロパティが非推奨の clip プロパティを置き換えた。
Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 (Second Edition)
clip-path の定義
勧告 初回定義 (SVG 要素のみに適用)。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報