We're looking for a user researcher to understand the needs of developers and designers. Is this you or someone you know? Check out the post: https://mzl.la/2IGzdXS

CSSperspective プロパティは、3D 配置された要素に遠近感を与えるため、z=0 平面とユーザ間の距離を決めます。z>0 である 3D 要素はより大きく、z<0 である 3D 要素はより小さくなります。効果の強度はこのプロパティの値から決められます。

ユーザーの背後にある 3D 要素の部品、つまり z 軸座標が CSS の perspective プロパティの値より大きい要素は描画されません。

消失点は既定で要素の中心に置かれますが、この位置は perspective-origin プロパティで変更できます。

このプロパティを 0none 以外の値で使用すると、新たなスタック文脈を作ります。また、その場合、オブジェクトはそれを含む position: fixed 要素の内包ブロックとして動作します。

構文

/* キーワード値 */
perspective: none;

/* <length> 値 */
perspective: 20px;  
perspective: 3.5em;

/* グローバル値 */
perspective: inherit;
perspective: initial;
perspective: unset;

none
立体的な変換を一切適用しないことを示すキーワードです。
<length>
ユーザーと z=0 平面間の距離を表す <length> です。立体的な変換を要素とその内容に適用するときに使います。 0 や 負の値なら、立体的な変換は適用されません。

形式文法

none | <length>

視点の設定

この例は様々な位置に視点が設定された立方体を表示します。どのように立方体が早く縮まるかは、 perspective プロパティで定義されます。小さい値ほど、視点は近くなります。

結果

HTML

以下の HTML は、4つの同じボックスのコピーを、様々な値の視点を設定して作成します。

<table>
  <tbody>
    <tr>
      <th><code>perspective: 250px;</code>
      </th>
      <th><code>perspective: 350px;</code>
      </th>
    </tr>
    <tr>
      <td>
        <div class="container">
          <div class="cube pers250">
            <div class="face front">1</div>
            <div class="face back">2</div>
            <div class="face right">3</div>
            <div class="face left">4</div>
            <div class="face top">5</div>
            <div class="face bottom">6</div>
          </div>
        </div>
      </td>
      <td>
        <div class="container">
          <div class="cube pers350">
            <div class="face front">1</div>
            <div class="face back">2</div>
            <div class="face right">3</div>
            <div class="face left">4</div>
            <div class="face top">5</div>
            <div class="face bottom">6</div>
          </div>
        </div>
      </td>
    </tr>
    <tr>
      <th><code>perspective: 500px;</code>
      </th>
      <th><code>perspective: 650px;</code>
      </th>
    </tr>
    <tr>
      <td>
        <div class="container">
          <div class="cube pers500">
            <div class="face front">1</div>
            <div class="face back">2</div>
            <div class="face right">3</div>
            <div class="face left">4</div>
            <div class="face top">5</div>
            <div class="face bottom">6</div>
          </div>
        </div>
      </td>
      <td>
        <div class="container">
          <div class="cube pers650">
            <div class="face front">1</div>
            <div class="face back">2</div>
            <div class="face right">3</div>
            <div class="face left">4</div>
            <div class="face top">5</div>
            <div class="face bottom">6</div>
          </div>
        </div>
      </td>
    </tr>
  </tbody>
</table>

CSS

様々な距離の遠近法を設定するために使用することができる CSS のクラスです。コンテナーボックスや立方体自身、それぞれの面のためのクラスも含みます。

/* さまざまな perspective の値のためのショートハンドクラス */
.pers250 {
  perspective: 250px;
}

.pers350 {
  perspective: 350px;
}

.pers500 {
  perspective: 500px;
}

.pers650 {
  perspective: 650px;
}

/* コンテナーの div、立方体の div、面の一般的な設定 */
.container {
  width: 200px;
  height: 200px;
  margin: 75px 0 0 75px;
  border: none;
}

.cube {
  width: 100%;
  height: 100%;
  backface-visibility: visible;
  perspective-origin: 150% 150%;
  transform-style: preserve-3d;
}

.face {
  display: block;
  position: absolute;
  width: 100px;
  height: 100px;
  border: none;
  line-height: 100px;
  font-family: sans-serif;
  font-size: 60px;
  color: white;
  text-align: center;
}

/* 方向に基づいてそれぞれの面を設定 */
.front {
  background: rgba(0, 0, 0, 0.3);
  transform: translateZ(50px);
}

.back {
  background: rgba(0, 255, 0, 1);
  color: black;
  transform: rotateY(180deg) translateZ(50px);
}

.right {
  background: rgba(196, 0, 0, 0.7);
  transform: rotateY(90deg) translateZ(50px);
}

.left {
  background: rgba(0, 0, 196, 0.7);
  transform: rotateY(-90deg) translateZ(50px);
}

.top {
  background: rgba(196, 196, 0, 0.7);
  transform: rotateX(90deg) translateZ(50px);
}

.bottom {
  background: rgba(196, 0, 196, 0.7);
  transform: rotateX(-90deg) translateZ(50px);
}

/* テーブルの見栄えをよくする */
th, p, td {
  background-color: #EEEEEE;
  padding: 10px;
  font-family: sans-serif;
   text-align: left;
}

仕様書

仕様書 策定状況 コメント
CSS Transforms Level 2
perspective の定義
編集者草案 初回定義。

初期値none
適用対象変形可能要素
継承不可
メディアvisual
計算値絶対的な長さまたは none
アニメーションの種類length
正規順序形式文法で定義される一意のあいまいでない順序
Creates stacking context継承する

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応

45

12 -webkit-

12

12 -webkit-

16

10 -moz-

49 -webkit-

45 -webkit- 1

1015 -webkit- あり -webkit-
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応3 -webkit- ?

あり

あり -webkit-

16

10 -moz-

49 -webkit-

45 -webkit- 1

あり -webkit- あり -webkit- ?

1. From version 45: this feature is behind the layout.css.prefixes.webkit preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, momdo, yyss, Prinz_Rana, fscholz, Sebastianz, ethertank, sosleepy
最終更新者: mfuji09,