疑似クラス (Pseudo-classes)

概要

CSS の擬似クラスは、特定の外的要因や状態を持つ要素に対してスタイルを適用します。例えばブラウザの閲覧履歴に基づき閲覧済みのリンクに対してスタイルを適用する :visited 疑似クラスや、フォームのチェックされたチェックボックスを対象とする :checked 疑似クラス、またはマウスカーソルが要素上にある要素を対象とする :hover 疑似クラスなどが挙げられます。

構文

selector:pseudo-class {
  property: value;
}

以下のリストは、ブラウザで完全にサポートされていないものも含む、CSS3 レベルの疑似クラスの一例です。必要に応じて、フォールバックメソッドや JavaScript を使用してください。セレクタの完全な一覧は、仕様策定中の CSS3 Selectors を参照してください。

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank, Marsf
最終更新者: ethertank,
サイドバーを隠す