:nth-child()

:nth-child()CSS擬似クラスで、兄弟要素のグループの中での位置に基づいて選択します。

/* リスト中の 2 番目の <li> 要素を選択 */
li:nth-child(2) {
  color: lime;
}

/* 兄弟要素の中で 3 つおきに要素を選択 */
:nth-child(4n) {
  color: lime;
}

構文

:nth-child() 擬似クラスは、引数を 1 つ指定し、リストの子要素を要素の位置で選択するためのパターンを記述します。要素の位置は 1 から始まります。

キーワード値

odd

一連の兄弟要素の中で奇数番目の要素 (1, 3, 5, など) を表します。

even

一連の兄弟要素の中で偶数番目の要素 (2, 4, 6, など) を表します。

関数記法

<An+B>

リスト中の位置が、 An+B で定義された数値のパターンと一致する要素を表します。

  • A は整数の刻み値です。
  • B は整数の加算値です。
  • n はすべての正の整数で、 0 から始まります。

リスト中の An+B 番目の要素として読むことができます。

形式文法

:nth-child( <nth> [ of <complex-selector-list> ]? )

ここで
<nth> = <an-plus-b> | even | odd
<complex-selector-list> = <complex-selector>#

ここで
<complex-selector> = <compound-selector> [ <combinator>? <compound-selector> ]*

ここで
<compound-selector> = [ <type-selector>? <subclass-selector>* [ <pseudo-element-selector> <pseudo-class-selector>* ]* ]!
<combinator> = '>' | '+' | '~' | [ '||' ]

ここで
<type-selector> = <wq-name> | <ns-prefix>? '*'
<subclass-selector> = <id-selector> | <class-selector> | <attribute-selector> | <pseudo-class-selector>
<pseudo-element-selector> = ':' <pseudo-class-selector>
<pseudo-class-selector> = ':' <ident-token> | ':' <function-token> <any-value> ')'

ここで
<wq-name> = <ns-prefix>? <ident-token>
<ns-prefix> = [ <ident-token> | '*' ]? |
<id-selector> = <hash-token>
<class-selector> = '.' <ident-token>
<attribute-selector> = '[' <wq-name> ']' | '[' <wq-name> <attr-matcher> [ <string-token> | <ident-token> ] <attr-modifier>? ']'

ここで
<attr-matcher> = [ '~' | | | '^' | '$' | '*' ]? '='
<attr-modifier> = i | s

セレクターの例

tr:nth-child(odd) または tr:nth-child(2n+1)

HTML テーブルの奇数行 (1、3、5、など) を表します。

tr:nth-child(even) または tr:nth-child(2n)

HTML テーブルの偶数行 (2、4、6、など) を表します。

:nth-child(7)

7 番目の要素を表します。

:nth-child(5n)

5 番目 [=5×1]、10 番目 [=5×2]、15 番目 [=5×3]、の要素を表します。最初のものは 0 番目 [=5x0] が式の結果として返りますが、 n が 0 から始まるのに対して添字は 1 から始まるので、一致するものはないという結果になります。これは最初は奇妙に見えるかもしれませんが、次の例のように B の部分が >0 となる場合にもっとよく分かるでしょう。

:nth-child(n+7)

7 番目とそれ以降のすべての要素を表します。 7 番目 [=0+7]、8 番目 [=1+7]、9 番目 [=2+7]、です。

:nth-child(3n+4)

4 番目 [=(3×0)+4]、7 番目 [=(3×1)+4]、10 番目 [=(3×2)+4]、13 番目 [=(3×3)+4]、の要素を表します。

:nth-child(-n+3)

兄弟要素のグループの中で最初の 3 つの要素を表します。 [=-0+3, -1+3, -2+3]

p:nth-child(n)

兄弟要素のグループの中ですべての <p> 要素を表します。これは単純な p セレクターと同じ要素を選択します (但し、詳細度はより高くなります)。

p:nth-child(1) または p:nth-child(0n+1)

兄弟要素のグループの中で最初の <p> 要素すべてを表します。これは :first-child セレクターと同じです (詳細度も同じです)。

p:nth-child(n+8):nth-child(-n+15)

兄弟要素のグループの中で 8 ~ 15 番目の <p> 要素を表します。

詳細な例

<h3><code>span:nth-child(2n+1)</code> で、子要素の間に
   <code>&lt;em&gt;</code> がない場合</h3>
<p>子要素 1, 3, 5, 7 が選択されます。</p>
<div class="first">
  <span>Span 1!</span>
  <span>Span 2</span>
  <span>Span 3!</span>
  <span>Span 4</span>
  <span>Span 5!</span>
  <span>Span 6</span>
  <span>Span 7!</span>
</div>

<br>

<h3><code>span:nth-child(2n+1)</code> で、子要素の間に
   <code>&lt;em&gt;</code> がある場合</h3>
<p>子要素 1, 5, 7 が選択されます。<br>
   3 は子要素などでカウントに入りますが、
   <code>&lt;span&gt;</code> ではないので選択されません。</p>
<div class="second">
  <span>Span!</span>
  <span>Span</span>
  <em>これは `em`</em>
  <span>Span</span>
  <span>Span!</span>
  <span>Span</span>
  <span>Span!</span>
  <span>Span</span>
</div>

<br>

<h3><code>span:nth-of-type(2n+1)</code> で、子要素の間に
   <code>&lt;em&gt;</code> がある場合</h3>
<p>子要素 1, 4, 6, 8 が選択されます。<br>
   3 は <code>&lt;em&gt;</code> であり、
   <code>&lt;span&gt;</code> ではないのでカウントに入りません。 <code>nth-of-type</code>
   はこの型の子のみを選択します。 <code>&lt;em&gt;</code> は完全に飛ばされ、無視されます。</p>
<div class="third">
  <span>Span!</span>
  <span>Span</span>
  <em>これは `em`</em>
  <span>Span!</span>
  <span>Span</span>
  <span>Span!</span>
  <span>Span</span>
  <span>Span!</span>
</div>

CSS

html {
  font-family: sans-serif;
}

span,
div em {
  padding: 5px;
  border: 1px solid green;
  display: inline-block;
  margin-bottom: 3px;
}

.first span:nth-child(2n+1),
.second span:nth-child(2n+1),
.third span:nth-of-type(2n+1) {
  background-color: lime;
}

結果

仕様書

Specification
Selectors Level 4 (Selectors 4)
# nth-child-pseudo

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報