animation-direction

CSSanimation-direction プロパティは、アニメーション再生の向きを順方向、逆方向、前後反転のいずれにするかを設定します。

アニメーションのプロパティすべてを一度に設定するには、一括指定プロパティである animation プロパティを使用すると便利です。

構文

/* 単一のアニメーション */
animation-direction: normal;
animation-direction: reverse;
animation-direction: alternate;
animation-direction: alternate-reverse;

/* 複数のアニメーション */
animation-direction: normal, reverse;
animation-direction: alternate, reverse, normal;

/* グローバル値 */
animation-direction: inherit;
animation-direction: initial;
animation-direction: unset;

normal
アニメーションを毎回順方向に再生します。言い換えれば、アニメーション周期ごとに、アニメーションを最初の状態にリセットしてそこからまた始めます。これが既定値です。
reverse
アニメーションを毎回逆方向に再生します。言い換えれば、アニメーション周期ごとに、アニメーションを最後の状態にリセットしてそこからまた始めます。アニメーションを逆方向に実行し、タイミング関数も逆になります。例えば、タイミング関数の ease-inease-out になります。
alternate
アニメーションを毎回反転させ、初回は順方向になります。周期が偶数か奇数かを特定する回数は1から始まります。
alternate-reverse
アニメーションを毎回反転させ、初回は逆方向になります。周期が偶数か奇数かを特定する回数は1から始まります。

メモ: animation-* プロパティにコンマ区切りで複数の値を指定した場合、 animation-name プロパティで指定したアニメーションに割り当てられますが、いくつあるかによって異なる方法で割り当てられます。詳しくは、複数のアニメーションプロパティ値の設定 を参照してください。

形式文法

<single-animation-direction>#

where
<single-animation-direction> = normal | reverse | alternate | alternate-reverse

CSS アニメーションを参照してください。

仕様書

初期値normal
適用対象すべての要素、::before / ::after 疑似要素
継承なし
計算値指定値
アニメーションの種類個別
仕様書 状態 備考
CSS Animations
animation-direction の定義
草案 初回定義。

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報