-webkit-touch-callout

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

CSS-webkit-touch-callout プロパティは、対象を長押しすることで現れるコールアウト表示を制御します。

iPhone の OS 上で対象が長押しされたとき、Safari はそのリンクに関する情報をコールアウトで表示します。このプロパティはそういった挙動を無効にすることを可能にします。

/* Keyword values */
-webkit-touch-callout: default;
-webkit-touch-callout: none;

/* Global values */
-webkit-touch-callout: initial;
-webkit-touch-callout: inherit;
-webkit-touch-callout: unset;

構文

default
デフォルトのコールアウトが表示されます。
none
コールアウト表示が無効になります。

形式文法

default | none

.example {
  -webkit-touch-callout: none;
}

規格

どの規格にも含まれません。

Apple は Safari CSS リファレンス に説明を載せています。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート (有)[1]
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート (有)[1]

-webkit-touch-callout プロパティは iOS 2.0 で実装され、後に WebKit (WebKit bug 121507) に追加されました。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: 0918nobita
 最終更新者: 0918nobita,