translate

translateCSS のプロパティで、平行移動の座標変換を独自に、 transform プロパティから独立して指定することができます。これは一般的なユーザーインターフェイスの用途に適しており、 transform の値で指定する変換関数を正確に思い出す必要がなくなります。

構文

/* キーワード値 */
translate: none;

/* 単一の値 */
translate: 100px;
translate: 50%;

/* 二つの値 */
translate: 100px 200px;
translate: 50% 105px;

/* 三つの値 */
translate: 50% 105px 5rem;

/* グローバル値 */
translate: inherit;
translate: initial;
translate: revert;
translate: unset;

単一の <length-percentage>

単一の <length> または <percentage> 値で、 X 軸および Y 軸方向が同じ移動量の二次元の平行移動を指定します。 translate() (二次元の平行移動) 関数に単一の値を指定したものと同等です。

二つの <length-percentage>

二つの <length> または <percentage> 値で、二次元の平行移動における X および Y 軸方向の移動量を (それぞれ) 指定します。 translate() (二次元の平行移動) 関数に二つの値を指定したものと同等です。

三つの値

二つの <length-percentage> 値と一つの <length> 値で、三次元の平行移動における X, Y, Z 軸の移動量を (それぞれ) 指定します。 translate3d() (三次元の平行移動) 関数と同等です。

none

平行移動が適用されないことを指定します。

公式定義

初期値none
適用対象変形可能要素
継承なし
パーセント値囲みボックスの寸法に対する相対値
計算値指定通り。ただし相対的な長さはは絶対的な長さに変換される
アニメーションの種類変形
重ね合わせコンテキストの生成あり

形式文法

none | <length-percentage> [ <length-percentage> <length>? ]?

ここで
<length-percentage> = <length> | <percentage>

HTML

<div>
  <p class="translate">Translation</p>
</div>

CSS

* {
  box-sizing: border-box;
}

html {
  font-family: sans-serif;
}

div {
  width: 150px;
  margin: 0 auto;
}

p {
  padding: 10px 5px;
  border: 3px solid black;
  border-radius: 20px;
  width: 150px;
  font-size: 1.2rem;
  text-align: center;
}

.translate {
  transition: translate 1s;
}

div:hover .translate {
  translate: 200px 50px;
}

結果

仕様書

Specification
CSS Transforms Module Level 2 (CSS Transforms 2)
# individual-transforms

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

メモ: skew には独立した transform の値はありません