-moz-image-rect

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

-moz-image-rectCSSbackground-image に対する値で、大きな画像の一部を背景として使用することができます。

構文

-moz-image-rect(url(), top, right, bottom, left);

url()

部分画像を取得する画像の URI です。

top

指定された画像内の部分画像の上端の辺を、 <integer> または <percentage> で指定します。

right

指定された画像内の部分画像の右端の辺を、 <integer> または <percentage> で指定します。

bottom

指定された画像内の部分画像の下端の辺を、 <integer> または <percentage> で指定します。

left

指定された画像内の部分画像の左端の辺を、 <integer> または <percentage> で指定します。

解説

このプロパティを使用すると、例えば、1 つの大きな画像の異なる部分を、コンテンツの異なる部分の背景として使用することができます。

これは、-moz-image-region プロパティとよく似た働きをします。このプロパティは、list-style-image プロパティと一緒に使用され、画像の一部をリストの箇条書きとして使用します。ただし、これはどのような CSS 背景にも使用できます。

長方形の構文は、<shape> を生成する rect() 関数に似ています。CSS タイプを生成する関数です。4 つの値はすべて、画像の左上隅に対する相対値です。

この例では、画像をロードし、それを 4 分割して 4 つの <div> ブロックに Firefox ロゴを描画しています。コンテナーをクリックすると、4 つの background-image プロパティの値が 4 つの <div> ブロック間で入れ替わることで、4 つの区域が回転します。

CSS

CSS では、1 つのコンテナーのスタイルを定義した後、画像全体を構成する 4 つのボックスのスタイルを定義しています。

コンテナーは次のようになります。

#container {
  width:267px;
  height:272px;
  top:100px;
  left:100px;
  position:absolute;
  font-size:16px;
  text-shadow:white 0px 0px 6px;
  text-align:center;
}

次に、画像の区域を定義する 4 つのボックスを定義します。1 つずつ見ていきましょう。

#box1 {
  background-image: -moz-image-rect(url(firefox.png), 0%, 50%, 50%, 0%);
  width:133px;
  height:136px;
  position:absolute;
}

これは画像の左上隅です。ファイル firefox.jpg に含まれる画像の左上 1/4 を含む長方形を定義します。

#box2 {
  background-image: -moz-image-rect(url(firefox.png), 0%, 100%, 50%, 50%);
  width:133px;
  height:136px;
  position:absolute;
}

これは、画像の右上隅を定義します。

他の隅も同様のパターンです。

#box3 {
  background-image: -moz-image-rect(url(firefox.png), 50%, 50%, 100%, 0%);
  width:133px;
  height:136px;
  position:absolute;
}
#box4 {
  background-image: -moz-image-rect(url(firefox.png), 50%, 100%, 100%, 50%);
  width:133px;
  height:136px;
  position:absolute;
}

HTML

HTML はとてもシンプルです。

<div id="container" onclick="rotate()">
  <div id="box1" style="left:0px;top:0px;">Top left</div>
  <div id="box2" style="left:133px;top:0px;">Top right</div>
  <div id="box3" style="left:0px;top:136px;">Bottom left</div>
  <div id="box4" style="left:133px;top:136px;">Bottom right</div>
</div>

これにより、画像の 4 つの区域が 2 × 2 のボックスグリッドに配置されます。これらの 4 つの区域は、大きな <div> ブロックの中に含まれており、クリックイベントを受信して JavaScript コードに配信することを主な目的としています。

JavaScript コード

このコードは、コンテナーがマウスでクリックされたときのクリックイベントを処理します。

function rotate() {
  var prevStyle = window.getComputedStyle(document.getElementById("box4"), null).getPropertyValue("background-image");

  // 最後の 1 枚を保存したところで、回転を開始します。

  for (var i=1; i<=4; i++) {
    var curId = "box" + i;

    // 背景画像のをずらす

    var curStyle = window.getComputedStyle(document.getElementById(curId), null).getPropertyValue("background-image");
    document.getElementById(curId).style.backgroundImage = prevStyle;
    prevStyle = curStyle;
  }
}

これは window.getComputedStyle() を使って各要素のスタイルを取得し、それを次の要素にシフトしています。この処理を開始する前に、最後のボックスのスタイルのコピーを保存していることに注目してください。3 つ目の要素のスタイルによって上書きされるからです。background-image プロパティの値を、マウスをクリックするたびに 1 つの要素から次の要素にコピーすることで、目的の効果を得ることができます。

どのように見えるか

仕様書

どの標準にも含まれていません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報