CSS<frequency> データ型は、話し声の高さなどの周波数の値を表します。今のところ、どの CSS プロパティでも使われていません。

構文

<frequency> データ型は、 <number> とその後に以下に挙げる単位のうちの一つから成ります。他の CSS の数値と同様、単位と数値の間には空白を置きません。

単位

Hz
ヘルツ単位の周波数を表します。例: 0Hz1500Hz10000Hz
kHz
キロヘルツ単位の周波数を表します。例: 0kHz1.5kHz10kHz

メモ: 0 の数値は単位に関わらず常に同じですが、単位は省略できません。言い換えれば、 0 は無効で 0Hz0kHz を表すものではありません。単位の大文字と小文字は区別されませんが、国際単位系の表記に従って、 HzkHz の H を大文字にするのが良い習慣です。

有効な周波数の値

12Hz     正の整数
4.3Hz    非整数
14KhZ    単位は大文字小文字を区別しません(ただ、国際単位系の表記が推奨されます)
+0Hz     先行する + のあるゼロと単位
-0kHz    先行する - のあるゼロと単位

無効な周波数の値

12.0     これは <number> で、<frequency> ではありません。単位が必須です。
7 Hz     <number> と単位の間に空白を置いてはいけません
0        単位のないゼロは <length> では利用できますが、 <frequency> では無効です。

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
CSS Values and Units Module Level 3
<frequency> の定義
勧告候補 初回定義。

メモ: このデータ型は初め、 CSS Level 2 の現在は廃止された音声メディアタイプで、音声の高さを定義するために導入されました。現時点ではこのデータ型を使う CSS プロパティはありませんが、 CSS 3 で <frequency> データ型が再導入されました。

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応
実験的
Chrome 未対応 なしEdge 未対応 なしFirefox 未対応 なしIE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしEdge Mobile 未対応 なしFirefox Android 未対応 なしOpera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なし

凡例

未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, Sebastianz, Prinz_Rana, fscholz, ethertank, sosleepy
最終更新者: mfuji09,