CSS:matches() 疑似クラス関数は、セレクターのリストを引数に取り、リスト中のセレクターの何れか一つに当てはまる要素をすべて選択します。数多くのセレクターを小さくまとめて書くのに便利です。

なお、多くのブラウザーでは、この機能を古い、 Chrome, Firefox, Safari などの古いバージョンで対応していた接頭辞付きの疑似クラス — :any() で対応しています。これはベンダー接頭辞が必要であることを除けば、 :matches() と全く同じものとして動作します。

/* header, main, footer 要素の中の段落で
   マウスポインタが通過中のものをすべて選択 */
:matches(header, main, footer) p:hover {
  color: red;
  cursor: pointer;
}

/* 上記のものは以下のものと同じ */
header p:hover,
main p:hover,
footer p:hover {
  color: red;
  cursor: pointer;
}


/* :-*-any() の形のものとの後方互換性 */

:-moz-any(header, main, footer) p:hover,
:-webkit-any(header, main, footer) p:hover,
:matches(header, main, footer) p:hover {
  color: red;
  cursor: pointer;
}

構文

Syntax not found in DB!

クロスブラウザーの例

<header>
  <p>This is my header paragraph</p>
</header>

<main>
  <ul>
    <li><p>This is my first</p><p>list item</p></li>
    <li><p>This is my second</p><p>list item</p></li>
  </ul>
</main>

<footer>
  <p>This is my footer paragraph</p>
</footer>
:matches(header, main, footer) p:hover {
  color: red;
  cursor: pointer;
}

:-webkit-any(header, main, footer) p:hover {
  color: red;
  cursor: pointer;
}

:-moz-any(header, main, footer) p:hover {
  color: red;
  cursor: pointer;
}
let matchedItems;

try {
  matchedItems = document.querySelectorAll(':matches(header, main, footer) p');
} catch(e) {
  try {
    matchedItems = document.querySelectorAll(':-webkit-any(header, main, footer) p');
  } catch(e) {
    try {
      matchedItems = document.querySelectorAll(':-moz-any(header, main, footer) p');
    } catch(e) {
      console.log('Your browser doesn\'t support :matches() or :any()');
    }
  }
}

for(let i = 0; i < matchedItems.length; i++) {
  applyHandler(matchedItems[i]);
}

function applyHandler(elem) {
  elem.addEventListener('click', function(e) {
    alert('This paragraph is inside a ' + e.target.parentNode.nodeName);
  });
}

リストセレクターの簡略化

:matches() 疑似クラスは CSS セレクターをとても簡潔にすることができます。例えば以下の CSS の場合、

/* 3層(以上)の順序なしリストに四角形を使用 */
ol ol ul,     ol ul ul,     ol menu ul,     ol dir ul,
ol ol menu,   ol ul menu,   ol menu menu,   ol dir menu,
ol ol dir,    ol ul dir,    ol menu dir,    ol dir dir,
ul ol ul,     ul ul ul,     ul menu ul,     ul dir ul,
ul ol menu,   ul ul menu,   ul menu menu,   ul dir menu,
ul ol dir,    ul ul dir,    ul menu dir,    ul dir dir,
menu ol ul,   menu ul ul,   menu menu ul,   menu dir ul,
menu ol menu, menu ul menu, menu menu menu, menu dir menu,
menu ol dir,  menu ul dir,  menu menu dir,  menu dir dir,
dir ol ul,    dir ul ul,    dir menu ul,    dir dir ul,
dir ol menu,  dir ul menu,  dir menu menu,  dir dir menu,
dir ol dir,   dir ul dir,   dir menu dir,   dir dir dir {
  list-style-type: square;
}

... これを次のように置き換えることができます。

/* 3層(以上)の順序なしリストに四角形を使用 */
:matches(ol, ul, menu, dir) :matches(ol, ul, menu, dir) ul,
:matches(ol, ul, menu, dir) :matches(ol, ul, menu, dir) menu,
:matches(ol, ul, menu, dir) :matches(ol, ul, menu, dir) dir {
  list-style-type: square;
}

但し、以下のような使い方はしないでください。(下記のパフォーマンスに関する節を参照。)

:matches(ol, ul, menu, dir) :matches(ol, ul, menu, dir) :matches(ul, menu, dir) {
  list-style-type: square;
}

section セレクターの簡略化

:matches 疑似クラスは、 HTML5 のセクションと見出しを扱うときに特に便利です。 <section><article><aside><nav> は互いによくネストしますので、 :matches() がないと、1つ1つを選択してスタイルを適用するのが難しくなります。

例えば、 :matches() を使わずに、異なる深さの <h1> 要素にスタイルを適用すると、とても複雑になります。

/* Level 0 */
h1 {
  font-size: 30px;
}
/* Level 1 */
section h1, article h1, aside h1, nav h1 {
  font-size: 25px;
}
/* Level 2 */
section section h1, section article h1, section aside h1, section nav h1,
article section h1, article article h1, article aside h1, article nav h1,
aside section h1, aside article h1, aside aside h1, aside nav h1,
nav section h1, nav article h1, nav aside h1, nav nav h1, {
  font-size: 20px;
}
/* Level 3 */
/* ... 考えたくありません! */

:matches() を使用すると、ずっと簡単になります。

/* Level 0 */
h1 {
  font-size: 30px;
}
/* Level 1 */
:matches(section, article, aside, nav) h1 {
  font-size: 25px;
}
/* Level 2 */
:matches(section, article, aside, nav)
:matches(section, article, aside, nav) h1 {
  font-size: 20px;
}
/* Level 3 */
:matches(section, article, aside, nav)
:matches(section, article, aside, nav)
:matches(section, article, aside, nav) h1 {
  font-size: 15px;
}

メモ

any(): パフォーマンスと特性の問題

Bug 561154 で、Gecko の :-moz-any() の特性が不適切である問題を追跡しています。現在 (Firefox 12) の実装では :-moz-any() を一般ルールに分類しており、もっとも右のセレクターとして使用すると、ID、クラス、要素型セレクターをもっとも右のセレクターにした場合より遅くなるでしょう。

例えば、

.a > :-moz-any(.b, .c)

... は、以下のものよりも遅くなります。

.a > .b, .a > .c

... 以下の方が速くなります。

:-moz-any(.a, .d) > .b, :-moz-any(.a, .d) > .c

:matches() aims to fix such problems.

仕様書

仕様書 策定状況 コメント
Selectors Level 4
:matches() の定義
草案  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応

66

121

15

122

43 なし あり1

9

51

機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応

66

121

66

181

なし43 あり1

9

51

なし

1. Supported as :-webkit-any.

2. Supported as :-ms-matches.

3. Supported as :-moz-any.

関連情報

 

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,