MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

WebAssembly

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

WebAssembly はモダンなウェブブラウザーで実行できる新しいタイプのコードです。ネイティブに近いパフォーマンスで動作するコンパクトなバイナリー形式の低レベルなアセンブリ風言語です。さらに、C/C++ のような言語のコンパイル対象にできて、ウェブ上で実行することができます。WebAssembly は JavaScript と並行して動作するように設計されているため、両方を連携させることができます。

要するに

WebAssembly はウェブプラットフォームに大きな影響を与えます — 以前ではできなかったようなウェブ上で動作するクライアントアプリケーションのために、複数の言語で記述されたコードをウェブ上でネイティブに近いスピードで実行する方法を提供します。

WebAssembly は JavaScript を補完、並行して動作するように設計されています — WebAssembly JavaScript API を使用して、WebAssembly モジュールを JavaScript アプリケーションにロードし、2 つの間で機能を共有できます。これにより、WebAssembly コードの記述方法を知らなくても、WebAssembly のパフォーマンスとパワー、JavaScript の表現力と柔軟性を同じアプリケーションで活用できます。

さらに、W3C WebAssembly Community Group を介して、ウェブ標準として開発されており、主要なブラウザーベンダーも積極的に参加しています。

ガイド

WebAssembly のコンセプト
まずは WebAssembly の高レベルなコンセプト— WebAssembly とはなにか、有用性、ウェブプラットフォーム (またはそれ以上) にどのように適合するか、どのように使用するか — の理解から始めてください。
C/C++ から WebAssembly にコンパイルする
C/C++ で書いたコードを Emscripten のようなツールを使って .wasm にコンパイルできます。どのように動作するか確認してみましょう。
WebAssembly コードのロードと実行
.wasmを手に入れたら、この記事では、Fetch または XHR API と WebAssembly JavaScript API を組み合わせて、フェッチコンパイル、インスタンス化する方法について説明します。
コンパイルされた WebAssembly モジュールをキャッシュする
大規模な WebAssembly モジュールをクライアントにキャッシュすることは、アプリケーションの起動パフォーマンスを向上させるのに役立ちます。この記事では、IndexedDB を使用してキャッシュする方法について説明します。
WebAssembly JavaScript API を使用する
.wasm モジュールをロードしたら、それを使いたいでしょう。この記事では、WebAssembly JavaScript API を用いて WebAssembly を使用する方法を説明します。
エクスポートされた WebAssembly 関数
エクスポートされた WebAssembly 関数は、WebAssembly 関数の JavaScript リフレクションであり、JavaScript から WebAssembly コードを呼び出すことができます。 この記事では、それらが何なのか説明します。
WebAssembly テキストフォーマットを理解する
この記事では wasm テキストフォーマットについて説明します。これは .wasm モジュールの低レベルなテキスト表現で、デバッグ時にブラウザーの開発者ツールで表示されます。
WebAssembly テキストフォーマットから wasm に変換する
この記事では、テキストフォーマットで書かれた WebAssembly モジュールを .wasm バイナリに変換する方法について説明します。

APIリファレンス

WebAssembly
このオブジェクトは、WebAssembly に関連する全ての機能の名前空間として振る舞います。
WebAssembly.Module
WebAssembly.Module オブジェクトにはブラウザーでコンパイルされたステートレスな WebAssembly コードが含まれており、効率的に Worker で共有したり、IndexedDB にキャッシュしたり、複数回インスタンス化したりすることができます。
WebAssembly.Instance
WebAssembly.Instance オブジェクトはステートフルで、実行可能な Module のインスタンスです。Instance オブジェクトには JavaScript から WebAssembly コードを呼び出すことを許可されたエクスポートされた WebAssembly 関数が含まれます。
WebAssembly.instantiate()
WebAssembly.instantiate() 関数は WebAssembly コードをコンパイル、インスタンス化するための主要な API で、Module と、その最初の Instance を返します。
WebAssembly.Memory()
WebAssembly.Memory オブジェクトは Instance からアクセスされる生のバイト列を保持するリサイズ可能な ArrayBuffer です。
WebAssembly.Table()
WebAssembly.Table オブジェクトは Instance からアクセスされる関数参照などの不透明値のリサイズ可能な型付き配列です。
WebAssembly.CompileError()
WebAssembly CompileError オブジェクトを生成します。
WebAssembly.LinkError()
WebAssembly LinkError オブジェクトを生成します。
WebAssembly.RuntimeError()
WebAssembly RuntimeError オブジェクトを生成します。

仕様

仕様 策定状況 コメント
Web Assembly JavaScript API ドラフト JavaScript API の初回ドラフト定義。

ブラウザ実装状況

Feature Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 57 15[2] 52 (52)[1] 未サポート 44 11
Feature Android Webview Chrome for Android Edge Mobile Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 57 57 未サポート 52.0 (52)[1] 未サポート 未サポート 11

[1] WebAssembly はFirefox 52+で有効です。Firefox 52 Extended Support Release (ESR) では無効化されています。

[2] 現在、“Experimental JavaScript Features” フラグを付けることでサポートされます。詳細については このブログ記事 を参照してください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: syu_kato, dskmori
 最終更新者: syu_kato,